« 二千六百四十四: 白い虎 | メイン | 二千六百四十六: パソコンの印刷関係での私の省エネ方法 »

2015年9月17日 (木)

二千六百四十五: News_No.582

こんばんわ。
私の気になった幾つかのニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『朝日新聞デジタル』、2015/9/14記事より引用)
------------------------------------------
●参院採決「NHKはくれぐれも生中継を」 山本太郎氏
http://www.asahi.com/articles/ASH9F7TNNH9FUTFK56C.html?iref=comtop_list_pol_n01

■山本太郎・生活の党と山本太郎となかまたち代表

(安全保障関連法案は)衆院で強行採決された。
参院でも間違いなく強行採決されるだろう。
強行採決は民主主義と真逆(まぎゃく)だ。
暴挙といってもいい。
どうして行われるか。
安倍政権が卑怯(ひきょう)だからというだけでは片づけられない。
第三の目が入っていない。

NHKが公共放送としての役割を果たしていただきたい。
第三の目として監視する役割を放棄しないでいただきたい。
強行採決は生中継が入るといったらできない。
有権者にそんなところ見せられないでしょ。
だから生中継する必要がある。
その瞬間を生中継しないなら、公共放送を名乗る資格はない。
くれぐれも生中継お願いします。
(NHKの討論番組で)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
*********************************
*********************************
『二千六百二十一:私の見かけたニュース_No.65』
●【8/19参院特別委-山本太郎議員の質疑】 政府が根拠とする砂川判決は米国の指示による“売国判決”・安倍政権が推し進めているものは“アーミテージレポート”の完全コピー
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/08/_no65-793c.html
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-917.html
●山本太郎8/19午前 「いつ植民地をやめるんだ今でしょ 戦争法案 廃案以外ありえない」【全】
https://www.youtube.com/watch?v=ZG3RAtAgBUM
●山本太郎8/19午後【全】「砂川判決」も「戦争法制」もアメリカのリクエスト
https://www.youtube.com/watch?v=EYPJQSR2Gv0


YouTube: 山本太郎8/19 「いつ植民地をやめるんだ今でしょ 戦争法案 廃案以外ありえない」【全】

(抜粋引用)
------------------------------------------

Photo

 2枚目のパネルは、その第三次アーミテージ・ナイレポートの中の日本への提言9項目、そしてその他、注目すべき記述を抜粋したものです。
 
 提言の①。ここではなんと原発の再稼働を求めている。安倍総理は、これも安全性無視で実行しましたよね。

 提言の②。TPPの交渉参加。安倍政権は2012年の衆議院選挙での自民党の選挙の公約を堂々破って、これを忠実に実行している真っ最中でございます。

 提言の⑧。日米間の、あるいは日本が保有する国家機密の保全。これ、特定秘密保護法そんまんまじゃないかよって。これもクリアしてしまっています。

 『その他』の⑫。日本の防衛産業に技術の輸出を行うよう働きかける。これ、防衛装備移転三原則で実現してますもんね。  
 

_2

------------------------------------------
(引用終わり)

『二千六百三十五:News_No.580』
●[TBS報道]“日本を操る男”が見る安保審議-ブッシュ政権で対日政策を手がけたアーミテージ元国務副長官 直撃インタビュー
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no580-c394.html
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-942.html

_1

_3

“日本を操る男”が見る安保審議
https://www.youtube.com/watch?v=_9rXAqqKjAw

(※筆者注:現在、上記ビデオはなぜか削除されています。)

『二千五百三十四:News_No.570』
●日本国首相への指令書―安倍政権は「第3次アーミテージレポート」通りに動いている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/06/news_no570-deb5.html
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

Cg5to7huaaexv7m1

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
http://www.youtube.com/watch?v=LdzaQPDIUzA


YouTube: 安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back

Csis_speech_2

『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html

1297513491312161229801

(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている

自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。
---------------

*********************************
*********************************

(以下、『スプートニク』、2015/9/14記事より引用)
------------------------------------------
●欧州諸国、米国から金準備を回収
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/893430.html

欧州各国の中央銀行は、ニューヨーク連邦準備銀行から金を回収している。
結果、同行の金準備はここ数十年で最低の水準に達した。

最初に回収請求を行なったのはドイツ。
これにオランダが続き、5月にはオーストリアも倣った。
エコノミストのルー・ロックウェル氏は、「連邦準備銀行から金が回収されれば世界経済には利益となる」と考えている。


米連邦準備制度およびその政策の支持者らは、金は金銭的な役割を果たしてはいない、と言うだろう。
しかし、では問うが、なぜ連邦準備銀行にあれだけの金が保管されているのか。
それも、外国の所有する金までが。
ところで、帝国というものには、植民地や属国の金を本国に保管するという特徴がある。
ニューヨーク連邦準備銀行から金が引き出されることには、ワシントンは非常に不満であろう。
しかしそのことは、諸外国の政府の独立のためには、必要不可欠なことなのだ。
一部の国は、金は無くなったのではないか、使われてしまったのではないかと恐れている。
おそらく金は以前と同じ場所に今も横たわっているであろうが、それらを所有するのが誰であるかは別問題だ。
私の意見では、ドイツ、オーストリアなどが金の回収を決めたことは、非常に自然なことだ。

ルートヴィヒ・フォン・ミーゼス研究所のルー・ロックウェル総裁が述べた。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『スプートニク』、2015/9/14記事より引用)
------------------------------------------
●中国とインド、ロンドン取引所から金を買い占め
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/895438.html

ロンドン金属取引所(LME)には、ほとんど純金は残っていない。
ロシア最大の鉱山・冶金企業の一つ、「ペトロパヴロフスク」社のピーター・ハンブロ代表はそう確信している。

BloombergTVのインタビューで、ハンブロ氏は、「インドと中国はこの数年でほぼロンドンの取引所から金を買い占めてしまった」と述べた。

「インドと中国は大量の金を買い上げている。ロンドン市場にはほとんど実物の純金は残っていない。我が社は絶えずインドと中国から金の供給を求められている。純金がどこにもないからだ。空手形ばかりだ。証券市場というものには個人的に、本気で危惧を覚えている。行き詰れば、「済みませんが解散いたします」の一言で全てが終わってしまうのではないかと」とハンブロ氏。

シンガポール企業BullionStar.comのトルグニ・ペルソン代表によれば、この情報は、貴金属卸売販売の世界最大手の一角、А-Mark社も確認しているという。

同社によれば、同社は、カナダの銀硬貨「メープルリーフ」など複数の金・銀硬貨への注文は受付停止を余儀なくされた。

また、А-Mark社によれば、卸売市場、小売市場ともに供給不足が目立っており、そのことは世界の金融市場にとって深刻な脅威であると(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/12記事より引用)
------------------------------------------
●アフガン前大統領、「9.11テロはビンラディンの仕業ではない」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58003-アフガン前大統領、「9.11テロはビンラディンの仕業ではない」

アフガニスタンのカルザイ前大統領が、「2001年のアメリカ同時多発テロは、ビンラディンの仕業ではない」と語りました。

カルザイ前大統領は、アメリカ同時多発テロ事件が発生した日に際し、アルジャジーラテレビのインタビューで、アフガニスタンにおけるテロ組織アルカイダが存在していたことを否定するとともに、「アメリカ同時多発テロは、ビンラディンが率いるアルカイダの仕業ではなく、あるテロ組織により計画されたものだ」と述べています。
また、「私は、アフガニスタンでアルカイダを見たことはなく、アフガニスタンにおけるアルカイダの活動に関する報告を入手したことはない」としました。

さらに、「ビンラディンは、アフガニスタンで同時多発テロを計画したのか」という質問に対し、「こうした内容は、我々と友好関係にある西側諸国とそのメディアが述べているものだ」と語っています。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
***************************************
***************************************
『四百八十八: 私の見かけたビデオについて_No.48』
●「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no48-94d3.html
http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4


YouTube: 「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」

(上記ビデオより抜粋して引用)
-----------
CFRが911指揮したのさ、911は自作自演さ! 911テロは、自作自演(内部犯行)だ!!、、、
クソ野郎!、メディアを操り、大企業を操ってるんだろう! わかってんだよ。
お前らの秘密政府は、もう秘密でもなんでもない!
デイビッド・ロックフェラーは自分の回顧録で認めている。
「合衆国を破壊したい」とね。
-----------

『二千六百四十:News_No.581』
●9.11の真実は今も闇の中
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no581-a186.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58017-9-11%E3%81%AE%E7%9C%9F%E5%AE%9F%E3%81%AF%E4%BB%8A%E3%82%82%E9%97%87%E3%81%AE%E4%B8%AD

『二千六百三十五:News_No.580』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no580-c394.html
(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/3記事より引用)
------------------------------------------
●9.11テロは、イスラム教徒への攻撃激化の口実
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/57723-%EF%BC%99%EF%BC%8E%EF%BC%91%EF%BC%91%E3%83%86%E3%83%AD%E3%81%AF%E3%80%81%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%A0%E6%95%99%E5%BE%92%E3%81%B8%E3%81%AE%E6%94%BB%E6%92%83%E6%BF%80%E5%8C%96%E3%81%AE%E5%8F%A3%E5%AE%9F

(以下、抜粋引用)
------------------------------------------
アメリカの研究者ケヴィン・バート氏が、「2001年の同時多発テロはイスラム教徒に対する攻撃の激化の口実だ」と語りました。

プレスTVによりますと、バート氏はイスラム教徒、キリスト教徒、ユダヤ教徒間連盟の創設者として、「同時多発テロはイスラム教徒に対する戦争の強化の口実だった」と述べています。
------------------------------------------
(引用終わり)

『三百九十三:911の看板を見て』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/911-e410.html
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201309/article_66.html
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_70.html
「WTC7 -- This is an Orange - YouTube」
http://www.youtube.com/watch?v=Zv7BImVvEyk


YouTube: WTC7 - This is an Orange

137909496138113221256_1379059543564

137909499168113114721_1379059592363

『二百六十四: 私の見かけたビデオについて_No.29』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no29-e6d0.html
●リビア 反政府派はアルカイダ 米国が資金援助 元CIA証言 #libjp #midjp #syrjp
http://www.youtube.com/watch?v=0yQaUhCCMeE
●アルカイダは存在しない テロの真の首謀者・資金源
http://www.youtube.com/watch?v=K9aNZvs0H4o


YouTube: アルカイダは存在しない テロの真の首謀者・資金源

(※筆者注:なぜか、ビデオの埋め込みがうまく行かないので、読者の方は、ビデオのURLをお手持ちのブラウザのURLボックスに入力すると、ビデオが見れます。)

(以下、ビデオ『アルカイダは存在しない テロの真の首謀者・資金源 』からの引用)
--------
●男性キャスター:
「、、、テロの2か月前にアメリカがビンラディンに取引を提案したのは確かなのですね。」

■本の著者:
「ドバイのCIA責任者ラリー・ミッチェルが2001年7月12日にビンラディンと会ったのは事実で、それは最終交渉を実現するためでした。」
--------
(引用終わり)

『二千三百九十八: News_No.552』
●「サウジ王族がアルカイダを資金援助」、9.11実行犯が証言
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/02/news_no552-a176.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150205-00000023-jij_afp-int

『二千三百三十七:News_No.545』
●CIAは9.11がイラクと無関係であることを知っていた
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/12/news_no545-0bc0.html
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_12_12/cia-tero/

*********************************
*********************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/10記事より引用)
------------------------------------------
●「アメリカ人はISISの創設者を知らない」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/57974-「アメリカ人はisisの創設者を知らない」

アメリカの政治問題の専門家が、「今もアメリカ人の多くがテロ組織ISISの創設者がどの国なのかを知らない」と語りました。

この専門家はアメリカ・ケンタッキー州からプレスTVのインタビューに応じ、「アメリカ人はCIAがISISを結成し、アメリカとイギリスもテロリストに資金援助を行っていることを知るべきだ」と語りました。
さらに、「ISISは世界で最も危険なテログループだ」とし、「イラクやシリアでのこのグループの活動は多くの民間人の死に繋がっている」としました。
また、「実際、CIAはISISを創設し、アメリカとイギリスは巨額の資金を支払うことでこのグループを支援している」と語り(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム