« 二千九百八十六: 私の省エネ・ライフ(交通編) | メイン | 二千九百八十八: 小さな疑問_No.5 »

2016年9月13日 (火)

二千九百八十七: 乗車案内

たまには、こんな、ひょうきんなものを書いても良ろしいでしょうか。

-------------------------------
    (キンコンカン キンコンカン)

アセンション・プリーズ。
アセンション・プリーズ。

この電車は、三次元発、五次元行き、超特急宇宙船地球号です。

車掌はテラ、副車掌はガイアが務めます。
途中停車駅はありません。

なお、途中、振動が激しく揺れる場合もございますので、なにとぞ、心のシートベルトをしっかりとお締めくださいますよう、お願いします。
皆様、振動上昇の旅を、ごゆっくりお楽しみください。

次の停車駅は終着駅五次元、五次元です。

    (キンコンカン キンコンカン)
-------------------------------

Ascension please .
Ascension please .

Ladies & Gentlemen .
This is The Super Express , Earth of Space Ship , from 3rd dimension , bound for 5th dimension .
Our conductor is Terra .
Sub conductor is Gaia .
We have no stations for our brief stop till our terminal .

We will have some cases of big swing of the vibration .
So , please fasten your heart's seat belts , firmly .
Would you please joy the journey of ascending our vibration , slowly ?
The next stop station is the terminal , the 5th dimension.

Thank you.

    (kin-kon-kan kin-kon-kan)
-------------------------------


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム