« 三千二百八十一: 学校の宿題について_No.3 | メイン | 三千二百八十二: 現在の教育制度を考えて_その2(独白) »

2018年8月22日 (水)

三千二百八十二: 現在の教育制度を考えて_その3(独白)

(『三千二百八十二:現在の教育制度を考えて_その2(独白)』の続き)

●2:ルールと言われているものの見直し

2つ目の解決方法として、考えられるのは、ルールと言われているものの見直しである。

「●1」からの流れで理解できるのだけど、「●1」の例の反例を挙げてみる。

世には、教育関係者の間で、「教育困難校」と言われる学校が存在しているそうだ。
巷で流れている娯楽映画の中にも、時折、その「教育困難校」と言われる学校の内部の光景が描かれていたりする。

わかりやすく書くと、そのような学校には不良生徒ばかりがいて、教壇の上にいる、先生の行おうとしている教育内容を吸収することを拒否する。

あっさりと書いてしまうと、そのような子供達というのは、勉強が好きでない。
だから、学校での勉学の知識吸収を拒否している。

要するに、私達の世間では、ルールとか世間の慣習を使って、「子供達よ。お前達は勉強しなくてはいけない存在なのだ。これは決まりなのだ。しかし、私自身は、深く、その決まりの理由や、そのルールの定められた理由までは知りはしないが」と、そのルールの作成理由までを深く考えずに、半分、脅迫しつつ、無理矢理、子供達に学を強いていることがわかる。

私達の間で、設けられているルールによって、子供達の義務教育(言葉を言い換えれば、強制教育だけど)が実施されているのだけど、上の例を見てもわかるように、私達の間で、しっかりと認識できることがある。
それは、

  「ルールというものでは、私達の心を拘束することは出来ない」

というものである。

たとえ、表面上、自分の身体や自分の身体の外部の何かを使って、表面上に設けられているルールに従ってはいても、ルールというものは人の心を拘束することは不可能なので、やがて、その心の奥底から湧き上がり、身体の外部へとにじみ出てくる、感情や思いが、自分の生活環境に出現してくることがわかる。

P4160148

 

だから、2つ目の解決方法として、考えられるのは、教育に関するルールそのものの見直しである。

結局、義務教育というものは言い換えてみると強制教育に過ぎないことがわかる。

どんな人でもそうだけど、人は強制というものを嫌う。
人が強制というものを嫌う結果、多くの人が義務教育を嫌うのは、誰でも理解出来ることだろう。
最近では、高校までも、ほとんどの人々が通うようになった結果、現実上は、ほぼ、高校教育までも義務教育のような存在となった。
だから、結構、多くの生徒達でも、まるで、義務教育であるかのように、仕方なく、高校に進学するため、嫌な思いをしつつも、勉学に励んでいる人々も多いことだろう。
これが現実だろう。

---------------------------------

この義務教育というのも、明治維新になってから、「教育勅語」という、お触れが出されて、「全ての国民に学であるところの一定の知識をつけさせよう」ということになった。

この明治政府の政府方針の屋台骨というのは、歴史を見てもわかるように、日本の西洋化だった。
この頃の世界の流れというのは、ヨーロッパ諸国がアフリカやアジアに進出して、それらの地域を強制的に占拠して、植民地化していった時代だった。
だから、明治政府の前の江戸幕府後期だと、「尊皇攘夷」論が流行った。
実際、日本も、ヨーロッパ諸国の圧力を受けていたから、歴史に「もし」という言葉が存在していたら、日本もヨーロッパ諸国の植民地と化して、奴隷扱いされていたかも知れない。
他の外国がそのような扱いを受けたように。

だから、明治政府が成り立った頃は、様々なドラマでも流されているけれど、「ヨーロッパ諸国のように、軍事的な列強諸国となって日本を守ろう」という方針が立った。
それが、明治時代の富国強兵策だった。
そして、日本をヨーロッパ諸国のような軍事的な列強諸国になるためには、どうしても、国民の多くがそれなりの知識や技術を持つことにより、軍事的に強力になったり、お金を使った経済により、強力な国家となる必要があった。

だから、明治時代の当初の流行語の一つとして「ヨーロッパ(西欧諸国)に追いつけ、追い越せ」というものがある。
今でも、現代に住む私達も、時折、その言葉を耳にする機会がある。

だから、教育方針もその方向で進められた。
要は、ヨーロッパ諸国の列強並みに、教育もそれ並みに、だ。

それらの結果、日本の富国強兵策は成功し続け、朝鮮半島を併合し、中国に進出し、ロシアにも打ち勝ったり、太平洋の島国の諸国にも進出した。

やがて、日本は戦争に負け、その戦争の負けた際に、根幹を成すとされているルールに修正が施された。
しかし、その修正されたルールにも、以前の根幹を成すとされているルールに採用されていた、教育方針が残されることとなった。
これが、現代の日本の教育方針となっている。

---------------------------------

明治時代からの教育方針が、そのまま残されているので、その教育方針に大まかな変更は無い。
だからこそ、私達の間で、教育上の競争が煽(あお)られている。

明治時代の頃の「ヨーロッパに追いつけ、追い越せ」の方針が残されているので、大きな感じだと、

  「さあ、あなた達は勉学上の競争に励みなさい。そして、諸外国の生徒達を、あたかも仮想の敵とみなして、その学んだ知識を使って、技術競争・経済競争を行いなさい。あなた達は、その技術競争・経済競争に打ち勝たないといけない。なぜならば、あなた達が、その技術競争・経済競争に敗北すれば、倒産した会社の元従業員達のように、経済的に飢えながら、みすぼらしい雰囲気をまといつつ、苦しみながら死ぬに違いないのだから」

というような、脅し交じりの雰囲気で競争を促されているのに気が付くだろう。

世間の新聞やテレビでも、時折、世界の諸外国の学校の生徒達とのテストの比較結果が伝えられて、その結果、

  「さあ、あなた達は、勉強上において、あれらの国々の生徒達に負けてはなりません。なぜならば、あなた達が、その競争の負ければ、倒産した会社の元(、、、以下、同上)」

要は、「私達は競争を煽られている」と気が付くだろう。

---------------------------------

したがって、ルールと言われているものの見直しが必要になってくると思う。

ルールそのものが見直されれば、教師側が、生徒側の放課後の時間は、拘束できない時間の筈なのに、その時間に「私の出した宿題を実施しなさい」と、強制的に出しているところの宿題に関する意義も、見直されることとなるだろう。
(ルールそのものを見直さずとも、充分に、この段階で、異常を感じるだろうけれど。なぜならば、これだと本来実施してはいけないことが実施されていることになるのだから。子供達に対するサービス残業のように。)

また、強制教育というものが無くなれば、何らかのジャンルの知識を吸収したい生徒だけとなるのだから、「●1」で書いたように、生徒の側と教師の側での需要と供給のバランスがマッチするので、宿題とか教育拒否の問題は無くなる可能性が出てくると思う。

私が言っているところの根幹とされているルールの見直しに関しては、現在、世間の間でも、様々に多くの人々に議論されている。
だから、この根幹とされているルールの見直しに関しては、まだ、意見を書けるものがあるのだけど、別件にもなってくるし、さらに長い書き足しとなってしまうので、次回以降の機会に、新たな題名を付けて、意見を書いてみたい。


(以下、過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
『三千二百八十一:学校の宿題について_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2018/08/_no3-ae6b.html

『三千百三十三:学校の宿題について_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/06/_no2-4ff2.html
(Wikipediaより抜粋引用)
-----------------------------------------
●宿題
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%BF%E9%A1%8C

宿題(しゅくだい、英:homework, homework assignment)は、学校教育等において、教師が児童・生徒・学生に課する自己学習の課題のこと。 (、、、以下、省略)

最終更新 2018年7月30日 (月) 00:12 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
-----------------------------------------
(引用終わり)

『三千百三十一:学校の宿題について』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/06/post-0afd.html

『三千百二十七:学校のいじめ問題を考えて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/06/post-9943.html


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム