« 二千七百九十: 私達の生活とお金の意義を考えて | メイン | 二千七百九十二: 本屋さんを考える_No.2 »

2015年12月26日 (土)

二千七百九十一:   ダイアモンドの花

            ダイアモンドの花


    暗闇の中で ダイアモンドを見つめている。
    ひとすじの光が ダイアを通り抜け
    いくすじもの光の束に分かれている。

    その種々の光線が
    薄く広がる様は
    ダイアが 透明な花びらを伸ばしているかのよう。

    また
    その幾つもの 花びらが伸びる様は
    辺りに漂う ダイアの様々な 芳香そのものか。

    ダイアは一つの花なのか。
    その透明な花びらの香りに
    やさしく 触れてみる。

    すると 闇の中を
    一羽の白鳥が 天頂目指して
    音も無く そっと飛び立ってゆく。

    虚空の中に
    やわらかい絹の布が
    静かに舞い上がるかのよう。


                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム