« 二千九百二十: 私の省エネ・ライフ(料理編&PC編) | メイン | 二千九百二十二: Windows 10への自動アップグレード問題のために »

2016年5月27日 (金)

二千九百二十一: 君のために

      君のために


   言葉の海につかって
   君にささげたい
   詩を編む。

   手を触れずに
   水滴の一つ一つを
   すくってゆく。

   僕の手の中で 言葉が鳥になって
   君に向かって飛んでゆく。
   やさしさを伝えるために。

   僕の心はチリヂリになりながら
   同時に
   君の中で一つになってゆく。

   君は僕の外にいた。
   僕は君の外にいた。
   だけど僕は今 君の心の中に入る。

   君も来いよ。
   僕の中へ。
   僕の心の中へ。


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム