« 二千七百二十三: 音 | メイン | 二千七百二十五: フリーエネルギー普及の問題点について考える »

2015年10月30日 (金)

二千七百二十四: 私の節水方法

私のやっている節水方法を書きます。
他の方が、「坂本さんは節水をしているだろうから、さぞかし、ストレスが溜まっているに違いない」と考えている方もいるかもしれませんが、私の方はストレスを感じていません。
--------------------------
省エネを意識しだしてから、食器を洗う際の水を水道の蛇口からの流水を使わなくなりました。
大き目のボウルに水を溜めて、その水の中で食器をチャプチャプと洗うようになりました。
このチャプチャプの方が遥かに節水できますし、また、時間も早いです。

というのも、流水で食器を洗うと、例えば、一回の食事の後の皿洗いに20分かかっていると仮定して計算します。
すると、1日3回の食事の後の皿洗いだと、20分 * 3 = 1時間ですから、1日の内に1時間も、キッチンの蛇口から水を使っている事になります。
そして、これが毎日続くとなると、1ヶ月だと、30時間分も、キッチンの水道を使っている事になります。

ですから、皿洗いの際に、大き目のボウルに水を溜めて、大体2回ぐらいゆすぐと、綺麗に洗剤の泡も落ちますので、格段の節水が出来ます。

また、ボウルを使った皿洗いの後半の水は結構綺麗ですから、これもどこかに再利用するわけです。
--------------------------
また、上記のように、大きなボウルを使い始めると、洗顔した後の水とか手を洗っただけの水だと、これもどこかに再利用できる事に気が付きました。
ですので、水を再利用できるところで使っています。
--------------------------
また、我が家のシャワー・ヘッドを節水型シャワー・ヘッドに交換した事は、以前の記事で書きました。

それから、さらに思いついて実施している事があります。

お風呂の残り湯を洗濯機で使っているのですが、「シャワーの水も、そのように再利用できないだろうか」と考えていました。
そして、思いついたのですが、湯船の中に入って、そのままシャワーを浴びています。
こうすると、お湯が湯船の中に溜まるので、それをお風呂の時の水の再利用と同じで、再利用しています。

もちろん、石鹸の泡を落とす時は、湯船の外に出て、綺麗に洗い流しています。

これによって、シャワーの水も洗濯に使えるようになりました。
--------------------------
こういう感じでしたので、我が家の節水率が高かったと考えられます。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
******************************************
******************************************
『二千六百四十六:パソコンの印刷関係での私の省エネ方法』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/post-ae66.html

『二千六百十三:家庭冷蔵庫の省エネについて_No.4』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/08/_no4-2525.html

『二千六百三:家庭冷蔵庫の省エネについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/08/_no3-31a4.html

『二千五百四十:家庭冷蔵庫の省エネについて_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/06/_no2-843a.html

『二千五百二十三:家庭冷蔵庫の省エネについて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/06/post-cbc5.html

『二千四百十三:ガスの省エネを考える』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/02/post-6550.html

『二千三百八十七:洗濯機の省エネを考える_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/01/_no2-d32f.html

『二千三百八十二:洗濯機の省エネを考える』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/01/post-351b.html

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム