« 三千百五十二: 音楽家の描写 | メイン | 三千百五十四: 私達のルールに関する話題 »

2017年7月31日 (月)

三千百五十三: 夏のピアノ

       夏のピアノ


   鍵盤の上の
   指先から あふれ出る ピアノの音は
   ガラスで作られた
   ビリヤードの玉のよう。

   その 虹色を帯びた 幾つもの玉が 
   重なり合い 触れ合い 叩き合い 離れ合いながら
   種々の乾いた音を放つ。
   七色の光が 虚空で 薄く 散乱するかのように。

   その 幾つもの虹色の音が 織り重ねられ
   青空高く 木霊(こだま)しつつ
   天頂 目指して 上に落ちてゆく。
   夏風に流される 幾つもの シャボン玉のように。


                                       坂本 誠

20100805100809

Powered by Six Apart
フォトアルバム