« 三千百二十五: 東洋医学のツボと西洋医学の話題 | メイン | 三千百二十七: 学校のいじめ問題を考えて »

2017年6月 7日 (水)

三千百二十六: 青空下り

       青空下り


   目を閉じて
   自分の心の中に広がる 青空へと 飛び降りる。
   遥か下方に見える
   白い山の頂を目指して
   ゆっくりと降りてゆく。

   鳥が 青空を波として その波の上を滑るように、
   私の心の中央から奏でられ 広げられる 音楽の波の上に乗って
   ゆったりと 空を舞う。
   その様(さま)は 空と海を背景にした
   一艘(いっそう)の白い小舟か。

   乾いた風の音(ね)が聞こえるのみで
   天の頂から
   白い陽の光が 
   さらさらと流れ降る(くだる)のを見ていると、
   まるで 時が静止しているかのよう。

   その 静止した時の流れの中で
   鳥と両手をつなぎ 輪を描きながら、
   下方の山の頂 目がけて 降りてゆく。
   陽射しを背中に かざしつつ。
   心の中の 青空の中で。

Img7d9206723b05




                                       坂本 誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム