« 二千六百七十五: エデン | メイン | 二千六百七十七: ブルー・クリスタル・イーグル »

2015年9月30日 (水)

二千六百七十六: News_No.586

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
最近は私の気になるニュースが多いようです。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/27記事より引用)
------------------------------------------
●イギリス労働党党首、ISIS出現への西側の関与を認める
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58410-イギリス労働党党首、isis出現への西側の関与を認める

イギリス労働党のコービン党首が、アメリカやイギリスなど西側の政府が、テロ組織ISISの出現に関与していた事実を認めました。
ロシアのマルチメディア・スプートニクによりますと、コービン党首は、「ISISなどは、突然現れることはできず、西側は現在のシリア問題を理由に、この組織の出現に関与した責任者だ」と語りました。
コービン党首はまた、「ISISは多くの資金や武器を入手しており、このグループの結成は、ある程度西側の地域における干渉政策の結果によるものだ」とし(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千百十:私の見かけたニュース_No.60』
●ベテランズトゥデーのインタビューで重要な情報が伝えられました。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no60-ccd4.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933323.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/edward-snowden-reveals-isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-trained-by-israeli-mossad-video-2993768.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/plan-to-overthrow-us-government-exposed-by-us-intel-2993594.html

(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
7月16日付け:
最近、スノーデンが暴露した情報によると。。。
テロリストグループのISISは英・米諜報機関とイスラエルのモサドが作り上げた組織だと言っています。
英・米・イスラエルは世界中のイスラム過激派を1箇所に集めることです。

その理由は、シオニスト集団を守るためであり、そのために宗教やイスラムのスローガンを作り出したのです。
ユダヤ国家を守る唯一の方法は、国境周辺に敵国を創ることだそうです。
ISISのリーダーや指導者は話術を教わり、1年間の集中的な軍事訓練を受けました。
この情報はイランが3週間前に伝えた情報と同じです。


主要メディアやオルターナティブメディアの多くがシオニストから脅迫されており、情報が監視されている。


米当局は、9.11のテロ攻撃は核攻撃であったことを示す証拠がいくつも提出されたにもかかわらず、それを認めようとはしない。
米連邦議会も真実を知っていながら全て隠蔽している。
CNNもデータを受け取り、真実を報道しようとしたが、のちにそれを破棄してしまった。


イルミナティの13評議委員会は毎年、夏至と冬至に子供を1人ずつ殺害している。
ベテランズトゥデーはこのことをビデオで暴露したが、アレックス・ジョーンズやグレン・ベックなどの監視員によって常に情報が検閲されている。


ISISはイスラエルの組織であるため、イスラエルの敵にのみ攻撃している。
ガザの戦争では、イスラエルの諜報機関が、3人の10代の少年を拉致し殺害した。
そのうちの1人は逃げだし警察に通報したが、警察は全てを隠蔽した。


ブラフデールにあるNSAの秘密基地は エイリアン基地と繋がっている。
そこには、多くのエイリアン+人間ハイブリッドが常駐し働いている。
彼らの外見は人間と全く同じである。
エイリアンのアジェンダとは。。。
世界支配であり、バビロン時代から計画されたアジェンダである。
----------------------

『二千四百九十九:News_No.566』
●米紙、「ISISはアメリカに作り出された組織」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/05/news_no566-3d49.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/54943-米紙、「isisはアメリカに作り出された組織」

(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
アメリカの新聞ワシントンポストが記事の中で、オバマ大統領はテロ組織ISISを誕生させただけでなく、現在もこの組織と効果的な形で対抗することはできないとしました。
----------------------

『二千百九十二:News_No.523』
●イラクとシリアで、多数のアメリカ軍とCIA職員がテロ組織ISISに加勢
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/09/news_no523-d1d3.html
http://japanese.irib.ir/iraq/item/48014-%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%80%81%E5%A4%9A%E6%95%B0%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E3%81%A8%EF%BD%83%EF%BD%89%EF%BD%81%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%8C%E3%83%86%E3%83%AD%E7%B5%84%E7%B9%94%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%93%E3%81%AB%E5%8A%A0%E5%8B%A2

(以下、上記記事より抜粋して引用)
----------------------
アメリカの政治評論家ダン・ディバール氏が、「現在、イラクとシリアでは、数百名のアメリカ軍あるいは、CIA職員がテロ組織・イラクとシャームのイスラム国のメンバーと共に戦っている」と語りました。
----------------------

****************************************************
****************************************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/27記事より引用)
------------------------------------------
●ドイツで、反米デモが実施
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58407-ドイツで、反米デモが実施

ドイツ南西部で、アメリカの好戦主義的な政策に反対する数百人規模の抗議デモが行われました。

プレスTVによりますと、ドイツ南西部のラインラント・プファルツ州で26日土曜、数百名の人々がこの州にあるアメリカ軍のラムシュタイン空軍基地の前に集結し、ドイツからのアメリカ軍の撤退を求めました。
抗議者はまた、スローガンを唱えて、世界各国におけるアメリカ軍の無人機の攻撃での民間人の殺害を非難し、このような攻撃の停止を求めています。
抗議者の一部は、「戦争を停止せよ」と書かれたプラカードを掲げていました。
ドイツの各メディアは、今年の初めに、「ラムシュタイン空軍基地は、アフリカや中東におけるアメリカ軍の無人機の誘導の中心地となっており、ドイツ政府もこのことに気づいている」と報じています。
国連人権委員会は、アメリカ政府に対して繰り返し、テロ組織タリバンやアルカイダとの協力が疑われる人物を殺害する為の無人機使用政策を見直すよう求めています。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千百十二: FRBについて_No.8』
●FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" in Germany
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/frb_no8-7d40.html
http://www.youtube.com/watch?v=GrZ4h5-7Wto&list=UUFdlR1eZu3adxifzJ-yS6_Q


YouTube: FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" In Germany

****************************************************
****************************************************

(以下、『スプートニク』、2015/9/29記事より引用)
------------------------------------------

●NASA、火星に液体の水を確認
http://jp.sputniknews.com/science/20150929/967522.html

NASAが28日、火星に液体状の水があることを確認したと発表。
NASAのこの発表は特別記者会見で明らかにされた。
記者会見の模様はNASAの公式サイトで生中継された。

「火星は我々が以前想像していたような、乾いた砂漠の惑星ではない。液状の水が火星で発見されたからだ。」
NASA惑星調査部のジム・グリン部長は記者会見でこう語(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2013/5/19記事より引用)
---------------------------
●火星に落ちていたナチスドイツのヘルメット、追記
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51883422.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://www.ufo-blogger.com/2013/05/nazi-mars-nasa-curiosity-finds-nazi.html

5月17日付け:

NASAの火星の画像に、他の石ころに交じってナチスドイツのヘルメットのような不思議な者が写っていました。
このヘルメットは陸軍のヘルメットのようであり、その影が火星の表面に映っています。
このヘルメットのような物体について、NASAの正式なコメントはまだありません。

Photo

(ナチスドイツのヘルメット)

追記:
3月にはこのような生き物が火星にいるのが確認されています!
上記のヘルメットは誰がかぶっていたのでしょうか?
火星で戦争でもやっていたのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/beyond-science/2013/05/alien-creature-caught-in-nasa-photo-by-curiosity-rover-lizard-or-rodent-or-rock-video-and-photos-2442058.html

2013年3月にある日本人のアマチュア研究者が火星で4つ足動物のような生き物がいるのを確認しました。
以下がその生き物の写真です。

_2

_3

_4

NASAの画像でこのような動物が見つかったのは今回が初めてではありません。
火星には不思議な生き物がたくさん生息しているようです。
前回、火星で確認されたのはリスのような生き物です。
今回確認された生き物はリスのような小動物かトカゲ類だと思います。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二百五十六: 私の見かけたビデオについて_No.27』
●脳にチップを入れられたオバマ、火星旅行、アメンホテプ4世のクローン
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no27-cccd.html
http://www.youtube.com/watch?v=y10wZob3JaM


YouTube: 脳にチップを入れられたオバマ、火星旅行、アメンホテプ4世のクローン

(上記ビデオより抜粋引用)
-----------------------------
火星訪問者であるバシアゴとスティリングスはバラク・オバマが火星へ行った事を確証している。、、、

_34


「、、、ワシントンDCで弁護士をしているアンドリュー・バシアゴという人物がいて、彼はDARPAのタイム・トラベルプロジェクトであるプロジェクトペガサスに1970年代に仕えた人物なんです。」
「そして仲間のタイムトラベラーであるウィリアム・B・スティリングスがいました。」
「彼もまた火星プログラムにいた人物です。」
そして彼等はバラク・オバマはそのプログラムに10代の若者として一緒にいたと言っているんです。」
「そして彼は火星へとタイムトラベルをしたんです。
「信じませんか?」
「いいですか?」
「私みたいな誰かが言っているのを聞いただけではおそらく私も信じる事はないでしょう。」
「ですが、私はアンドリュー・バシアゴとウィリアム・スティリングスとお話しする事があったんです。、、、」
「、、、アンドリュー・バシアゴは機能的な人で、ワシントンで弁護士をしていらっしゃいますし、凄く尊敬されている人なんです。」
「DARPAプログラムにいた人物です。、、、」
-----------------------------

『四百二十七:イルミナティについて_No.15』
●特色ある講演者 - アンドリュー・バシアーゴ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no15-daf6.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/swami-shivananda-giri

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------------------
アンディ(アンドリュー・バシアーゴ)は、アメリカのタイム・トラベル・パイオニアの1人でもあります。

_5


1960年代後期と1970年代初期に、彼は、秘密の米国の時間-宇宙計画の幼児参加者の一人でした。
その計画の名前は、プロジェクト・ペガサスです。

彼は、テレポーテーションと、タイム・トラベルの異なる形式を利用している過去と未来のイベントの調査のための最初のアメリカの子供でした。
それから、そのタイム・トラベルは、DARPAによって開発され、研究されています。

まもなく、彼は暴露本を出版します。
その本には、プロジェクト・ペガサスでの彼の恐ろしい経験を記述されています。
そして、40年前の米国国防コミュニティでの、タイム・トラベルの出現の実話も記述されています。

「一つの軍事機密として、以来、ずっと抑圧された、テレポーテーションがDARPAのプロジェクト・ペガサスによって最初に達成された時、1968年以降、そのような世界が可能でした。」
------------------------------------------

『九百四十四:ディスクロージャーについて_No.48』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no48-6ad1.html
(以下、『InDeep』様、2014/2/25記事より引用)
------------------------------
●そこではいろいろと動いている:火星探査機の周辺での「出現したり消滅する岩」の話題とその歴史のこと
http://oka-jp.seesaa.net/article/389756067.html

(、、、前略、、、)

そういえば、これらとは関係ないですが、最近、 Google Earth の火星写真に「建物っぼいもの」が写っていることが話題になったりもしています。

Marsgoogle011

Marsgoogle021

▲ 共に Google Earth の火星写真より。

(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/21記事より引用)
------------------------------------------
●「テロ組織ISISはアメリカによって作り出された」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58246-%E3%80%8C%E3%83%86%E3%83%AD%E7%B5%84%E7%B9%94%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%93%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%9C%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%8D

アメリカの元議会関係者が、「テロ組織ISISはアメリカによって作り出された」と強調しました。

この議会関係者はプレスTVのインタビューで、クリントン元国務長官のシリア反体制派の訓練の計画は失敗したという表明に関して、

(、、、中略、、、)

また、「ISISはアメリカ自身が育てた勢力で、アメリカ政府は中東諸国においてまったく信用がない」と強調しました。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百二十四:News_No.558』
●イラクがアメリカ軍に、ISIS支援の事情説明を求める
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/02/news_no558-9a0a.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/52388-イラクがアメリカ軍に、isis支援の事情説明を求める

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------
イラク・イスラム最高評議会の議長をつとめるハキム師がアメリカ軍に対し、テロ組織ISISに支援物資を上空から投下していることについての事情説明を求めました。
------------------------------
(引用終わり)

『二千五百二十二:News_No.569』
●イタリア外相、「ISISはアメリカの中東政策の結果」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/06/news_no569-31d1.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/55101-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%A4%96%E7%9B%B8%E3%80%81%E3%80%8Cisis%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E6%94%BF%E7%AD%96%E3%81%AE%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%80%8D

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------
イタリアのジェンティローニ外務大臣が、テロ組織ISISは、アメリカの中東地域への干渉政策が生み出したものだと(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2015/9/29記事より引用)
---------------------------
●セイヨウタンポポの根茎が癌細胞を消滅させました!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51969526.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://www.riseearth.com/2015/09/cancer-cells-decompose-after-several.html

(概要)
9月29日付け

by Fine Living Advice

カナダのウィンザー大学の研究チームの研究成果により、セイヨウタンポポの根茎が癌治療に非常に効果的であることが分かりました。
化学療法とは違い、タンポポの根茎を使った治療を始めた結果、数日以内に癌細胞が消滅したのです。
タンポポの根茎は、癌細胞を破壊するだけでなく、胆汁分泌を促し、肝臓を浄化し、アレルギーを改善させ、コレステロール値を下げます。

タンポポの根茎には、B6、チアミン、リボフラビン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、葉酸、マグネシウムなど、重要なビタミンやミネラルが含まれています。
タンポポの根茎に含まれるビタミンCの量は1日の摂取量の535%です。
また、ビタミンAの量は、1日の摂取量の110%です。

ナチュラルニュースによれば、ウィンザー大学の研究チームの研究成果により、癌患者に新たな希望をもたらしました。
タンポポの根茎は副作用もなく、効果的に癌細胞を破壊します。

_6

72才の男性(John Di Carloさん)は個人的にタンポポの治癒力を信じていました。
彼は3年間、化学療法で癌の治療を受けてきましたが何の効果もなく、癌は進行し、自宅で愛する家族と共に最後の時を迎える準備をしていました。
医師らは彼に効果のない化学療法を続けるだけであり、代替医療を試すこともしませんでした。
そのため、彼は最後の手段として自宅でタンポポの根茎のお茶を飲み始めたのです。
そして。。。
4か月後に彼は癌を完治させたのです。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千七: フッ素について_No.5』
●松果体をデトックスする方法
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no5-139f.html
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11614002138.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------
ステップ1の「松果体の石灰化を進行させない方法」で、これ以上松果体が石灰化しないような日常生活を理解されたら、次に積極的にすでにある石灰分を除去しましょう♪

【Decalcify Pineal Gland】
http://decalcifypinealgland.com/how-to-decalcify-the-pineal-gland/
 より翻訳

ステップ2 すでに松果体に蓄積されている石灰分を除去する
何年にも渡って蓄積された松果体内の毒素を除去するには、強い意志をもって専念する必要があります。
以下に松果体の石灰分を除去する方法をリストアップしました。
------------------

『七百七十八:フッ素について』
●フッ素と脳の発達
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/post-61ea.html
http://www.youtube.com/watch?v=NNdL_nFejwc


YouTube: フッ素と脳の発達

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「フッ素は心理的な問題を引き起こす可能性が有る毒物です。」

_35


「それは何千人という子供たちのIQの低下を引き起こす可能性が有るのです。」
「我々はフッ素が問題の原因となっていることをテストしそれが証明されました。」
------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4


YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

●ジェイ・パーカー
------------------
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
------------------

****************************************************
****************************************************

(以下、『スプートニク』、2015/9/29記事より引用)
------------------------------------------
●28日 金価格が一月で最大の下げ幅を記録
http://jp.sputniknews.com/business/20150929/971491.html

28日、金価格は一月で最大の下げ幅を記録したが、29日も下落を続けている。
投資家たちは、2015年末までの利上げに関する米連邦準備制度の声明に注目している。
通信社ブルームバーグが報じた。

しかし価格の下落は、(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千六百四十五: News_No.582』
●欧州諸国、米国から金準備を回収
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no582-efdc.html
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/893430.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
しかし、では問うが、なぜ連邦準備銀行にあれだけの金が保管されているのか。
それも、外国の所有する金までが。
ところで、帝国というものには、植民地や属国の金を本国に保管するという特徴がある。
ニューヨーク連邦準備銀行から金が引き出されることには、ワシントンは非常に不満であろう。
しかしそのことは、諸外国の政府の独立のためには、必要不可欠なことなのだ。
一部の国は、金は無くなったのではないか、使われてしまったのではないかと恐れている。
---------------------------

『二千六百五十:FRBについて_No.9』
●どうぜFRBにはメイド・イン・チャイナの金メッキが積まれているだけでしょう!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/frb_no9-02e0.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51968638.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/09/federal-reserve-we-wont-give-you-your-gold-back-a-sign-of-financial-crisis-3215016.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
世界最大の正貨準備預託銀行(外国政府や中央銀行が所有するゴールドの90%以上がここに保管されている)である米FRB(NY)は、他国から預かっているゴールドの返却を頑なに拒んでいます。
さらに、FRBは、他国がFRBに預けているゴールド(正貨準備)が安全に保管されているかどうかを他国が調べることさえも許していません。

既に昨年は複数の国がFRBに預けていたゴールドの一部を取戻したため、FRBのゴールドの保管量が最低水準に達しました。
アメリカの金融機関が外国にとって信用できる機関なのかどうかが疑われることになります。

このようなことからも、FRBにはゴールドが残っていないのではないかとの憶測を呼んでいます。
さらには、FRBは(本物の金の延べ棒ではなく)金メッキの偽物を保管しているのではないかとも言われています。

Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis
https://www.youtube.com/watch?v=NjTV02qB284


YouTube: Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis

---------------------------

****************************************************
****************************************************

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム