« 二千九百九十四: News_No.610 | メイン | 二千九百九十六: 私の見かけたニュース_No.82 »

2016年9月22日 (木)

二千九百九十五: 私の省エネ・ライフ(電化製品編)

『二千九百八十六:私の省エネ・ライフ(交通編)』の続きです。

世の中には、自分の愛用の電化製品を愛するあまり、半永久的に、その電化製品を使ってみたい方もおられると思います。
しかし、半永久的に電化製品を使いたくても、問題は修理の件でしょう。

電化製品の中で、もっとも、劣化するのが早い電子部品は「電解コンデンサ」と言われるものです。
右の写真が電解コンデンサです。

P9220161


この電解コンデンサの寿命は、約7年から8年だそうです。

ですから、数多くの電化製品の故障の原因としては、この「電解コンデンサの劣化」が原因だそうです。
なので、この電解コンデンサを、はんだごてを使って、自分で取り替えれば、ほぼ、半永久的に、自分の愛機を使用出来る事がわかります。

この電解コンデンサの件については、以下に紹介するHPも参照した方が良いと思います。

--------------------------

真似をするなら自己責任で。電解コンデンサを交換して壊れたパソコンの電源を修理する。 | ホチキス先生の「プログラマーと呼ばれたい」:
https://matsumotoyoshio.wordpress.com/2011/10/20/%E7%9C%9F%E4%BC%BC%E3%82%92%E3%81%99%E3%82%8B%E3%81%AA%E3%82%89%E8%87%AA%E5%B7%B1%E8%B2%AC%E4%BB%BB%E3%81%A7%E3%80%82%E9%9B%BB%E8%A7%A3%E3%82%B3%E3%83%B3%E3%83%87%E3%83%B3%E3%82%B5%E3%82%92%E4%BA%A4/

電解コンデンサの故障:
http://www.pasokondokoro.com/memo/capacitor/

--------------------------

現代の数多くの電化製品には、この「電解コンデンサ」が使用されています。
ですから、愛用の電化製品でも、7年から8年毎に、この「電解コンデンサ」を付け替えると、かなり長く電化製品を長持ちさせてやれる事がわかります。

//////////////////////////
//////////////////////////

私のケースをご紹介させて下さい。

今年の夏は暑かったのですが、いきなり、扇風機の電源が入らなくなりました。
以前から、ちらりと知っていたのですが、「電解コンデンサが劣化して、寿命を超えると、ある日、突然、その電化製品の電源が入らなくなる」というものでした。
私の扇風機もそうでした。

ですので、扇風機中の中を開けて、基盤部分の電解コンデンサの、全く同性能のものを2個、取り替えました。
はんだごてを握って、はんだ付けしました。
すると、その扇風機が治りました。

電解コンデンサ2個で、約100円でした。

(本格的な修理を考えている人のために、少し詳しく書きます。この手の故障で、一番の原因となっているのは、電源ユニット部分の電解コンデンサです。現代のほとんどの電化製品は交流電源を使いますが、アダプター使用や、電化製品内部の交流--->直流変換機によって、ほとんどの電化製品の中身は、直流に変換されて、その直流電源で動いています。この「アダプター」や「交流--->直流変換機」の内部では、電解コンデンサとダイオードが組み合わされて、交流から直流が作られています。なので、電解コンデンサが劣化して不良となれば、当然、断線状態になりますので、いきなり、電化製品の電源が入らなくなるのです。ですから、この電解コンデンサを取り替え続ければ、半永久的に、その愛機を使用する事が出来る事がわかります。)
(右の写真がダイオードです。)

P9220162

 

//////////////////////////
//////////////////////////

上記に紹介したHPには、不良となった電解コンデンサの写真も掲載されていたので、かなり役立つと思います。

ただし、はんだごてを握って、はんだ付けをしたりするので、もちろん電気の知識をかじっていた方がより良いでしょう。

//////////////////////////
//////////////////////////

また、現代の電化製品は、どんな場合でも、そのケースを開けられたら、一切の保証修理等の条件は消えます(まあ、多くの電化製品の有効保障期間はたった1年ですが、、、)。

これは、なぜかと言うと、電化製品のケースを開けられたら、どこをいじられているかわからないので、どこかが故意に壊されているかもしれないので、電化製品メーカーとしても、「壊されているかもしれない」と判断せざるを得ないからでしょう。

ですから、電化製品のケースを開けて、自分で修理する場合は、あくまで自己責任でやらないといけないでしょう。

しかし、時間が経てば、電源ユニット部分以外の電解コンデンサも劣化が進むでしょうから、電源ユニット部分以外の電解コンデンサが故障の原因となるでしょう。

//////////////////////////
//////////////////////////

他にも、電化製品の故障原因で多いのは、「内部機器の錆(さび)」でしょう。
ある電化製品を水でぬらしてしまったり、あるいは、湿気の強い場所に置かれていると、電化製品内部の金属がさびてしまったりしています。
「錆(さび)」は、電気を通しませんから、結局、電化製品の内部で断線が起こり、電化製品が動かなくなります。

「錆(さび)」が原因の場合、お使いの電化製品が動いたり、動かなくなったりして、やがて、全く動かなくなります。
「錆(さび)」というのは、たいていの場合、徐々に侵食するので、徐々に動かなくなります。

//////////////////////////

また、他の故障として多いのは、スイッチなどのボタンです。
スイッチのボタンを何度も押す事により、そのボタンの磨耗が起きます。
磨耗の結果、ボタンを押しても正常動作しなくなります。

//////////////////////////
//////////////////////////

この手の交換修理のためには、お近くのホーム・センターとか、資材店に行けば、求める電子パーツが手に入るかもしれません。
また、お近くのホーム・センターとか、資材店に必要な電子パーツが無ければ、東京の秋葉原に電子パーツ専門店が何軒もありますので、ネット通販で安く手に入れる事ができます。

//////////////////////////
//////////////////////////

読者のあなたも、ご愛用の電化製品を、ご自身の修理によって、半永久的に使ってみませんか?


(以下、過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
『二千九百八十六:私の省エネ・ライフ(交通編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/09/post-e2ca.html

『二千九百二十:私の省エネ・ライフ(料理編&PC編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/05/pc-3e08.html

『二千八百七十二:私の省エネ・ライフ(換気扇&調味料編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-76dd.html

『二千八百六十八:私の省エネ・ライフ(ヘア・アクセサリー編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-1bec.html

『二千八百六十一:私の省エネ・ライフ(暖房編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-a9e2.html

『二千八百五十五:私の省エネ・ライフ(ペット編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-5da9.html

『二千八百四十九:私の省エネ・ライフ(お菓子編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/02/post-d4f2.html

『二千八百四十一:私の省エネ・ライフ(ストーブ編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/02/post-61a1.html

『二千八百二十九:私の省エネ・ライフ(メモ用紙&お風呂の水)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-006b.html

『二千八百二十三:私の省エネ・ライフ(ノート編) 』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-8f2e.html

『二千八百七:私の省エネ・ライフ(家電編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-0007.html

『二千八百五: 私の省エネ・ライフ(ティッシュ・ペーパー編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-91cb.html

『二千七百八十五:私の省エネ・ライフ(家電編&学習編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/12/post-4432.html

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム