« 三千二百十三: 読書感想文、『侏儒の言葉』を読んで | メイン | 三千二百十五: 跳躍 »

2018年1月27日 (土)

三千二百十四: 冬の日の運動を考えて

こんばんわ。

最近は、私の方でも忙しくはあるので、ブログの更新状況が遅れていますが、ご了承ください。

------------------------------------

寒い日が続きますと、肩凝りを起こしやすくなる人も多くなると思います。
暖かい春や暑い夏に比べて、比較的に肩凝りが多くなるように感じます。

20110112102212

 

寒い冬となると、雪の降った日の庭などを見ても理解出来るように、水たまりが氷になっていることもあります。

やはり、寒くなると、幾ら私達の体内に温度を持っていても、外気の寒さにさらされると、血行の悪い箇所などは、氷が張るかのような感じで、血液の凝固と進むと思います。

その、血液凝固の結果が肩凝りになったりすると思います。

ですから、幾ら寒い日が続いているからと言って、身体を動かさないと、余計に、肩凝りが進んでしまうと思います。

なので、寒い日でも、適度な運動をして、その運動中に肩を回したり、首を回したりして、体内の血液中の凝固部分をほぐしてやれば、肩凝りに悩まされずに済むかと思います。

やはり、適度な運動は大事だと思います。

------------------------------------

また、「肩凝り」と言っても年齢が進めば、あまり、見逃すことの出来ない徴候となって来ると思います。
なぜならば、「肩凝りが多い」となると、血管中の血液凝固が多いことを示すので、場合によっては、狭心症とか心筋梗塞とか脳梗塞を引き起こすケースも出てくると思います。

なので、寒い日となると、室内でも、適度な運動をして、身体を軽くほぐすことが重要になって来るかと思います。

また、お薦め出来ることには違いないでしょう。


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム