« 二千九百五十六: 私達の集団生活を考えて | メイン | 二千九百五十八: オカルトがオカルトで無くなる日 »

2016年7月28日 (木)

二千九百五十七: 夏の思い出

          夏の思い出


  晴れた日の
  白くて大きな雲を見ていると、
  子供の頃の夏を思い出す。

  流れ続ける水道の水に
  転がされ続けるスイカ。
  水の音にも転がされているようだ。

  幾つもの穴の開いた セミの羽。
  その穴から、幾つもの陽射が こぼれてくる。

  夏休みの思い出が よみがえってくる。


                                        坂本  誠

20100817143537

Powered by Six Apart
フォトアルバム