« 三千百七十一: 時々、思い出した方が良いかと思われるニュース | メイン | 三千百七十三: News_No.622 »

2017年9月12日 (火)

三千百七十二: 「マクロス フロンティア」を見て_No.4

こんばんわ。

三千百六十六:「マクロス フロンティア」を見て_No.3』の続きです。

この記事では、特に、マクロスの芸術的な側面について書いてみようと思います。
引用した写真は、「マクロス フロンティア」の『最終話 アナタノオト』からの引用です。

記事中に掲載した写真をクリックすると、画像が拡大します。

-----------------------------------

下の写真が、ヒロインの歌手シェリル・ノームです。

Macross__2

 

 

初代マクロスでは、歌手はただ一人、リン・ミンメイでしたが、それ以降に新たに制作されているマクロスのスピン・オフ作品では、歌手が複数人出てくるケースもあります。

この「マクロス フロンティア」にも、もう一人の歌い手が出てきます。
それが、下の写真のヒロインである、ランカ・リーです。

Macross__3

 

主役を登場させていますから、ヒーローの方も紹介しておきます。
下の写真が、ヒーローの早乙女アルトです。

Macross__5

 

 

この、「マクロス フロンティア」では、『主人公』として、上の3人が設定されています。

多くの娯楽作品では、主人公というのは、たった一人ですが、このマクロス・シリーズは、初代マクロス以来、ほぼ、3人が主人公扱いされています。

その3人の男女の三角関係が描かれるのが、このマクロスの各シリーズの伝統となっています。

-----------------------------------

また、このマクロスの各シリーズの骨子ともなっているのが、ヒーローのパイロット役です。

マクロスは、一応、SFアニメでもあり、異星人との攻防が描かれますので、それを防衛するために、パイロットがバルキリーという、ロボットに変形する戦闘機に搭乗します。

ですから、パイロット達の生活も描かれています。

空中でのバトル・シーンも有名な、マクロスの各シリーズです。

ですから、飛行機の華麗な、空中の舞いも同作品中に描かれています。

-----------------------------------

その、飛行機の空中の舞いに沿うかのように、ヒロイン達の歌声が絡んで来るのが、このマクロス・シリーズの特徴でもあります。

Macross_6

 

ですから、ヒロイン達の歌声やしぐさも、大空を舞う飛行機のように、空に舞い上がります。

私達でも、時折、見かけることのある、アクロバット飛行があります。
航空ショー等で開催されますね。

その、航空ショーのアクロバット飛行時に、航空機が、色の付いた飛行機雲を出して、飛行する時があります。

そして、その色の付いた飛行機雲が、遠く、薄く重なり合うのを見て、美しさを感じる人もいると思います。

-----------------------------------

当然、この、マクロス・シリーズでも、そのような、航空機の舞いと、歌手の歌声が重なり合って、海の波を描くような、美しい軌跡を描くシーンが多いことが知られています。

Macross_8

 

頻繁に、そのシーンが多いわけではありませんが、今回、ご紹介している、マクロスの最終話とか、他のマクロス・シリーズでも、よく、最終回に相当するシーンに、その、アクロバット飛行時のような、シンガー達の歌声が、重なり合う光景を目にする事が出来ます。

-----------------------------------

ちょっと、詳しく書いたら、一つの波と、もう一つの波が、影響し合って、同じような波を描く現象を「同期(どうき)」と言います。

しかし、この日本語で、「同期」と書くと、堅い感じがしますので、他の人々に受け入れやすい言い方をすれば、「シンクロしている」と言えるでしょう。

-----------------------------------

この、「マクロス フロンティア」でも、最終話となると、最大の見せ場ですから、大空を舞うパイロット達の動きと、歌手達の歌声が「シンクロ」するように描かれて来ます。

Macross_10

 

特に丁寧に描かれているのがわかります。

別々の場所にいる、シェリルとランカですが、画像を通して、両者が見られるようになり、その二つの歌声が、「シンクロ」してきて、やがて、大宇宙になびく、一つの糸のように、絡んでいきます。

そして、その一つの歌声に波乗りをするかのように、ヒーロー、早乙女アルトの搭乗機が、宇宙空間の遠方(おちかた)へと突き抜けています。

一羽の鳥のように。

-----------------------------------

初代マクロスでも、このようなラストが描かれていました。

Macross_11

 

やはり、SFアニメでもあり、同時に歌手アニメでもありますから、このような、壮大な雰囲気のあるスペース・オペラとなってくるのでしょう。

また、このように、音楽アニメでもありますから、芸術的にも十分に鑑賞できる作品となっていることもわかります。

音楽が綺麗だと、当然、背景や、アニメ中の動きも、どことなく、芸術的に描かれることがわかります。

-----------------------------------

また、音楽だけでなく、じっと目を凝らしてみると、「背景」の絵も、凝っていることがわかります。

かなり、精密に背景を描いていることもわかります。

Macross_12

 

アニメですから、キャラクターは動きますが、そのキャラクターの背景には、動かない絵が描かれます。

その背景画にも、かなりのちからを入れて描かれていることがわかります。

引用して、ご紹介している写真中には、異星生物のヴァジュラの惑星が描かれています。

最終回のラストで、地球人類(プロト・カルチャー)は、ヴァジュラの惑星上に立つのですが、その、ヴァジュラの惑星の背景画も、非常に美しく描かれています。

-----------------------------------

私達は、このマクロス・シリーズを総合芸術として鑑賞することが出来るでしょう。

(以下、『最終話 アナタノオト』より引用)
-------------------------------
●ランカ・リー:

「あの、シェリルさん、、、私、負けません! 歌も、恋も!」

◎シェリル・ノーム:

「うふ、、、受けて立つわ!」

Macross__guwashi

●ランカ:

「シェリルさん、、、」

◎●シェリル&ランカ:

「ここから、始まるんだね!!!」
-------------------------------
(引用終わり)

 

Macross_last_2



(以下、過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『三千百六十六:「マクロス フロンティア」を見て_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/08/_no3-1dd9.html

(以下、『「マクロス フロンティア」の「フレンドリー・ファイアー」』より引用)
-------------------------------
クラン:
「、、、」

  (※筆者注:ここで、クランがミシェルをひっぱたく)

_6

ミシェル:
「何すんだよ!」

クラン:
「バカ!」

_7

-------------------------------
(引用終わり)

『三千百六十一:「マクロス フロンティア」を見て_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/08/_no2-6d07.html

『三千百五十九: 「マクロス フロンティア」を見て』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/08/post-6dea.html

『二千四百七十三:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て_No.8』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/05/_no8-641a.html

『二千四百四十:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て_No.7』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/03/_no7-3898.html
>

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』側の記事)

『二千六百六十九:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て_No.6』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/11/_no6-d396.html

『千三百十五:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て_No.4』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2011/10/_no4-6088.html

『七百三十八:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て_No.3』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2011/01/_no3-5b33.html

『七百二十五:「超時空要塞マクロス 愛・おぼえていますか」を見て 』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/.s/blog/2011/01/post-ff12.html

 

                                        坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム