« 三千三十五: 公開討論会(フリー・ディスカッション)の奨め | メイン | 三千三十七: 電磁波について_No.19 »

2016年12月13日 (火)

三千三十六: 私の見かけたビデオ_No.68

こんばんわ。

私の見かけたビデオを、紹介させてください。

最近では、日本の地方自治体が、自らの市をアピールするために、動画をよく作成しています。
そのような動画を「自治体PR動画」とか言われています。

その「自治体PR動画」の中の福岡県柳川(やながわ)市作成のものです。
この段落中に、紹介した写真は、当「自治体PR動画」からの引用です。

---------------------------------

Sagemon_2

 

実は、この柳川市は自治体PR動画は、その動画公開の前より知られていました。
なにせ、「現在、約1000人のエキストラを使って、撮影中」と言われていたからです。

つまり、「ちょっとした、短編映画並みの撮影が行われている」と、知られていたからです。
私も、それを聞いた後は、日々の生活に埋没してしまい、その柳川市のPR動画のことは忘れていました。

そして、ふとしたことから、その完成した柳川市の自治体PR動画を目にする機会がありました。

---------------------------------

さすがに見てみますと、やはり、短編映画並みのものを感じました。

Sagemon_3

 

柳川市では、雛祭りなどに使う「さげもん」と呼ばれる日本の飾りを生産しているそうです。
「その『さげもん』を飾りとして、雛祭りの三人官女が、現代社会に飛び出てきている」、というのが、あらすじなのでしょう。

しかし、一切、セリフはありません。
ただ、音楽とダンスだけで、柳川市の有名なものを紹介していきます。

このようなアピールを行うのに、言語を多用していますと、視聴者の方が、かえって、耳障りなものを感じてしまうし、言葉による先入観も生まれますので、サイレント映画のように、アピールするのも効果的かもしれません。

Sagemon_4

【柳川市観光PRビデオ】SAGEMON GIRLS さげもんガールズ - YouTube:
https://www.youtube.com/watch?v=NYOrc0h5SN4



動画中の、明るい感じや楽しい雰囲気も、視聴者に安心感をもたらすかもしれませんね。

Sagemon_10

 

しかし、やはり、約1000人の地元の方が、当動画中にエキストラとして出演しているのが圧巻に感じます。
「自治体PR動画に地元の人がエキストラとして、約1000人も参加している」と言われていたのは、本当だった、と、うなずきました。

さすがに、地元の人が約1000人も参加していたら、その1000人の口から、様々なところに伝わるものですね。

---------------------------------

それと、私がこのPR動画を見て感じたのは、黒澤明監督作品の『夢』でした。

Sagemon_11

 

以前、私も黒澤明監督作品、『夢』をよく見たものですが、この柳川市観光PRビデオの製作者か監督も、黒澤明の『夢』を愛しているかと思います。

ストーリー作りや、撮影する角度や、雰囲気作りも、黒澤明の影響が流れていると感じます。
多分、このビデオの製作者か監督の方も、黒澤明作品の愛好家ではないかと、私は感じます。

Sagemon_12

---------------------------------

この段落の分類を『映画』にしようか、それとも、『音楽』にしようか、それとも、『おでかけ』にしようか、と迷いましたが、結局、『おでかけ』のジャンルに入れることにしました。

Sagemon_14

 

また、何か、面白そうな「自治体PR動画」を見かけましたら、紹介したいと思います。
もちろん、日本には、数多くの自治体がありますので。


Sagemon_15

Sagemon_18

Sagemon_19

Sagemon_20

 

 

 

(以下、過去記事、関連記事、及び、参考文献)
******************************************
******************************************
『千三百六十二:映画『夢』について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2011/11/post-88c8.html

『千四百十四:映画『夢』について_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2011/12/_no2-f61b.html

『千四百二十四:映画『夢』について_No.3』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/01/_no3-b2bf.html


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム