« 三千八十三: News_No.612 | メイン | 三千八十五: 私の見かけたニュース_No.96 »

2017年2月23日 (木)

三千八十四: 資源の有効活用を考える

三千七十一:資本主義に代わる道の模索』で、資源の有効活用について書きました。

(翻訳と引用部分。写真も同HPからの引用)
---------------------------------------------
●Welcome | Transition US
http://transitionus.org/

●Sustainable NE Seattle's Tool Library Grand Opening
http://transitionus.org/stories/sustainable-ne-seattles-tool-library-grand-opening

Tool_library_2

---------------------------------------------
(引用終わり)

例えば、上記の『トランジション』というHPでは、各家庭の大工道具とか工具を「工具倉庫」とも呼べる建物の中の、一か所に置いて、必要な時に市民が、その工具を借りて、何かの作業をする、というものでした。

こうすることにより、市民は工具を購入しなくても良くなるし、また、市民の各家庭中に、ほとんど使用しない工具を置いておくことも少なくなります。

/////////////////////////
/////////////////////////

そして、同記事中にも書きましたが、日本の中学校の男子生徒は技術の時間に工具を使いますが、その工具を男子生徒に買わせず、学校側で工具を一括購入し、その多くの工具を、技術の時間だけに、学校側から生徒側に貸し出せば良いと思われます、というアイデアを書きました。

/////////////////////////

似たような考えが進みました。

それは英語の辞書とか古文の辞書です。
古文の辞書は、主に高校で使用されているでしょうか。

ですから、このアイデアは、高校でも中学でも使えるかと思います。

最近の学校の中では、「IT室」というのか、または「情報処理室」というのかわかりませんが、一つの教室に40台ぐらいのパソコンを置いてある学校も増えたと思います。
当然、多くの生徒にパソコンを覚えてもらうためです。

ですから、英語の時間とか古文の時間でも、この「情報処理室」に行って、生徒側がインターネット上の英語の辞書のHPなり古文の辞書のHPを開いて、そこで、英単語の意味を知ったり、古文単語の意味を知る、というのはどうでしょうか。

こうすることにより、多くの生徒が英和辞典とか和英辞書とか古文辞書を購入しなくても良くなるのではないでしょうか。

また、お金の節約にもなりますが、当然、登下校の際に、重い辞書で鞄を膨らませなくても良くなります。

/////////////////////////

最近でも、多くの子供達の教育費の増大が伝えられています。

各家庭の教育費の削減にもつながるでしょう。

辞書も結構高価ですから、上のように、学校の中のIT関係のパソコン等を使用すれば、資源の有効活用を行えるのではないでしょうか。

また、当然、高価な辞書を購入しなかった金額の分だけ、何か他のもっと有意義なことに、その余ったお金を各家庭が使用できるかと思います。

少なくとも、金額から考えて、週末や月末での、家族連れでのファミレスの外食費用に回せるのではないでしょうか。

/////////////////////////

また、生徒達も重い鞄から解放されるので、姿勢が良くなるかもしれません。


(以下、過去記事、関連記事、及び、参考文献)
******************************************
******************************************
『三千七十一:資本主義に代わる道の模索』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/02/post-8871.html

====================================================
先日、出版された本に以下のものがあります。
---------------------------------------------
SHARE<共有>からビジネスを生みだす新戦略

    レイチェル・ボッツマン 著 
    ルー・ロジャース 著

    小林弘人 監修・解説
    関美和 訳
    NHK出版
---------------------------------------------
その中に、以下の例があります。
---------------------------------------------

  アメリカの半分の世帯(約5000万世帯)が電気ドリルを持っている。
  しかし、それらは、人間の一生の間に、一つの世帯で、合計して6分か13分しか使用されていない。
  
---------------------------------------------
だいたい、以上の例が紹介されてありました。
つまり、5000万個の電気ドリルが70年間の間に、一つの世帯で、たったの6分か13分しか使用されていないわけです。

====================================================


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム