« 二千九百四十八:レプティリアンを再三考える | メイン | 二千九百五十: ゆく人の流れ(再掲載) »

2016年7月14日 (木)

二千九百四十九:   梅雨〔つゆ〕のアジサイ

      梅雨のアジサイ


   黒い雲が低く垂れこめる。
   僕等の気持を押しつぶすよう。

   その雲から大きな雨粒が降り注ぐ。
   僕等の意志をうがつよう。

   梅雨の日に カサを傾けて 
   天の頂きを見上げても そこには 澄みきった青空はない。

   だけど 道ばたには
   多くの青いアジサイが咲いている。

   アジサイは 彼等がつぼみの頃の
   五月晴れを吸収していたのか。

   梅雨の空の下で
   青いアジサイを見て 今はない青空を感じる。

   そのアジサイは
   黒い雲の下に降りてきた 小さな青空。


                                        坂本  誠

20100524151030

Powered by Six Apart
フォトアルバム