« 二千七百六十三: 私の見かけたニュース_No.71 | メイン | 二千七百六十五: 砂漠 »

2015年11月26日 (木)

二千七百六十四: 私の省エネ・ライフ(ショッピング編、旅行編)

二千七百五十三:私の省エネ・ライフ(作り方や手に入りにくい品物について) 』の続きです。
今日は、私の実践しているショッピングと旅行の時の省エネ方法を紹介させてください。

//////////////////////////////////
//////////////////////////////////
■:ショッピング編

お店でショッピングをしている時も、面白い方法がある事を知りました。
他の方もしているかもしれません。
例えば、近所にお店が3軒あると仮定します。
そして、私が卵を買うとします。

すると、その3店舗に応じて、卵の値段が違っています。
これは、誰でも見かけた事があると思います。

しかし、各々の店の値段も違うし、特売日などがあります。

ですから、当然、卵を買いに行くならば、特売日などの一番安いお店で買う人が多いと思います。
これを全てのグッズに広げるわけです。
例えば、私の欲しいグッズをラインナップしてみます。

卵 ニンジン 白菜

この3つのグッズに対して、以下の3店舗を挙げます。
(以下の、「最小」、「普通」、「最大」の意味は、「最安の値段」、「普通の値段」、「最高の値段」の意味です。)

●:A店

卵    ニンジン  白菜
-------------------------------
最小   普通    最大

●:B店

卵    ニンジン  白菜
-------------------------------
最大   最小    普通

●:C店

卵    ニンジン  白菜
-------------------------------
普通   最大    最小

つまり、私が買い物に行く時、卵をA店で買い、ニンジンをB店で買い、白菜をC店で買えば、最小のコストで済みます。
これを、全てのグッズに応用するわけです。

確かに、移動手段がより早いものの方が良いと言えるでしょうが、現代では、消費にかかるコストを最小にする方法として、「最小の組み合わせでショッピングをする」という方法も可能となったと思います。

そして、この最小の組み合わせのショッピングをするには、移動手段も必要ですが、チラシ広告が有効になってくると思います。
確かに、インターネットの検索でも、私達の近所のお店の特売日等の情報を手に入れることも出来ます。
しかし、おそらく、ネットを使って、最寄のお店の詳しい動向を掴むよりも、チラシ広告の方が情報を取得しやすいと思います。
また、チラシだと机の上に並べるので、他店との比較がしやすいでしょう。

なるべく、私達は私達の家計簿の合計額を最小にしたいものですね。
//////////////////////////////////
//////////////////////////////////
■:旅行編

旅行に訪れた時にも、省エネ方法はあるものです。
最近では、あまり、旅行雑誌を買わない人も増えたかも知れません。
自動車の中のカーナビも、かなりの情報が記載されています。

しかし、旅行好きの方も気が付いている事があると思います。
それは、携帯電話とかスマホ等の携帯端末です。

旅行に出て、どこかに訪れたい場所でも、手の中にある携帯端末でネットを使って検索すれば、様々な観光地の情報をダウンロードできます。
そして、どこかの見知らぬ街に行っても、仮に道に迷っても、訪れたい場所や観光地の住所を検索すれば、携帯端末のディスプレイに現れる地図が、あなたをしっかりとナビゲートしてくれます。

まあ、旅先で、そんなことをやっていると、ちょっとカッコいいかもしれませんね。
-------------------------------
しかし、読者の方は私に言うかもしれません。

  「坂本さん、あなたは電磁波を気にしているので、あまり携帯電話を使わないのではないのですか?」

と。

はい。
私は電磁波が気になるタイプなので、旅先でも、あまり携帯端末を使いません。
私の手は旅行雑誌を握っている事が多いです。
しかし、その旅行雑誌も古本屋で買うケースが多いです。

多くの旅行雑誌は1年に一回発行の年刊誌が多いです。
しかし、古本となった旅行雑誌でも、5年ぐらい前の旅行情報でも十分に使えます。
ですから、古本屋で古本となった旅行雑誌を格安で手に入れて、旅先の情報を得られます。

(確かに、旅行雑誌でも、去年の旅行雑誌と今年の旅行雑誌を見比べて、大きな違いが掲載されているケースもあります。しかし、私が見る限り、あまり、そのようなケースは少ないですね。あったとしても、それぐらいの違いならば、その差分は旅先で充分にカバーできます。『新しい観光名所』という感じで、旅先の土地がポスターなり、垂れ幕を作って、大いに宣伝しているので。)

このような感じで、旅先でも省エネをして、余ったお金は何か他の、もっと有意義な事に使います。
旅先だと、どうしても他に消費したい物が出てきますので。

(以下、上記記事に関する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
『二千七百五十三:私の省エネ・ライフ(作り方や手に入りにくい品物について)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-961c.html

『二千七百五十一:私の省エネ・ライフ(偶然編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-ba94.html

『二千七百四十八:私の省エネ・ライフ』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-1ed4.html

『二千七百四十七:私の省エネ・ライフ(娯楽編)_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/_no2-cd7f.html

『二千七百四十二:私の省エネ・ライフ(補足編)』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-547b.html

『二千七百四十:私の省エネ・ライフ(娯楽編) 』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/post-a6fb.html

『二千七百三十一:私の節水方法_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/11/_no2-73c8.html

『二千六百四十八:標語「限りある資源を大切に」を考えて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/post-9065.html

『二千七百二十四:私の節水方法』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/10/post-96f0.html

『二千七百二十二:省エネの結果_No.4』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/10/_no4-225e.html

『二千三百八十七:洗濯機の省エネを考える_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/01/_no2-d32f.html

『二千三百八十二:洗濯機の省エネを考える』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/01/post-351b.html

『二千百三十:水の活かし方_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no2-04f5.html

『二千百二十八:水の活かし方』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-1e00.html

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム