« 二千九百八: ケムトレイルについて_No.11 | メイン | 二千九百十: ビルダーバーグ会議の開催季節を思い出して »

2016年5月17日 (火)

二千九百九: News_No.601

こんばんわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引いたり、太字にさせて頂きました。

(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2016/5/13記事より引用)
------------------------------------------
●電気代タダ!東京・団地での「オフグリッド」生活のぞき見
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160513-00010004-jisin-soci

女性自身 5月13日(金)6時3分配信

電力会社の送電網に頼らず、電気を自給でまかなっていくのが『オフグリッド生活』。私がそれを始めて、もうすぐ4年です。電力自由化は、今のところ私には関係ありませんが、自分の使いたい電力を自由に選べる時代が来るのは歓迎すべきことだと思います」

コードが外され、ピクリとも動かない電力メーターを指さしながら笑うのは、都内に住む藤井智佳子さんだ。
オフグリッド生活というと、地方の古民家などで不便を強いられながらの暮らし、という想像を抱いてしまう人も多いかもしれない。
しかし、藤井さんがオフグリッドを実践しているのは、東京都内の公営住宅。
3階建ての団地群の中で、最上階のベランダに設置されたソーラーパネルが、藤井さん宅の目印だ。

「パネルの発電量は、1日1キロワットくらいです。東京電力の電気代に換算すると、1カ月800~1,000円ほどの料金を自給自足しています。冬場は太陽が低いので、朝7時くらいからパネルに直射日光があたり、発電した電気が余るくらいなんです」

ホームページ「ソーラー女子」を立ち上げ、各地のワークショップやセミナーに招待されるほどの藤井さん。
電力を意識したきっかけは、’11年の東日本大震災による、福島第一原発の事故だった。

「原発の建屋が吹き飛ぶ映像を見て、東京で使う電気のために、あんな危険なものを地方に押し付けていたのかと申し訳ない気持ちになって……。電気の知識はゼロだったんですが、少しでも力になろうと思ったのが始まりでした」

そこでまず手をつけたのが、ソーラーパネルだ。

「知り合いの電気屋さんにお願いして、全部込みで14万円ほどで設置できました。当時はまだ計画停電もあったので、いざというときのためという意識でした」

ところが、実際にソーラーパネルを導入してみると、小さいパソコン程度なら十分に電力をまかなえることがわかった。
これが、藤井さんの“節約魂”に火をつけた。
掃除機をやめてほうきとちり取りをつかったり、夜は早く寝て照明を使わないようにしたり、節約に節約を重ねた結果、電気使用料は1,000円を切るまでに。
そして’12年9月、冷蔵庫なしの生活を1年間続けたことで、藤井さんは東電との契約を解除。
晴れてオフグリッド生活をスタートさせた。

その後も藤井さんはソーラーパネルを次々に増設。
太陽エネルギーの素晴らしさを知ることで、新たな節約にもつながっているという。

「黒く塗ったガラスの筒に水を入れて、太陽に当てておくと、85度くらいのお湯になります。水ばかりではなく、筒にさつまいもを入れると“ソーラー蒸し芋”に、りんごを入れると甘味たっぷりの“ソーラー焼きりんご風”に早変わりします。気が付くと、ガス代も20%ほど安くなっていました」

電力会社を選ぶ時代から、さらに一歩先の電力自給自足へ。
藤井さんにとって、オフグリッド生活は修業のようにつらいものではなく、「節約できて楽しめる」もののようだ。
-----------------------------------------
(引用終わり)

上記記事を読んだ私の感想です。
現在、巷にフリー・エネルギー装置は出回っていないようですが、「フリー・エネルギー装置」の「亜形」とでも呼べる太陽光発電が、かなり、自家発電してくれているとわかる記事です。
将来的には、このように、全家庭でも、エネルギー代が0(ゼロ)となる日も近いのではないでしょうか。
多くの人々が、人類のお金からの脱却運動に邁進(まいしん)していると感じます。

(以下、『日本や宇宙や世界の動向』、2016/5/10記事より引用)
------------------------------------------
●プーチンはエリザベス女王がシェイプシフトするところを目撃していました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985630.html

(邦訳、『日本や宇宙や世界の動向』様)

http://beforeitsnews.com/international/2016/05/president-putin-claims-queen-elizabeth-is-not-human-2490042.html

(概要)

5月8日付け

プーチンは、エリザベス女王がプーチンを出迎えているときにシェイプシフトしたと政府高官や友人らに伝えました。
そして、エリザベス女王は世界を支配するイルミナティの司祭長であり、強靭なレプティリアン血統の彼らと関わり合いを持たないように警告しました。

Photo_2

プーチンは、目の前でエリザベス女王が人間の肉体からレプティリアンにシェイプシフトしているところを目撃し、女王が人間ではなくレプティリアンであることを確認したと周囲の人たちに漏らしたそうです。
そして彼らと関わり合いにならないよう警告しました。

プーチンは、2014年に、ノルマンディ上陸(D デイ)の70周年記念式典に女王と対面しましたが、その時、プーチンは女王から距離を置き、女王が階段を上るときに手を差し伸べなかったとして欧米メディアに批判されました。

そして今になり、プーチンが女王のシェイプシフトを目撃したため女王からできるだけ遠くに離れていたのだということが明かされました。

プーチンによれば、女王は、淀んだ灰色の、くちばしのような形をしたトカゲの顔をしていました。
彼女はプーチンと挨拶をしているときに、3回から4回、人間の姿からレプティリアンにシェイプシフトしました。

その後も世界のリーダーたちと共に写真撮影をしていたときにも女王はシェイプシフトしました。

世界のリーダーらが女王が階段を上るときに手を差し伸べた際、彼女の両手がレプティリアンの手に変わりました。
また、彼女が微笑んだときには、彼女の歯がぎらぎら光る鋭いレプティリアンの歯に変わりました。

プーチンが初めて目撃したレプティリアンのイルミナティについての説明は、私の独自調査の成果及び他の人々から入手した情報と一致しています。

この5年間、私は80ヶ国以上を訪れ、世界を支配する専制的権力者たちについて調査してきました。
すると、世界中でいかに多くの人々(ジャーナリストも含む)が、レプティリアンにシェイプシフトする権力者達の姿を目撃していたかが分かりました。

例えば、デンマークのタクシー・ドライバーは、2014年にコペンハーゲンで開催されたビルダーバーグ会議でVIPの招待客の集団をタクシーで通り過ぎようとしたときに、彼らの何人かが顔、両手、両足をレプティリアンにシェイプシフトしたのを目撃しました。

ペルーでも、信頼おける霊能者は、オバマ、デービッド・キャメロン、ヒラリー・クリントンなどの権力者たちは国際ニュースチャンネルを観ているときに必ずレプティリアンにシェイプシフトすると私に話しました。

世界の支配層は、世界の食糧、水、空気源などを支配するだけでなく、世界の主要メディアをも独裁的に支配していますから、彼らは世界人類の頭を悪くし、騙し続けています。
彼らは古代から現在まで世界人類の敵なのです。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事を読んでいて何となく思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
******************************************
******************************************
『二百十六:レプティリアンについて』
●REPTILIAN NEWBORN
(レプティリアンの赤ちゃんのビデオ)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/post-fbdf.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/02/blog-post_370.html
https://www.youtube.com/watch?v=gQPlxUb-p2o



『三百八十四: レプティリアンについて_No.2』
●マケイン議員の質問を受けていた米軍人が突如レプティリアンにシェイプシフト、そして議会を退場
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-9017.html
http://quasimoto.exblog.jp/21155570/
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_30.html

(上記記事より抜粋して引用)
-----------------
マケイン議員の質問中に質問を受けていた米軍人が突如レプティリアンにシェイプシフトし始めたらしい。
以下のものである。

100% REAL - EVIDENCIA REPTILIANA - ERROR HOLOGRAFICO ANTE LAS CAMARAS
http://www.youtube.com/watch?v=71OFuD539ms



-----------------

『二千七十三: News_No.497』
●プーチンも言及・・・NWOアジェンダ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/news_no497-3163.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51931929.html
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2014/07/putin-exposes-nwo-global-prison-conspiracy-theory-no-more-2463832.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------------------
(概要)
7月1日付け:
プーチンは演説の中で、陰謀論者が長い間、語ってきたNWOアジェンダについて正式に発表しました。
プーチンは、NWOのアジェンダとは、世界中を刑務所にすることだと伝えました。
演説の中でプーチンは、ウクライナ情勢についてや、西側諸国による終わりなき(他国への)侵略行為により世界中が戦争状態になってしまっていることを伝えました。
しかしプーチンは、米憲法がアメリカを支配している限り、NWOはいかなる手段を使っても、アメリカを占領することはできないと発言するのを拒否しました。

(プーチン大統領の演説・・・ウクライナ情勢、西側諸国の動き、今後のロシア外交政策について)

Putin to West: Stop turning world into 'global barracks,' dictating rules to others (FULL SPEECH)
http://www.youtube.com/watch?v=rnvedlkXXrI

 

Nwo


------------------------------
(引用終わり)

Queen sports a bloodshot eye at polo match
http://www.youtube.com/watch?v=rUsY4e3lr9E

Photo_4



『四百七十九:私の見かけた情報_No.4』
●イルミナティの奴隷が手紙で驚きの内容を伝えています!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no4-398b.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51904464.html
http://beforeitsnews.com/new-world-order/2013/10/illuminati-slave-speaks-out-looking-for-someone-to-interview-him-on-camera-374.html
UNBELIEVABLE LETTER CELEBRITIES & POLITICIANS DON'T WANT YOU TO SEE!!! by clone Donald Marshall pt 1
http://www.youtube.com/watch?v=IVavFfRU_n0

UNBELIEVABLE LETTER CELEBRITIES & POLITICIANS DON'T WANT YOU TO SEE!!! by clone Donald Marshall pt2
http://www.youtube.com/watch?v=mLdJDZPh4ig



(上記記事より抜粋して引用)
-------------
私の名前はドナルド・マーシャルです。
この手紙の内容は嘘でもジョークでもありません。
私は、イルミナティ=巨大な秘密カルト教団のフリーメーソン、Vrill結社、サイエントロジー専門家らによって私の肉体はクローン化されました。
彼らは、虐待する目的でクローン人間を作ります。
彼らは小児もクローン化します。
そしてクローンに大人(男性)が彼等に性的虐待をしています。

リング・リーダーの中で最悪の人たちは。。。
エリザベス女王、フィリップ(エジンバラ卿=女王の夫)そしてチャールズ王子です。
イルミの変質者らは、有名人を招いて、このような異常な行為をしては自慢して見せびらかすのです。

エリザベス女王は子供たちに自分をリリベットと呼ばせ、子供たちに対し、非常に邪悪なことをします。
彼女はとても良い人のようなふりをしていますが、実際は、刀で泣き叫ぶ子供たちを切り裂いているのです。
-------------


『六十四: 私の見かけたビデオについて_No.13』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-0c14.html
http://ameblo.jp/hidy0701/
http://www.youtube.com/watch?v=Kr4t_JgTohc



(※筆者注:エレン・グリーン・ヒックスさんは、ロスチャイルドさんの娘さんだそうです。)

(上記ビデオより抜粋して引用)
-----------------
■ケリー:「ですから、このグループの人々(ロスチャイルド一家全体)の血統の観点から、レプティリアンの影響を理解しているんですよね。」
●エレン:「100%理解しています。」

■ケリー:「しかもあなたはレプティリアンのハーフだと完全に認識しているんですよね。」
●エレン:「そのとおりです。」
■ケリー:「あなたと私は全てのレプティリアンが悪いのではないという事実について論じました。」

●エレン:「ペンタゴンで彼等は私と一緒に椅子に座り、、、、私の前に彼等は囲んでこんな風にただ私を見つめていたんです。」
「一人が私を人間から離そうとしたのです。」
「そうすれば私がもう拷問にかけられなくなるからです。」
「そして私は生涯ネプティリアンが泣くのを見た事がありませんでした。」
「そしてこのレプティリアンは涙を流したのです。」
「そして彼は私にこう言ったのです。」
「『これ以上僕は何もしてあげれない。彼等はやめないんだ。、、、、』」
-----------------


『八十一:私の見かけたビデオについて_No.15』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-39cd.html
http://www.youtube.com/watch?v=__PDJHCxoDc



(上記ビデオより抜粋して引用)
-----------------
■ケリー:「ですがあなたはレプティリアン達が人間達を生贄に捧げているのを見たと認めているのでしょう?」
●エレン:「彼らは自己の為に行っているのです。」
■ケリー:「私が言いたかったのは他者の為という事です。」
■ケリー:「(生贄儀式を行う)彼等は自己の為に活動する存在ですよね。」
●エレン:「そうです。」
-----------------

『二千二百七十四:クローンについての検証エッセイ_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/11/_no2-48c2.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/09/blog-post_36.html

_14_11_1no1

_14_11_1no2

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/03/blog-post_75.html

_14_11_1no3

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/09/blog-post_56.html

_14_11_1no4

http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/09/blog-post_70.html

_14_11_1no5

(以下、引用)
---------------------------------------------
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/02/blog-post_3541.html

爬虫類人達は多数のアンテナ群によって地球の周波数を支配し、外見を人間に見せかけている。
彼らのシェイプシフトが見れるのは、彼等の支配している周波数が乱れた時である。
---------------------------------------------
(引用終わり)

『二千二百七十二:クローンについての検証エッセイ』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/10/post-2691.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/09/blog-post_56.html

_14_9_24

_14_10_31



                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム