« 二千九百八十九: 依存傾向の強い人と現代社会システムの絡み等々を考えて | メイン | 二千九百九十一: 私の聞いた音楽_No.15 »

2016年9月16日 (金)

二千九百九十: 黄昏

        黄昏


   僕は山の頂きに来た。
   そのうち 夕暮れがやって来た。

   黄昏の薄い闇の空に
   一つ一つと星が光りだす。
   それと呼応するように
   山のふもとに広がる街にも
   一つ一つと明かりがともりだす。
   星の光と街の明かりの間に
   細い光の柱が立っていくかのよう。

   闇が濃くなるにつれて
   夜空は星の光で満ちあふれる。
   夜の街は人々の営みの明かりで満たされる。

   星の光と街の明かりが 共鳴して
   キラキラとした音楽を奏でているかのよう。

   僕のいる山の頂きで
   光の音楽がただよう。


                                        坂本  誠

_2

Powered by Six Apart
フォトアルバム