« 三千二百二十一: 紫の海の底で | メイン | 三千二百二十三: 経営者の心から生じる経営方針を考える »

2018年2月24日 (土)

三千二百二十二: 私の見かけたニュース_No.106

こんばんわ。

私の見かけたニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引いたり、太字にさせて頂きました。

(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2018/2/23記事より引用)
------------------------------------------
●河野氏「思っていること言えない」=脱原発、持論封印で心情吐露
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000151-jij-pol

2/23(金) 19:06配信

時事通信

「閣僚になれば政府の一員として連帯責任を負う。自分の思っていることだけを言うことはできない」。

河野太郎外相が23日に行われた衆院予算委員会分科会で、衆院会派「無所属の会」の岡田克也代表から原発政策に対する考え方を問われ、苦しい胸の内を吐露する一幕があった。

脱原発が持論の河野氏だが、この日は「原発について申し上げたいことはたくさんあるが、これは経済産業省が主管だ」と答弁を避けた
岡田氏が「政治家として信頼性を問われかねない」と迫ると、河野氏は「個人の意見は何ら変わらない」と強調。
「河野太郎の意見がやがて内閣の意見になるよう、しっかり頑張りたい」と語った。
------------------------------------------
(引用終わり)


(以下、上記記事を読みながら、なんとなく、個人的に思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
『三千二百十:自分の気になった国内ニュースのまとめ版』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2018/01/post-9fed.html
(以下、『twitter』、リコ @riko0058様、2015年6月7日記事より写真引用)
------------------------------------------
●ありゃりゃ 安倍晋三は完全に米国軍産複合体の犬だわ (*^_^*)
https://twitter.com/riko0058/status/607514963196788736

_

(※筆者注:同写真中の文章)
[原発の推進]
原子力は日本の包括的な安全保障に欠かせない要素を構成する。
・・・原子力研究開発での日米の協力は不可欠である。
------------------------------------------
(引用終わり)

『二百四十三: 福島原発関係News_No.4』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no4-397a.html
(以下、『六城ラヂウムBlog』、2013/4/17記事より引用)
-------------------------------
●日米地位協定という不平等条約が原発問題の根源なのです
http://www.rokujo-radium.com/blog/index.php?entry=entry130417-175131

Wednesday, April 17, 2013, 05:51 PM
4/17 晴 10時 浅草での空間線量は170ベクレル/立法メートル

昨日は168でした。
高値推移といったところです。

副島隆彦学問道場に掲載されている中田安彦氏の書評が秀逸で、なぜ日本は原発銀座であるのかが詳しく解説されています。
日本は日米地位協定という不平等条約でプルトニウムの貯蔵庫という役割を担わされているのです。
この背景がわからないと原発の廃止稼動論争や送電分離論は官僚達に換骨奪胎(かんこつだったい)され、結局は竹中平蔵のような国際金融資本の手先により外資の草刈り場とされてしてしまいます。

「1370」 日米地位協定に続いて、日米原子力協定(1988年)を暴く。

中曽根康弘の周辺の「原子力外務官僚」たちが、アメリカに抵抗するカードとして持ちだした「日本の核武装論」には全く意味が無い。
六ケ所村の再処理工場を維持してきた日本原電は中曽根派の利権の巣窟であるからすぐに破綻させるべきだ。

(苫米地英人『原発洗脳』(日本文芸社)と有馬哲夫『原発と原爆』(文春新書)を書評する。)

Photo_2

 

(その1) 2013年3月27日 中田安彦

以下、箇条書きでまとめます。
ぜひクリックして中田安彦氏の本文をお読み下さい。

1)日米安全保障条約(=日米軍事条約)維持のために日米地位協定(旧行政協定)という協定が締結されている。

2)さらに補完すべく日米原子力協定が結ばれており、日本の原子力政策はアメリカにより縛り付けられている。

3)外務省に原子力課がある理由こそ米国の指示認可で原子力行政が行われている証左である。

4)沖縄普天間基地の移転先辺野古は米軍の核兵器貯蔵所であるため、移転に固執するのである。

5)基地問題と原子力発電施設の問題はどちらも「受益地」と「受苦地」という構造である。

6)「覇権国-属国」関係を利用した原子力ビジネスは外務官僚の権力の源泉の一つである。

7)廃止運動は外務省の原発利権にもうひとつ環境省の除染利権を加える結果となっただけ。廃止運動の矛先はアメリカ大使館と外務省へ向けるべきである。

8)「日本はアメリカの核燃料備蓄場」である

9)日本の原子力技術はアメリカ(GE,WH)のお下がりにすぎず、東芝も日立もメンテナンス(保守)業者という立場に過ぎない

10)小型で出力制御できる先端技術の原子力発電は空母や潜水艦に積まれており、民生用とは別物
WH(ウェスチングハウス)の軍事用技術は東芝には移管されず、お荷物の民生部門を押しつけられただけ

11)戦後日本に原子力発電所を監視下で行わせたのは、アメリカの安全保障上、日本に核の置き場所が必要なため。

12)日米原子力協定には安全保障条項として米軍が核(濃縮ウラン)を接収できることが明記されている。

13)日米原子力協定はウランの調達先も米国の許認可である。(かつては米国から100%輸入)

14)徹甲弾(装甲を破る貫通力の高い砲弾)で使う劣化ウランの製造工場は山口県に存在する。

15)国内の原子力発電所は現実にはアメリカの「軍事施設」といっても過言ではない

16)政官財のトライアングルである原子力村の上には、アメリカという支配者がいることを忘れてはならない。

このように米国は「核の平和利用」というベールをかぶせて核戦略の一翼を日本に負わせている現状を知らずに、日本も核武装すべきだとか原発廃止だという議論がなにも意味がないことがお分かりでしょう。
ウランの消費地であり、背後には米国の核の貯蔵庫と劣化ウランの供給という役目があることに目を背けてもしかたがありません。
-------------------------------
(引用終わり)

『二千四百三十八:News_No.561』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/03/news_no561-cec5.html
(以下、『転載元:週プレNEWS より』、2014年12月15日(月)6時0分配信記事より引用)
------------------------------------------
「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!【前編】
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20141215-00040591-playboyz-pol

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b321

▲[矢部宏治氏]日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?|転載元:シャンティフーラさんより
https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=78792

3595611

鳩山友紀夫元首相(右)と矢部宏治氏が、
日本が「真の独立国」として新しい戦後を歩むための方法を議論

(、、、中略、、、)

なかでも一番の問題は、日米合同委員会のメンバーである法務官僚が、法務省のトップである事務次官に占める割合は過去17人中12人、そのうち9人が検事総長にまで上り詰めている。
つまり、米軍と日本の高級官僚をメンバーとするこの共同体が、検察権力を事実上握っているということなんです。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下の写真は、Amazonの商品紹介HPからの引用)
------------------------------------------
●書籍『「日米合同委員会」の研究――謎の権力構造の正体に迫る』
https://www.amazon.co.jp/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E5%90%88%E5%90%8C%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A-%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6-%E8%AC%8E%E3%81%AE%E6%A8%A9%E5%8A%9B%E6%A7%8B%E9%80%A0%E3%81%AE%E6%AD%A3%E4%BD%93%E3%81%AB%E8%BF%AB%E3%82%8B-%E6%88%A6%E5%BE%8C%E5%86%8D%E7%99%BA%E8%A6%8B-%E5%8F%8C%E6%9B%B85-%E5%90%89%E7%94%B0-%E6%95%8F%E6%B5%A9/dp/4422300555

__2

 

『四百七十六:秘密保護法案について_No.2』
(『しんぶん赤旗』2013/10/27記事より写真と文章を引用)
●(写真)核持ち込み密約「討論記録」(左)と朝鮮半島への自由出撃密約文書
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-fe7a.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-27/2013102701_01_1.html

__3



                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム