« 三千百九十七: 涙 | メイン | 三千百九十九: 競争に対する疑問(独白) »

2017年11月30日 (木)

三千百九十八: 私の見かけたニュース_No.104

こんばんわ。

三千百九十六:私の見かけたニュース_No.103』の続きです。
私の見かけた新聞記事をご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引いたり、太字にさせて頂きました。

(以下、『朝日新聞』(朝刊)、2017/11/30記事、7面より。抜粋引用)
------------------------------------------
●教えて! NHK受信料⑤ 徴収の経費、どう抑える?

Nhk_1

 

「ニュースをお願い」
AIを搭載した最新式のスピーカーにそう呼びかけると、キャスターの落ち着いた声が聞こえ始める。

、、、(中略)、、、

08年度には、確実に受信料を徴収できるよう業務の法人委託もスタート。
現在は全国の280以上の人材派遣や電気・水道検針など営業力やノウハウを持つ業者が契約・徴収を担う。

、、、(中略)、、、

法人委託などに取り組んで以降、経費を20億円減らしたが、さらなる打開策が求められるNHKは、今年2月に設置した会長の諮問機関に妙案を求めた。

電力、ガス会社などに未契約世帯の居住情報を照会できる制度の検討を---。
諮問機関が9月に出した答申は批判を呼んだ。
視聴者からの意見募集では、「個人情報保護法に関する慎重な検討が見られない」などとする反対意見が多数寄せられた。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『三千百九十六:私の見かけたニュース_No.103』で、私は自分の疑問を書きました。
その疑問とは、「NHKの職員は、なぜ、連絡もしていないのに、新居の人の住所を知っているのか?」というものでした。

他の方々にとっても、上記と同じ疑問を感じる人々も多いようです。

今回の新聞記事で、「その疑問が解けるだろうか?」と思って、読み進めました。
報道によりますと、「現在は全国の280以上の人材派遣や電気・水道検針など営業力やノウハウを持つ業者が契約・徴収を担う」とあります。

この文面から感じることには、「電気会社や水道局を退職した人々が、NHK受信料の契約・徴収を行う」のように感じます。
確かに、電気会社や水道局を退職した人々でも、NHKの関連会社に再就職して、NHK受信料の契約・徴収を行っても良いわけです。
また、そのようなケースも実際あると想定できます。
しかし、多くの方々の疑問の解答を得たことにはならないでしょう。

なぜならば、以下のような、さらに新しい疑問が得られるからです。

  「電気会社や水道局を退職した人々が、どうして、その人々が、新居の人々の住所を知っているのか? 電気会社や水道局を退職して、NHK受信料の契約・徴収を行う人になったとしても、前の会社と、何のつながりがあるのか?

と。

------------------------------

私なりの疑問の解答は得られなかったのですが、さらに、疑問が深まったのが、以下の文章でした。

「電力、ガス会社などに未契約世帯の居住情報を照会できる制度の検討を---。」

つまり、NHKは、さらなる受信料の拡大を目指して、電力、ガス会社などに対して、「未契約世帯の居住情報を教えて欲しい」とも受け取れる文面です。

つまり、今まで、NHKは、過去から現在に至るまで、どのようにして、新居の人の住所を取得し続けたのでしょうか?
上の引用文からだと、「今までは、NHKは、もちろんのこと、電力、ガス会社、水道局からは、情報入手はしなかった。が、今後、NHKは、さらなる受信料の拡大を目指すので、『電力、ガス会社などに未契約世帯の居住情報を照会できる制度』が欲しい」と言っている、とわかります。
ですので、過去から現在に至るまで、NHKは、どのような手段で、新居の人々の住所情報を入手し続けているのでしょうか、、、

上記の報道記事を読みつつ、「国民の疑問が解消するだろうか、、、」という願いを持ちつつ、拝読していたのですが、得られた結果としては、「さらに疑問が深まった」という状況になりました。

しかし、「現代でも、このようなミステリーは存在しているのだ」と感じました。

どうやら、この疑問を感じている方々も多いようなので、この疑問を解消して、多くの人々の不安をぬぐうことは、とても大事なことかと感じました。

------------------------------

それに、「08年度には、確実に受信料を徴収できるよう業務の法人委託もスタート。現在は全国の280以上の人材派遣や電気・水道検針など営業力やノウハウを持つ業者が契約・徴収を担う」とあって、NHKは、受信料の契約・徴収の大部分を、下請けに出しているとありますが、下請けに出した仕事の責任自体は、親企業にあるので、下請け企業の人だけに、業務の責任全てがあるわけではないですしね。

だからこそ、NHKの受信料の契約・徴収を求めにやって来る人は、必ず、ドア越しで、「NHKのものですが」と、最初に言いますからね。

------------------------------
------------------------------

以下は、別件となりますが、公共放送には関係する記事です。

以前の過去記事『三千百八十九:現代の公共放送やルールを考えて』で、「公共放送の番組を、全く見ない人も世には、いるだろうから、『受信設備を備えている住居、全てから受信料を徴収する』という、ルールは時代遅れと言えるだろう」という主旨のものを書きました。

その考えが、少し、発展しました。

現在では、ケーブルテレビ局もあります。
確か、多いもので、100チャンネル以上も、提供していたものもあったでしょうか。
そのような状況だと、ある家庭では、そのケーブルテレビ局の放送だけを見ており、他のテレビ局の放送も、全く見れないようにしているところもあるかもしれません。

つまり、公共放送の番組を全く見れないテレビを備え付けている家庭も日本にはあるかもしれません。
そうなってくると、その家庭にはテレビが置いてあるけれど、一切、公共放送の番組が映らないので、それは、もう、受信料徴収対象の住居とは言えないことに気が付きます。

また、似たものでは、住居の地理的な関係により、公共放送の番組を見れない家庭も、いまだに存在しているのではないでしょうか。

例えば、住居の背後に山があるので、公共放送以外のテレビ局は受信できるのだけど、公共放送は映らない、とか。

このような、状況を一つ一つ考えていくと、やはり、『受信設備を備えている住居、全てから受信料を徴収する』という、ルールは時代遅れだと、私は感じます。


(以下、上記記事を書きながら、なんとなく思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
(筆者である、私が気になった部分には、アンダーラインを引いたり、太字にさせて頂きました。)

『三千百九十六:私の見かけたニュース_No.103』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/11/_no103-96e3.html
(以下、『朝日新聞デジタル』、2017/11/22記事より引用。写真は、その日の朝日新聞の朝刊の7面より)
------------------------------------------
●NHK見なくても、受信料なぜ 引っ越し先に突然の訪問
http://www.asahi.com/articles/ASKCN52CZKCNUCLV00G.html?iref=comtop_8_08

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------------------

Nhk_1_3

この夏、東京都内のマンションに引っ越し、新婚生活を始めてまもないころだった。
会社員の女性(27)が夫と新居でくつろいでいた夕方、呼び鈴がなった。
相手はNHKの男性スタッフで、受信料契約を求めに来たと言う。
「何で新しい家がわかったんだろう」。
驚きつつも、「払うものなのかな」と夫婦で話し、その場で契約した。
------------------------------------------
(引用終わり)


『三千百八十九:現代の公共放送やルールを考えて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/10/post-3f0e.html


『二千八十:最近のマスメディアに関する情報_No.3』
●日本のマスコミが韓国【電通】に支配されている理由 立花孝志元NHK職員
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no3-60cc.html
https://www.youtube.com/watch?v=x6i5MEEhw3E




『二千九百五十四:News_No.606』
●NHKの政見放送でNHKをぶっ潰すと叫んだ立花候補!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/07/news_no606-b841.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51990105.html
http://www.moeruasia.net/archives/48066023.html

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------------------
NHK関係者が青ざめた立花孝志氏の政見放送

Nhknhk

東京都知事選(31日投開票)でテレビは小池百合子元防衛相(64)、鳥越俊太郎氏(76)、増田寛也元総務相(64)の3候補ばかりを取り上げ、他の候補者は泡沫扱いになっている。
そんな中、唯一平等な機会が与えられるのが、NHKや日本テレビで放送される政見放送だが、NHK関係者が青ざめる政見放送が話題になっている。

約5分間の政見放送で「NHKをぶっ壊す」と連呼しているのが、都知事選に政治団体「NHKから国民を守る党」から出馬している元千葉・船橋市議の立花孝志氏(48)だ。

元NHK職員の立花氏は在局時にNHKの不正経理を内部告発し、ジャーナリストに転身。
昨年、船橋市議に当選していたが辞職し、NHK問題の追及一点のみを公約に掲げ、都知事選にチャレンジしている。
テレビでほとんど取り扱われることはないが、公職選挙法に基づいて行われる政見放送だけは、対等に戦うことができる舞台だ。

[東スポ 2016.7.21]
http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/568767/

▼関連スレッド
【都知事選】「NHKから国民を守る党」代表の船橋市議が出馬表明 [7/7]
http://www.moeruasia.net/archives/47962839.html

[youtube 2016.7.21]
https://www.youtube.com/watch?v=vCK6FbQghMk

------------------------------------------
(引用終わり)


『三千四十一:私の見かけたニュース_No.90』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/12/_no90-0b04.html
(以下、『朝日新聞(朝刊)』、2016/12/18、第4面より記事と写真を引用)
------------------------------------------
●360° 市議当選 争点一つで

360

若者らに照準 受信料を批判
際立つ主張 低投票率を伸長

NHKを視聴しないことを理由に受信料を払わない人を応援します。
NHKの集金人の戸別訪問を規制します---。
NHK批判一点張りの主張を掲げた市議が昨年と今年、埼玉県内で相次いで誕生した。
ワンイシュー(単一争点)議員を地方議会に押し上げたものは何なのか。

「我が家は、NHK関係者の戸別訪問をお断りいたします」
こう書いた縦6㌢、横9㌢の黄色いシールを週に2回、希望する人に郵送するのが、埼玉県朝霞市議の大橋昌信氏(41)の政治活動だ。
「NHK撃退シール」。
自身の名前や携帯電話番号も記してある。
------------------------------------------
(引用終わり)


『二千三百十:小さな疑問』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/11/post-a1bd.html

(上記記事より抜粋)
--------------------------
小さな疑問を持つ機会がありました。

つい、先ほど、NHKの『海外ネット』を見ていたら、以下のサブタイトルに沿った海外情報が流れていました。

  「『イスラム国』の横暴、人身売買された少女は」

テレビを眺めていたら、イスラム国の兵士に奴隷として人身売買された少女達は、ドル札で売買されたそうです。
ここで、疑問を抱きました。

イスラム国の兵士達がどうして、人身売買のためのお金としてドル札を持っているのでしょうか?
また、人身売買にもドル札が使用されるぐらいだから、当然、イスラム国の兵士達の日常生活でドル札が使用されているのでしょう。
イスラム国の兵士達の軍資金である、そのドル札はどこから、もたらされているのでしょうか?

小さな疑問を書かせていただきました。
--------------------------
(引用終わり)


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム