« 二千八百九十六:残像 | メイン | 二千八百九十八: ドライブ »

2016年4月27日 (水)

二千八百九十七: News_No.599

こんばんわ。
久しぶりになりましたが、私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『カレイドスコープ』様、2016/4/19記事より文章と写真を引用)
------------------------------------------
●4月15日、参議院で“国民発言禁止法”が可決・成立
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-4319.html

415

マスコミの「熊本大地震報道」一色の間隙をぬって、4月15日、参議院で“国民発言禁止法”が可決・成立した。
ほとんどの人には知らされず、今でもマスコミはスピン報道に大忙し。

つまり、国家権力に楯突くやつは、こうなるぞ、という法律だ。
これで国民のネット言論活動は一気に委縮する。
同時に、最悪の事態ではTPPの条項によってコピペサイトは刑事罰の対象となるから、自粛という名の閉鎖に追い込まれるだろう。

熊本大地震のスピン報道のドサクサに可決された“自由束縛法案”

「サイバーセキュリティー基本法 および情報処理の促進に関する法律の一部を改正する擁立案」、つまり「インターネット監視法」。
「刑事訴訟法等の一部を改正する法律」、つまり、「自由盗聴法」。

「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律の一部を改正する法律案」、つまり、「中小企業監視法」。

監視、監視、監視・・・
安倍政権は、報道が「熊本大地震」一色なのを利用して、このドサクサに言論の自由を奪うことを目的とした法案を、どんどん可決しています。

これは、日本国憲法を蹂躙する暴挙以外の何者でもないのですが、さらに悪いのは、熊本大地震に乗じて、安倍シンパのメディアがスピン報道を展開していることです。

政府自体が、国民や企業の自由な情報の流通を阻害し、刑罰まで与えるような法案を国民に知らせず(隠蔽したまま)国会で決めてしまうようなことを延々とやり続けているような国に、いったい誰が投資したいと思うのでしょうか。

株式市場、債券市場は、すでに政府がうるさいくらいに介入して自由市場を操作しています。
市場の自由は、とっくに失われているのです。
この先には崩壊だけが待っている・・・
仮に政権交代したとしても、ここまで国の形が破壊されてしまうと、それは不可避です。

なぜ、自民党と公明党は、わざわざ、こうした破壊を繰り返しているのか。
もちろん、与党議員たちが破滅的に頭が悪いからなのですが、それ以上に、彼らが世界支配層に徹底して服従しているからです。

彼らは、自分たちが何をやっているのか認識していません。
ただ、「指示どおりやっていれば、これから先も権力の座に就いていられる」と信じ込んでいるのです。

4月15日の参議院本会議において、「サイバーセキュリティー基本法 および情報処理の促進に関する法律の一部を改正する擁立案」、つまり「インターネット監視法」は確かに成立しました。

新聞・テレビは一切報道しないので、本当に「サイバーセキュリティー基本法 および情報処理の促進に関する法律の一部を改正する擁立案」、つまり「インターネット監視法」が参院を通過して成立してしまったのか確認しておきましょう。

(、、、中略、、、)

法案の正式名称は「刑事司法改革法案」。

この「刑事司法改革法案」は、一つの法律ではなく、4つの法律を束ねたものである。

その束ねられた4つの法律のうちすべてが、言論の自由を蹂躙する憲法違反者によって発案されたものであるということなのです。

その4つのうち、特に騒がれているのが、「国家権力(警察などの監視当局)が自由にあなたの電話を盗聴したり、ブログ、ツイッター、Facebook、メールの中身を覗き見できる」という法律。

私たちのプライバシーは身ぐるみはがされ、時の政権や政府に都合の悪いデータが勝手に削除されたり、その監視プロセスにおいて潜在的犯罪性が認められると判断された場合は、「犯罪予備軍」として、どーにかされる、という法律である。

要点は以下の表を見ると分かる。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Gigazine』、2016/4/13記事より引用)
------------------------------------------
●Windows 10への自動アップグレードテロをワンクリックで防ぐツール「Never10」
http://gigazine.net/news/20160413-never-10/

Windows 7/8/8.1の旧OSユーザーは2016年7月28日までWindows 10への無償アップグレード権があるため、ことあるごとに「Windows 10へアップグレードしませんか?」というお誘いを受け、今すぐにはアップグレードを検討していないユーザーにとって目障りな場合もあります。
さらに、あろうことかWindows Updateに紛れる形で自動アップグレードプログラムをこっそり差し出されて、思いもよらぬ形でWindows 10にアップグレードしてしまうユーザーも続出するなど、迷惑千万に感じている人も中にはいます。
アップグレード「権」なのだから、アップグレードする/しない、するタイミングくらい選ばせろ!というユーザーにとって、Windows 10への自動アップグレードのON/OFFをワンクリックで切り替えられるお手軽ツール「Never10」が便利です。

GRC | Never10
https://www.grc.com/never10.htm

・下準備
Windows 10への自動アップグレードを広告を除去し(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事に関するかと思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
*********************************
*********************************
『二千六百二十九:News_No.579』
●Windows 10は子どものネット閲覧履歴を親に自動で送信する機能があると判明
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no579-6957.html
http://gigazine.net/news/20150831-windows-10-send-child-net-report/

『百九十二:News_No.275』
●NSAがSkype・HotmailなどへアクセスするのをMicrosoftが支援していたことが判明
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no275-f4b4.html
http://gigazine.net/news/20130716-microsoft-helped-with-nsa-to-access-service/

『六百十七:私の見かけたニュース_No.24』
●間違った言語のためにユーザーを締め出した後、マイクロソフトは、Skype・コールの監視を否定しています
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/test-4.html
http://www.infowars.com/microsoft-denies-monitoring-skype-calls-after-banning-users-for-bad-language/

(上記記事より抜粋して引用)
-----------------
「『マイクロソフトが、私達のプライベートな会話を監視していた』と恐れながら。」
「その主張とは、ビデオ場面が出てきた後に、新しい『Xbox One』のKinect・カメラは、ゲーマー達の生殖器を見ることが出来ました。」
「そして、また、「装置のIRカメラは、ユーザーのペニスの輪郭を捕えることが出来るぐらいに、とても精巧だった」という主張です。」
「テレビから離れており、誰かが見ているならば、その装置は、伝える事が出来ます。」
-----------------

*********************************
*********************************

(以下、『日本や宇宙や世界の動向』、2016/4/18記事より引用)
------------------------------------------
●エリア51の近くに現れた非常に明るく光る物体
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51984124.html

(邦訳、『日本や宇宙や世界の動向』様)

http://www.thedailysheeple.com/geomagnetic-storm-or-ufos-multiple-orbs-caught-on-camera-in-nevada_042016

(ビデオ)
4月17日付け
これはUFOなのでしょうか、それとも磁気嵐?

Incredible UFO Or UAP Phenomena At Red Rock Canyon Cliffs
https://www.youtube.com/watch?v=h2RuV-HAW3M

アメリカのエリア51から非常に近い場所で非常に明るく光る物体が現われました。
これらは米軍が開発した最新技術の実験が行われている、とか、これらは地球外生命体の飛行物体であり、ハイブリッドのエイリアンが光でお互いの通信を行っているのではとも言われています。
ただ、これらは単に磁気嵐だと主張している人もいます。

スティーブン・バロン氏が投稿した映像

Incredible_ufo_or_uap_phenomena_at_

この映像は4月12日にラスベガスの自宅付近から撮影したものです。
光る物体が現われたのはラスベガス側のレッドロックキャニオンの岸壁と前衛の山の上です。
昨夜(4月12日)、外に出て最初の1時間は非常に静かな夜でした。
しかし突然、とんでもないことが起きました。
最初は一体何が起きたのか分かりませんでしたが、カメラで撮影中に、 最初は非常に明るく光る物体が1つだけ現われ、次に2つとなり、徐々に数が増えていきました。
そして、徐々に岸壁を降下していきました。
以下省略
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事を読んでいてふと思い出していた過去記事、関連記事、及び、参考文献)
******************************************
******************************************
『三千百八十三: UFOについて_No.47』
●24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/ufo_no47-1657.html
http://www.youtube.com/watch?v=un20qeSUUIo

24_7_news_ufo_sighting_area_51_expo



                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム