« 三千百五十九: 「マクロス フロンティア」を見て | メイン | 三千百六十一: 「マクロス フロンティア」を見て_No.2 »

2017年8月11日 (金)

三千百六十: News_No.619

こんばんわ。

私の見かけたニュースをご紹介させてください。
今回は、紹介記事数が多くなってしまいました。
私の気になった部分には、アンダーラインを引いたり、太字にさせて頂きました。


(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2017/7/15記事より引用)
------------------------------------------
●地面が陥没、住宅が崩落 米・フロリダ州
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170715-00000037-nnn-int

7/15(土) 16:25配信 日テレNEWS24

アメリカ・フロリダ州で14日、地面が陥没し、住宅が崩落する瞬間をカメラがとらえていた。

フロリダ州の住宅街で14日、地面が陥没し、巻き込まれた住宅が崩落した。
別の住宅が倒れる様子も撮影されており、地元メディアによると、穴の深さは約15メートル、外周は約90メートルにも達し、今後も拡大する可能性があるという。
この陥没で11世帯が自主避難しているが、ケガ人は出ていない。

AP通信によると、この地区では5年前にも同様の陥没があり、補修工事が行われていた。
------------------------------
(引用終わり)


(以下、『地球の記録 - アース・カタストロフ・レビュー』様、2017/7/26記事より引用)
---------------------------
●「世界で最も雨が降らない場所」チリのアタカマ砂漠に、歴史上最高の「花満開」の状況が訪れつつある
http://earthreview.net/flowering-desert-in-the-most-driest-atacama-chile-2017/

アタカマ砂漠の「花の咲き乱れ」についてのチリの報道

_1

・24horas.cl

アタカマ砂漠の花 2017年7月

_2

・deZabedrosky

Sponsored Link

チリのアンデス山脈西に位置する「アタカマ砂漠」は「世界で最実も雨の降らない乾燥した場所」として有名です。

このアタカマ砂漠では、数年から十数年に1度の数日間、「花が咲く」ことがあります。

雨が降らないこの場所に、雨が降った場合に限られるのですが、最近では 2015年にそれが起きました。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

これは、私の方のコメントです。
通常の砂漠の状態では、私達は気づきにくいのですが、まるで、農夫が、畑に大量の種を蒔いたかのように、砂漠には、多くの植物の種が転がっていることがわかります。


(以下、『スプートニク』、2017/7/28記事より引用)
------------------------------------------
●男性の健康に猫が影響する
https://jp.sputniknews.com/science/201707283934285/

スコットランドのエジンバラ大学の研究チームは、ヒトの健康状態とペットの有無の関係を特定した。
研究には、40歳から85歳までの1万人以上が参加。
ヒトへの治癒効果を最も発揮するのは猫。

猫の飼い主はペットを飼っていない人より平均で18%から20%、心臓発作や脳卒中の犠牲になる確率が低く、犬の飼い主より10%低かった。
チームはまた、猫が男性の寿命を伸ばすことも確認した。
英国に住む人で85歳まで生きた人70%以上は猫を家で飼っていた。
------------------------------
(引用終わり)


(以下、『Gigazine』、2017/7/28記事より引用)
------------------------------------------
●CIAがMac・Linux用バックドア・ルートキットを設置する3つのハッキングツール開発が暴露されて発覚
http://gigazine.net/news/20170728-cia-hacking-tools-macos-linux/

WikiLeaksが、CIAで開発されたAppleのmacOSやLinuxを対象に動作する3つのハッキングツールの詳細を記した機密文章を公開しました。
これはCIAの極秘諜報作戦の実態を暴露する機密文章「Vault 7」の一部だそうです。

WikiLeaks - Vault 7: Projects
https://wikileaks.org/vault7/#Imperial

3 New CIA-developed Hacking Tools For MacOS & Linux Exposed
http://thehackernews.com/2017/07/linux-macos-hacking-tools.html

今回明らかになったCIAが独自開発していたハッキングツールというのは、「Achilles」「Aeris」「SeaPea」の3つ。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ParsToday(前Iran Japanese Radio)』、2017/8/6記事より引用)
------------------------------------------
●アフガン政府高官、「アメリカはアフガニスタンでの麻薬生産拡大の元凶」
http://parstoday.com/ja/news/world-i33624

アフガニスタンのアズィミー麻薬対策大臣が、アメリカをはじめとする西側は、アフガニスタンにおける麻薬生産の拡大の元凶だとしました。

IRIB国際放送ラジオ・パシュトゥー語によりますと、アズィミー大臣は6日日曜、アフガニスタンの首都カーブルの人々を前に、「アフガニスタンの情勢不安は、同国での麻薬の生産と密輸の拡大につながっており、わが国の麻薬対策省も、この問題に対処するための十分な部隊を有していない」と述べました。

現在、アフガニスタンの麻薬常用者の数は、350万人となっており、国連の統計によれば、アフガニスタンの今年のアヘン生産量は、昨年に比べて、43%増加し、4800トンに達しています。
------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記2つの記事を読んでいてふと思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二百八十五: 私の見かけたビデオについて_No.31』
●元CIAがブッシュの麻薬取引を証言 新世界秩序 ロスチャイルド #cia #nwo #rothschild
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no31-5174.html
http://www.youtube.com/watch?v=YX6UDDbxOVc



(抜粋引用)
●元CIA、チップ・テイタム:
------------------
「初めの頃は東南アジアで働き、1970年代半ばの環境でユーゴスラビア、チェコスロバキア、ルーマニアに移動しました。」
「1980年代の初期に国家安全保障会議の支配下で、黒いヘリコプターが軍事作戦で飛び回っているのを人々が知っている、ケンタッキー州のフォートキャンベルに基づいた160任務部隊に参加しました。」
「そこから私はホンジュラス、ニカラグア、CIAのパイロットが飛行するオリーノースのための特別作戦に入りました。」

「国家安全保障会議は麻薬を持ってきて、アメリカに送りました。」
「私達は単純に国内の軍事施設から麻薬を出して、ホンジュラスの指定された地域に送りました。」
「そして軍用機と民間航空機でアメリカに持ち込み、各地の子供達にばらまきました。」

「ジョージ・ブッシュはコカインのど真ん中に立っていました。」

「私はアメリカの人々のために働くために、22年間支払われてきたと信じています。」
「私は皆さんがアメリカの納税者として、この国で起こっていることを知る権利を持っていると信じています。」
「この情報であなたが何をするかは、完全にあなた次第です。この情報をどうするかは、完全にあなた次第です。」

「1986年から私がCIAを辞める1992年まで、アメリカ政府が行ってきた全ての事は、」
「一つの世界政府が国々を同盟するように設計されているのがわかります。疑いの余地はありません。それがCIAが行っていたことです。」

「、、、、なぜならCIAは、ロスチャイルド家やルーズヴェルト家の世界中のお金の巨大権力のために働くからです。」

「私自身は第3階級かもしれません。第3階級は新世界秩序においては市民とは考えられず、おそらく隠れた状態で生活している新世界秩序の敵とみなされるでしょう。、、、」

「そこに誰かいますか?」

◆字幕:
「1998年にチップが突然姿を消す前の最後のインタビューでした。」
「チップの拷問された遺体は、後に2007年にパナマの海岸に打ち上げられて見つかりました。」
------------------
(引用終わり)

『三百五: 私の見かけたビデオについて_No.34』
●元CIA アメリカは存在しない敵と戦っている イスラエル・リビア・イラン・シリア #cia #enemy
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no34-67d0.html
https://www.youtube.com/watch?v=xsIhwHzvqko



(上記ビデオより抜粋引用)
------------------
■マイケル・ショイヤー:

「私達は本当に非常に冷血に、シリア人達が政府に撃たれるであろうことを知りながら、彼等に路上で出るようしきりに促します。」

「私達は、この20年間の今日、敵を作り出すことにおいて非常に効率的です。」

「全米の安全を創造することにおいて、私達はそれほど効率的ではありません。」
------------------
(引用終わり)

『二百九十七: 私の見かけたビデオについて_No.33』
●初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no33-6b51.html
https://www.youtube.com/watch?v=BhfCgO0ItY8



公開日: 2011/01/19 

(上記ビデオより抜粋引用)
------------------
■字幕:
「国家を征服しその国民を奴隷化するためには、二つの方法がある。一つは武力であり、もう一つは負債である。(John Adams 1735 - 1826)」
      :
     (中略)
      :
----- VENEZUELA 2002 -----

「、、、、エコノミック・ヒットマンの能力はこの間どんどん上がり続けましたがね・・・。、、、」

「ごく最近では1988年、ベネズエラでチャベスが大統領に勝利しました・・・、、、」
      :
     (中略)
      :
「このクーデターの起こし方は、カーミット・ルーズベルトがイランで行ったやり方と同じものです。」
「民衆をお金で買収してデモ行進をさせ、暴動を起こさせます。」
「『チャベスがとても不人気だ』と思わせるようなことを言わせながら起こすのです。」
「2,3千人の人をテレビの前に集めれば、国中が反対していると思わせることが可能です。」
「そしてそこからは、マッシュルームのように増加していくのです。」
      :
     (中略)
      :
----- IRAQ 2003 -----
「エコノミック・ヒットマンはサダム・フセインを買収することが出来なかったのです。、、、」
「何と言っても、フセインは以前、CIAのエージェントでしたからね・・・」
「前イラク大統領の暗殺のために雇われていたのです・・・失敗しましたが。」
「だから彼は私達のやり方を熟知していたのです。」

------------------
(引用終わり)

『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html

(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた

安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている

自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。(、、、以下、省略)
---------------
(引用終わり)

『二百六十九:News_No.302』
●余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no302-95d0.html
http://www.youtube.com/watch?v=Q85KeeOtbVk




『二百六十九:News_No.302』
●余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 後編
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no302-95d0.html
http://www.youtube.com/watch?v=-C0M0IduSXM

『三千百三十五:私の見かけたニュース_No.101』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/06/_no101-8c97.html
(以下、『Gigazine』、2017/6/24記事より引用)
------------------------------------------
●トム・クルーズが明るく麻薬・銃・マネーロンダリングに手を染めていく映画「American Made」予告編公開
http://gigazine.net/news/20170624-american-made/

(以下、上記記事より抜粋引用)
------------------------------------------
実在する麻薬密売人をトム・クルーズが演じる映画「American Made」の予告編が公開されています。
2015年9月に映画のスタッフを乗せた航空機が撮影現場に激突し死傷者が出たことから映画の公開が遅れていましたが、2017年9月にいよいよ映画が公開予定。
予告編では軽快な音楽とともに麻薬&銃の密売やマネーロンダリングに手を染めるトム・クルーズの姿がコメディタッチで描かれています。

American Made - Official Trailer [HD] - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=AEBIJRAkujM



(、、、中略、、、)

ということで、これは実在した麻薬密売人であるバリー・シールの物語。

(、、、長い中略、、、)

「銃に麻薬にマネーロンダリングまで?」と捜査官。

しかし、捜査官たちと会話していると……

嫌そうではあるものの、捜査官に自由を告げられます。

戸惑う周囲を置いてけぼりに軽い足取りでおうちに変えるバリー・シーン。
「僕はCIA、DEA(麻薬取締局)、そしてパブロ・エスコバルのためにドラッグを密輸していた」というモノローグが流れるのでした。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************


(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2017/7/20記事より引用)
------------------------------------------
●テニス全仏と全英で八百長疑い浮上 計4試合、不自然な金額の賭け 英BBC報道
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170720-00010003-theanswer-spo

7/20(木) 16:05配信 THE ANSWER

不正監視団体が捜査、全仏1試合、全英3試合…本戦でも不正の可能性高まる

男子テニスで今年行われた6月の全仏オープンと7月のウィンブルドンで八百長の疑いが浮上している。
英公共放送BBCが、テニスの不正監視団体「テニス・インテグリティ・ユニット(TIU)」が両大会において八百長の疑いがあったとして、捜査を進めていると報じた。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)


(以下、『Gigazine』、2017/7/28記事より引用)
------------------------------------------
●砂糖を摂りすぎると精神疾患のリスクが高まることが明らかに
http://gigazine.net/news/20170728-sugar-link-mental-health-risk/

砂糖を過剰に摂取することで糖尿病やがんのリスクが高まると言われていますが、精神疾患のリスクも高まることがイギリスのユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン(UCL)の研究で明らかになりました。

Sugar intake from sweet food and beverages, common mental disorder and depression: prospective findings from the Whitehall II study | Scientific Reports
https://www.nature.com/articles/s41598-017-05649-7

High sugar intake linked with poorer long-term mental health
http://www.ucl.ac.uk/news/news-articles/0717/27072017_sugar_mental

これまでの研究でも砂糖の過剰摂取と精神疾患のリスクの上昇との関連性は指摘されていました。
しかし、これが因果関係かどうかは明らかではなかったとのこと。
つまり、うつ病に罹患することで砂糖の摂取量が高まるという可能性が排除できず、砂糖を多く摂るとことが精神疾患のリスク上昇を引き起こすかどうかはわかっていませんでした。

UCLのアニカ・クヌーペル博士らの研究チームは、イギリスの公務員を対象とした(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)


(以下、『朝日新聞デジタル』、2017/7/29記事より引用)
------------------------------------------
●稲田氏への報告の有無、あいまいに 日報の特別防衛監察
http://www.asahi.com/articles/ASK7X5662K7XUTFK01G.html?iref=comtop_8_03
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『朝日新聞デジタル』、2017/7/29記事より引用)
------------------------------------------
●北朝鮮が弾道ミサイル発射 45分飛翔、EEZ内に落下
http://www.asahi.com/articles/ASK7Y0405K7XUTFK02W.html?iref=comtop_8_02
------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記の2つの記事を読んでいて、なんとなく思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『三千百四十八: News_No.618』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/07/news_no102-cce7.html
(以下、『日刊ゲンダイDIGITAL』、2017/7/6記事より引用)
------------------------------------------
●偶然なのか 内閣支持率と北ミサイル発射に“あうんの呼吸”
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/208885

実は裏でつながっているのではないか――。

4日午前10時ごろ、北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本海の排他的経済水域に落下した。
それから約5時間後、北朝鮮は「特別重大報道」としてICBMの発射実験に成功した、と発表した。

が、これは偶然なのか。
過去、北朝鮮がミサイルをブッ放すタイミングを時系列で追ってみると不思議なことが見えてくる。
安倍政権に不都合が生じると、それを揉み消すように北朝鮮がミサイルを撃ってくれるのだ。

2017年1月から今日に至るまで北朝鮮は計10回13発の弾道ミサイルを発射しているわけだが、どれも安倍内閣の支持率が低下した月にブッ放している。
唯一6月は例外だが、ICBM開発が最終段階を迎えていたからか。

もはや安倍首相と金正恩の間に“ホットライン”があるのでは? と勘繰りたくなる。
悪い冗談であって欲しいが……
果たして。
------------------------------
(引用終わり)
****************************************************
****************************************************


(以下、『Gigazine』、2017/8/4記事より引用)
------------------------------------------
●歯磨き粉やオレンジなど、あなたを殺す予想外の物あれこれ
http://gigazine.net/news/20170804-this-much-will-kill-you-pt2/

高度8000mの高山や水6リットル、塩小さじ48杯など、ナイフや銃がなくても人を死に至らしめることが可能です。
そんな日常に潜む、予想外な「致死性の物質」をまとめたムービーが公開されています。

This Much Will Kill You pt.2
https://www.youtube.com/watch?v=IPrndNZ4m6w

料理にスパイスを使うことで風味がよくなりますが、実はスパイスにも人を殺す力があります。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事を読んでいて、なんとなく思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『百七十六:『人口削減計画』等について_No.8』
●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html
http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA



(上記ビデオより引用、元脳神経外科医、ラッセル・ブレイロック博士)
------------------
「99%の人がワクチンに水銀が入っていることなど知りません。」

「フッ素はお茶やコーヒー、水、パン、そして歯磨き粉にも入っています。」
「だけど毒だということですね。」

「フィリス・マレニクス女史はごく微量における、フッ素の毒性を発見しました。」
「実験でごく微量のフッ素が神経を損傷させることを突き止めたのです。」
「(学会で実験結果を公表した後で)『自分が何を言っているかわかってるのか?』と役員に聞かれました。、、、」
「1930年代ヒトラー率いるナチスは汎ドイツ主義とナチス哲学で世界を支配する計画を立てました。」
「当時のドイツの化学者たちは非常に精巧な大衆をマインドコントロールする技術を開発していました。」
「その具体的な手段は管理区域の飲用水に化学物質を入れることでした。」
------------------
(引用終わり)

『二千八百八十五:フッ素について_No.7』
●フッ素は猛毒である! 歯学博士 長尾周格
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/04/_no7-2dec.html
https://www.youtube.com/watch?v=_FZIctE7yQI



(上記ビデオからの抜粋引用)
------------------
フッ素は猛毒である。

しかし、「フッ素が虫歯予防に効果がある」という明白な根拠はありません。
基本的にフッ素は猛毒であり、非常に危険な物質です。
WHOでは、6歳未満のフッ素洗口は危険なため、行わないよう、勧告しています。

フッ素は微量でも慢性的に摂取すると、様々な病気や障害を引き起こす事が知られています。
------------------
(引用終わり)

『七百七十八:フッ素について』
●フッ素と脳の発達
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/post-61ea.html
http://www.youtube.com/watch?v=NNdL_nFejwc



(※筆者注:上記ビデオは、なぜか削除されていましたので、削除されていなかった時のビデオの写真を撮影していましたので、以下にその写真を掲載しておきます。)

Photo

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「フッ素は心理的な問題を引き起こす可能性が有る毒物です。」
「それは何千人という子供たちのIQの低下を引き起こす可能性が有るのです。」
「我々はフッ素が問題の原因となっていることをテストしそれが証明されました。」
------------------
(引用終わり)

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4



(上記ビデオより引用、ジェイ・パーカー)
------------------
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
「、、、そしてフッ素の歴史がわかることでしょう。」
「神経毒であり、ほとんどの正直とされる科学者達によって私達の社会にある毎日私達がさらされている癌の引き金となるトップエージェントの一つであると懸念されているのです。」
「人々を従順にし、ソ連やナチスの刑務所や強制収容所で使用されていました。」
「人々を従順にさせるんです。」
「簡単に支配できるんです。」
「意志が弱くなり、基本的には、ゾンビになりたければ、フッ素を取る事を確認してください。」
「何故ならそれが一番だからです。」
------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************


(以下、『InDeep』様、2017/8/4記事より引用)
------------------------------------------
●「太陽は《外部から》エネルギーを得ている」:ブダペスト工科経済大学の科学者が発表した太陽理論は、現行の標準太陽モデルを100パーセント否定した
http://indeep.jp/study-provides-evidence-for-externally-powered-sun-challenging-standard-solar-model/

「現在の太陽の標準モデルは、本来ならずっと昔に破棄されているべき理論なのです」

 - ブダペスト工科経済大学 ジャマール・S・シュライア教授

今回は、最近の科学誌に掲載された、非常に魅力的でありながらも「驚き」の太陽に関しての論文について紹介していた記事をご紹介します。
これは、最近数年間で、あるいは、もしかすると、 In Deep を書き始めてから読んだ科学報道の中で最もショックを受けたもののひとつです。

ご紹介するその記事の冒頭は下のようなもので、もうこれだけでもゾクゾクとくるものではあります。

科学誌に掲載された新しい研究論文は、太陽が外部から動力を与えられていることを示唆した。
これは、現在の標準的な太陽モデル(SSM)の考え方に真っ向から対立する意見となる。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)


(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2017/8/8記事より引用)
------------------------------------------
●沖縄相「地位協定見直しを」 閣僚で異例な見解
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170808-00000017-ryu-oki

8/8(火) 13:19配信 琉球新報

【東京】
江崎鉄磨沖縄北方担当相は8日の閣議後会見で、豪東海岸で発生した米軍の垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの墜落事故に関して「日米地位協定をもう少し見直さないといけない」と述べた。
閣僚が地位協定見直しに言及するのは異例だ。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)


(以下、『朝日新聞デジタル』、2017/8/8記事より引用)
------------------------------------------
●自著での主張も記憶にない? 菅官房長官「知りません」
http://www.asahi.com/articles/ASK884VHNK88UTFK00K.html?iref=comtop_8_03

過去には公文書の重要性を訴えていたのに、そのことすら記憶にない――。
「記録にない」「記憶にない」という政府答弁が相次いでいる学校法人「加計(かけ)学園」の獣医学部新設問題をめぐり、菅義偉官房長官が8日の記者会見で、公文書の公開のありように関する自著での主張を失念してしまっていることが浮き彫りになる一幕があった。

菅氏は野党時代の2012年に出版した『政治家の覚悟』(文芸春秋)で、政府があらゆる記録を克明に残すのは当然で、議事録は最も基本的な資料です。その作成を怠ったことは国民への背信行為と記していた。

加計問題で国家戦略特区ワーキンググループの議事録の公開に応じる姿勢を示さない菅氏に対し、朝日新聞記者がこの部分を読み上げ、「これを本に記していた政治家は誰かわかるか」と尋ねたところ、「知りません」と答えた。

記者が「官房長官だ」と指摘し、「政府の現状と照らし合わせて、じくじたる思いやきちんと記録に残すべきだという気持ちにはならないか」と尋ねると、菅氏は「いや、私は残していると思いますよ」と主張した。
(南彰)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事を読んでいて、なんとなく思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千九十五:News_No.502』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/news_no502-4ce5.html
(以下、『YAHOO! JAPAN News』、2014/7/11記事より引用)
------------------------------
●安倍官邸とNHKを倒す事になる週刊フライデーのスクープ記事
http://bylines.news.yahoo.co.jp/amakinaoto/20140711-00037285/

天木 直人 | 外交評論家
2014年7月11日 7時57分

きょう(7月11日)発売の週刊フライデー7月25日号に「安倍官邸がNHKを土下座させた」という見出しの、大スクープ記事が掲載されている。

その要旨はおよそ次の通りだ。

すなわち7月3日に生放送されたNHKの「クローズアップ現代」に、菅義偉官房長官が出演して集団的自衛権行使容認の閣議決定について宣伝しようとしたところ、国谷裕子(くにやひろこ)キャスターが、「他国の戦争に巻き込まれるのではないか」、「憲法の解釈を変えていいのか」と質問した。
それに対して、番組が終わった後で、「誰が中心になってこんな番組をつくったのか」、「誰が国谷にこんな質問をさせたのか」、と安倍官邸が恫喝し、犯人さがしをしたと言うのだ。

安倍官邸の恫喝には驚かされるが、もっと驚いたのはNHKの対応である。

籾井会長以下、上層部は平身低頭し、国谷キャスターは「すみません」と泣き出したという。(、、、以下、省略)
--------------------------
(引用終わり)

『二千百二:News_No.504』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/news_no504-51a5.html
(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/7/15記事より引用)
------------------------------
●沖縄密約文書、「開示せず」確定 最高裁判決
http://www.asahi.com/articles/ASG7G5HRNG7GUTIL03K.html

1972年の沖縄返還で日米両政府が交わした「密約」文書の開示を元新聞記者らが求めた情報公開訴訟で、最高裁第二小法廷(千葉勝美裁判長)は14日、原告側の上告を退ける判決を出した。

(、、、中略、、、)

菅義偉官房長官は14日の記者会見で、破棄された可能性のある文書の再調査について、「考えていない」と否定した。
今後の文書管理のあり方については、「公文書管理法を踏まえ、国民が重要な歴史事実を検証できるよう、適切な行政文書ファイルの保存管理を詰めていきたい」と述べた。
--------------------------
(引用終わり)

『四百七十六:秘密保護法案について_No.2』
(『しんぶん赤旗』2013/10/27記事より写真と文章を引用)
●(写真)核持ち込み密約「討論記録」(左)と朝鮮半島への自由出撃密約文書
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-fe7a.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-27/2013102701_01_1.html

2013102701_01_11



秘密保護法ツワネ原則11/20福島みずほ「当時 安倍官房長官はウソをついたんですよ」
https://www.youtube.com/watch?v=bUxfy-a0TJk



公開日: 2013/11/19

(上記ビデオより引用)
------------------
(前略)

■首相:

ご指摘の官房長官の答弁はですね。えー、同報告書の、あー、えー、その時のですね、えー、政府としての考え方を述べたものである、と。
まあ、こういうことでございます。

●福島みずほ氏:

当時、虚偽答弁したんですよ。
嘘ついたんですよ。
だって、当時は、アメリカから公文書が、ちゃんと出て来た。
吉野文禄さんが、自分が書いたものだと、はっきり、言ったんですよ。

全部、そろって、全部、そろって、いたにも関わらず、当時、自民党政権、官房長官、安倍官房長官は、「密約はいっさい無い」と言ったんですよ。

こんな出鱈目(でたらめ)がありますか?

誰が考えても密約があるのに、「無い」と強弁した。
強弁し続けたんですよ。
そんな政府が秘密指定をする、、、
------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************


                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム