« 二千六百四十九: News_No.583 | メイン | 二千六百五十一: 翼 »

2015年9月19日 (土)

二千六百五十: FRBについて_No.9

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2015/9/18記事より引用)
---------------------------
●どうぜFRBにはメイド・イン・チャイナの金メッキが積まれているだけでしょう!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51968638.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/09/federal-reserve-we-wont-give-you-your-gold-back-a-sign-of-financial-crisis-3215016.html

(概要)
9月16日付け

世界最大の正貨準備預託銀行(外国政府や中央銀行が所有するゴールドの90%以上がここに保管されている)である米FRB(NY)は、他国から預かっているゴールドの返却を頑なに拒んでいます。
さらに、FRBは、他国がFRBに預けているゴールド(正貨準備)が安全に保管されているかどうかを他国が調べることさえも許していません。

既に昨年は複数の国がFRBに預けていたゴールドの一部を取戻したため、FRBのゴールドの保管量が最低水準に達しました。
アメリカの金融機関が外国にとって信用できる機関なのかどうかが疑われることになります。

このようなことからも、FRBにはゴールドが残っていないのではないかとの憶測を呼んでいます。
さらには、FRBは(本物の金の延べ棒ではなく)金メッキの偽物を保管しているのではないかとも言われています。

聖書には、バビロンでは金融崩壊が最初に起こると記されています。
アメリカでは小児性愛犯罪の横行により数十億ドルもの損賠賠償金が支払われています。
しかし今後はアメリカにまだ残こっている富が根こそぎ剥ぎ取られることになります。
現在、グローバル金融エリートの権力構造が、バチカン銀行、ロスチャイルドのイングランド銀行、NYのFRBの3つに分裂しています。
世界準備通貨の米ドルが崩壊すると、世界経済が崩壊することになります。
アメリカ=バビロンが崩壊し、アメリカには悪魔、邪霊が巣食い、汚くて憎たらしい鳥の籠のような国となります。

FRBの創設以来、FRBは1度も監査を受けていません。
FRBが行っていることは一切明らかにされず何をやっても罪に問われることはありません。
なぜ我々はいつまでもグローバル金融エリートらの好き放題にさせているのでしょうか。
今、FRBの監査を行うべきなのです。

Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis
https://www.youtube.com/watch?v=NjTV02qB284


YouTube: Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis

------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千六百四十五: News_No.582』
●欧州諸国、米国から金準備を回収
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no582-efdc.html
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/893430.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
しかし、では問うが、なぜ連邦準備銀行にあれだけの金が保管されているのか。
それも、外国の所有する金までが。
ところで、帝国というものには、植民地や属国の金を本国に保管するという特徴がある。
ニューヨーク連邦準備銀行から金が引き出されることには、ワシントンは非常に不満であろう。
しかしそのことは、諸外国の政府の独立のためには、必要不可欠なことなのだ。
一部の国は、金は無くなったのではないか、使われてしまったのではないかと恐れている。
---------------------------

『千二:私の見かけた情報_No.20』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/03/_no20-f01a.html
●米国がクーデターのどさくさに紛れウクライナの金塊33トンを略奪していた~国会で浜田議員が衝撃発言
http://mizu888.at.webry.info/201403/article_89.html
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-2128.html

浜田議員が衝撃発言!米国がクーデターのどさくさに紛れ、ウクライナの金塊33トンを略奪!浜田議員「火事場泥棒に等しい行為」

国会で浜田議員が衝撃的な発言をしていたのでご紹介します。
参議院予算委員会で安倍首相らに対して浜田議員は、「ウクライナの金33トンをNY連銀に持ち出し、米の穀物メジャーのカーギルや石油メジャーのシェブロンなどの大手企業は農業、資源を収奪するかのごとく企業買収した」と発言し、ウクライナ騒動の裏でアメリカが金塊を盗んでいたことを暴露しました。

アメリカの企業がウクライナに介入していたのは知っていましたが、金塊が盗まれていることは私も初耳です。
海外の報道でも、「ウクライナの金が米国に輸送された」と言うような記事があるので、今回の件は事実であると考えられます。
イラクやアフガンでも似たような事をしているアメリカならば、この程度の事は造作も無いはずです。

ウクライナは世界有数の穀倉地帯でもあり、今はモンサント社のような遺伝子組み換え企業も次々に乗り込んでいます。
暫定政府の主要メンバーは相変わらずネオ・ナチス系の過激派ばかりですし、このままウクライナを放置していては、非常に不味いと言えるでしょう。

☆浜田議員が衝撃発言! 米はウクライナ支援と言いながら火事場泥棒やった
http://youtu.be/OSjNxw4HpMI


YouTube: 米による火事場泥棒!浜田議員「米はウクライナ支援と言いながら火事場泥棒」

公開日: 2014/03/19

☆【ウクライナ問題】米国がウクライナの金塊33トンを略奪していた

http://www.nicovideo.jp/watch/sm23186723

☆HomeNewsIndustrial NewsUkraine Gold Reserves Reported To Be Hastily Aircrafted To U.S
URL http://www.metal.com/newscontent/58480_ukraine-gold-reserves-reported-to-be-hastily-aircrafted-to-u.s
引用:
ウクライナ政府からの情報。
ウクライナの金が40個の厳重な箱が飛行機に積み込まれ、キエフから米国に移された。
情報源によると、この金の移動を命令したのは暫定政府のアルセニー・ヤツェニュク首相。
彼はロシアの侵略に備えて、安全性の見地からニューヨークのFEDに金を移したという。

Mar 14, 2014 05:17 GMT Source:Scrap Monster
Tags: Ukraine Gold Reserves, World Gold Council, Arseny Yatsenyuk, Victoria Nulandgold bullio(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『二千百十二: FRBについて_No.8』
●FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" in Germany
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/frb_no8-7d40.html
http://www.youtube.com/watch?v=GrZ4h5-7Wto&list=UUFdlR1eZu3adxifzJ-yS6_Q


YouTube: FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" In Germany

『六百九十二:FRBについて_No.7』
●100年の失敗の後に、連邦準備制度理事会(FRB)を終了させる時です!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/frb_no7-c6ab.html
http://www.infowars.com/after-100-years-of-failure-its-time-to-end-the-fed/

『六百七十六:FRBについて_No.6』
●オバマは、イスラエルの銀行家をFRB(連邦準備制度理事会)の悪徳議長の候補者に指名します
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/frb_no6-b7f2.html
http://www.infowars.com/obama-nominates-israeli-bankster-as-federal-reserve-vice-chair/

『六百六十:FRBについて_No.5』
●12/2:フルフォード情報―衰退する米連銀大株主たちの対日本金融攻撃が始まった
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/frb_no5-eca3.html
http://mizu888.at.webry.info/201312/article_31.html

『二百五十二:FRBについて_No.4』
●ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

(※注:上記ビデオはなぜか削除されていますが、私が見た時に書き残した文字起こしの一部をどうぞ。)

●ファラカ-ン
-------------------
「、、、1912年12月22日に、アメリカの中央銀行は幾つかの一族の手に握られました。」
「通貨を発行する連邦準備銀行は政府に属してはいないのです。、、、」
-------------------

『二百四十四: FRBについて_No.3』
●アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no3-4169.html
http://www.youtube.com/watch?v=c2HUsKG9Bp8

(※注:上記ビデオはなぜか削除されていますが、参考として、以下のビデオをご紹介します。)

FRB連邦準備銀行は獣の頭 アーロン・ルッソ監督  FED is a head of the beast
https://www.youtube.com/watch?v=tDn56473Ts8


YouTube: FRB連邦準備銀行は獣の頭 アーロン・ルッソ監督  FED is a head of the beast

『二百二十二:FRBについて_No.2』
●米連銀が16兆ドルものお金を世界中の銀行、企業にばら撒いていました!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb_no2-9cf7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51845810.html
http://beforeitsnews.com/economy/2012/09/first-audit-in-the-federal-reserves-nearly-100-year-history-were-posted-today-the-results-are-startling-2449770.html

『二百十:FRBについて』
●イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb-059f.html
http://mizu888.at.webry.info/201203/article_6.html
http://www.youtube.com/watch?v=q2xteET72es

(※注:上記ビデオはなぜか削除されていますが、和訳無しのオリジナルのビデオならばありましたので、以下にご紹介しておきます。)

Lord James of Blackheath $15,OOO,OOO,OOO,OOO FRAUD EXPOSED February 16 2012
https://www.youtube.com/watch?v=eL5hqvTWkYg


YouTube: Lord James of Blackheath $15,OOO,OOO,OOO,OOO FRAUD EXPOSED February 16 2012

_2

『二千五百六十一:銀行制度についての種々の話題_No.6』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/_no6-2637.html
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

しかし、その後、大統領命令、第11110号の取り消しの無いまま、その米国政府が作った公式のお札が回収され、代わりに、大変よく似たFRBの印刷した大量のお札が、市場に出回りました。

▼2ドル札「政府発行券」

1376229826676131153161

▼2ドル札「FRB発行券」

137622983883613115762_2frb1

▼5ドル札「政府発行券」

1376229859467132212851

▼5ドル札「FRB発行券」

137622987167913221385_5frb1

---------------------

『二千五百五十七:銀行制度についての種々の話題_No.5』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/_no5-9667.html

(上記記事より抜粋)
-------------------------------
『四百八十六:私の見かけたビデオについて_No.47』
●スライヴ (THRIVE Japanese)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no47-6032.html
http://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI


YouTube: スライヴ (THRIVE Japanese)

ビデオの1時間00分06秒辺りからです。

ビル・スティル

_

問題は、アメリカの中央銀行制度が民間所有なのに、政府が所有しているように見せかけている事です。
ワシントンDC地区の電話帳で、連邦準備銀行を探そうとすると、青い政府機関のページに見つける事は出来ません。
企業のページを見てみると、Fedxのすぐ隣にあります。
民間所有の中央銀行なのです。
-------------------------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム