« 三千二百三十四: 私の疑問(日本政治編)_No.3 | メイン | 三千二百三十六: 私の疑問(日本政治編)_No.4 »

2018年3月29日 (木)

三千二百三十五: 私の思い出した、あるドラマ・シーン

こんばんわ。

最近の世の中を見ていて、私の脳裏に、以前、しばしば見かけたようなドラマを思い出します。
「ドラマ」と書いても、最近では媒体も多くなりましたので、テレビのドラマとか映画とか漫画とかアニメとか小説等でも私は、以下のようなドラマを、しばしば見かけた記憶があります。

(以下、私がしばしば見かけた記憶のあるドラマなどの1シーン)
-----------
(御用となった厄介人の部屋に、2人の刑事が入室する)

▼上司(刑事):
「(厄介人に対して)出ろ。釈放だ」

●部下(刑事):
「ちょっと? どうしてですか? 私は、全く釈放の理由なんて聞かされていませんよ?」

▼上司:
「上からの命令だ」

●部下:
「『上からの命令』って、、、じゃあ、その『上からの命令』の内容は何なんですか?」

▼上司:
「俺も詳しいことは知らん。ただ『上からの命令』。それだけだ」

●部下:
「そんな、、、これだと、釈放内容も無いに等しいじゃないですか。これじゃあ、世間も納得しませんよ。世間の納得のいく説明をしてください」

▼上司:
「これ以上、突っ込むと、君も火傷を負うぞ。この一件は綺麗さっぱり忘れるんだ」
-----------
(記憶追想終わり)

この私が何度か見かけた記憶のある、何パターンかのドラマでは、この後のストーリーでの、『』とか『火傷』の意味が違ってきます。

しかし、読者の方々も、だいたい、上のパターンのドラマ・シーンを幾つか見たことがあるのではないでしょうか。

最近の世相(せそう)を見ていて、私が過去、何度か見かけたことのある何パターンかのドラマ・シーンを、なんとなく思い出していました。


(以下、上記記事を書きながら思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百四十二:『人造人間・HAKIDER』を見て』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/03/hakider-b6b0.html

(以下、映画『人造人間・HAKIDER』からの1シーンとセリフの引用)
--------------------------

_3

▼ロボット兵士:
「た、助けてくれ! 俺は、ただ、上からの命令で、、、」
--------------------------
(引用終わり)


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム