« 二千六百八十五: 現在の資本主義を考える | メイン | 二千六百八十七: TPPについて_No.9 »

2015年10月 4日 (日)

二千六百八十六: 秋風

           秋風


      

      秋の日の
      草原に
      冷ややかな秋風が
      すべってゆく。

      

      厳しい夏の光に
      焼かれていた 草が
      涼しさに
      撫でられているようだ。

      

      風の色は青い。
      野も山も 青く染められてゆく。
      青い風に ひたされて
      身も心も 澄みきってゆく。

 

                                        坂本  誠

Img7d9450f6e5bc

Powered by Six Apart
フォトアルバム