« 二千九百十九: 彼等の大衆誘導から、どうやって、逃れるか_No.2 | メイン | 二千九百二十一: 君のために »

2016年5月27日 (金)

二千九百二十: 私の省エネ・ライフ(料理編&PC編)

こんにちわ。
『二千八百七十二:私の省エネ・ライフ(換気扇&調味料編)』の続きです。

■:料理編

お蕎麦やそうめんの美味しい季節になってきました。
私はそうめんよりも蕎麦の方が好きです。
ところで、省エネの方法を一つ見つけたのですが、蕎麦やそうめんを茹でるのも、お湯の余熱を使った方が省エネ出来ると感じます。

蕎麦やそうめんを作る時には、誰でもお湯を沸かします。
しかし、そのお湯も、ずっと、ガスの火を点けていなくても良いことに気がつきます。

一旦、沸騰させたお湯に、蕎麦やそうめんをそのまま入れておきます。
沸騰させたのですから、そのまま、余熱で蕎麦やそうめんを茹でられます。

余熱で、蕎麦やそうめんを茹でるのですから、ガスの火は切っておくわけです。

こうすれば、ガスの省エネが出来るでしょう。

もちろん、蕎麦やそうめんだけでなく、他の麺類や、他の料理にも応用出来ると思います。

///////////////////////
///////////////////////

■:PC編

パソコンの使用する電力の節約方法として、「ディスプレイ画面を暗くする」という方法があると思います。

パソコンの画面の白い領域が多いほど、電力を消費している事が理屈上わかります。
テレビの画面と同じですが、テレビやディスプレイの画面は、光の色の応用によって、様々な色が出されています。
「光の3原色」と言って、赤、青、緑の3つの色によって、全ての色が作られています。
そして、白色は、赤、青、緑の3つの色の全てを使う事によって、作られています。

つまり、パソコンの画面上で、もっともエネルギーが使われているのが、白い部分です。

20110213200602


なので、パソコンの画面上で、白い部分(領域)が多ければ多いほど、より電力が使用されています。

反対に、パソコンの画面上に、黒い部分(領域)が多ければ多いほど、より省エネされています。
パソコンの画面上の黒い部分とは、「光の3原色」の赤、青、緑の3つの光を全て使用していないからです。

なので、パソコンの画面上で設定を変えて、意図的に、黒い領域を増やせば、省エネできます。

例えば、私は、パソコンの壁紙も黒が基調の絵を使っています。
そして、表計算ソフト、ワードプロセッサ、そして、エディタの概観も黒を基調としています。
そして、文字を白文字にしています。

以前、グラフィック・ユーザー・インターフェース(GUI)でない、OSが主流でした。
今でも、「コマンド・プロンプト」と呼ばれるソフトで、真っ黒い画面がベースとなったOSを見かけると思います。
こちらの方が省エネタイプだとわかります。
ですので、現在のGUIがメインのOSでも、使用しているソフトで意図的に黒の領域を増やせば、電気の省エネが出来ます。

もっとも、全てのアプリケーションの背景を真っ黒にはしていません。
なぜならば、あるアプリケーションの背景を真っ黒にすると、かえって、見ずらいものもあるからです。

また、真っ黒い画面の方が、目の保護にもなると思います。
目が疲れない理由の一つとしては、画面から飛び出てくる光が少ないからだと考えています。

また、表計算ソフトやワードプロセッサの画面を真っ黒にする方向で調整すると、一つ一つのファイルが、少し大きめのバイト数になるケースがあると思います。
しかし、現代のパソコンのハードディスクの記憶容量の多さを考えると、この問題は考えなくても良いと思います。


(以下、過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
『二千八百七十二:私の省エネ・ライフ(換気扇&調味料編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-76dd.html

『二千八百六十八:私の省エネ・ライフ(ヘア・アクセサリー編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-1bec.html

『二千八百六十一:私の省エネ・ライフ(暖房編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-a9e2.html

『二千八百五十五:私の省エネ・ライフ(ペット編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/03/post-5da9.html

『二千八百四十九:私の省エネ・ライフ(お菓子編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/02/post-d4f2.html

『二千八百四十一:私の省エネ・ライフ(ストーブ編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/02/post-61a1.html

『二千八百二十九:私の省エネ・ライフ(メモ用紙&お風呂の水)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-006b.html

『二千八百二十三:私の省エネ・ライフ(ノート編) 』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-8f2e.html

『二千八百七:私の省エネ・ライフ(家電編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-0007.html

『二千八百五: 私の省エネ・ライフ(ティッシュ・ペーパー編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2016/01/post-91cb.html

『二千七百八十五:私の省エネ・ライフ(家電編&学習編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/12/post-4432.html

『二千七百六十九:私の省エネ・ライフ(年末編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-340e.html

『二千七百六十四:私の省エネ・ライフ(ショッピング編、旅行編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-4ce9.html

『二千七百五十三:私の省エネ・ライフ(作り方や手に入りにくい品物について)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-961c.html

『二千七百五十一:私の省エネ・ライフ(偶然編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-ba94.html

『二千七百四十八:私の省エネ・ライフ』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-1ed4.html

『二千七百四十七:私の省エネ・ライフ(娯楽編)_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/_no2-cd7f.html

『二千七百四十二:私の省エネ・ライフ(補足編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-547b.html

『二千七百四十:私の省エネ・ライフ(娯楽編) 』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-a6fb.html

『二千七百三十一:私の節水方法_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/_no2-73c8.html

『二千六百四十八:標語「限りある資源を大切に」を考えて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/post-9065.html

『二千七百二十四:私の節水方法』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/10/post-96f0.html

『二千七百二十二:省エネの結果_No.4』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/10/_no4-225e.html

『二千三百八十七:洗濯機の省エネを考える_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/01/_no2-d32f.html

『二千三百八十二:洗濯機の省エネを考える』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/01/post-351b.html

『二千百三十:水の活かし方_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no2-04f5.html

『二千百二十八:水の活かし方』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-1e00.html


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム