« 二千九百二十一: 君のために | メイン | 二千九百二十三: 医療費や私達の医療技術について_No.1 »

2016年6月 2日 (木)

二千九百二十二: Windows 10への自動アップグレード問題のために

現在、巷でも、Windows 10への自動アップグレードが問題となっているようです。

そこで、私が以前に見た、Windows 10への自動アップグレードを回避する、一つの方法をご紹介させてください。

(以下、『Gigazine』、2015/7/24記事より引用)
------------------------------------------
●Windows7・8.1でWindows 10への自動アップグレードを止める方法
http://gigazine.net/news/20150724-windows10-upgrade-turn-off/

7月29日以降にWindows 7・Windows 8.1から無償でアップグレード可能になる新OS「Windows 10」について、「今使っているソフトウェアやドライバーがWindows 10で動作するか確認が取れてからアップデートしたい」という要望に応えて、Windows Update経由でのアップグレードを抑止する方法が公開されました。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

詳細は、上記新聞記事を読んで、その通りにしていけば、Windows 10への自動アップグレードを回避することが出来るでしょう。

ただ、私が気になった事が、この記事を書いている理由です。
上記新聞記事中に、コンピューター用語として「レジストリ」という単語が出てきます。
この「レジストリを変更したら、Windows 10に変更されない」のですが、この「レジストリ」の意味がわかりにくいので、読者の方も不安を感じるかもしれませんので、その不安解消のための記事となります。

この「レジストリ」というのは、「初期値設定ファイル」という表現が一番正しいと思います。
私達でも、表計算ソフトとかワープロソフトとかエディタを使うものですが、これらにも、私達は「初期値設定」を行ったりします。
私が使っているエディタでも、背景を黒くして、文字を白文字にしています。
これに設定したら、私の設定した情報が「初期値設定ファイル」に書き込まれているので、次からエディタを起動した際、常に、背景が黒で、文字が白文字の状態で書けるようになります。

「レジストリ・ファイル」というのものは、Windows専用の「初期値設定ファイル」です。
「Windows」というOSも、一つのソフトウェアですから、その「初期値設定ファイル」を持っているわけです。

普通、私達がWindowsの設定を行うのは、「壁紙」を変えたり、「テーマ」と呼ばれる画面の設定状況を変える時が多いでしょうか。
その他にも、Windowsの設定を変える機会があるかもしれません。
ただし、Windowsの設定を変える時は、何かのウィンドウが出てきて、幾つかのオプションを選択したり、何かのボタンを押したり、あるいは、文字を入力したりするでしょう。
そのようにして、「レジストリ・ファイル」を書き換えることも出来る機会があるでしょう。

しかし、そのような視覚的な動作ではなく、「レジストリ・ファイル」を直接、書き換えることも出来るのです。
それが、上記新聞記事中に出てくる、「レジストリ・エディタ」と呼ばれるものです。

上記新聞記事中では、この「レジストリ・エディタ」を使って、Windowsのアップグレードやアップデートをしないように設定しているのです。
ですから、上記新聞記事中の少しわかりにくい感じの変更を行えば、お使いのPCが「Windows 10」に変更されないようになります。
また、当然、一月に一回のアップデートも行われないようになります。

上記新聞記事中のレジストリ変更によって、アップデートやアップグレードがされないようになるので、もし気になれば、上記新聞記事中の設定を以前の通りに戻せば、再び、お使いのPCがWindowsを使っていれば、再び、アップデートやアップグレードが行われるようになります。

しかし、まあ、世間で、かなり「Windows 10に変更されたくない」という要望が強いようですから、設定を元通りに戻す必要は無いと思いますが、、、。

-----------------------

それか、パソコンのOSを無料OSの「Linux」に変更する手段もあるでしょう。
「Linux」だと、Windowsのような一月一回のアップデートというものもありません。
また、当然、「Linux」だと、OSのアップグレードというものもありません。

「Linux」は無料ですから、ネットで検索したり、あるいは「Linux」関係の書籍の付録のDVDで頒布されているケースが多いです。
ただし、「Linux」は無料のOSですから、インストールやインターネット接続やプリンタのドライバ・ソフトをインストールするのも自分でしないといけません。
それらの情報は、ネットで検索すると、ほとんど入手できます。
「Linux」用のプリンタのドライバ・ソフトも、各プリンタ会社が提供していますが、電話サポートまでは無く、自分で資料を読むだけのようです。

しかし、現状では、もう「Linux」の方が安全なOSとは言えそうな気がします。

-----------------------

(ここから先は余談です。このレジストリ・エディタを使うと、数多くのレジストリ・ファイルの中身を見る事が出来ます。しかし、たいていは、ほとんど理解できないように複雑にされています。なぜかと言うと、この初期値設定ファイル、つまり、レジストリ・ファイルの中身が暗号化されているからです。ですから、読者の方も疑問に思われるかもしれませんが、「ただの初期値設定のためのファイルなのに、暗号化される必要があるだろうか?」という疑問を持たれる方も多いかもしれません。私も、そう考えるのですが、なぜか、このソフト・メーカーは、そうしたかったのでしょうね。、、、)


(以下、上記記事に関する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
*********************************
*********************************
『二千九百十八:News_No.602』
●Windows 10への自動アップグレードスケジュールの通知がさらに凶悪化してWindows Updateと一体化、キャンセル方法はコレ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/05/news_no602-6107.html
http://gigazine.net/news/20160517-windows-10-auto-upgrade/
Microsoft Auto-Scheduling Windows 10 Updates
http://www.tomshardware.co.uk/windows-10-auto-schedules-updates,news-52980.html
Microsoft is now providing a time and date that your PC will auto-upgrade to Windows 10 [Update]
http://www.neowin.net/news/microsoft-is-now-providing-a-time-and-date-that-your-pc-will-auto-upgrade-to-windows-10

『二千八百九十七:News_No.599』
●Windows 10への自動アップグレードテロをワンクリックで防ぐツール「Never10」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/04/news_no599-6869.html
http://gigazine.net/news/20160413-never-10/

『二千六百二十九:News_No.579』
●Windows 10は子どものネット閲覧履歴を親に自動で送信する機能があると判明
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no579-6957.html
http://gigazine.net/news/20150831-windows-10-send-child-net-report/

『百九十二:News_No.275』
●NSAがSkype・HotmailなどへアクセスするのをMicrosoftが支援していたことが判明
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no275-f4b4.html
http://gigazine.net/news/20130716-microsoft-helped-with-nsa-to-access-service/

『六百十七:私の見かけたニュース_No.24』
●間違った言語のためにユーザーを締め出した後、マイクロソフトは、Skype・コールの監視を否定しています
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/test-4.html
http://www.infowars.com/microsoft-denies-monitoring-skype-calls-after-banning-users-for-bad-language/

(上記記事より抜粋して引用)
-----------------
「『マイクロソフトが、私達のプライベートな会話を監視していた』と恐れながら。」
「その主張とは、ビデオ場面が出てきた後に、新しい『Xbox One』のKinect・カメラは、ゲーマー達の生殖器を見ることが出来ました。」
「そして、また、「装置のIRカメラは、ユーザーのペニスの輪郭を捕えることが出来るぐらいに、とても精巧だった」という主張です。」
「テレビから離れており、誰かが見ているならば、その装置は、伝える事が出来ます。」
-----------------

*********************************
*********************************


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム