« 三千七十七: ケムトレイルについて_No.12 | メイン | 三千七十九: 桜の巨木を見ながら(独白) »

2017年2月14日 (火)

三千七十八: 現代の商業モデルを考えて_No.2

■:はじめに

昨日、話題にしてみた『三千七十六:現代の商業モデルを考えて』の続きです。

前段『三千七十六:現代の商業モデルを考えて』の最後の方に書いた「イベント開催」の件について、考えていました。

「イベント開催」となると、結局、これは「お祭り」ということになるので、少しばかり派手な要素が出ても仕方がありません。

ですから、少しばかりの派手さがあるかもしれませんが、進めてみます。

さらに、一般消費者のニーズも絡めていきます。

////////////////////////////
////////////////////////////
■:今までに使われている数値を見て

最近の店頭でも、いまだ、「298(ニー、キュッ、パー)」とか「398(サン、キュッ、パー)」の値段札を多く見かけるものです。
しかし、この値段札の効果も、最近では薄れてきているとは感じないでしょうか。

この「298」とか「398」の値段札も、現れてから時間が経っていますし、意図も多くの人が知りますと新鮮味が薄れてしまいます。
その値段札の意図も広く知られていますし、多少、時代も変わって来ていますので、その値段札の意図については説明はしません。

ただ、現代市場でも、「298」とか「398」の値段札を書いても、もちろん、良いわけです。

////////////////////////////
////////////////////////////
■:ゾロ目の使用とイベント開催

最近、多くの人が車のナンバープレートを見ていて、気が付くことがあるかと思います。

だんだんと、多くの車のナンバープレートの使用される数字に、「ゾロ目」が多いのに気が付かれるでしょう。

「ゾロ目」というのは、例えば、「1111」とか「333」とか「555」とか「777」の、同じ数値の連続した数値の事です。

「なぜ、車のナンバープレートに、自分の使いたい『ゾロ目』を使用できるようになったのか」というと、これは、先年、車関係の法律が変更され、車の所有者の方が申請をして、空いている数値ならば、その数値を自分の車のナンバープレートに使用して良いようになったからです。

結果、空いている数値の「ゾロ目」を使用して、現在の車のナンバープレート番号のように、「ゾロ目」のナンバープレートが流行るようになったのです。

例えば、上の数値の「777」ならば、巷では、「ラッキーセブン」とも言われており、縁起の良い数値とも言われています。

つまり、ある一定以上の数の人が、数値の「ゾロ目」が求めていたことがわかります(ニーズ発生)。

-----------------------------

現代でも、「198」、「298」や「398」の値段札でも良いかと思うのですが、巷で「縁起の良い」と噂されているゾロ目を値段札に応用してみるのも一つの手段かも知れません。

-----------------------------

そして、例えば、以下のようなイベントを店で開催してみるわけです。

バレンタインデーを過ぎれば、次は、3月3日の雛祭りです。

「3,3」が並んでいますから、アクセサリーを売っているお店ならば、お店の全てのイヤリング(耳飾り)に、全て「333円」の値段札を付けて、

  「大奉仕の均一価格大セール! 3月1日から3月3日までの3日間、うちの店の全てのイヤリング(耳飾り)を333円で売ります! あなたも『3』の記念日にいかがでしょうか!」

と、宣伝してみます。

つまり、ゾロ目等のゴロの良さも、かけ合わせて、販売してみるわけです。

ついでながら、「3日間」という短期間ですが、均一価格セールをしています。
ですから、「どの商品が一番売れ筋か」という、私が、『三千七十六:現代の商業モデルを考えて』で書いておいた、「一般消費者のニーズ動向把握」も、兼ねておくわけです。

(※注意:未然に書いておくのですが、上の例だと、3月3日の午後3時33分には、お店に多くの人が詰めかけないように、店側で、何らかの事前的な手続き実行を考えていた方が良いかと思います。なぜならば、その午後3時33分に、多くのお客さんが一斉に詰めかけたことにより、将棋倒し等が起きて、事故が起きてしまえば、話になりません。ですので、3月3日の午後3時33分にかけては、集まってもらった、多くのお客さんには、大変申し訳ないのですが、店側の方で、整理券を発行しておいて、大量の行列が出来ないような未然の工夫が必要となるかもしれません。)

////////////////////////////
////////////////////////////
■:応用例

他の例としては、最近は受験シーズンでしょうか。
「受験」と言いますと、これも色々と書けるのですが、それはここでは置いておきます。

受験シーズンだと、「かつ丼」や「かつメニュー」が食品コーナーの棚に置かれたり、ファミレス・メニューにもよく現れるでしょうか。

この「かつ」を使うと言うのは、人も良く知るとおり、お肉の「かつ」が、「勝利」の単語の意味の「勝つ」と、語呂があっているので、受験生の受験勝利のためによく使われているようです。

ですから、日頃より、多めの種類のかつ丼弁当が食品コーナーの棚に置かれるかもしれません。

この全ての種類のかつ丼弁当の値段札を、均一価格大セールで、555円の値段札で販売してみるとか。

「555」というのは、予想出来るように、「Go! Go! Go!」の語呂を合わせています。
「Go!」というのは、「突破」という意味が込められています。

1パックで555円ですので、2パックの合わせ販売をするならば、おまけにおしんこを付けて、「1111円」の値段札で売ってみるとか。

もちろん、「1111円」というのは、「No.1突破」という手合いの強力な意味を込めているわけです。

また、ファミレスの「かつ定食」メニューならば、「1155円」とか「1515円」の値段札で売ってみるとか。

もちろん、「1155円」や「1515円」というのは、「行け、行け、Go! Go!」の意味を込めているわけです。

////////////////////////////
////////////////////////////
■:祭り衣装との組み合わせ

また、この段落で考えているのは、一応、お店側の「イベント(お祭り)」です。

ですから、上の例のを使うならば、3月3日の耳飾り販売のケースをそのまま使うのですが、店の前面に立っている売り子さんに、客引き効果の一つとして「3日間の特売セール期間中だけ、貸衣装屋さんから、何かのコスプレ衣装を借りて、着てもらう」という手段も考えられるでしょう。

もちろん、様々なお店の、様々な経営方針があるので、もちろん実施できない、或いは実施しない企業も多々あるでしょう。

しかし、この「3日間の特売セール期間中だけ、コスプレ衣装を着てもらう」というのが味噌でしょう。

なぜならば、店の売り子さんに、毎日毎日、コスプレ衣装を着て販売してもらうと、店を訪れるお客さんも飽きてきます。

何かの特別な、わずかな期間だけに、人がコスプレ衣装を着るのですから、店を訪れるお客さんの側としては、そこに珍しさを感じるので、新鮮味を感じ、有意義さを感じて、その店に面白さを感じるのです。

ですから、短期間だけで、貸衣装屋でレンタルされている衣装ならば、店の経費からでも出せるかもしれません。

-----------------------

また、少しばかりは、その店を訪れる顧客が以下のように、心の中で感じるかもしれません。

  「この店の店主が、親心のようなものも持っており、店の売り子さん達に対しても、少しは嫁入りの事を考えてやっているのかもしれない」

と。

これは「商業計画の実施」とは言えないまでも、「店のイメージを良くする(店の好感度アップ)」とか、顧客に対しての「人間味溢れる、お店だ」という風に、イメージ計画の実施の一つとして挙げられるかもしれません。

////////////////////////////
////////////////////////////
■:終わりに

「写真の無い記事」というのも殺風景なので、「コスプレ衣装のイメージ紹介」という程度に、コスプレ衣装の写真を引用して、掲載しておきます。

(以下、『Gigazine』、2016/8/6記事より写真を引用)
------------------------------------------
●世界より選ばれしコスプレイヤーたちが集結した「世界コスプレサミット」の錦通りレッドカーペットはこんな感じ
http://gigazine.net/news/20160806-red-carpet-wcs2016/

Photo_4

------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Gigazine』、2012/10/10記事より写真を引用)
------------------------------------------
●世界各国のハイクオリティなコスプレ画像が投稿される専門サイト「AMPLE!」
http://gigazine.net/news/20121010-ample-cosplay/

Ample

------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Gigazine』、2012/2/12記事より写真を引用)
------------------------------------------
●あらゆる意味で個性的なコスプレ写真まとめ in ワンフェス2012[冬]
http://gigazine.net/news/20120212-costume-players-wf2012w/

In_2012

------------------------------------------
(引用終わり)

私としては、珍しい感じの「ショッピング」関係の記事でしたが、考え付くことを書いてみました。


(以下、関連するかと思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
******************************************
******************************************
『三千三十六:私の見かけたビデオ_No.68』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/12/_no68-4787.html
●【柳川市観光PRビデオ】SAGEMON GIRLS さげもんガールズ - YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=NYOrc0h5SN4



『三千三十三:『333 ノ テッペン カラ トビウツレ』を思い出しながら』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/12/333-0e22-1.html
(掲載した写真は、『わたしは真悟』、第3巻「空の階段」と同書、第4巻「光ふりて」からの引用です)

Pc080176

Pc080174

 

『三千六十五:買うよりも借りてみる』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/01/post-8f32.html

『三千六十三:転換の時代を考える_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2017/01/_no2-dbc8.html


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム