« 三千百五十: 男と女を考えて | メイン | 三千百五十二: 音楽家の描写 »

2017年7月31日 (月)

三千百五十一: 雨の日のピアノ

        2017年6月24日

雨の日に、ピアノは良く似合う。
ピアノの鍵盤を叩く、その様が、雨だれの落ちる様と重なり合う。

ピアノの音が、青空の天空高くから落ちてくるかのよう。

無数の水晶の欠片(かけら)が、こぼれ落ちてくるかのよう。

雨の日の部屋の中にいて、どこか、青空を思い起こさせる。

Img7d92d66cd282




                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム