« 三千百五十三: 夏のピアノ | メイン | 三千百五十五: 詩作の思い出 »

2017年8月 2日 (水)

三千百五十四: 私達のルールに関する話題

時々、私は、私達の周囲の司法関係に関する、私なりの疑問を書いています。
この段落も、その手の疑問です。

以前に書いたことには、

  「書店に置かれているルール(法律)全集とも呼べる本の厚さが、富士山やエベレスト山の高さを超えるのは、いつの日になることだろう?

20101103105126

 

という疑問を書きました。

他の世の人も、以下のような疑問を感じたことは無いでしょうか。

  「誰も覚えきれない程の量の、ルール(法律)作成を毎年行っているけれど、あれほど大量のルールを作り続ける必要が、私達の社会の間で本当に必要だろうか?

と。

------------------------------

上記の疑問に対する私なりの解答として思い浮かんだものとしては、

  「もし、私達の社会で、これ以上のルール(法律)作成は必要ないとすれば、ルールを作成している人々の給与は一月約150万だそうだから、その給与をもらえないと彼等は困るだろうからこそ、彼等は無理にでも、毎年のように大量のルール作成ための議論を行っているのではないだろうか?」

です。

(少しだけ、話が反れるのですが、上記と似たようなものを感じる事例を挙げておきます。最近では、国内の過疎の地域でも、高速道路を建設が行われています。ほとんど、自動車の通らない地域であり、かつ、交通量から考慮しても、「高速道路の建設は不要ではなかろうか」と思われる地域でも、その道路が作られているように感じます。これなども、多くの人の目からしたら、その地域に高速道路の建設は不要とは思われるのだけど、巨大公共工事・巨大土木工事を無くしてしまえば、その手の役所や、その役所の下の下請け会社のお金の巡りが悪くなったらいけないので、無理にでも、国内に残る地域を必死に探してまで、巨大土木工事の実行をしなくてはいけない、となっているような気がします。)

人は、「これは、お金というものに問題の本質が根ざしているのだ」と気付くでしょうけれど、これに関しては、別の段落で詳細に書いています。

------------------------------

本題に帰って、ルール関係の話題です。

私達の社会の間に、大量のルールを敷かれているわけです。

そして、私達の社会の間で、人と人との、もめごとが起こった際には、裁判所に双方が出て来て、その、私達の周囲に大量に存在しているルールを駆使して、双方が、司法関係の人々を目の前にして争うわけです。

そして、大量に存在しているルールをフル活用しているのか、あるいは、活用できなかったのかはわかりませんが、とにかく、ある一定の期間が経てば、一応の決着を見るわけです。

そして、たいていの場合は、負けた方に「幾ばくかのお金を払え」とか、あるいは、何らかの司法命令が出されたり、あるいは、傷害事件などの場合だと、刑務所に行ったりするわけです。
それらの他のケースなどは、テレビや新聞を見れば良いでしょう。

いずれにしても、当事者同士が、双方納得し、双方共に「心が安らいだ」という状態になった人は、非常に数が少ないと私は思います。

20101103103431

 

なにせ、その裁判ともなると、たいていの人は、そのような大量のルール(法律)を覚えていませんから、以下のように思うわけです。

  「弁護士と呼ばれる人が、大量の法律を記憶して、かつ、活用の仕方を知っている筈だから、高額な謝礼金を払ってまでも、弁護士を読んで、裁判に勝とう」

ともなるからです。

そして、その争い事の決着も、大量のルール事項を照らし合わせて、つまり、機械的に、その争い事を処理されたので、心の奥底に残るべき、やさしい出来事も少ないので、当事者同士が、双方納得し、双方共に「心が安らいだ」という状態になった人は、非常に数が少ないと私は思います。

要点を言ってしまえば、「現代の人々の争い事は、機械的に、事務処理的に、処理されている」という点でしょう。

------------------------------

私が思うに、本当に心底、ルールの事について深く考えている人ならば、大量のルール作成を行わないようになると思います。

その理由としては、人々の社会の間に、大量のルールを敷けば、当然、多くの人々がそれだけの量を記憶できないので、混乱も起こるし、当然、それだけの大量のルールを活用することも出来ません。

極めて少ない数のルールを使って、法律用語なども使わずに、極めてやさしい言葉を使って、当事者同士が、双方納得するように努めることでしょう。

------------------------------

ところが、現代の争い事を締めくくるのには、やれ、「我が国の法律の第何条の第何項の定めるところにより、云々(うんぬん)、、、」という、長い長い一文が続き、その一文の終わる頃には、既に、その文頭で何が言われていたのかを忘れる程に長いケースもあるのだけれど(長いだけではなく、難解な法律用語も使用しながら)、争いを起こした当事者達に対して、その理由を述べるのだから、実に機械的に洗練された、「争い事の収め方」と評することが出来るのかもしれません。

これだと、判決文を聞かされた当事者達は、「裁判官が何事か難しい内容を語ったようだが、とにかく、よくわからないが、私達は負けたことだけは確かなようだ」と、困惑顔をしつつも、無理矢理、その判決内容を聞いているケースが多いのではないでしょうか。

------------------------------

過去、テレビ・ドラマで時代劇『大岡越前』というものがありました。

私は、あまり見たことは無かったのですが、この主人公である大岡越前は、多くの人々の心を納得させる、名奉行だったそうです。

しかし、現代では、私達は、そのような人物を法曹界には望めないかもしれません。

------------------------------

少しだけ、例を考えておきます。

私達の間に、たった一つのルールだけがあるとします。
そのルールとは、

  「人々よ、和(わ)を以て(もって)尊し(とうとし)とせよ」

 

  「人々よ、和を以て尊しとせよ」   

 

(  'Let's make the precious with our harmony .'

あるいは、

  'Regard our harmony as the precious .' )

(上記の言葉も、古(いにしえ)の先人が国のため、多くの人々のために作ったものですが、かなり過去に語られたものなので、とうの昔に著作権は消失しており、全人類共通の財産となっています。また、このような時には、かえって、「誰が語ったものなのか?」の問いに答えて曰く、「その言葉は全人類共通の財産のものです」とした方が、かえって、効果があると思います。)

そして、大きな条件の一つとしては、私達の間には、私達全員に共通して、「他の人を思いやる」という心、つまり愛情があります。

そして、事件として、Bさんが、Aさんの持ち物を横取りして、使用していたとしましょう。
Bさんには、たまたま、その時に、そのAさんの持ち物を使いたかったのですが、あいにく、Bさんは持ち合わせていませんでした。
ですが、Bさんは、どうしても、今すぐに、そのAさんの持ち物を使いたかったので、Aさんに断り無く、借用して、使っていたのです。

ですから、AさんはBさんに対して怒り、争いとなってしまいました。

このケースでも、ちょっとよく考えれば、BさんがAさんに対して、「Aさん、私は今、どうしても、あなたの持ち物を使いたいので貸して頂けないでしょうか?」と、素直に頼めば良かったとわかるでしょう。

そして、その、Aさんの持ち物を綺麗にして返してあげれば良かったことでしょう。

つまり、BさんとAさんの間で、和を作るために、AさんとBさんは、よく話し合えば良かったとわかります。

この場合だと、「よく話し合う」ということが、「他の人を思いやる」という心から生じていることがわかります。

そして、よく話し合った結果で、AさんとBさんの間に、調和が生まれれば、私達の間の、たった一つのルール「人々よ、和を以て尊しとせよ」が達成されるわけです。

ですから、このケースで、Bさんに諭(さと)すことがあるとするならば、「Bさん、あなたは愛の精神を持って、Aさんと、よく話し合わなかったでしょう。これが原因です。今後は、もっとお互いの友愛を高めて深く話し合いましょう」となり、この段階で、

  「本件は、これにて一件落着!!!

となるところでしょう。

------------------------------

結局、現代の多くの国での、司法関係の仕事、つまり、争い事調停と言うのは、大量の紙に書かれた、大量の文章をつき合わせて、「それらの整合性が取れているか」とか「それらの文章の、つき合わせによって、矛盾が起きていないか。もし矛盾が起きていたら、それはルール(法律)違反だから、Bさんの敗訴だ」という感じで、処理されていることが多いと気が付きます。

20101029092458

 

要するに、現代の司法関係の仕事は、ペーパー事務処理と言えるでしょう。

最近では、コンピューター・プログラミングも流行っているようですから、コンピューターを比喩に出していた方が実感しやすい人もいるかもしれません。

コンピューター・プログラミングの場合は、大量のプログラミング文章を記述するのですが、たった一つの文章にミスがあったとしても、そのたった一つの文章と全文章との連絡性と整合性が、全文章の間を通じて、見事なまでにマッチしていないと、バグを出します(コンピューターの動作ミスの事)。

ですから、現代の司法関係の仕事は、このコンピューター・プログラミングと非常に類似していると言えるでしょう。
つまり、大量の文章を、つなぎ合わせて、ほんのわずかの整合性も取れていない部分を見いだして、その部分を使って、判決を下したりしています。

------------------------------

結局、現代の司法関係の仕事というのは、極めて機械的であるので、そのルール(法律)を使わなければいけない人々にとっては、一切、なじみがなく、一切、親しみの無いものとなっていることがわかります。

なぜ、そうなるのかと言うと、ご覧のように、テレビや新聞の中で伝えているように(本当に必要かどうかは私はわかりませんが)、毎年毎年、大量のルール(法律)作成が行われているからです。

------------------------------

一つの中国古代史を挙げて、この段落を締めくくりたいと思います。

始皇帝で知られている、秦(しん)の国は、古代中国を統一しました。
秦の国は、法治国家として有名でした。
ですから、秦の国は、大量の法律を作成したことで有名です。

20101103084331


なので、中国の民人は、大量の法律によって、嫌気がさしました。

しかし、時代が経って、秦の国から漢(かん)の国が成立しました。
漢の国は、秦の国の逆を行きたかったので、数多くの法律を廃し、簡素な幾つかの法律を残して、中国を治めました。
これにより、中国の民人は、秦の国よりも漢の国の制度の方を好んだそうです。

しかし、時代が経つにつれて、中国も政治制度が変わる中、再び法治主義が流行るようになりました。

私が思うに、結局、私達の間に見られる、全てと言って良いほどの「政治システム」というのは、巨大ピラミッド・システムなのだから、ここに原因があると思います。

巨大ピラミッド・システムというのは、頂点に君臨する支配者が、その巨大ピラミッド・システムを統制・コントロールするために、そのシステム内のルールを作成しようとするのだから、結局、大量のルールを作成してしまい、私がこの段落で書いたような、現象が発生すると思います。

私達の間では、巨大ピラミッド・システムではなく、平坦な社会システムが良いと思います。


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム