« 三千百六十二: 廃墟を見て | メイン | 三千百六十四: 依存精神の強い人の心理を考えて »

2017年8月18日 (金)

三千百六十三: 「行政組織等の間の密約は、なぜ、いけないか」を考えて

こんばんわ。

最近、「密約」という単語を聞く機会があります。

「密約」というのは、政府とか行政における秘密の約束の事を「密約」と言ったりしています。

個々の人達の間でも、「約束を結ぶ」ということがあります。
個々の人達の間で取り交わされた約束の内容までは、他の誰かに伝える必要はありません。
しかし、政府とか行政組織の間で取り交わされた約束の内容を「秘密にしよう」となると、それは密約というものになります。

そして、この政府とか行政組織の間で密約というものは、良くないとされています。

個々の人達の間で取り交わされた約束の内容は、秘密にしても良いのに、なぜ、行政組織の間で取り交わされた約束の内容を秘密にしたら良くないのか、を、この段落では説明しています。

------------------------------------

民主主義政治の根本精神としては、「開かれた政治」というものがあります。
この「開かれた政治」というのは、言い換えれば、「透明性のある政治」と言えます。

私達の民主主義政治は、「国民の全てが政治をしている」というのが大前提です。
しかし、「国民の全てが議会に出て来て議論し合う」というのは難しいと言われたので、現在のほとんどの国が、代表制民主制と言って、国民の間から代表者を選出して、その代表者に国会に行ってもらって、議論をしてもらっています。

ですから、私達が日頃テレビを見ていると、「政治家と呼ばれる人々が政治を行うのだろう」と思いがちですが、それは間違っています。

なぜならば、私達の代表者に国会に行ってもらって、そこで議論をしてもらっているのですが、民主主義政治の根本精神から、「国民の一人一人が政治を実行している」というスタンスが、民主主義政治なので、「実際に政治を実行しているのは、その国の国民一人一人である」ので、政治家と呼ばれる少数の人々が、政治を実行している、というわけではないからです。

日本では、「成人年齢以上の全ての人々が日本政治を実行している」というのがスタンスです。

ですから、国内では、国内の全ての人々が政治を実行している、という方針がありますから、政治というものは、全ての人々が、その政治内容が見えるような方針が立てられています。

ですから、国会のテレビ中継などがあって、その政治内容が国民に見られるようにしています。

つまり、これが「透明性のある政治」とか「開かれた政治」と言われるものです。

このように様々な行政判断や行政内容を全ての人に見せることが「透明性のある政治」なので、これが民主主義政治の実行しなくてはいけないものの一つです。

------------------------------------

要するに、「ある国の、全ての国民が、その国の政府を所有している」というのが民主主義政治の根幹なのです。

ですから、「ある国の政府の官僚が他国や、あるいは、他の誰かと、何らかの約束を結んだ」とあるならば、その国の、全ての国民が、その国の政府を所有していますので、当然、その約束の内容を、その国の、全ての国民が知る権利があるわけです。

------------------------------------

また、日本国憲法の第十五条の②には、

-------------------
第十五条
○2  すべて公務員は、全体の奉仕者であつて、一部の奉仕者ではない。
-------------------

とあります。

つまり、「政府の密約」とか「政府の秘密」となると、その密約を結んだり、あるいは、その政府の秘密を作った、何人かの公務員は、その状態を知っているのですが、国の中の大部分の人々が、その密約の状態を知らなかったり、あるいは、その秘密の状態を知らないので、これだと、「それらの密約を結んだり、あるいは、その秘密を設定した、ごく少数の公務員が、一部の奉仕者となってしまった」となるので、これは良くないことだ、と読者の方々も感じることでしょう。

------------------------------------

ですから、「不透明な政治」という状態を考えてみましょう。

そのような政治には密約が多いとわかります。

「不透明な政治」となると、要するに、公務員とか、政治家(「政治家」という名称は、本当は俗称であり、「特別国家公務員」というのが正しい名称です)が、国家の名義を借りて、自分一人のために、何らかの約束を結んだり、あるいは、自分一人のために、何らかの行政を実行してしまえば、それは、つまり、独裁政治ということがわかるでしょう。

そして、「その約束の内容を秘密にしておきたい」とか「その行政を秘密にしておきたい」となると、ますます、その人は、自分だけの利益を追求することが出来ることが私達にわかります。

つまり、「不透明な政治」というのは、これは、国民一人一人が政治を実行しているという民主主義政治では無く、徐々に独裁政治になっていくことがわかります。

ですから、民主主義政治には、「透明性のある政治」というのが義務なのですが、「やれ、政治には秘密事が多いのだ」となると、これは独裁性が高まって行っていると言う事が、私達にわかってきます。

------------------------------------

ですから、最近の報道を見たりしていると、私達は、「どうやら、なんとなく、民主主義政治(代表民主制)も死にかけているのではないだろうか」と感じないでしょうか。

------------------------------------

実際、アメリカ合衆国でも、「情報公開法」という法律が出来ました。

この「情報公開法」というのは、要するに、「アメリカ合衆国の国民に対して、アメリカ合衆国政府は、自らの行った事を公開しなさい」という法律です。

この「情報公開法」によって、過去にアメリカ合衆国の行ってきたことが明らかにされたものもありました。

実行したのは、アメリカ合衆国の国民です。

しかし、この段階で、読者の方は奇妙な事を感じることでしょう。

つまり、アメリカ合衆国でも民主主義の国ですから、「透明性のある政治」が当然な筈です。

しかし、「情報公開法という法律を制定しなければいけなかった」という事実があった、ということは、「アメリカ合衆国でも、政治の隠蔽性が高まっていたのだ」と読者の方々は気が付くことでしょう。

民主主義政治の方針から言えば、「透明性のある政治」が当然なのですから、「情報公開法」という法律そのものが制定される必要性は全く無い、と人は気が付くことでしょう。

この、アメリカ合衆国の事例を考えてもわかるように、上の言葉の繰り返しになるのですが、私達は、「どうやら、なんとなく、民主主義政治(代表民主制)も死にかけているのではないだろうか」と感じないでしょうか。

------------------------------------

結局、「不透明な政治」というのを作っていけば、その政治を司る、ごく少数の政治家達が、自分達の思うように(全ての国民の意見を議会に反映させているのではなく)、その国の政治を進めることが出来るようになるので、これは独裁政治の走りとなるわけです。

日本の歴史を見てみると、弥生時代から、「村(むら)」が次第に「国(くに)」と化していきます。

その過程を見ると、弥生時代に稲作が導入されたので、隣接している村同士で米の奪い合いが起きたらしく、隣接している村同士で戦争が起こるようになりました。

隣村との戦争に勝つために、村の内部の組織が進み、ピラミッド型構造の社会が生まれ、その村の内部の権力者が、やがて国王となっていきました。

このように、「国(くに)」という、社会システム構造の歴史を見てもわかるように、「国」という、社会構造がもっとも必要とされた原因としては、「隣の村は、どうやら、(仮想)敵国だから、私達の村を守るために、あるいは、その隣の村を叩くために、ピラミッド型構造の社会、つまり、国という政治システムが必要だ」と、その村の内部の、権力者と言える人々が、村の内部の人々を説得していったことでしょう。

上の流れを踏まえると、「不透明な政治」の作り方がわかってきます。

ある政治家が、以下のように言うかもしれません。

  「私達の住み場の近くに、厄介な敵国がある(らしい)。その厄介な敵国から、私達の住み場を守るためには(あるいは、その厄介な敵国を叩くためには)、軍事的な秘密を作る必要がある。なぜならば、軍事的な作戦敢行のためには、その厄介な敵国に、我が方の軍事作戦を知られるわけにはいかないので、我が国の内部で、あらかじめ、軍事的な秘密を作っておく必要がある。だから、私達の国家の内部には、多くの秘密が必要だ」

と。

あとは、多くの人々に、上記のように、秘密の重要性を説いて行けば、やがて、その国の内部は、「不透明な政治」の状態となり、国の上層部にいるとされる、ごく少数の人々が、寡頭政治(かとうせいじ)を実行できるわけです。

寡頭政治とは、言ってしまえば、一つの独裁政治のようなものであり、ごく少数の人々が、その国の内部の政治を実行している状態です。
いわば、貴族政とも言える状態です。

結局、「全ての国家の成り立ち」というものを見てみると、世界中の国家の成り立ちというものを見てみると、わかるのですが、要するに、「私達の外部に、敵国があるから、私達を守るためには、国家という社会システムが必要だ」という、心がけの下に、全ての国家が出来上がったことがわかります。

ですから、逆説的に感じるかもしれませんが、ある国の公務員からすれば、敵国の存在は有難いことになります。
自分達の職業の存在理由が明らかとなり、また、その国の内部の人々からの需要もあるからです。

世界中が平和であり、全ての国境線が消えたのならば、地球上の全ての国家は不要となります。
「世界中が平和であり、国境線が消えたのならば、地球上の全ての国家の、かなり多くの公務員が不要なのだろう」と、人は気付くことでしょう。

------------------------------------

まとめなのですが、結局、密約とか秘密の多い国というのは、「透明性の無い政治」となり、寡頭政治も実行されて、民主主義状態から徐々に離れていきます。

また、「不透明な政治」の作り方の一つの例を挙げましたが、その例を挙げる途中で、「国の成り立ち」も書きました。
その「国の成り立ち」を読んでも、感じたかもしれませんが、私達は私達の社会のシステム構造の根本にも疑問の目を持つようになるかと感じます。


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム