« 2015年8月 | メイン | 2015年10月 »

2015年9月

2015年9月30日 (水)

二千六百七十七: ブルー・クリスタル・イーグル

           ブルー・クリスタル・イーグル


      青い鳥が
      オーラを放つ
      静かな 地球の上を舞う。
      音の無い
      成層圏の中を。

      その翼を
      そっと広げるだけで
      翼の先から
      淡い光と
      かすかな音楽が にじみ出す。

      その光と音楽を 長く長く引きながら
      宙の上を滑ってゆく。
      凪(なぎ)の海の上の 一艘の帆船のように。
      鳥の青い目が 
      眼下に広がる 地球を眺めている。

      音の無い 羽ばたきと共に
      鳥が
      そのまま
      地球に 吸い込まれてゆく。
      青く輝く 水平線の上で。

 

                                        坂本  誠

20100817135154

二千六百七十六: News_No.586

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
最近は私の気になるニュースが多いようです。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/27記事より引用)
------------------------------------------
●イギリス労働党党首、ISIS出現への西側の関与を認める
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58410-イギリス労働党党首、isis出現への西側の関与を認める

イギリス労働党のコービン党首が、アメリカやイギリスなど西側の政府が、テロ組織ISISの出現に関与していた事実を認めました。
ロシアのマルチメディア・スプートニクによりますと、コービン党首は、「ISISなどは、突然現れることはできず、西側は現在のシリア問題を理由に、この組織の出現に関与した責任者だ」と語りました。
コービン党首はまた、「ISISは多くの資金や武器を入手しており、このグループの結成は、ある程度西側の地域における干渉政策の結果によるものだ」とし(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千百十:私の見かけたニュース_No.60』
●ベテランズトゥデーのインタビューで重要な情報が伝えられました。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no60-ccd4.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933323.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/edward-snowden-reveals-isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-trained-by-israeli-mossad-video-2993768.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/plan-to-overthrow-us-government-exposed-by-us-intel-2993594.html

(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
7月16日付け:
最近、スノーデンが暴露した情報によると。。。
テロリストグループのISISは英・米諜報機関とイスラエルのモサドが作り上げた組織だと言っています。
英・米・イスラエルは世界中のイスラム過激派を1箇所に集めることです。

その理由は、シオニスト集団を守るためであり、そのために宗教やイスラムのスローガンを作り出したのです。
ユダヤ国家を守る唯一の方法は、国境周辺に敵国を創ることだそうです。
ISISのリーダーや指導者は話術を教わり、1年間の集中的な軍事訓練を受けました。
この情報はイランが3週間前に伝えた情報と同じです。


主要メディアやオルターナティブメディアの多くがシオニストから脅迫されており、情報が監視されている。


米当局は、9.11のテロ攻撃は核攻撃であったことを示す証拠がいくつも提出されたにもかかわらず、それを認めようとはしない。
米連邦議会も真実を知っていながら全て隠蔽している。
CNNもデータを受け取り、真実を報道しようとしたが、のちにそれを破棄してしまった。


イルミナティの13評議委員会は毎年、夏至と冬至に子供を1人ずつ殺害している。
ベテランズトゥデーはこのことをビデオで暴露したが、アレックス・ジョーンズやグレン・ベックなどの監視員によって常に情報が検閲されている。


ISISはイスラエルの組織であるため、イスラエルの敵にのみ攻撃している。
ガザの戦争では、イスラエルの諜報機関が、3人の10代の少年を拉致し殺害した。
そのうちの1人は逃げだし警察に通報したが、警察は全てを隠蔽した。


ブラフデールにあるNSAの秘密基地は エイリアン基地と繋がっている。
そこには、多くのエイリアン+人間ハイブリッドが常駐し働いている。
彼らの外見は人間と全く同じである。
エイリアンのアジェンダとは。。。
世界支配であり、バビロン時代から計画されたアジェンダである。
----------------------

『二千四百九十九:News_No.566』
●米紙、「ISISはアメリカに作り出された組織」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/05/news_no566-3d49.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/54943-米紙、「isisはアメリカに作り出された組織」

(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
アメリカの新聞ワシントンポストが記事の中で、オバマ大統領はテロ組織ISISを誕生させただけでなく、現在もこの組織と効果的な形で対抗することはできないとしました。
----------------------

『二千百九十二:News_No.523』
●イラクとシリアで、多数のアメリカ軍とCIA職員がテロ組織ISISに加勢
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/09/news_no523-d1d3.html
http://japanese.irib.ir/iraq/item/48014-%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%81%A8%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%80%81%E5%A4%9A%E6%95%B0%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E8%BB%8D%E3%81%A8%EF%BD%83%EF%BD%89%EF%BD%81%E8%81%B7%E5%93%A1%E3%81%8C%E3%83%86%E3%83%AD%E7%B5%84%E7%B9%94%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%93%E3%81%AB%E5%8A%A0%E5%8B%A2

(以下、上記記事より抜粋して引用)
----------------------
アメリカの政治評論家ダン・ディバール氏が、「現在、イラクとシリアでは、数百名のアメリカ軍あるいは、CIA職員がテロ組織・イラクとシャームのイスラム国のメンバーと共に戦っている」と語りました。
----------------------

****************************************************
****************************************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/27記事より引用)
------------------------------------------
●ドイツで、反米デモが実施
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58407-ドイツで、反米デモが実施

ドイツ南西部で、アメリカの好戦主義的な政策に反対する数百人規模の抗議デモが行われました。

プレスTVによりますと、ドイツ南西部のラインラント・プファルツ州で26日土曜、数百名の人々がこの州にあるアメリカ軍のラムシュタイン空軍基地の前に集結し、ドイツからのアメリカ軍の撤退を求めました。
抗議者はまた、スローガンを唱えて、世界各国におけるアメリカ軍の無人機の攻撃での民間人の殺害を非難し、このような攻撃の停止を求めています。
抗議者の一部は、「戦争を停止せよ」と書かれたプラカードを掲げていました。
ドイツの各メディアは、今年の初めに、「ラムシュタイン空軍基地は、アフリカや中東におけるアメリカ軍の無人機の誘導の中心地となっており、ドイツ政府もこのことに気づいている」と報じています。
国連人権委員会は、アメリカ政府に対して繰り返し、テロ組織タリバンやアルカイダとの協力が疑われる人物を殺害する為の無人機使用政策を見直すよう求めています。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千百十二: FRBについて_No.8』
●FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" in Germany
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/frb_no8-7d40.html
http://www.youtube.com/watch?v=GrZ4h5-7Wto&list=UUFdlR1eZu3adxifzJ-yS6_Q


YouTube: FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" In Germany

****************************************************
****************************************************

(以下、『スプートニク』、2015/9/29記事より引用)
------------------------------------------

●NASA、火星に液体の水を確認
http://jp.sputniknews.com/science/20150929/967522.html

NASAが28日、火星に液体状の水があることを確認したと発表。
NASAのこの発表は特別記者会見で明らかにされた。
記者会見の模様はNASAの公式サイトで生中継された。

「火星は我々が以前想像していたような、乾いた砂漠の惑星ではない。液状の水が火星で発見されたからだ。」
NASA惑星調査部のジム・グリン部長は記者会見でこう語(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2013/5/19記事より引用)
---------------------------
●火星に落ちていたナチスドイツのヘルメット、追記
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51883422.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://www.ufo-blogger.com/2013/05/nazi-mars-nasa-curiosity-finds-nazi.html

5月17日付け:

NASAの火星の画像に、他の石ころに交じってナチスドイツのヘルメットのような不思議な者が写っていました。
このヘルメットは陸軍のヘルメットのようであり、その影が火星の表面に映っています。
このヘルメットのような物体について、NASAの正式なコメントはまだありません。

Photo

(ナチスドイツのヘルメット)

追記:
3月にはこのような生き物が火星にいるのが確認されています!
上記のヘルメットは誰がかぶっていたのでしょうか?
火星で戦争でもやっていたのでしょうか?

http://beforeitsnews.com/beyond-science/2013/05/alien-creature-caught-in-nasa-photo-by-curiosity-rover-lizard-or-rodent-or-rock-video-and-photos-2442058.html

2013年3月にある日本人のアマチュア研究者が火星で4つ足動物のような生き物がいるのを確認しました。
以下がその生き物の写真です。

_2

_3

_4

NASAの画像でこのような動物が見つかったのは今回が初めてではありません。
火星には不思議な生き物がたくさん生息しているようです。
前回、火星で確認されたのはリスのような生き物です。
今回確認された生き物はリスのような小動物かトカゲ類だと思います。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二百五十六: 私の見かけたビデオについて_No.27』
●脳にチップを入れられたオバマ、火星旅行、アメンホテプ4世のクローン
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no27-cccd.html
http://www.youtube.com/watch?v=y10wZob3JaM


YouTube: 脳にチップを入れられたオバマ、火星旅行、アメンホテプ4世のクローン

(上記ビデオより抜粋引用)
-----------------------------
火星訪問者であるバシアゴとスティリングスはバラク・オバマが火星へ行った事を確証している。、、、

_34


「、、、ワシントンDCで弁護士をしているアンドリュー・バシアゴという人物がいて、彼はDARPAのタイム・トラベルプロジェクトであるプロジェクトペガサスに1970年代に仕えた人物なんです。」
「そして仲間のタイムトラベラーであるウィリアム・B・スティリングスがいました。」
「彼もまた火星プログラムにいた人物です。」
そして彼等はバラク・オバマはそのプログラムに10代の若者として一緒にいたと言っているんです。」
「そして彼は火星へとタイムトラベルをしたんです。
「信じませんか?」
「いいですか?」
「私みたいな誰かが言っているのを聞いただけではおそらく私も信じる事はないでしょう。」
「ですが、私はアンドリュー・バシアゴとウィリアム・スティリングスとお話しする事があったんです。、、、」
「、、、アンドリュー・バシアゴは機能的な人で、ワシントンで弁護士をしていらっしゃいますし、凄く尊敬されている人なんです。」
「DARPAプログラムにいた人物です。、、、」
-----------------------------

『四百二十七:イルミナティについて_No.15』
●特色ある講演者 - アンドリュー・バシアーゴ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no15-daf6.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/swami-shivananda-giri

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------------------
アンディ(アンドリュー・バシアーゴ)は、アメリカのタイム・トラベル・パイオニアの1人でもあります。

_5


1960年代後期と1970年代初期に、彼は、秘密の米国の時間-宇宙計画の幼児参加者の一人でした。
その計画の名前は、プロジェクト・ペガサスです。

彼は、テレポーテーションと、タイム・トラベルの異なる形式を利用している過去と未来のイベントの調査のための最初のアメリカの子供でした。
それから、そのタイム・トラベルは、DARPAによって開発され、研究されています。

まもなく、彼は暴露本を出版します。
その本には、プロジェクト・ペガサスでの彼の恐ろしい経験を記述されています。
そして、40年前の米国国防コミュニティでの、タイム・トラベルの出現の実話も記述されています。

「一つの軍事機密として、以来、ずっと抑圧された、テレポーテーションがDARPAのプロジェクト・ペガサスによって最初に達成された時、1968年以降、そのような世界が可能でした。」
------------------------------------------

『九百四十四:ディスクロージャーについて_No.48』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no48-6ad1.html
(以下、『InDeep』様、2014/2/25記事より引用)
------------------------------
●そこではいろいろと動いている:火星探査機の周辺での「出現したり消滅する岩」の話題とその歴史のこと
http://oka-jp.seesaa.net/article/389756067.html

(、、、前略、、、)

そういえば、これらとは関係ないですが、最近、 Google Earth の火星写真に「建物っぼいもの」が写っていることが話題になったりもしています。

Marsgoogle011

Marsgoogle021

▲ 共に Google Earth の火星写真より。

(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/21記事より引用)
------------------------------------------
●「テロ組織ISISはアメリカによって作り出された」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58246-%E3%80%8C%E3%83%86%E3%83%AD%E7%B5%84%E7%B9%94%EF%BD%89%EF%BD%93%EF%BD%89%EF%BD%93%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AB%E3%82%88%E3%81%A3%E3%81%A6%E4%BD%9C%E3%82%8A%E5%87%BA%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E3%80%8D

アメリカの元議会関係者が、「テロ組織ISISはアメリカによって作り出された」と強調しました。

この議会関係者はプレスTVのインタビューで、クリントン元国務長官のシリア反体制派の訓練の計画は失敗したという表明に関して、

(、、、中略、、、)

また、「ISISはアメリカ自身が育てた勢力で、アメリカ政府は中東諸国においてまったく信用がない」と強調しました。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百二十四:News_No.558』
●イラクがアメリカ軍に、ISIS支援の事情説明を求める
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/02/news_no558-9a0a.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/52388-イラクがアメリカ軍に、isis支援の事情説明を求める

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------
イラク・イスラム最高評議会の議長をつとめるハキム師がアメリカ軍に対し、テロ組織ISISに支援物資を上空から投下していることについての事情説明を求めました。
------------------------------
(引用終わり)

『二千五百二十二:News_No.569』
●イタリア外相、「ISISはアメリカの中東政策の結果」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/06/news_no569-31d1.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/55101-%E3%82%A4%E3%82%BF%E3%83%AA%E3%82%A2%E5%A4%96%E7%9B%B8%E3%80%81%E3%80%8Cisis%E3%81%AF%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E4%B8%AD%E6%9D%B1%E6%94%BF%E7%AD%96%E3%81%AE%E7%B5%90%E6%9E%9C%E3%80%8D

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------
イタリアのジェンティローニ外務大臣が、テロ組織ISISは、アメリカの中東地域への干渉政策が生み出したものだと(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2015/9/29記事より引用)
---------------------------
●セイヨウタンポポの根茎が癌細胞を消滅させました!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51969526.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://www.riseearth.com/2015/09/cancer-cells-decompose-after-several.html

(概要)
9月29日付け

by Fine Living Advice

カナダのウィンザー大学の研究チームの研究成果により、セイヨウタンポポの根茎が癌治療に非常に効果的であることが分かりました。
化学療法とは違い、タンポポの根茎を使った治療を始めた結果、数日以内に癌細胞が消滅したのです。
タンポポの根茎は、癌細胞を破壊するだけでなく、胆汁分泌を促し、肝臓を浄化し、アレルギーを改善させ、コレステロール値を下げます。

タンポポの根茎には、B6、チアミン、リボフラビン、ビタミンC、鉄、カルシウム、カリウム、葉酸、マグネシウムなど、重要なビタミンやミネラルが含まれています。
タンポポの根茎に含まれるビタミンCの量は1日の摂取量の535%です。
また、ビタミンAの量は、1日の摂取量の110%です。

ナチュラルニュースによれば、ウィンザー大学の研究チームの研究成果により、癌患者に新たな希望をもたらしました。
タンポポの根茎は副作用もなく、効果的に癌細胞を破壊します。

_6

72才の男性(John Di Carloさん)は個人的にタンポポの治癒力を信じていました。
彼は3年間、化学療法で癌の治療を受けてきましたが何の効果もなく、癌は進行し、自宅で愛する家族と共に最後の時を迎える準備をしていました。
医師らは彼に効果のない化学療法を続けるだけであり、代替医療を試すこともしませんでした。
そのため、彼は最後の手段として自宅でタンポポの根茎のお茶を飲み始めたのです。
そして。。。
4か月後に彼は癌を完治させたのです。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千七: フッ素について_No.5』
●松果体をデトックスする方法
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no5-139f.html
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11614002138.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------
ステップ1の「松果体の石灰化を進行させない方法」で、これ以上松果体が石灰化しないような日常生活を理解されたら、次に積極的にすでにある石灰分を除去しましょう♪

【Decalcify Pineal Gland】
http://decalcifypinealgland.com/how-to-decalcify-the-pineal-gland/
 より翻訳

ステップ2 すでに松果体に蓄積されている石灰分を除去する
何年にも渡って蓄積された松果体内の毒素を除去するには、強い意志をもって専念する必要があります。
以下に松果体の石灰分を除去する方法をリストアップしました。
------------------

『七百七十八:フッ素について』
●フッ素と脳の発達
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/post-61ea.html
http://www.youtube.com/watch?v=NNdL_nFejwc


YouTube: フッ素と脳の発達

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「フッ素は心理的な問題を引き起こす可能性が有る毒物です。」

_35


「それは何千人という子供たちのIQの低下を引き起こす可能性が有るのです。」
「我々はフッ素が問題の原因となっていることをテストしそれが証明されました。」
------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4


YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

●ジェイ・パーカー
------------------
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
------------------

****************************************************
****************************************************

(以下、『スプートニク』、2015/9/29記事より引用)
------------------------------------------
●28日 金価格が一月で最大の下げ幅を記録
http://jp.sputniknews.com/business/20150929/971491.html

28日、金価格は一月で最大の下げ幅を記録したが、29日も下落を続けている。
投資家たちは、2015年末までの利上げに関する米連邦準備制度の声明に注目している。
通信社ブルームバーグが報じた。

しかし価格の下落は、(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千六百四十五: News_No.582』
●欧州諸国、米国から金準備を回収
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no582-efdc.html
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/893430.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
しかし、では問うが、なぜ連邦準備銀行にあれだけの金が保管されているのか。
それも、外国の所有する金までが。
ところで、帝国というものには、植民地や属国の金を本国に保管するという特徴がある。
ニューヨーク連邦準備銀行から金が引き出されることには、ワシントンは非常に不満であろう。
しかしそのことは、諸外国の政府の独立のためには、必要不可欠なことなのだ。
一部の国は、金は無くなったのではないか、使われてしまったのではないかと恐れている。
---------------------------

『二千六百五十:FRBについて_No.9』
●どうぜFRBにはメイド・イン・チャイナの金メッキが積まれているだけでしょう!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/frb_no9-02e0.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51968638.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/09/federal-reserve-we-wont-give-you-your-gold-back-a-sign-of-financial-crisis-3215016.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
世界最大の正貨準備預託銀行(外国政府や中央銀行が所有するゴールドの90%以上がここに保管されている)である米FRB(NY)は、他国から預かっているゴールドの返却を頑なに拒んでいます。
さらに、FRBは、他国がFRBに預けているゴールド(正貨準備)が安全に保管されているかどうかを他国が調べることさえも許していません。

既に昨年は複数の国がFRBに預けていたゴールドの一部を取戻したため、FRBのゴールドの保管量が最低水準に達しました。
アメリカの金融機関が外国にとって信用できる機関なのかどうかが疑われることになります。

このようなことからも、FRBにはゴールドが残っていないのではないかとの憶測を呼んでいます。
さらには、FRBは(本物の金の延べ棒ではなく)金メッキの偽物を保管しているのではないかとも言われています。

Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis
https://www.youtube.com/watch?v=NjTV02qB284


YouTube: Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis

---------------------------

****************************************************
****************************************************

 

                                        坂本  誠

二千六百七十五: エデン

           エデン


      どこまでも 広がる草原の上に
      一つの都市が 作られている。
      都市の中の木々は 淡い緑で 潤っている。

      木々に
      多くの果実が
      たわわに実っている。

      多くの果実から
      様々な香りが
      あふれている。

      芳醇な香りは
      人の首に巻かれた
      スカーフのよう。

      人々は
      そのスカーフに くるまれて
      笑顔を交わし合う。

      人々の笑顔そのものも
      絹の羽衣のよう。

      街の中で
      様々な 羽衣が
      おだやかに触れ合う。

      人々の笑顔が 明るく触れ合う街。
      地球最初の街。
      エデン。


 


                                        坂本  誠


2015年9月29日 (火)

二千六百七十四: すずむしの声

           すずむしの声



      すずむしの声が 聞こえる。

      木の葉が揺れている。

      すずむしの声が
      緑を 揺すっているようだ。

 

                                        坂本  誠

二千六百七十三: 私の見かけた新商品

こんにちわ。

私の気になったニュースを紹介させてください。
現在、開発中である新型カミソリの新聞記事を見かけましたので、その新しいカミソリの紹介です。

まずは、私の見かけた記事をご紹介します。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『Gigazine』、2015/9/28記事より文章と写真を引用)
------------------------------------------
●ミニレーザーで毛髪を刈り取る未来のカミソリ「The Skarp Laser Razor」
http://gigazine.net/news/20150928-skarp-laser-razor/

Photo

カミソリでヒゲや毛をそるには、クリームや水で肌を保護しつつ、適切な角度でヘッドを当てて根元から毛を刈り取る作業を行うわけですが、慣れていなかったり、肌が弱かったりすると「カミソリ負け」して肌を傷めてしまいます。
何度も使っているとブレードの切れ味が悪くなってヘッドを交換しなければいけないなど、カミソリには何かと手間がかかってしまうものですが、なんとブレードの代わりに世界で初めてミニレーザーを搭載し、刃のないカミソリのヘッドを滑らせるだけで毛髪のみを認識してカットしていくという、21世紀の新型カミソリが「The Skarp Laser Razor」です。

Skarp Technologies
http://www.skarptechnologies.com/

「The Skarp Laser Razor」がどのようなシェーバーなのかは、以下のムービーで解説されています。

ヒゲや毛をそるためのカミソリには、手持ちの替刃式のものや、電動シェーバーなどがありますが、「刃を使って毛をそる」という技術は5000年にわたって使われてきたとのこと。

(、、、中略、、、)

また、アメリカでは年間で2億本もの使い捨てカミソリや、交換用ヘッドが廃棄されているとのこと。

_2

カミソリのブレードによる危険性から、リサイクルするのが難しいため……

_3

回収コストが見合わず、ただ単に廃棄されているのが現状。

_4

そこで、Skarp Technologiesは、ミニレーザーによってシェービングクリームなしでキレイかつ安全にヒゲをそることができ、ブレードがないので使い終わったら安全にリサイクル可能、という21世紀のカミソリとして「The Skarp Laser Razor」を開発しました。

Skarp Technologiesの共同創始者であるMorgan Gustavsson氏は、30年間にわたって医療・化粧品レーザー業界で働いていた人物で、1989年に脱毛・皮膚科治療技術のIPL(インテンス・パルス・ライト)技術を発明した人物でもあります。
そんな現代でも脱毛などで使われている、IPL技術を応用したミニレーザーがヘッド部分に搭載されているとのこと。

(、、、中略、、、)

_5

低出力のレーザーが肌を傷つけることなく、毛だけを認識してカットしていくという仕組み。
焼き切っているわけではないので焦げたニオイなどもしないそうです。
特定の光の波長を当てると切断可能な、人間全てが持つ毛髪の発色団を認識しているため、人種・肌の色・毛髪の色に関係なく、毛髪だけをカットできるとのことです。

実物はこんな感じで、ヘッドの下側がレーザーになっており、赤く光っているのがわかります。
カミソリ負け・かゆみ・思わぬ切り傷・感染症を防ぐことができ、水やクリームも不要、短時間で簡単に毛をそることができ、さらに高価な交換用ヘッドも買わずに済むという、時間とサイフと環境にまで優しい未来のカミソリとなっています。

カラーはブラックとグレイの2色展開。
単4電池1本で約1か月間駆動し、レーザーの寿命は5万時間とのこと。
低出力のレーザーなので目を痛める心配もナシ。
水は不要ですが、防水処理が施されているため、シャワー中に使っても問題ないとのことです。

(、、、中略、、、)

プロジェクトへ159ドル(約1万9000円)を出資するとThe Skarp Laser Razorを1本、299ドル(約3万6000円)で2本、449ドル(約5万4000円)で4本をゲット可能となっています。

製品の発送は2016年5月を予定しており、日本への発送は別途20ドル(約2400円)の送料が必要です。
出資の締め切りは2015年10月19日(月)の13時30分です。

The Skarp Laser Razor: 21st Century Shaving by Skarp Technologies — Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/skarp/the-skarp-laser-razor-21st-century-shaving

------------------------------------------
(引用終わり)

一読されて、わかると思うのですが、カミソリと言うのものは、私達の目にするものでは、主に鉄で作られた刃を持っています。
ですから、使用回数が増えるにつれ、切れなくなり、廃棄しているのが現状です。

ですが、このカミソリの刃はレーザー光線で作られているそうです。
なので、新聞記事にもあるように、カミソリの大量廃棄が無くなる時代が来ようとしているのかもしれません。

ただ、最大の問題は、レーザーカミソリの安全性だと感じます。
上記記事中にも、「Skarp Technologiesの共同創始者であるMorgan Gustavsson氏は、30年間にわたって医療・化粧品レーザー業界で働いていた人物」とあるように、エステ等で使用されているレーザー脱毛の応用商品が、このレーザーカミソリなのでしょう。
私は、このエステで使用されたレーザー脱毛に関して、安全かどうかは、あまり詳しくはありません。
確かに、「エステでのレーザー脱毛」というのには、あまり男性にとっては関心の少ない人が多いかもしれません。

ですが、このレーザーカミソリの安全性が確認されれば、省エネ・グッズとして、私達は注目していても良いかもしれません。
やはり、家庭用の使い捨てカミソリの廃棄の量を考えれば、このような商品も頭に入れていてもよいかと思います。
しかし、上記記事中では、レーザーカミソリの安全性は強調されているようです。
//////////////////////////////
さらに、私が気になった箇所は、レーザーの寿命です。
上記記事だと、「レーザーの寿命は5万時間」とあります。
この「5万時間」がレーザーカミソリの寿命かと考えられます。
ですから、この「5万時間とはどれぐらいなのか?」を考えて、紙の上で計算してみました。

上記のレーザーカミソリ「The Skarp Laser Razor」を1日に5分間、使用すると仮定します。
寿命と思える「5万時間」を分単位にすると、300万分間です。

上で定めた1日に5分間の使用だと、

  300万分間 ÷ 5分間 = 60万日間

です。
次に、この「60万日間」を年の単位にします。

  60万日間 ÷ 365日間 ≒ 1,643年間

つまり、上記のレーザーカミソリを1日5分間だけ使用しても、1,643年の間も使用可能だとなります。
現代は、西暦2015年ですから、「今から、1,643年前に何があっただろうか?」とか、ふと考えて、調べてみると、1,643年前は、西暦372年ですから、

372年 wikipedia」で調べて見ますと、
---------------------
できごと[編集]

百済の王が倭王に七支刀を贈る。
高句麗に仏教伝来。
---------------------
(引用終わり)

このような、あまり、まだ歴史上にも空白の多い時代だったとわかります。

「単4電池1本で約1か月間」とありますから、この1,643年間も、単4電池を補充しなければいけないことがわかりますが、それにしても、レーザーカミソリの寿命の長さがわかります。

こうなると、「1人の人間で一つのカミソリを使用する」という考えをしなくても良く、「家族ぐらいならば、一つのレーザーカミソリを分かち合って使用した方が良いだろう」と考えました。
仮に、一世帯四人家族で、その家族で使用しても、上記の1,643年間を4で割れば良いだけですから、そうすると、約410年間です。
一世帯四人家族で使っても、約410年間ですから、かなりのものだと思います。

最近では、住宅などでも二世代住宅とか三世代住宅などと言われる住宅が売り出されています。
ですから、仮に三世代の家族で、計12人で使用したとします。

  1,643年間 ÷ 12人 ≒ 136年間

つまり、三世代住宅で考えなくても、12人がかりで毎日5分間使用しても、その寿命は約136年間だとわかります。
//////////////////////////////
確かに、使い捨てカミソリは、再利用が難しいからか、リサイクル商品の一つとは見なされていないと思います。
ですから、エコライフを狙う人々にとって、大量廃棄されている使い捨てカミソリあるいは安全カミソリを考えるならば、上記のようなレーザーカミソリに注目していても良いかもしれません。
しかし、まだ売り出されてはいないものの、やはり、安全性が最大に求められているかと感じます。

安全性が完全に確認されれば、やがて、ある程度の時間が経てば、レーザーカミソリの低価格化も考えられますしね。


(以下、新ブログ『光と輝き』と旧ブログ『悲喜憐偉』からの新商品や新エネルギー開発とも考えられる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百八十七:News_No.564』
●テスラがエネルギー革新企業へと飛躍する家庭用バッテリー「Powerwall」はどこがどうすごいのか?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/05/news_no564-3945.html
http://gigazine.net/news/20150516-tesla-powerwall/

(上記記事より抜粋引用)
-----------------------------
電気自動車「モデルS」で世界のEV市場を牽引するテスラが、家庭用バッテリー「Powerwall」を発表。
テスラ自身が「単なる電気自動車メーカーではなくエネルギー革新企業である」と述べるとおり、エネルギー革新に向けて大きな一歩を踏み出しました。

_7

Powerwall | Tesla Home Battery
http://www.teslamotors.com/powerwall

-----------------------------

『二千五百五十八:News_No.572』
●オランダの女性たちが発見した奇跡のエネルギー生成 : 生きた植物と生きた微生物と水のコラボレーションが生み出した驚異の発電法 - Plant-MFC
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/news_no572-d91b.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/421789219.html

(上記記事より抜粋引用)
-----------------------------
植物を育てる過程の中で発電をおこなうという完全な再生可能なエネルギー生成

Powerfromplants1

http://tabi-labo.com/147514/plant-for-electricity/

(、、、中略、、、)

しかも、この発電法は、植物も微生物も「生きたまま」でおこなうもので、あるいは「自然の状態のまま」での発電方法でもあります。
というか、植物も微生物も生きていないと発電できないのです。

10plantguzmania1

完全自給自足への道すじも見えてくるような
-----------------------------

『二千五百五十八:News_No.572』
●消費電力99%以上減の新型液晶 ジャパンディスプレイ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/news_no572-d91b.html
http://www.asahi.com/articles/ASH6H558HH6HULFA01J.html?iref=comtop_rnavi_arank_nr01

(上記記事より抜粋引用)
-----------------------------
液晶大手のジャパンディスプレイは、背後からライトで照らさず、周りの光を反射させる「反射型カラー液晶」の新型を開発した。

_6


消費電力は通常の液晶の100分の1以下で、明るい場所ならはっきりとカラー映像が見える。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『七百十三:フリー・エネルギーについて_No.4』
●ブラジルでフリーエネルギー装置が造られました
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no4-087e.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51881618.html
http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2013/05/free-energy-machine-created-in-brazil-coming-to-illinois-in-the-fall-of-2013-2584452.html

(上記記事より抜粋引用)
-----------------------------
5月5日付け:
ブラジルで非常にユニークな世界発のフリーエネルギー装置が開発されました。

RAR Energia Gravity Motor -- Intro by Sterling Allan of PESN
http://www.youtube.com/watch?v=3OoSQ3ZDGPQ


YouTube: RAR Energia Gravity Motor -- Intro by Sterling Allan of PESN

_9

Brazil・RAR Energy company's HP ⇒ Welcome to PESWiki
http://peswiki.com/index.php/Directory:RAR_Energia_Ltda_Gravity_Motor

-----------------------------

『七百三十二:フライング・カーについて_No.2』
●Keshe Flying Cars
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no2-7338.html
http://www.youtube.com/watch?v=oBAcRbOkS6M


YouTube: Keshe Flying Cars

(上記記事より抜粋)
---------------
私は、原発の代わりのエネルギー、フリー・エネルギーの以下のビデオを見かける機会がありました。
マグラブ・発生器を使った浮遊しているケッシュ財団のフライング・カーだそうです。

_8


---------------

『二千三百二:フリー・エネルギー装置について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/07/post-b67b.html
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-222.html

-----------
『フリーエネルギー、UFO、第3起電力で世界は大激変する 永久機関の原理がすでに見つかっていた(超☆わくわく) 』
出版社: ヒカルランド (2011/10/24)
言語 日本語
ISBN-10: 4905027608
井出 治 (著), 船井 幸雄 (監修) 
¥1,890
-----------

 

                                        坂本  誠

2015年9月28日 (月)

二千六百七十二: ヴァイオリンの手

           ヴァイオリンの手


      月が浮かんでいる。
      ぽつりと建っている家の窓から
      灯りが漏れている。

      ヴァイオリンの音が
      闇夜に響きわたる。
      悲しげな手のように。

      長い長い手が 遥か彼方まで伸びてゆく。
      家の薄灯りと絡まりながら。

 

                                        坂本  誠

Blue_moon_no4_2

二千六百七十一: 私の見かけたビデオ_No.64

私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

*************************
*************************
ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?
https://www.youtube.com/watch?v=5efqPLpJFYA


YouTube: ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?

2014/04/13 に公開

●リポーター:
ねえ、ヒラリー、なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?
ただ笑うつもりですか?
真剣な質問です、ヒラリー・クリントンさん。

_25


なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?
真剣な質問です。
アメリカはアルカイダと戦っている筈でした。
アメリカの上院議員は、今でも政治的議題を持っても良いですよね。

■関係者:
失礼ですが、そういう時ではありません。
ごめんなさい、そういう時ではありません。

_26

 

●リポーター:
私達にはあるのは今まででこの時だけです。
ですから私達に強みがあります。
私達は報道陣として受け入れられています。
単純な質問をしています。
問題は起こしていません。
リビアとシリアのアルカイダを、なぜそういう叛徒を支援したんですか?

●リポーター:
リビアとシリアのアルカイダを、ヒラリー、なぜ彼等を支援したんですか?
なぜリビアとシリアのアルカイダを支援したんですか?
ただ笑うつもりですか?

_27


*************************
*************************
私は、ビデオ「ヒラリー・クリントンと対決 なぜシリアとリビアでアルカイダを支援したんですか?」の文字起こしをさせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
*********************************
*********************************
『二百六十一:私の見かけたビデオについて_No.28』
●ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no28-8f79.html
http://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c


YouTube: ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った

公開日: 2012/05/24
==========================
(以下、上記ビデオ概要)
==========================
「私達はパキスタンに出入りしているような歴史もまたあるのです。」
「そしてここで思い出してみて下さい。」

_32


「今日私達が戦っている人々は、私達が資金援助したのです。」
「20年前にです。」
「私達はそうしました。なぜならソ連とのこの闘争で身動きが取れなくなったからです。」

「彼等はアフガニスタンを侵略しましたし、そして我々は彼等が中央アジアを支配するのを見たくはありませんでしたし、そして私達は取り掛かったのです。」

「そしてそれは民主党に主導された議会とのパートナーシップでレーガン大統領でした。」

「彼は『何だかわかるかい? 非常に良いアイデアのようだ』と言いました。」
「パキスタン軍統合情報局やパキスタン軍と契約しましょう。」
「ムジャーヒディーンをリクルートに行きましょう。』だとか『素晴らしい、サウジアラビアやその他の場所からも何人かリクルートしてイスラム協会へ連れ込み、そうしたら我々はソ連を倒す事ができるんです。』とね。」
「そして何だと思いますか?」
「彼等は撤退し、数十億ドルを失い、ソ連崩壊に繋がったのです。」
「ですからここには非常に強い論争もありますが、それはソ連を終わらせるのには悪い投資ではなかったというものです。」

_33


「ですが我々が見たものには注意深くなりましょう。」
「なぜなら我々は収穫されるのですから。」

「ですから我々はその時にパキスタンを去ったのです。」
「私達は言いました。『OK。いいでしょう。あなたの国中に残したスティンガー対空ミサイルはあなたが扱ってください。国境沿いの地雷はあなたが扱って下さい。』そして、ところで、我々は実際にはあなた方を制裁するような事は何もしません。」

「ですから私達はパキスタン軍と組むのは止めているのです。」
「そしてパキスタン軍統合情報局もです。」
「そして今、我々は失った時間の埋め合わせをしているのです。」
==========================
*********************************
*********************************

『九百八:News_No.468』
●米国:ヒラリー氏、会話メモ波紋…報道機関は脳みそがない
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/news_no468-0934.html
http://mainichi.jp/select/news/20140217k0000m030032000c.html

【ワシントン西田進一郎】
2016年米大統領選の民主党有力候補と目されるヒラリー・クリントン前国務長官が親友と交わした会話のメモが「ヒラリー文書」として米国内で話題となっている。
夫のクリントン元大統領が「不適切な関係」を持ったホワイトハウス実習生を「自己陶酔で狂っている」と非難していたほか、「報道機関は大きなエゴはあるが、脳みそはない」と批判していた。
共和党の攻撃材料になりそう(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

『百八十:『人口削減計画』等について_No.9』
●モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む?#特許 #ACTA
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no9-1633.html
http://www.youtube.com/watch?v=c-MUy0WvGCM

(※筆者注:上記ビデオはなぜか削除されています)

(以下、上記ビデオより抜粋引用)
------------------------------
「アメリカ人として恥だな。ヒラリークリントンはインドにいってこのおかしな種を売りつけるんだよ。もうアメリカ人はどうでもいいよ。俺たちはもう終わっているから。アメリカは沈没してるんだから。でもね。他の国は偉大な文化を持っているんだ。インドもそう。私達は彼らを救うべきだ。」
------------------------------

 

                                        坂本  誠

二千六百七十: 私の見かけたビデオ_No.63

私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

*************************
*************************
戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 人口削減論 #depopulation #kissinger
https://www.youtube.com/watch?v=-bkqc_tcKQE


YouTube: 戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 人口削減論 #depopulation #kissinger

2012/09/29 に公開

●リポーター(ルーク・ルドウスキー):
ねぇ、キッシンジャーさん、あぁ。
ねぇ、キッシンジャーさん、私の名前はウィアーチェンジのルーク・ルドウスキーです。
あなたが行ってしまう前に、ちょっと一つ簡単な質問です。
オバマ大統領の国家安全保障顧問のジョーンズは、あなたから毎日命令を受けていると言います。
私はあなたがまだ(命令を)を与えているのかと疑問に思っていました。

▲字幕解説:
外交問題評議会(CFR)-安全保障政策の第45回ミュンヘン会議、国家安全保障顧問のジョーンズによる解説。
「アメリカの最新の国家安全保障顧問として、私はキッシンジャー博士からの毎日の命令を受けています。」

●リポーター:
オバマ大統領の国家安全保障顧問のジョーンズは、あなたから毎日命令を受けていると言います。

_28


そして私は疑問に思っていました。
、、、あなたから。私はあなたがまだ命令を与えているのかと疑問に思っていました。

■ヘンリー・キッシンジャー:
ダニエリン?

●リポーター:
ジョーンズ、ジョーンズ。

■ヘンリー・キッシンジャー:
チョンって誰?

●リポーター:

_29


ジョーンズ、ジョーンズ。
オバマ大統領の国家安全保障顧問のジョーンズは、あなたから毎日命令を受けていると言います。
彼は外交問題評議会でその話をしました。
しかし私はただ知りたいんです。
あなたはまだ人口削減をするべきだと言及したメモ200のような命令を与えているんですか?
失礼、単なる質問です。
私は傷つけるつもりはありません。
メモ200、閣下。
メモ200。
ただ幾つか質問しているだけです。
彼が1974年4月24日に書いたメモ200について。
それは誠実な質問です。

★関係者(男):
私達には主題があります。

●リポーター:
分かりました。
キッシンジャーさん、メモ200、人口削減。

★関係者(男):
私達には主題があります。

●リポーター:
分かっています。

★関係者(男):
私達はあなたに接近させてあげたのに、もしできる事ならあなたは橋を燃やしたいんですね。

●リポーター:
私は橋を燃やすつもりはありません。

_30


私は失礼にはしませんでしたし、非難もしていません。
真面目な質問です。

★関係者(男):
私達には今主題があります。

●リポーター:
了解、わかりました。
それで、人口削減についてはどうですか?
つまり、メモ200。
なぜ、あなたは人口削減について話す事を恐れているんですか?

■ヘンリー・キッシンジャー:
消え失せたらどうですか?

●リポーター:
消え失せたらどうですかって、真剣です。

■ヘンリー・キッシンジャー:
病人。

●リポーター:
どうして私が病気なんですか?
他の人が来てる、あぁ。
*************************
*************************
私は、ビデオ「戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 人口削減論 #depopulation #kissinger 」の文字起こしをさせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『四百四十一:私の見かけたビデオについて_No.43』
●ローマ教皇ベネディクト16世はイルミナティだった?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no43-ca41.html
http://www.youtube.com/watch?v=FhtzkNQebGo


YouTube: ローマ教皇ベネディクト16世はイルミナティだった?

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------------
『黄色本 No.5』

あなたは偶然を信じますか?

出版年 1997年
国会図書館登録日 1997年第2四半期(4-6月)

イルミナティ重要組織概説
300人委員会

リストの名前に注意
(※筆者注:様々な人や法人の名前が列挙されている。)
ジョゼフ・ラッツインガー?
ローマ教皇の?
彼は教皇になる前からこのリストに載っていたのです!
このような偶然を信じますか?
それは不可能です

(※筆者注:ピラミッド形の組織図が描かれている。)

1841年、白鷲は合衆国の公式紋章になる。
それまでは不死鳥が紋章に見られた

もう一人の国際的影響力の持ち主はフランス最大のフリーメーソンロッジ、フランス大東社のグランド・マスターである

(※筆者注:様々な人や法人の名前が列挙されている。)

ビルダーバーグ会議出席者

(※筆者注:様々な人や組織の名前が列挙されている。)

キッシンジャーはイタリアP2ロッジの元メンバー

_31


300人委員会メンバーのオロフ・パルムは暗殺された

(※筆者注:様々な人や組織の名前が列挙されている。)

三極委員会
その重要メンバーは・・・

(※筆者注:様々な人や組織の名前が列挙されている。)

ローマクラブ
-------------------------------

『二千六百二十六:News_No.578』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/08/news_no578-bbdf.html
(以下、『スプートニク』、2015/8/21記事より引用)
------------------------------------------
●キッシンジャー:西側はロシアの統合などに興味はない、望むのは崩壊のみ
http://jp.sputniknews.com/world/20150821/783923.html

元国家安全保障問題担当大統領補佐官で元国務長官ヘンリー・キッシンジャー氏がNational Interestの公開インタビューで、米国の外交政策を厳しく批判した。
米国はロシアを破壊することを目指して、「限度というものを完全に失って」いる、という。以下にその概要を紹介する。

(以下、キッシンジャー氏)
----------------------
ムスリム部隊がウクライナ側で戦っているなど読むと、限度というものが全く失われている、と思う。
これではお終いだ。
ここには、西側のめざすところがロシアの西側社会への長期的統合ではなく、ロシアの崩壊である、ということが示されている。
これはロシアにとっても米国にとっても何の利益もないことだ。
このようなやり方では、グローバリゼーションのもとに進む新世界秩序建設に終止符が打たれてしまう。

米国政府はロシアをグローバルなプロジェクトに組み込む可能性を故意に無視し、むしろグローバルな世界像から締め出すことに集中している。

米国の外交政策は(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『二千六百六十三:私の見かけたビデオ_No.62』
●戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 ビルダーバーグ #kissinger #bilderberg
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/_no62-5ce0.html
https://www.youtube.com/watch?v=b20Ev0OVFqw


YouTube: 戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 ビルダーバーグ #kissinger #bilderberg

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
■キッシンジャー:
ありがとうございます、あなたに会えて光栄です。

●リポーター:
「軍人は外交政策のための駒として使用される間抜けで、馬鹿な動物である。」というあなたの発言について説明できますか?

●リポーター:
あなたの最も大きい業績は、人間の苦しみをたくさん引き起こした事です。
あなたがチリ・アルゼンチン・東ティモールで何百万という人々に起こした苦難に対して、追悼の意や後悔はありませんか、キッシンジャーさん?
キッシンジャーさん、私はあなたが返事しない事を知っていますが、私はあなたの新世界秩序を必要としません。
あなたの新世界秩序は成功しないでしょう、キッシンジャーさん。
-------------------------

『二千六百六十:私の見かけたビデオ_No.61』
●ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/_no61-eae4.html
https://www.youtube.com/watch?v=kZRMYlDvg4A


YouTube: ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
●リポーター:
もう少し時間はありませんか?
ロスチャイルドさん、あなたに幾つかの追加の質問があります。
多くの人々が、連邦準備銀行という一つの組織は世界中での非人道的な所産の源であると言います。
なぜなら、それは私立銀行であるからです。
連邦準備銀行はロスチャイルド家によって始められました。

●リポーター:
新世界秩序は正当性を持っていないことをあなたにお伝えします。
私達、人民は恐れません。
私達は、連邦準備銀行による経済支配を通じた大銀行の泥棒男爵に気付いています。
-------------------------

『二千六百五十六:私の見かけたビデオ_No.60』
●デイヴィッド・ロックフェラーと対決 新世界秩序 Confronting David Rockefeller NWO
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/_no60-4330.html
https://www.youtube.com/watch?v=WgwzyNIwc7U&list=PLC99173E87CB20271&index=2


YouTube: デイヴィッド・ロックフェラーと対決 新世界秩序 Confronting David Rockefeller NWO

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
私は独立したフリーの市民ジャーナリストです。
私は20歳で、デイヴィッド・ロックフェラーと対決した時は17歳でした。
それから私は、今日やっていることを始めました。
ドキュメンタリーや他の国からのニュース記事を翻訳しています。
軍産複合体に関連して、本当にどのように部分が動くのか、本当にどのように経済が動くのか、私達が毎日見る政府の背後で、誰が対象や多国籍企業を操作しているのかを。

デイヴィッド・ロックフェラーに対面した時、私は17歳でした。


ここから出て行け!
チリから出て行け!
チリから出て行け!
チリから出て行け!
俺たちには、お前の新世界秩序は要らねぇんだ!
チリから今すぐ出て行け!
チリから出て行け!
わかったか?
チリから出て行け!
お前の一家が、、、、お前の一家が、世界で一番ムカつくんだよ!

デイヴィッドは、ここチリで私達が見た大きな恐怖の背後にいて、コンドル作戦に伴って、ヘンリー・キッシンジャーと一緒に中南米の多くの人々や政治活動家を殺しました。
-------------------------

『二千百二十三:私の見かけたビデオについて_No.57』
●デイヴィッド・ロックフェラーと対決 9/11を犯した罪? Confronting David Rockefeller
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no57-5a23.html
http://www.youtube.com/watch?v=UfS3tZHJb4g&list=PLC99173E87CB20271


YouTube: デイヴィッド・ロックフェラーと対決 9/11を犯した罪? Confronting David Rockefeller

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
真実の部隊。
ウィアーチェンジがデイヴィッド・ロックフェラーと対決。

外交問題評議会、ビルダーバーグ・グループ、三極委員会、ゴミ。

私達はここ、大物デイヴィッド・ロックフェラーの家の前にいます。
出入り口に場所を決めて、彼に会って幾つか質問しようとしています。

デイヴィッド・ロックフェラー閣下!
デイヴィッド・ロックフェラー!
市民の大陪審は、閣下、市民の大陪審は、あなたを起訴するよう求めて、閣下、市民の大陪審は、9/11の犯罪であなたを起訴するよう求めています、閣下!

私達はあなた達の新世界秩序について知っていますよ。

私達は今日ここに、デイビッド・ロックフェラーと話すために来ました。
なぜなら日曜日の市民の大陪審は、ちょうどデイビッド・ロックフェラーによって引き起こされた問題を、9/11の犯罪で大量殺人を犯した事を捜査するという結論を下したからです。

その405ページ(日本語版517ページ)で、彼はアメリカの国家主権に対抗して、秘密の陰謀団の一員であり、アメリカ政府に対抗して、一つの世界秩序、一つの新世界秩序に向けて働いていることを認めています。

私達はデイビッド・ロックフェラーが事件を触発して、それが9/11だったことを知っています。
-------------------------

 

                                        坂本  誠

二千六百六十九: News_No.585

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
最近は私の気になるニュースが多いようです。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『スプートニク』、2015/9/23記事より引用)
------------------------------------------
●米企業、死活的に重要な薬品を55倍値上げ
http://jp.sputniknews.com/us/20150921/932602.html

米国の製薬会社Turing PharmaceuticalsはDaraprimという薬の特許を取得し、その価格を55倍に引き上げた。
これまで60年間普通に売られていた薬が、突如13.5ドルから750ドルに高騰した。

薬はたとえば、トキソプラズマ症という、エイズや癌の患者が免疫力の低下により罹患する麻痺性の病気に効く。
この病気はまた、脳の損傷や、失明の要因にもなる。
WHOはDaraprimを「死活的に重要な薬」のリストに含めている。

急激な値上げに医療団体から怒りの声が上がっている。
米感染症団体やHIV治療協会はTuring Pharmaceuticals社に対し、公開の書簡を送り、「貧困層の患者には支払いが不可能な価格であり、保健制度全体にとっても問題がある」として、値上げを見直すよう求めた。

非営利団体からも非難の声が上がっている。
「値上げが起こった場合、トキソプラズマ症治療のためにDaraprimを1年間使い続けたとすると、それだけで、体重60kg以下の患者なら33万6000ドル、60kg以上なら63万4500ドルかかる」
という。

トキソプラズマ症患者は米国だけで6000万人と見られている。
膨大な出費を一部カバーしてくれるような保険に入っていない人も相当数いる。

Turing Pharmaceuticals社のマルティン・シュクレリ代表によれば、値上げはトキソプラズマ症に関する研究を行い、また、トキソプラズマ症に関する新たな教育プログラムを行なうための措置である。

「強欲製薬会社が値上げした、などと思わないでほしい。事業を維持するための措置なのだ」と同氏。
同氏によれば、この薬が使われることは稀であり、価格引き上げは保健制度に強い影響を与えるものではないということだが、医療団体の意見はこれと異なっている。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百九十五:お知らせ_No.49』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/10/_no49-3e0c.html

上記の過去記事で、以下のビデオを紹介しました。
あらましは、「精神科医は、たった数分の診察で、患者に精神病の名前を与えて、精神病にし、精神薬をその患者に大量に売りつけて、儲ける」という内容のものです。
他にも、まだ語られています。

ビデオのシリーズとして、第4章、第5章、第6章、、、と続きますが、どこまで続くのかは、私もわかりません。
参考ビデオとして、ご紹介しておきます。

巨利をむさぼる 精神医療業界 第1章:はじめに
https://www.youtube.com/watch?v=Z917vGEbF3c


YouTube: 巨利をむさぼる 精神医療業界 第1章:はじめに

_21

巨利をむさぼる 精神医療業界 第2章:精神医療による薬物の売り込み
https://www.youtube.com/watch?v=yYdBnJbS92Q


YouTube: 巨利をむさぼる 精神医療業界 第2章:精神医療による薬物の売り込み

_22

_23

巨利をむさぼる 精神医療業界 第3章:病気の売り込み
https://www.youtube.com/watch?v=Z6l_Mj0DZCk


YouTube: 巨利をむさぼる 精神医療業界 第3章:病気の売り込み

_24

****************************************************
****************************************************

(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2015/9/25記事より引用)
------------------------------------------
●「異次元緩和」振り出しに=物価、再びマイナス
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150925-00000166-jij-bus_all

時事通信 9月25日(金)19時0分配信

8月の消費者物価指数(除く生鮮食品)は、前年同月比0.1%下落し、日銀が量的・質的金融緩和に踏み切った2013年4月以来のマイナスに転じた。
日銀の大規模緩和開始後、物価は順調に上昇基調をたどってきたが、昨年夏以降の原油価格の大幅下落をきっかけに変調。
ついに緩和効果は吹き飛び、2%の物価上昇を目指す日銀の「異次元緩和」は振り出しに戻った格好(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『NHK News WEB』、2015/9/25より引用)
------------------------------
●FRB議長 改めて年内利上げの意向示す
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150925/k10010247181000.html

アメリカの中央銀行にあたるFRB=連邦準備制度理事会のイエレン議長が講演し、「景気の改善によって年内の利上げが可能になる」と述べ、改めて年内に利上げを始める意向を示しました。
FRBのイエレン議長は24日、マサチューセッツ州で金融政策について講演し(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二百十:FRBについて』
●イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb-059f.html
http://mizu888.at.webry.info/201203/article_6.html
http://www.youtube.com/watch?v=q2xteET72es

(※注:上記ビデオはなぜか削除されていますが、和訳無しのオリジナルのビデオならばありましたので、以下にご紹介しておきます。)

Lord James of Blackheath $15,OOO,OOO,OOO,OOO FRAUD EXPOSED February 16 2012
https://www.youtube.com/watch?v=eL5hqvTWkYg


YouTube: Lord James of Blackheath $15,OOO,OOO,OOO,OOO FRAUD EXPOSED February 16 2012

_2

『二百二十二:FRBについて_No.2』
●米連銀が16兆ドルものお金を世界中の銀行、企業にばら撒いていました!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb_no2-9cf7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51845810.html
http://beforeitsnews.com/economy/2012/09/first-audit-in-the-federal-reserves-nearly-100-year-history-were-posted-today-the-results-are-startling-2449770.html

『二百四十四: FRBについて_No.3』
●アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no3-4169.html
http://www.youtube.com/watch?v=c2HUsKG9Bp8

(上記ビデオより抜粋して引用)
-------------------
反対が強く、連邦準備会制度という「銀行」を入れずに名称詐欺で設立しました。
アメリカで起きているものは企業によるのっとりです。
多くの企業は連邦準備制度に従っています。
人々は連邦準備制度は民間銀行だと知りません。
ロスチャイルド家やロックフェラー家などです。
政府は必要なお金を米国連銀から利息付きで借りなければならなくなったのです。
不換紙幣と呼ばれるもので、不換紙幣では連邦準備会は好きなだけ無から作りだせるのです。
もうインク代もかかりません。
例えば100ドル札の印刷コストは3セントですが、3セントも必要ないんです。
コンピュータ上で数字を入力するだけですから、もう支払う必要はありません。
-------------------

(※注:上記ビデオはなぜか削除されていますが、参考として、以下のビデオをご紹介します。)

●FRB連邦準備銀行は獣の頭 アーロン・ルッソ監督  FED is a head of the beast
https://www.youtube.com/watch?v=tDn56473Ts8


YouTube: FRB連邦準備銀行は獣の頭 アーロン・ルッソ監督  FED is a head of the beast

『二千六百四十五: News_No.582』
●欧州諸国、米国から金準備を回収
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no582-efdc.html
http://jp.sputniknews.com/business/20150914/893430.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
しかし、では問うが、なぜ連邦準備銀行にあれだけの金が保管されているのか。
それも、外国の所有する金までが。
ところで、帝国というものには、植民地や属国の金を本国に保管するという特徴がある。
ニューヨーク連邦準備銀行から金が引き出されることには、ワシントンは非常に不満であろう。
しかしそのことは、諸外国の政府の独立のためには、必要不可欠なことなのだ。
一部の国は、金は無くなったのではないか、使われてしまったのではないかと恐れている。
---------------------------

『二千六百五十:FRBについて_No.9』
●どうぜFRBにはメイド・イン・チャイナの金メッキが積まれているだけでしょう!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/frb_no9-02e0.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51968638.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2015/09/federal-reserve-we-wont-give-you-your-gold-back-a-sign-of-financial-crisis-3215016.html

(上記記事より抜粋引用)
---------------------------
世界最大の正貨準備預託銀行(外国政府や中央銀行が所有するゴールドの90%以上がここに保管されている)である米FRB(NY)は、他国から預かっているゴールドの返却を頑なに拒んでいます。
さらに、FRBは、他国がFRBに預けているゴールド(正貨準備)が安全に保管されているかどうかを他国が調べることさえも許していません。

既に昨年は複数の国がFRBに預けていたゴールドの一部を取戻したため、FRBのゴールドの保管量が最低水準に達しました。
アメリカの金融機関が外国にとって信用できる機関なのかどうかが疑われることになります。

このようなことからも、FRBにはゴールドが残っていないのではないかとの憶測を呼んでいます。
さらには、FRBは(本物の金の延べ棒ではなく)金メッキの偽物を保管しているのではないかとも言われています。

Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis
https://www.youtube.com/watch?v=NjTV02qB284


YouTube: Update 9/14/15: Federal Reserve "We won't give you your gold back!", a sign of financial crisis

---------------------------

『二千五百六十一:銀行制度についての種々の話題_No.6』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/_no6-2637.html
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

しかし、その後、大統領命令、第11110号の取り消しの無いまま、その米国政府が作った公式のお札が回収され、代わりに、大変よく似たFRBの印刷した大量のお札が、市場に出回りました。

▼5ドル札「政府発行券」

1376229859467132212851

▼5ドル札「FRB発行券」

137622987167913221385_5frb1

---------------------

****************************************************
****************************************************

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2015/9/26記事より引用)
---------------------------
●ネパールで、少年がポータルから出てきたところがカメラに捕らえられました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51969286.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://beforeitsnews.com/alternative/2015/09/teleporting-time-traveler-portal-dimension-open-and-cctv-captures-child-running-out-of-a-portal-in-nepal-video-3219556.html

(ビデオ)
9月25日付け

ネパールの街頭でテレポートをしてポータルから出てきた少年がカメラに捕らえられました。
ポータルが突然開き、そこから少年が出てきたのです。
しかし、通リを歩いていた人々はポータルから出てきた少年が見えなかったようです。
彼はすぐに別の場所へ走っていきました。
以下のビデオの25:00からご覧ください。

Teleportation Alien Jinn Child Caught in Nepal CCTV
https://www.youtube.com/watch?v=ig-WuZ3xLUg


YouTube: Teleportation Alien Jinn Child Caught in Nepal CCTV

Photo

_2_2

------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『四百二十七:イルミナティについて_No.15』
●特色ある講演者 - アンドリュー・バシアーゴ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no15-daf6.html
http://freeyourmindconference.com/speakers/swami-shivananda-giri

(上記記事より抜粋引用)
------------------------------------------
アンディ(アンドリュー・バシアーゴ)は、アメリカのタイム・トラベル・パイオニアの1人でもあります。

Andrewbasiago11


1960年代後期と1970年代初期に、彼は、秘密の米国の時間-宇宙計画の幼児参加者の一人でした。
その計画の名前は、プロジェクト・ペガサスです。

彼は、テレポーテーションと、タイム・トラベルの異なる形式を利用している過去と未来のイベントの調査のための最初のアメリカの子供でした。
それから、そのタイム・トラベルは、DARPAによって開発され、研究されています。

まもなく、彼は暴露本を出版します。
その本には、プロジェクト・ペガサスでの彼の恐ろしい経験を記述されています。
そして、40年前の米国国防コミュニティでの、タイム・トラベルの出現の実話も記述されています。

「一つの軍事機密として、以来、ずっと抑圧された、テレポーテーションがDARPAのプロジェクト・ペガサスによって最初に達成された時、1968年以降、そのような世界が可能でした。」
------------------------------------------

****************************************************
****************************************************

(以下、『スプートニク』、2015/9/26記事より引用)
------------------------------------------
●NASA、火星をめぐるセンセーショナルな発表を準備中
http://jp.sputniknews.com/science/20150926/957124.html

NASAは月曜、特別記者会見を開き、火星に関する「学術的な一大発見」を発表するという。

会見は現地時11時半(日本時間だと火曜の早朝1時半)に始まり、NASA TVで生中継される。

ツイッターで質問を寄せることも出来る。
ハッシュタグは#AskNASA。

会見には、NASA本部の惑星科学課長ジム・グリーン氏、火星研究プログラム主任研究員マイケル・メイヤー氏などが参加する。

NASAがこうした特別会見を開くのはそう珍しいことでもないが、こうした会見でしばしばかなり重大な発表がなされることもまた事実である。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『九百四十四:ディスクロージャーについて_No.48』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no48-6ad1.html
(以下、『InDeep』様、2014/2/25記事より引用)
------------------------------
●そこではいろいろと動いている:火星探査機の周辺での「出現したり消滅する岩」の話題とその歴史のこと
http://oka-jp.seesaa.net/article/389756067.html

(、、、前略、、、)

そういえば、これらとは関係ないですが、最近、 Google Earth の火星写真に「建物っぼいもの」が写っていることが話題になったりもしています。

Marsgoogle011_2

Marsgoogle021

▲ 共に Google Earth の火星写真より。

(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

『九百九:私の見かけたニュース_No.44』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no44-ce81.html
●米国議会に「エイリアンの月面基地の存在」議題が提出され、同時に中国は「月面の真実の写真」を順次公開すると発表
http://oka-jp.seesaa.net/article/313452144.html
Congressionial Disclosure Studies Alien Moon Bases
http://www.veteranstoday.com/2013/01/09/congressionial-disclosure-studies-alien-moon-bases/

11105jan0912041_2

4moon5f7ec1

(上記記事より抜粋して引用)
----------
「エイリアンの月面基地が存在することが議会で暴露される」
「長年にわたり改ざんされてきたデータ、写真、ビデオが議会に開示」
「月には地球からは見えない月面があるが、そこにエイリアンの月面基地があるといったような写真やビデオは実は珍しいものではない。」
「これらは、NASA や防衛宇宙プロジェクトによって、30年間にわたって、継続的に修正・改ざんされてきた。」
「この調査が最近議会に開示された。」
----------

****************************************************
****************************************************

(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2015/9/26記事より引用)
------------------------------------------
●百万円単位で1年間に数回授受 収賄容疑の国交省係長
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150926-00000030-asahi-soci

朝日新聞デジタル 9月26日(土)12時7分配信

羽田空港(東京都大田区)の格納庫用地を巡る汚職事件で、収賄容疑で逮捕された国土交通省の係長川村竜也容疑者(39)が、今年1月までの約1年間に、贈賄側の航空機整備会社から100万円単位の現金を数回にわたり受け取っていたことが、捜査関係者などへの取材でわかった。

航空機整備会社の関係者によると、総額数百万円に上る現金は、元社長で贈賄容疑で逮捕された伊集院実容疑者(61)が川村容疑者に渡し(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2015年9月27日 (日)

二千六百六十八: サントリーのコマーシャルを見て

私にしては、珍しい感じの記事となりました。
二千六百六十二:あなたの輝き』でも、引用していたコマーシャルです。

【CM】松井玲奈×サントリーオールド
https://www.youtube.com/watch?v=HN1urqNZ-dU


YouTube: 【CM】松井玲奈×サントリーオールド SKE48 AKB48 乃木坂46 SKE AKB

本文に紹介した写真は、同CMからの引用です。

インターネットで検索してみると、数多くのサントリーのコマーシャルがビデオとして保存されている事に気が付きます。
その数まではわかりません。
思えば、昔から、サントリーのCMは有名でした。
最近では、あまり、サントリーのCMを見かけないような気がするので、残念なのですが、昔は、かなり多くのサントリーのCMがTVで流れていました。

そして、サントリーのCMは特に有名だったことを覚えています。
読者の方も、ご記憶の方も多いと思います。
------------------------
なぜ、サントリーのCMが有名だったかを、読者の方も覚えている方も多いと思います。

何気なく、TVのCMが始まったかと思うと、そのCMは、どう見ても、TVドラマのような感じなのです。

Photo


そして、そのTVドラマの最初では、あまり、お酒が登場しません。
ところが、そのTVドラマのようなCMが進むにつれて、ちょっとずつ、人の生活を飾るような雰囲気で、お酒が登場し始めます。
そして、たいてい、そのCMの最後に、初めて、「サントリーのウィスキーです」のような感じで、視聴者に紹介があるのです。

なので、多くの視聴者としては、サントリーのCMは、TVドラマ風とか、あるいは、映画の映像芸術のように感じたことでしょう。

この雰囲気が、他の会社のCMとは違っていたところでした。

今でも、たいていのCMというと、広めたい商品がCMの冒頭から出てきて、その商品の素晴らしさをアピールするケースが多いです。

_2


しかし、このサントリーのCMシリーズと言うのは、サントリーのお酒の良さを、あまり宣伝しませんでした。

  「サントリーのウィスキーはこんな味がする」

とか

  「サントリーのウィスキーはこんなに美味しいよ」

という類の単語は、全くと言っていいぐらいCMには出ませんでした。

その代わりに、美しい映像や美しい音楽を流して、同社製品のお酒の素晴らしさを間接的に、アピールしていた事で有名でした。
なので、サントリーのCMは商品宣伝用ではなく、まるで、どこかの映像芸術作品に触れるような気がしていました。
いまだ、この感想を持っている人々も多いと思います。
------------------------
『二千六百六十二:あなたの輝き』でも例として紹介した『【CM】松井玲奈×サントリーオールド 』を見てみましょう。

_3

 

写真や映像を見てもわかるように、このサントリーのCMは、どことなく、アヴァンギャルド風です。
「アヴァンギャルド」というのは、主に「前衛芸術的」と言われているでしょうか。
また、「同CMはシュールレアリズム(超現実主義)風だ」とも表現できるかもしれません。

どことなく、シュールな感じのある都会の風景が撮影されています。
登場人物のしぐさもどことなく、シュールな感じです。
また、撮影する角度とか、カメラの回し方も、シュールな感じです。

また、当然、CM全体をシュールな雰囲気で統一したいのだから、あえて、さびれた都会の風景が撮影されているようです。 また、雨も効果的に使われているようです。

芸術的な「アヴァンギャルド」とか「シュール」という雰囲気で、このCMを統一したいのだから、全面的に、その雰囲気に合わされている事がわかります。

_4


ですから、読者の方々も、「CMの構想や着想の時点で、既に映像芸術の雰囲気を狙っている」とわかるでしょう。
------------------------
そして、過去のサントリーのCMは、ほとんどがその雰囲気を持っていました。
ですから、視聴者にとっては、サントリーのCMに誇り高い芸術性を感じた事でしょう。

最近では、あまり、サントリーのCMを見かけないような気がするのですが、15秒や30秒や60秒のCMで、誇り高い映画芸術作品を見ている雰囲気をしていた人も多い事でしょう。

あのような芸術性のある作品が、お茶の間のTVに流れると、忙しい現実から抜け出して、一服できるような心のゆとりを感じていた人々も多いかと思われます。
出版業界で喩えるならば、TVの映画とか連続ドラマは、小説と表現出来るでしょうが、サントリーの手短なCMは、さしずめ、詩と表現出来るでしょうか。昔、サントリーのCMはCM大賞を得ていたぐらいでした。

_5


------------------------
中でも、サントリーオールドのCMシリーズは有名でした。
小林亜星作曲で有名な『夜が来る』が多用され、その音楽の上に、上記のような、ちょっとした短い映画と言うか、映像芸術を鑑賞できたものです。

このように、最近では、昔のTVの名CMと言われたものも、インターネット上の動画サイトに投稿され、時間の余裕のある時に、鑑賞できるようになっています。
------------------------
他にも、まだ楽しめたCMは「レナウン」シリーズでした。

聞いたところによると、この「レナウン」シリーズでも、頻繁に多用された曲を作曲したのは、小林亜星さんです。
また、サントリーのCMとレナウンのCMがたくさん流れていたのは「日曜洋画劇場」でした。

確かに、思い出してみれば、私も「日曜洋画劇場」をよく見ていた内の一人でした。
ですから、共通して、サントリーのCMとレナウンのCMに思い入れが強いのかも知れません。

_6

 

現代でも、まだ「『日曜洋画劇場』をよく見ていた」という人も多いでしょうから、そんな人は、サントリーのCMとレナウンのCMに懐かしいものを感じる方も多い事でしょう。

ですから、今、思い出して、感じる事は

  「『日曜洋画劇場』とサントリーのCMとレナウンのCMは、ほぼセットで組み合わされたTV番組だったよなあ」

です。
------------------------
現在、動画サイト「YouTube」上に、どれほど多くのサントリーのCMとレナウンのCMが納められているのかはわかりません。
しかし、かなりの数のようです。

昔の日々を思い出すのも私達の喜びでもあります。
なので、お時間のある時に動画サイト上で昔の名残ある名CMに、心を酔わせるのも一興な一時を得られるかと思います。

というわけで、「関連記事」の欄に、ほんの幾つかの有名なCMを引用しておきます。
しかし、動画サイトには、かなり多くのCMが納められています。
とても全部を紹介できないのは、おわかりだと思います。
ですので、個人的に思い入れのあるCMは、どうか、読者の方がご自身で、個々のCMを検索されて下さい。

(以下、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
サントリー ローヤル ガウディ編
https://www.youtube.com/watch?v=aWo1aNdn6fQ


YouTube: サントリー ローヤル ガウディ編

1981 サントリーオールド 夢街道シルクロード カシュガル篇
https://www.youtube.com/watch?v=Am3RbutZjNo


YouTube: 1981 サントリーオールド 夢街道シルクロード カシュガル篇

サントリーオールドCM
https://www.youtube.com/watch?v=hGLlFYsk3HQ


YouTube: サントリーオールドCM

サントリーオールドCM「 I LOVE YOU」山下達郎 3ヴァージョン
https://www.youtube.com/watch?v=V0ag-U5fZ5s


YouTube: サントリーオールドCM「 I LOVE YOU」山下達郎 3ヴァージョン

レナウンCM 80年代②
https://www.youtube.com/watch?v=zTKr9NyUNjg


YouTube: レナウンCM 80年代②

レナウンCM 80年代⑤
https://www.youtube.com/watch?v=q43K1FVWR18


YouTube: レナウンCM 80年代⑤

 

 

                                        坂本  誠

2015年9月26日 (土)

二千六百六十七: 音楽

           音楽


      暗闇の中で
      かすかな音楽が
      小さな靄(もや)のように
      うすく光っている。

      手をかざせば
      その音と光が
      手を擦り抜けてゆきそう。

      煙のように
      不思議な形に 変わり続けてゆく。

      色と音が
      少しずつ 少しずつ 変わりながら、
      その音楽が消えてゆく。

      まるで
      虚空の中に 吸い込まれてゆくように。

 

                                        坂本  誠

二千六百六十六: ある本からの引用

今日は、ある本からの引用をご紹介させてください。
私のブログ記事では、

『五百五十八:日本の秘密保護法案など』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/post-e88e.html

に、既出しましたが、すこしだけ長くなりますが、もうちょっと追加してみようと思います。

引用文献は、

『二人だけが知っている超アンダーグラウンドのしくみ』 ベンジャミン・フルフォード&飛鳥昭雄
  植草さんの件と検察の捏造(ねつぞう)

です。

私の気になりました部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(上記本より)
--------------------------
●フルフォード:
(前略)、、、検察のバックはどこかと調べたら、結局、ロックフェラー一族なんですよ。

◆飛鳥:アメリカだ。

●フルフォード:
アメリカの中のロックフェラーとか、あっちのグループの手先なんですよ。

◆飛鳥:
だって、今の検察機構を作ったのはGHQだもの。
僕も調べたけど、あれは基本的に今の霞が関の官僚体制を守るための組織だ。
要は、国策に対して不平を言ったりすると捕まえる。
国策というのはアメリカの国策なんだけどね。
今の検察って、ほとんど無敵状態だよね。
彼らを取りしまる法律はない。

、、、(中略)、、、

◆飛鳥:
、、、もちろん、現場で頑張る検察官には、まじめな者も多いが、キャリアと呼ばれるエリート層が腐っている。
、、、(中略)、、、

◆飛鳥:
そうだよ。
アメリカだけが得をするようになっているからね。

●フルフォード:
結局、あの人たちは、日本人の貯金を手渡す作業をしていたわけです。
、、、(中略)、、、
りそな銀行(大和銀行)が、竹中平蔵が財務大臣だったときに、銀行の株の支配権、要するに実際にボスになる33.4%を外資に手渡された。
その外資の裏を調べると、ロックフェラー、ロスチャイルドなんですよ。
りそなは『あんな連中にうちの銀行を渡すものか』と言ってそれに猛反対した。
それで、監査法人の人が変な死に方をして、いきなり決算書が悪いことになって、だめな銀行になったんですけれども、それを調べていたのが植草さん。

◆飛鳥:
だから、アメリカにとって一番邪魔だったのが植草。

、、、(中略)、、、

●フルフォード:
、、、りそなのケースを調べていた税務署の人間が、植草さんと同じく、女の人のパンツを鏡で見て逮捕された。
、、、(中略)、、、
あと、鈴木啓一という朝日新聞の論説委員がりそなの連載を始めようとしたら、連載の第一回が出た次の朝に、その人の遺体が東京湾で見つかった。、、、(中略)

◆飛鳥:
、、、日本は推定無罪じゃなくて、推定有罪。
後ろ指差されたら有罪。
小沢もこれでやられちゃったわけだ。
それを徹底的に利用するのが検察なんだ。
やりたい放題だ。
今、何でもできる。

、、、(中略)、、、

◆飛鳥:
仲間同士なんだよ。
ひどいのはマスコミだ、マスメディア。
検察の言う事は100%出しちゃう。

●フルフォード:
それにもコツがある。
マスコミは必ず若い、何も知らない人たちにその現場の仕事をやらせる。
余り長くやると見えちゃうから。
おっ、検察、すごい」というまだおしりの青い人でないと操れない。
ちょっとおかしいなと思って上に文句を言うと、圧力をかけられて、それであきらめて、とにかくこの新聞社のポストが惜しいから黙って我慢するか、やめてフリーになるか、どっちかだね。

、、、(中略)、、、

◆飛鳥:
警察と検察って、実は違うんだよ。
地方自治体に属するのは警察なんだけど、根っこは一緒だ。
もっと言うと、裁判所も一緒なんだよ。
同期生が裁判官になるか、弁護士になるか、検察に行くかの違いで、同じ釜の飯を食った仲間なんだよ。
裁判所は最もひどくて、どう考えても検察の誘導尋問でやられたのに、ほとんど有罪にしちゃうんだ。
だから、訴えられた段階で、日本は99%有罪。

●フルフォード:
それは私と対談本を出したウォルフレンも言ってましたね。

◆飛鳥:
私がやりましたという自供がものすごく重視される体制で、中には例外がいるんだけど、ああいうことで無罪にしちゃった裁判官は大体外されちゃう。
これは戦前よりもひどい。

●フルフォード:
正義感のある人が地方に飛ばされますね。

◆飛鳥:
そうそう、飛ばされちゃう。
だから、出世とかに物すごくかかわってくる。
最大の悲劇は、そういう状況であることを一般の人たちは知らない。
心ある人は飛ばされたり、ひどいときは逮捕されちゃう。
別件逮捕もしくは証拠を勝手につくられちゃう。

●フルフォード:
ただ、別件逮捕は、石井紘基みたいに殺されるよりはましかもしれない。
その人のもっているイメージが殺される。
でも本人は生き残る。

(、、、以下、省略)
--------------------------
(引用終わり)

上記の引用文中の「、、、」の部分等に、まだ本文が残されているのですが、長くなりますので、省略しました。
それらの省略された本文を読みたい方は、直接、本書を手にとって読まれて下さい。

(以下、上記記事に関すると思われる箇所の新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百三十八:News_No.561』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/03/news_no561-cec5.html
(以下、『新・ほんとうがいちばん』様、2015/3/14記事より引用)
------------------------------------------
●鳩山由紀夫氏:首相の時はわからなかった「見えない敵」の正体/『それはつまり「日米合同委員会」の決定事項が、憲法も含めた日本の法律よりも優先されるということ』
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b321

3595611

▲[矢部宏治氏]日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?|転載元:シャンティフーラさんより

転載元:週プレNEWS 2014年12月15日(月)6時0分配信より
「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が
鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!【前編】

鳩山友紀夫元首相(右)と矢部宏治氏が、
日本が「真の独立国」として新しい戦後を歩むための方法を議論

(、、、中略、、、)

なかでも一番の問題は、日米合同委員会のメンバーである法務官僚が、法務省のトップである事務次官に占める割合は過去17人中12人、そのうち9人が検事総長にまで上り詰めている。
つまり、米軍と日本の高級官僚をメンバーとするこの共同体が、検察権力を事実上握っているということなんです。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『三百五十七:News_No.328』
●福岡高検:取り調べ中にナイフの検事 不起訴処分に
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/news_no328-93bf.html
http://mainichi.jp/select/news/20130925k0000m040042000c.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------
◇佐賀地検が訓告処分

福岡高検は24日、取り調べ中の容疑者の男にカッターナイフの刃を向けたとして特別公務員暴行陵虐容疑で告発された佐賀地検の男性検事について(、、、以下、省略)
------------------
(引用終わり)

『二千百七十:罰金や保釈金について_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/09/_no2-00fa.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------
、、、「世界の国々で徴収された罰金や保釈金は、その後、どのように処理されているのだろう?」と多くの人々が考えるかもしれません。
------------------

 

                                        坂本  誠

2015年9月25日 (金)

二千六百六十五: 歌声

           歌声


      闇の中
      頭の中に 空洞の柱が
      そそり立ってゆく。

      その空洞の頂から
      天使の歌声が
      静かに 降り注ぎ始める。

      やわらかい
      その歌声は
      薄い布のよう。

      天使の歌声が
      白いレースのカーテンのように
      頭の中で 揺らめいている。

      その歌声自身が
      一つの爽やかな風でもあり
      さらに 白いカーテンを たゆたわせている。

      歌声と カーテンと 風が
      一つに織り合わされて
      流れになってゆく。

      天頂に伸びる 私の空洞の中で
      白いレースのカーテンが 踊り続けている。
      雪が 降り注いで来るかのよう。

 

                                        坂本  誠

二千六百六十四: お知らせ

二千六百五十七:お知らせ』でも、お伝えしましたが、削除されていたビデオが再び、YouTubeにアップされています。
その手のビデオで、ご紹介したいのは、以下のビデオです。

『二百七十四:銀行制度について』
●「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女の講演 #KEIZAI #tpp
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-86f8.html
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0

で、ご紹介したビデオは、一旦、削除されていましたが、以下の新しいビデオとして、YouTubeに再アップされています。

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演ミラー版001.MPG
https://www.youtube.com/watch?v=dCIVgxCc6IY


YouTube: 「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演ミラー版001.MPG

再アップされたことの紹介と、抜粋したセリフを以下にご紹介しておきます。

-------------------------------
「現在の銀行制度はカナダの人々から略奪するものです。」
「ではどのように略奪をしているのでしょうか?」
「今日、民間銀行と政府がどのように機能しているかを説明させてください。」
「まず最初に、カナダ政府はお金を民間銀行から借ります。」
「彼等は借金として複利の利子付きでカナダに貸すのです。」
「それから政府は驚異的に増大する財政赤字への利息の支払いのために、カナダ人への毎年、課税額を増やし続けています。」
「その結果はインフレーションで、カナダ人にとって私達の経済へ費やす本当のお金が減少し、本当のお金は銀行のポケットに詰め込まれるのです。」

_14

「彼等はコンピューターのキーをクリックして、空気から、偽のお金を作り出すのです。」
「実際には彼等の金庫にはないのです。」

「Graham Towersさんを引用します。」
「『毎回必ず、銀行が貸付を行うたびに、新しく預金されたお金として新しい信用が作り出せる。大まかに言えば、銀行からのすべての新しいお金は貸付という形態である。貸付とは借金のことだから、現在の制度では、すべてのお金は借金である。』」

_15

「民間銀行はマタイの福音書21章の両替商のようなものです。」
「彼等はカナダの人々のお金、そして自由を横領し、略奪しているのです。」
「彼等を止める必要があります。」

「結論として、私達は銀行制度と共謀した政府によって、横領され、略奪されて続けていることは12歳カナダ人の私ですら、痛ましいほど明らかなことです。」
-------------------------------

過去、私が見たビデオが一旦、削除された後、再び、同じビデオがアップロードされているわけです。
これは、なぜでしょうね?
変な話ですよねえ、、、

ちなみに、同ビデオの以前のURLは

http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0

です。
新しいビデオでの、URLは、

https://www.youtube.com/watch?v=dCIVgxCc6IY

です。

この「http」と「https」の違いですが、「https」の方が、保護機能が強いそうです。

(以下、新ブログ『光と輝き』の上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千六百五十七:お知らせ』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/post-e5e5.html
●ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
https://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs


YouTube: ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する

(上記ビデオより写真と文章を抜粋引用)
---------------------------
「ロスチャイルド家はあまりにも強くなったので、アメリカが確立したとき、彼等はアメリカ内部の彼等の代理人を介して、中央銀行を支配し続けようとしました。、、、」

「、、、ロスチャイルド家は、彼等のアメリカの代理人を介して北軍にも南軍にも融資しました。」

Photo


「しかし彼等はあなた方の血、あなた方の子供達の血、あなた方の孫達の血を犠牲にして金を儲けているのです。」

「、、、1912年12月22日に、アメリカの中央銀行は幾つかの一族の手に握られました。」
「通貨を発行する連邦準備銀行は政府に属してはいないのです。、、、」

「なぜなら、通貨を支配する人々は、国の負債を増加させることを知っていました。」

「しかし黒幕がドアの後ろに隠れていて、その人々は、負債を増やす唯一の方法は、アメリカを1914年に始まった戦争に何らかの形で関わらせることだと知っていました。」

_4


「それでルシタニアという船の火事の裏工作を行い、アメリカはドイツに宣戦布告しました。」

「ユダヤ人のウォーバーグ家とロスチャイルド家です。」
「アメリカに、ヒットラーに融資した人がいるのです。」
---------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

二千六百六十三: 私の見かけたビデオ_No.62

私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

*************************
*************************
戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 ビルダーバーグ #kissinger #bilderberg
https://www.youtube.com/watch?v=b20Ev0OVFqw


YouTube: 戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 ビルダーバーグ #kissinger #bilderberg

●リポーター:
こんにちは、博士。

キッシンジャーさん、あなたは2011年のスイスのビルダーバーグで何をするつもりですか?

■キッシンジャー:
私がビルダーバーグで何をするつもりですかって?

_16

 

●リポーター:
スイスのビルダーバーグで、ええ。
何があるんですか?

■キッシンジャー:
色々な話題について議論するでしょう。

▼関係者(女):
あなたの洞察は私に多くの考えを与えてくれます。
どうもありがとうございます、キッシンジャー博士。

■キッシンジャー:
ありがとうございます、あなたに会えて光栄です。

●リポーター:
軍人は外交政策のための駒として使用される間抜けで、馬鹿な動物である。」というあなたの発言について説明できますか?

■キッシンジャー:
私は決してそう言っていません。

●リポーター:
ボブ・ウッドワードはあなたがそう発言したと言いました。

■キッシンジャー:
ボブ・ウッドワードは決して、、、

●リポーター:
彼はウォーターゲート事件を調査した人物であり、信頼できるジャーナリストです。
決してそう言いませんでしたか?
あなたの最も大きい業績は、人間の苦しみをたくさん引き起こした事です。
あなたがチリ・アルゼンチン・東ティモールで何百万という人々に起こした苦難に対して、追悼の意や後悔はありませんか、キッシンジャーさん?
キッシンジャーさん、私はあなたが返事しない事を知っていますが、私はあなたの新世界秩序を必要としません。
あなたの新世界秩序は成功しないでしょう、キッシンジャーさん。
国家主権が勝って、自由が行き渡り、民族国家が生き残るでしょう、閣下。
あなたの新世界秩序と優生学は上手くいかないでしょう。
なぜなら私達は変化して、この世代を取り戻しつつあるからです、閣下。

▼タクシー・ドライバー:

_17


あの中の人は誰ですか?

●リポーター:
ヘンリー・キッシンジャー、危険な戦争犯罪人です。

▼タクシー・ドライバー:
ああ、本当?

●リポーター:
ヘンリー・キッシンジャーを知ってますよね?

▼タクシー・ドライバー:
ああ、知ってるよ。

●リポーター:
彼は危険なイルミナティのクソ野郎です。
*************************
*************************
私は、ビデオ「戦争犯罪人ヘンリー・キッシンジャー容疑者と対決 ビルダーバーグ #kissinger #bilderberg」の文字起こしをさせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』と旧ブログ『悲喜憐偉』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千六百六十:私の見かけたビデオ_No.61』
●ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/_no61-eae4.html
https://www.youtube.com/watch?v=kZRMYlDvg4A


YouTube: ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
●リポーター:
もう少し時間はありませんか?
ロスチャイルドさん、あなたに幾つかの追加の質問があります。

_8


多くの人々が、連邦準備銀行という一つの組織は世界中での非人道的な所産の源であると言います。
なぜなら、それは私立銀行であるからです。
連邦準備銀行はロスチャイルド家によって始められました。

●リポーター:
新世界秩序は正当性を持っていないことをあなたにお伝えします。
私達、人民は恐れません。
私達は、連邦準備銀行による経済支配を通じた大銀行の泥棒男爵に気付いています。
-------------------------

『二千六百五十六:私の見かけたビデオ_No.60』
●デイヴィッド・ロックフェラーと対決 新世界秩序 Confronting David Rockefeller NWO
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/_no60-4330.html
https://www.youtube.com/watch?v=WgwzyNIwc7U&list=PLC99173E87CB20271&index=2


YouTube: デイヴィッド・ロックフェラーと対決 新世界秩序 Confronting David Rockefeller NWO

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
私は独立したフリーの市民ジャーナリストです。
私は20歳で、デイヴィッド・ロックフェラーと対決した時は17歳でした。
それから私は、今日やっていることを始めました。
ドキュメンタリーや他の国からのニュース記事を翻訳しています。
軍産複合体に関連して、本当にどのように部分が動くのか、本当にどのように経済が動くのか、私達が毎日見る政府の背後で、誰が対象や多国籍企業を操作しているのかを。

デイヴィッド・ロックフェラーに対面した時、私は17歳でした。


ここから出て行け!

_5


チリから出て行け!
チリから出て行け!
チリから出て行け!
俺たちには、お前の新世界秩序は要らねぇんだ!
チリから今すぐ出て行け!
チリから出て行け!
わかったか?
チリから出て行け!
お前の一家が、、、、お前の一家が、世界で一番ムカつくんだよ!

デイヴィッドは、ここチリで私達が見た大きな恐怖の背後にいて、コンドル作戦に伴って、ヘンリー・キッシンジャーと一緒に中南米の多くの人々や政治活動家を殺しました。
-------------------------

『二千百二十三:私の見かけたビデオについて_No.57』
●デイヴィッド・ロックフェラーと対決 9/11を犯した罪? Confronting David Rockefeller
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no57-5a23.html
http://www.youtube.com/watch?v=UfS3tZHJb4g&list=PLC99173E87CB20271


YouTube: デイヴィッド・ロックフェラーと対決 9/11を犯した罪? Confronting David Rockefeller

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
真実の部隊。
ウィアーチェンジがデイヴィッド・ロックフェラーと対決。

外交問題評議会、ビルダーバーグ・グループ、三極委員会、ゴミ。

_11

 

私達はここ、大物デイヴィッド・ロックフェラーの家の前にいます。
出入り口に場所を決めて、彼に会って幾つか質問しようとしています。

デイヴィッド・ロックフェラー閣下!
デイヴィッド・ロックフェラー!
市民の大陪審は、閣下、市民の大陪審は、あなたを起訴するよう求めて、閣下、市民の大陪審は、9/11の犯罪であなたを起訴するよう求めています、閣下!

私達はあなた達の新世界秩序について知っていますよ。

私達は今日ここに、デイビッド・ロックフェラーと話すために来ました。

_12


なぜなら日曜日の市民の大陪審は、ちょうどデイビッド・ロックフェラーによって引き起こされた問題を、9/11の犯罪で大量殺人を犯した事を捜査するという結論を下したからです。

その405ページ(日本語版517ページ)で、彼はアメリカの国家主権に対抗して、秘密の陰謀団の一員であり、アメリカ政府に対抗して、一つの世界秩序、一つの新世界秩序に向けて働いていることを認めています。

私達はデイビッド・ロックフェラーが事件を触発して、それが9/11だったことを知っています。
-------------------------

『四十三:私の見かけたビデオについて_No.9』
●事前に漏洩した2013年ビルダーバーグ会議の議題 #bilderberg #agenda #leaked
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no9-0ae3.html
http://www.youtube.com/watch?v=UcmRjiX_t_M

(※筆者注:なぜか上記ビデオは削除されています。)

(上記ビデオより翻訳と抜粋引用)
----------------------------
炎のようなそのメインの目的は、いまだに、余分に課税することです。
そう、彼等はセキュリティーの側の装いの下に、あなた達を置くことができました。
しかし、実際に、それはさらなるインターネット検閲です。
彼等は、それを「デジタル・ワイルドファイアー」と呼びます。
そう、彼等は「デジタル・ワイルドファイアー」を最後まで演じたいのです。

また、彼等は、抗生物質の抵抗の上昇による、一部分で引き起こさた世界的大流行の脅威についても話しそうです。
もちろん、それは、バクスターやリリースのような製薬会社のa_t_f_someに与えられたものです。
一般の人々に向けられた鳥インフルエンザウイルスと他のウィルスは、彼等に関係しています。

なぜならば、彼等は、全てのmingunアルカイダ・テロリストに資金提供していました。

等しく、キッシンジャーは、イランの核施設へのイスラエルの攻撃を、押し進めています。
----------------------------
(翻訳と引用終わり)

『三千三百四:私の見かけたビデオについて』
●ビルダーバーグ会議 : 欧州議会で取り上げられる (UKIP) #seiji イギリス独立党
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-41e7.html
http://www.youtube.com/watch?v=UcmRjiX_t_M

(※筆者注:なぜか上記ビデオは削除されています。)

(上記ビデオより抜粋引用)
---------------------------
「次回のビルダーバーグ会議はイギリスで開催され、場所はワットフォードのグローブホテル、6月6日から9日とされています。」
「この年次会議は権力と富と影響力を持った人々---政界、ビジネス、金融関係が参加するサミットです。」
「この会議の最大のミステリーは主流新聞、放送関係者は、1954年以来、報道しないと決めていることです。」
「しかしインターネットの時代では、この存在は秘密にできません。」
「イギリスのすべての主流メディア、テレビ局に対して、報道することを書名で要請しました。」
「報道しないならば、なぜなのか?」
「情報公開条例を使い、ハートフォード州警察責任者に、どのような根拠で警察業務が提供され、誰が費用を払っているのかを、照会中です。」
「回答を楽しみに待っています。」

(公開日: 2013/05/22 )
---------------------------

ビルダーバーグ会議 wikipedeia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%93%E3%83%AB%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%B0%E4%BC%9A%E8%AD%B0

(上記記事より抜粋引用)
-------------------------
ビルダーバーグ会議(ビルダーバーグかいぎ、英語:The Bilderberg Group, Bilderberg conference, Bilderberg Club, Bilderberg Society)は、1954年から毎年1回、世界的な影響力を持つ政治家や官僚、多国籍企業・金融機関の代表やヨーロッパの王族、貴族の代表者など約130人が[1]、北米や欧州の各地で会合を開き、政治経済や環境問題等の多様な国際問題について討議する完全非公開の会議である[2]。
ビルダーバーグ・クラブ、ビルダーバーグ・ソサエティとも呼ばれる。
「陰のサミット」と呼ばれることもある。
出席者リスト、議題はある程度ウェブサイトで公表され、ジャーナリストやコラムニスト等も招待されるが、会議での討議内容は非公開であり記事になることはない[3]。

最終更新 2015年7月9日 (木) 09:35 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
-------------------------

『三十六: 私の見かけたビデオについて_No.7』
●ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no7-fc7a.html
http://www.youtube.com/watch?v=tBzz5dRxsS4


YouTube: ビルダーバーグ2012ロンポール死への策略が明かされる

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
▲デスク・キャスター(ダリン・マックブリン)
「INFOWARSの夜のニュースへようこそ。」
「2012年6月1日金曜日です。」
「私はダリン・マックブリンです。」
「今夜のラインナップを素早く見てみましょう。」

_18


「今夜のINFOWARSの夜のニュースでは、来るビルダーバーグ出席者の抗議が上がりました。」
「ビルダーバーグ調査をしてきたジム・タッカーはロン・ポール暗殺の策略を明かしました。」
      :
     (中略)
      :
「その時、企業化されていない真実の提供に基づいた新しいメディアの即時の仕事により、ここに巨大メディアニュースが絶滅する。」
      :
     (中略)
      :
■ジム・タッカー
「彼らはロン・ポールについて非常に厳しい事を言っていました。」

_19


「なぜなら彼は非常に愛国的に議会を指揮していて、これら政策条約の承認を停止させ、彼らの大事な組織が傷つくようにしていて、」
「ですから、その過酷な話は近くにいた男から出て来て、ロン・ポールと彼の支持者達を飛行機に乗せて、そこでイスラム教徒の自爆策略で彼を落とそうというものです。」
「それも最も過酷なコメントで、彼らの主なスクリプトは私のところには来ていません。」
「ビルダーバーグの声はホテルのロビーに集まっています。」
      :
     (中略)
      :
▲デスク・キャスター
「そしてビルダーバーグのメンバーがロン・ポールを脅かしたのはこれが初めてではありません。」
「あなたは2007年の時のことを思い出すかもしれません。」
「私達に明かされたのは、米国諜報がロン・ポール革命を脱線させるために暗殺を検討していた事です。」
-------------------------

『三十一:私の見かけたビデオ_No.5』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no5-cbd6.html
●今年のビルダーバーグ参加者リスト
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11544661089.html
Bilderberg 2013 Attendees
http://www.youtube.com/watch?v=PMiAMGrrEJ0


YouTube: Bilderberg 2013 Attendees

 

                                        坂本  誠

2015年9月24日 (木)

二千六百六十二: あなたの輝き

【CM】松井玲奈×サントリーオールド
https://www.youtube.com/watch?v=HN1urqNZ-dU


YouTube: 【CM】松井玲奈×サントリーオールド SKE48 AKB48 乃木坂46 SKE AKB

--------------------------

           あなたの輝き


      あなたが
      不完全さを 抱きしめるからこそ
      私にとって
      あなたは 完璧なのです。

--------------------------

 

                                        坂本  誠

二千六百六十一: 私の聞いた音楽

こんばんわ。
最近、忙しい日々を過ごしています。

ところで、ふと、私が感動した一曲を、ご紹介させて下さい。

Ultra Seven - Live HQ
https://www.youtube.com/watch?v=O4EFYsRSg6E


YouTube: Ultra Seven - Live HQ

 

                                        坂本  誠

二千六百六十: 私の見かけたビデオ_No.61

私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

*************************
*************************
ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg
https://www.youtube.com/watch?v=kZRMYlDvg4A


YouTube: ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg

●リポーター:
ロスチャイルド閣下、お元気ですか?
2011年のビルダーバーグ会議について何か話す事ができますか?

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
何でしょうか?

_7

 

●リポーター:
2011年のビルダーバーグ会議について何か話す事ができますか?

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
ご存じのように、私は参加しませんでした。

●リポーター:
ビルダーバーグに参加しませんでしたか?

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
参加しませんでした。

●リポーター:
今年は参加せず、昨年はどうですか?

■ジェイコブ・ロスチャイルド:

_8


いいえ、私はオーストラリアにいました。
私のいとこをご存じでしょう。

●リポーター:
あなたのいとこが参加しましたか?

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
はい、そう思います。
オーケー、おやすみなさい。

●リポーター:
もう少し時間はありませんか?
ロスチャイルドさん、あなたに幾つかの追加の質問があります。
多くの人々が、連邦準備銀行という一つの組織は世界中での非人道的な所産の源であると言います。
なぜなら、それは私立銀行であるからです。
連邦準備銀行はロスチャイルド家によって始められました。

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
いいえ、まったく正確ではありません。
私はオーストラリアにいました。
全く本当ではありません。
おやすみなさい。

●リポーター:
1913年にジキル島で、閣下。
ただ一つだけ、人々はロスチャイルド家がどのように反社会的な行動を犯したかを話します。
新世界秩序は正当性を持っていないことをあなたにお伝えします。
私達、人民は恐れません。
私達は、連邦準備銀行による経済支配を通じた大銀行の泥棒男爵に気付いています。

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
えっと、、、

----------------------
(※筆者注:ビデオの中断あり)
----------------------
●リポーター:
新世界秩序は正当性を持っていないことをあなたにお伝えします。
私達、人民は恐れません。
私達は、連邦準備銀行による経済支配を通じた大銀行の泥棒男爵に気付いています。

■ジェイコブ・ロスチャイルド:

_9


えっと、、、

●リポーター:
つまり、ロスチャイルド家が連邦準備銀行を始め、、、まずヨーロッパを分割して乗っ取って、ナポレオンは、、、

■ジェイコブ・ロスチャイルド:
いいえ、それらは誇張されています。
-----------------------------

*************************
*************************
私は、ビデオ「ジェイコブ・ロスチャイルド卿と対決 ビルダーバーグ Rothschild Bilderberg」の文字起こしをさせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千六百五十六:私の見かけたビデオ_No.60』
●デイヴィッド・ロックフェラーと対決 新世界秩序 Confronting David Rockefeller NWO
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/_no60-4330.html
https://www.youtube.com/watch?v=WgwzyNIwc7U&list=PLC99173E87CB20271&index=2


YouTube: デイヴィッド・ロックフェラーと対決 新世界秩序 Confronting David Rockefeller NWO

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
私は独立したフリーの市民ジャーナリストです。
私は20歳で、デイヴィッド・ロックフェラーと対決した時は17歳でした。
それから私は、今日やっていることを始めました。
ドキュメンタリーや他の国からのニュース記事を翻訳しています。
軍産複合体に関連して、本当にどのように部分が動くのか、本当にどのように経済が動くのか、私達が毎日見る政府の背後で、誰が対象や多国籍企業を操作しているのかを。

デイヴィッド・ロックフェラーに対面した時、私は17歳でした。


ここから出て行け!

_5


チリから出て行け!
チリから出て行け!
チリから出て行け!
俺たちには、お前の新世界秩序は要らねぇんだ!
チリから今すぐ出て行け!
チリから出て行け!
わかったか?
チリから出て行け!
お前の一家が、、、、お前の一家が、世界で一番ムカつくんだよ!

デイヴィッドは、ここチリで私達が見た大きな恐怖の背後にいて、コンドル作戦に伴って、ヘンリー・キッシンジャーと一緒に中南米の多くの人々や政治活動家を殺しました。
-------------------------

『二千百二十三:私の見かけたビデオについて_No.57』
●デイヴィッド・ロックフェラーと対決 9/11を犯した罪? Confronting David Rockefeller
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no57-5a23.html
http://www.youtube.com/watch?v=UfS3tZHJb4g&list=PLC99173E87CB20271


YouTube: デイヴィッド・ロックフェラーと対決 9/11を犯した罪? Confronting David Rockefeller

(上記ビデオより抜粋引用)
-------------------------
真実の部隊。
ウィアーチェンジがデイヴィッド・ロックフェラーと対決。

外交問題評議会、ビルダーバーグ・グループ、三極委員会、ゴミ。

私達はここ、大物デイヴィッド・ロックフェラーの家の前にいます。
出入り口に場所を決めて、彼に会って幾つか質問しようとしています。

デイヴィッド・ロックフェラー閣下!
デイヴィッド・ロックフェラー!
市民の大陪審は、閣下、市民の大陪審は、あなたを起訴するよう求めて、閣下、市民の大陪審は、9/11の犯罪であなたを起訴するよう求めています、閣下!

私達はあなた達の新世界秩序について知っていますよ。

私達は今日ここに、デイビッド・ロックフェラーと話すために来ました。
なぜなら日曜日の市民の大陪審は、ちょうどデイビッド・ロックフェラーによって引き起こされた問題を、9/11の犯罪で大量殺人を犯した事を捜査するという結論を下したからです。

その405ページ(日本語版517ページ)で、彼はアメリカの国家主権に対抗して、秘密の陰謀団の一員であり、アメリカ政府に対抗して、一つの世界秩序、一つの新世界秩序に向けて働いていることを認めています。

私達はデイビッド・ロックフェラーが事件を触発して、それが9/11だったことを知っています。
-------------------------

『九百六十四:私の見かけたビデオについて_No.53』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/03/_no53-e3bb.html
http://www.youtube.com/watch?v=vWh96CTxKJM


YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①

(※筆者注:エレン・グリーン・ヒックスさんは、ロスチャイルド家の娘さん)

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------------------
私の出生証明書の名前はエレン・グリーン・ヒックスになっています。
ですが、本当の苗字はロスチャイルドです。
そして私の父は陰の政府軍のトップでした。
陰の政府の軍部門です。
彼はタイム・トラベルを取り扱わねばなりませんでした。
MKだとか、1940年代から70年代当時の全ブラックオペレーションプログラムを取り扱っていました。
私達、私と父親ははここに他の次元から来たんです。
ですから、私が来たロスチャイルドの血脈は他の次元にあるんです。
そうです。ここと全く同じ様なパラレルユニバースです。
----------------------

『千六十三:イルミナティについて_No.21』
●ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5/11 #druid #illuminati
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no21-7fda.html
http://www.youtube.com/watch?v=MQRyThSfSOM


YouTube: ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5/11 #druid #illuminati

 

_10

(※筆者注:上記の写真の赤い楕円で印をした部分が、翻訳ボタンです。この翻訳ボタンを押すと日本語訳が読めます。)

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------------------
今それはキリスト教徒の大統領について考えていた数人を黙らせました。
しかしそれはとにかく事実です。
大ドルイドはちょうど私のように普通の人々に過ぎないように見えますが、あなた達は今このように私を見ていますが、私は魔女妖術でした。
そして私の権限の一部は、私が代わりに考えるのではなく、ただ単純にロンドン、ロスチャイルド家から受けた命令を知事、上院議員、あるいは私の地域を担当している私から直接政治的な命令を受けている政治家に、ただ単純に解釈して伝える事でした
それが13人評議会です。
----------------------

『三百二十八:イルミナティについて_No.3』
●ジェイ・パーカーインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no3-d233.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html
http://www.youtube.com/watch?v=9RJHhwVbeiw


YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー③

●ジェイ・パーカー
------------------
「多数世代に渡って続く悪魔崇拝一族に生まれた時に、イルミナティが世界を支配しているのだと教えられます。」
「多数世代に渡るイルミナティ家系に生まれた子供は、拷問にかけられ、レイプされ、麻薬を与えられ、マインドコントロールされます。」
「人生最初の6年間にです。」
「その理由は、人間の潜在意識は人生最初の6年で形成されるからです。」
「ですから、イルミナティは自分達の子供達を幼い年齢で得て、恐ろしく性的で物理的な拷問のプログラムを経験させるのです。」
「イルミナティは9600BCの大変動にまで遡って存在しているのです。」
「膨大な量の悪魔崇拝儀式虐待やカルト活動がロングビーチにはあるのです。」
「それから・・・牛付き棒や車のバッテリーによる沢山の電気ショック、それから沢山の強制性行為、男性女性両方を口と肛門で喜ばせたり、、、、」
「アジェンダ21という計画は、少なくとも80%の人類の除去をする為のものです。」
「フッ素というソフト殺人方法やポリオワクチンの中にある癌ウィルス・・・汚染レベルの増加や、致命的なインフルエンザ、そして栄養を得る事ができないのです。」
「地球を救うシステムではなく、生態学的な良さを復元するのでもありません。」
「ある意味そうですが、もちろん、あなたやあなたの家族はそこにいないんですよ。」
「ロスチャイルドや女王だけです。」
------------------

『二百八:News_No.281』
●イルミナティの計画&ブッシュ一族とロスチャイルドの戦い。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no281-3617.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891464.html
http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/how-bilderberg-fringe-was-controlled.html

●ケリー・キャシディさんによる
------------------
エリート組織(イルミナティ)は、我々から隠れ続けるのを止めました。
我々は彼等から直接攻撃を受けています。
エリート組織は、自分達を第4帝国であると呼んでいます。
そして彼等は誇り高く世界の人口の3分の2を消滅させると言いました。
------------------

『百二十五: News_No.250』
●ロスチャイルド家のスーパーソルジャーが明かす驚愕の情報!
●PROJECT CAMELOT: SUPERSOLDIERS - MICHAEL PRINCE AND MAX SPEARS
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no250-38ca.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51889045.html
https://www.youtube.com/watch?v=adE3SE6Sa-k


YouTube: PROJECT CAMELOT: SUPERSOLDIERS - MICHAEL PRINCE AND MAX SPEARS

(上記記事より)
-----------------
「ロスチャイルド家の人たちのDNAはみな、レプティリアンの血が濃いとされています。」
「ロスチャイルドの子孫にはレプティリアンと人のハイブリッドが多く存在するようです。」
「現在、ロスチャイルド家に内部分裂が起きているようです。」
「西海岸はサイボーグタイプのヒューマノイドで、東海岸は人間の姿をしたレプティリアンで、時々、シェイプシフトをするそうです。」
-----------------


『二百五十四:私の見かけたビデオについて_No.26』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no26-bba3.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51895076.html
<ロスチャイルド一族のエリン・ヒックスさんのインタビュー> Super Soldier Talk - Erin Hicks - Mind Control and Reptilians - June 16, 2013
http://www.youtube.com/watch?v=OxUgSnkGA2w

(※筆者注:現在、なぜか上記ビデオは削除されています。)

(上記記事より抜粋引用)
---------------
(彼女はインタビューの後半で、ロスチャイルド家やロックフェラー家が行ってきたことについての感想を述べています。)

「彼らは人類に対し様々な悪行を繰り返してきたため、彼らの魂は壊れてきています。
彼らの魂を救う必要があるのです。
そのためには、彼らに思いやりを見せるのではなく、彼らを刑務所に入れることなのです。。
彼らが人類に行ってきた代償を払うときが来ています。
これはバランスを保つために必要なことなのです。。。。
---------------

 

                                        坂本  誠

二千六百五十九: News_No.584

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
最近は私の気になるニュースが多いようです。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/22記事より引用)
------------------------------------------
●中国外務省が日本課を廃止
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58258-%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E5%A4%96%E5%8B%99%E7%9C%81%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%AA%B2%E3%82%92%E5%BB%83%E6%AD%A2

中国が、外務省のアジア局で対日関係を専門とする「日本課」を廃止しました。

イルナー通信によりますと、中国外務省のコウライ報道官は、22日火曜、北京で記者会見し、「日本課が廃止され、アジア局は別の形で活動する」と認めました。
コウライ報道官は、中国の対日政策に変更はないと強調しましたが、専門家は、日本課の廃止は、日本の安全保障関連法成立後の日中の緊張と無関係ではないとしています。
中国の外務省の国防省は、声明を発表し、この法の成立を強く批判すると共に、日本はこれにより、国民を欺き、近隣諸国に懸念を抱かせたとしました。
対日関係を担当してきた日本課の廃止は、日本との関係の縮小と見なすことができ(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『スプートニク』、2015/9/23記事より引用)
------------------------------------------
●阿部知子衆議院議員「民主主義とは似て非なるもの。今後の選挙に国民の注目が集まる」
http://jp.sputniknews.com/japan/20150923/939810.html

今月19日未明に参院本会議で安全保障関連法が可決・成立したが、その後も抗議の声はやまず、日本各地で反対集会などが続いている。
この法の問題点の整理、そして今後の行動指針について、民主党の阿部知子衆議院議員にお話を伺った。

スプートニク:安全保障関連法の成立過程において、振り返って最も問題だったのはどのような点ですか。


昨年7月1日に閣議決定で、憲法上それまでは「できない」とされていた集団的自衛権の行使も含んだ武力行使ができる、という方向に安倍政権が大きく舵を切りました。
その時点から、憲法違反であるという声が上がって、、、

(、、、中略、、、)

最高裁判所でこの法律の違憲性を問うということを指摘する向きもありますが、果たしてそういう形を取れるかどうかは、実際に憲法に違反している実態が起きないとなかなか裁判所にはもっていけないので、むしろそれ以前に国民の民意を、民主主義を保証するための選挙・近くは参議院選挙等に国民の注目も集まり、野党の力もそこに注がれていくと思います。

------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二千四百五十二:News_No.562』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/04/news_no562-32a2.html
(以下、『新・ほんとうがいちばん』様、2015/3/15記事より引用)
------------------------------------------
●【不正選挙】3月13日東京高等裁判所にて行なわれた裁判のもよう~429号法廷前の廊下で「もしもし杉原裁判長」大合唱!~リチャードコシミズ氏ブログより
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-521.html

2015/03/15
09:43

142864805071836208180_vv_2015041015

転載元:richardkoshimizu's blogより
東京高等犯罪所 429号法廷前の廊下で「もしもし杉原裁判長」大合唱!

東京高等犯罪所 429号法廷前の廊下で「もしもし杉原裁判長」大合唱!
岳史 内田さんが新しい動画をアップロードしました
3月13日 11:09 · リアル裁判所←これをクリックで再生。
0https://www.facebook.com/takefumi.uhida?fref=ts

東京高裁不正選挙不正裁判犯行チームの犯罪者のみなさんが、どうしてもとってほしくなかった裁判音声ですが

2015031509191492d1

↑みんなで楽しく、警備員さんを記念撮影中です。

東京高裁不正選挙不正裁判チームの犯罪者のみなさんが、どうしてもとってほしくなかった裁判音声ですが、こんなに集まってしまいました。

これがある限り、嘘の裁判記録を捏造することができませんね。
大阪高裁のインチキ裁判もすでに音声があるし、ほかはどうなんでしょうかね?w

中身を吟味する時間がないので、有志の方、整理をお願いします。
よろしく。

(1)2015/3/14 15:23
不正選挙裁判 2015年3月13日 の暫定音声ファイルをアップしました。
ご視聴ください。後日音質等変更したものをアップロードします。
http://bit.ly/1MwYcUz

不正選挙裁判 2013年3月13日 東京高裁 廊下側のレポート は 字数の関係上以下リンクに掲載しました。
御覧ください。 http://shlonger.com/044fd0de6f37f7b7039a6de19028d716

shi

(2)2015/3/14 12:04
音声動画UPしました https://youtu.be/GQFbMh1rPcs
そろそろ裁判

(3)2015/3/14 12:03
先日はめちゃくちゃ裁判お疲れ様でしたww 音声動画UPしました
https://www.youtube.com/watch?v=mFQdorr54gU

東京カルト犯罪者高裁の不正選挙不正裁判の傍聴報告です。
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201503/article_85.html

転載元:richardkoshimizu's blogさんより
東京高等犯罪所の不正選挙不正裁判顛末記

大阪、福岡に次いで東京でも同じ手口のトンデモ裁判でした。
原告数名に準備書面を読み上げさせておいて、突如、全くの唐突に「結審します」。

後は怒号の嵐。

3月13日一日にほとんどすべての不正選挙裁判を集中させて、いちにちで終わらせようと企ん(、、、以下、省略)
---------------------------
(引用終わり)

『二千三百四十九:News_No.548』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/12/news_no548-ac37.html
(以下、『ほんとうがいちばん』様、2014/12/17記事より引用)
------------------------------------------
●【不正選挙】次世代の党の票が「不正に隠される瞬間」が激写されている動画/動画の要点=やろうと思えば不正やり放題、太田、田母神と書かれた紙の上に池内さおりと書かれた紙を載せてそのまま束ねてる⇒1束500票で棚に入れられる。
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-257.html

2014/12/17 15:37 転載元:News USさんより
http://www.news-us.jp/article/410759480.html

【緊急拡散】
次世代の党の票が不正に 隠 さ れ る 瞬間が激写される!!!

2c17accc81_21

◆動画の要点。
・やろうと思えば、不正やり放題
・太田あきひろ、田母神と書かれた紙の上に
「池内さおり」
と書かれた紙を載せてそのまま束ねてる

1束500票で、棚に入れられる。↓

3chu0tlt8ru411

棚に入れらたら、もう1束は確定する。

・票の束を乗っける棚に貼られた名札の位置が固定=最初から得票数が決まってる?
・開票作業は足立区役所の職員、ちゃんとやってんの?
・次世代の党の立会人がいない(なぜ?)
・立会人以外には開票の様子がチェックできない
・票の束を乗っける棚に貼られた名札の位置が固定=最初から得票数が決まってる?

手品?トランプ??いいえ、開票所の「開票スタッフの手元」です!


YouTube: 手品?トランプ??いいえ、開票所の「開票スタッフの手元」です!

http://youtu.be/VTUPS7FDM1Q

(転載終了)
---------------------------
(引用終わり)

****************************************************
****************************************************

(以下、『InDeep』様、2015/9/21記事より引用)
------------------------------------------
●スノーデン氏かくも語りき:「エイリアンは人類とコンタクトを取りたがっているが、地球の通信は暗号化されていて、人類がエイリアンと接触する手段は閉ざされている」
http://oka-jp.seesaa.net/article/426465403.html

Snowdenalientop21

▲ 2015年09月19日の英国ガーディアンより。

2015年9月18日のスノーデン氏のインタビューの内容

英国のガーディアンで冒頭のタイトルの記事を見かけました。
このブログでも、過去何度か登場していただいたことのあるスノーデン氏の話題のようです。

(、、、中略、、、)

とか、まあ面白いわけですが、今回の冒頭の報道も、タイトルだけではよくわからないと思いますので、先に翻訳を載せておきたいと思います。

これはニール・ドグラース・タイソン博士という著名な天体物理学者とのインタビューの内容を記事にしたもので、スノーデンさんは、下のようにモニター出演という形で 9月18日に行われました。

(、、、中略、、、)

------------------------
Edward Snowden: we may never spot space aliens thanks to encryption
guardian 2015.09.19
http://www.theguardian.com/us-news/2015/sep/19/edward-snowden-aliens-encryption-neil-degrasse-tyson-podcast

エドワード・スノーデン「暗号化のせいで、私たち人類が宇宙の異星人からの信号をキャッチすることは決してないかもしれない」

そして、私たちの暗号化技術が高度になればなるほど、いかなる地球外生命体も、私たち地球の人類の存在に気づかないかもしれないと内部告発者スノーデン氏は、天体物理学者ニール・ドグラース・タイソン博士に語った。

アメリカ政府の内部告発者エドワード・スノーデン氏は、暗号化は、宇宙背景放射の電波と、宇宙の異星人たちからの信号とを区別することを困難にさせるか、あるいは、区別することが不可能になると確信している。

スノーデン氏は、9月18日の夜、ニール・ドグラース・タイソン博士が運営するスタートレック・ポッドキャスト上に、「ビーム・リモート・プレゼンス・システム」と呼ばれるロボットビデオリンクを経由して、モスクワから登場した。

(、、、中略、、、)

タイソン博士との会話は、途中から「データの暗号化」によって、異星人からの通信を傍受することが困難になるかもしれない可能性についての話題となった。

「あなたがたが暗号化された通信を見ている場合、それらが適切に暗号化されているのなら、あなたがたは、それが暗号化されているということさえ知ることはできないのです」とスノーデン氏は言った。

「あなたがたが、ランダムな挙動から暗号化された通信を区別することは不可能です」
(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『七百七十五:ディスクロージャーについて_No.45』
●PAUL HELLYERカナダ元国防相がET/UFOを証言~「ETは人類を手助けしたい」(抄訳)
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_17.html
●632 カナダ前国防大臣ヘルヤー氏の証言「エイリアンはそこにいる!」Hiroshi Hayashi
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no45-6761.html
http://www.youtube.com/watch?v=lHaZeiwy5RY


YouTube: 632 カナダ前国防大臣ヘルヤー氏の証言「エイリアンはそこにいる!」Hiroshi Hayashi

(上記ビデオより抜粋)
---------------
「何千年もETは地球を訪れている。」
「面白いのは冷戦時代の1961年に50機のUFOがロシアからヨーロッパに飛んでいった。」
「その後3年間調査した結果4種のETがいたことが判明。」
「彼らは人間が地球に害を与えないか心配している。」
「森や湖、海など、彼らは私たちに注意をしている。」
「軍事費への多額投資や地球の大気、水質汚染、原子爆弾で宇宙に影響をあたえることを心配している。」
---------------

『六百七十八:レプティリアンについて_No.6』
●久しぶりに。。。ティラ・テキーラさんからの情報です。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no6-e6b1.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51910289.html
http://beforeitsnews.com/strange/2013/12/tila-tequila-paul-walker-was-murdered-and-i-battled-reptilians-2453256.html
Tila Talks Ep. 9: Parallel Worlds, Nazis, Zionists, the Matrix & Illuminati
http://www.youtube.com/watch?v=TD5I2BEpakE

Image1

●ティラ・テキーラさん
-----------------
「私1人と3体のレプティリアンとの戦いは壮絶でした。」
「最終的に私は3体のレプティリアンを倒しました。」
-----------------

『九百十二:レプティリアンについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no10-9d34.html
●再掲 MSNBCの爬虫類人レプタリアンのニュースキャスターの鼻がねじれ、そしてなくなり、また現れた
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/02/msnbc.html
MSNBC Reptilian News Caster for Boston Hoax
http://www.youtube.com/watch?v=Rif7cwMmh9w


YouTube: MSNBC Reptilian News Caster for Boston Hoax

****************************************************
****************************************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/21記事より引用)
------------------------------------------
●ヒラリー氏、シリアでのアメリカの失敗を認める
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58254-%E3%83%92%E3%83%A9%E3%83%AA%E3%83%BC%E6%B0%8F%E3%80%81%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%AE%E5%A4%B1%E6%95%97%E3%82%92%E8%AA%8D%E3%82%81%E3%82%8B

アメリカのクリントン前国務長官が、「シリアの反体制派を政府と戦わせるために訓練し装備させるための国防総省の計画は失敗した」としました。

プレスTVによりますと、次期アメリカ大統領選挙の民主党候補者であるクリントン前国務長官は、20下日曜、CBSニュースのインタビューで、「シリアにおけるアメリカのすべての努力が失敗した」と述べ、、、

(、、、中略、、、)

シリアは2011年3月から、テロリストの派遣により、情勢不安となりました。
これらのテロリストは世界80カ国の出身者で、サウジアラビア、カタール、ヨルダン、トルコ、アメリカ、シオニスト政権イスラエル、その他のアラブ・西側諸国の資金、武器、訓練、政治面での支援を受けています。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
****************************************************
****************************************************
『二百六十一:私の見かけたビデオについて_No.28』
●ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no28-8f79.html
http://www.youtube.com/watch?v=CWK9j41BY6c


YouTube: ヒラリー・クリントン-私達がアルカイダを作った

公開日: 2012/05/24
==========================
(以下、上記ビデオ概要)
==========================
「私達はパキスタンに出入りしているような歴史もまたあるのです。」
「そしてここで思い出してみて下さい。」
「今日私達が戦っている人々は、私達が資金援助したのです。」
「20年前にです。」
「私達はそうしました。なぜならソ連とのこの闘争で身動きが取れなくなったからです。」

「彼等はアフガニスタンを侵略しましたし、そして我々は彼等が中央アジアを支配するのを見たくはありませんでしたし、そして私達は取り掛かったのです。」

「そしてそれは民主党に主導された議会とのパートナーシップでレーガン大統領でした。」

「彼は『何だかわかるかい? 非常に良いアイデアのようだ』と言いました。」
「パキスタン軍統合情報局やパキスタン軍と契約しましょう。」
「ムジャーヒディーンをリクルートに行きましょう。』だとか『素晴らしい、サウジアラビアやその他の場所からも何人かリクルートしてイスラム協会へ連れ込み、そうしたら我々はソ連を倒す事ができるんです。』とね。」
「そして何だと思いますか?」
「彼等は撤退し、数十億ドルを失い、ソ連崩壊に繋がったのです。」
「ですからここには非常に強い論争もありますが、それはソ連を終わらせるのには悪い投資ではなかったというものです。」

「ですが我々が見たものには注意深くなりましょう。」
「なぜなら我々は収穫されるのですから。」

「ですから我々はその時にパキスタンを去ったのです。」
「私達は言いました。『OK。いいでしょう。あなたの国中に残したスティンガー対空ミサイルはあなたが扱ってください。国境沿いの地雷はあなたが扱って下さい。』そして、ところで、我々は実際にはあなた方を制裁するような事は何もしません。」

「ですから私達はパキスタン軍と組むのは止めているのです。」
「そしてパキスタン軍統合情報局もです。」
「そして今、我々は失った時間の埋め合わせをしているのです。」
==========================

****************************************************
****************************************************

(以下、『Iran Japanese Radio』、2015/9/24記事より引用)
------------------------------------------
●NSAがイランの使節団を盗聴
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/58318-%EF%BD%8E%EF%BD%93%EF%BD%81%E3%81%8C%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E4%BD%BF%E7%AF%80%E5%9B%A3%E3%82%92%E7%9B%97%E8%81%B4

NSAアメリカ国家安全保障局に関する機密文書によれば、NSAは2007年、国連総会に派遣されたイランの使節団の電話での会話を盗聴していたということです。

アメリカのNBCテレビがNSAの機密活動に報告として、アメリカ政府は2007年、国連に派遣されたイランの使節団を盗聴していたと主張しました。
NBCテレビは、「NSAはおそらく今週のニューヨークでの国連総会で、イランのローハーニー大統領など一部の国の首脳の会話を盗聴する可能性がある」と伝えました。

(、、、中略、、、)

この文書に基づき、アメリカの情報機関は2007年、当時のアフマディネジャード大統領と143人の使節団の数千にも及ぶ電話での会話のすべてを盗聴していたということです。
この文書では、イランの使節団が滞在していたホテルについては明らかにされていませんが、(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』からの盗聴に関する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
************************************************
『二千八百八十七:お知らせ_No.84』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/02/_no84-0ed9.html

以下、(『二人だけが知っている超アンダーグラウンドのしくみ』(第1刷:2011年8月31日) ベンジャミン・フルフォード & 飛鳥昭雄 共著 ヒカルランド)からの引用。
-------------------------------------
●フルフォード:
これ(携帯電話)で、盗聴、GPS、すべての会話モニタリング、どこにいるかもわかる。

■飛鳥:
この部屋では通じないと言ったじゃない。
大事なことなんだ。

●フルフォード:
ここはね、前は電波が入らなかったけど、今は入るようになった。
(携帯電話を分解して)これも教えられたんだけど、ここにちょっと色の線があるじゃないですか。
これでも盗聴できるんだと聞いた。

■飛鳥:
まず、我々が持っている携帯電話、1秒間に最低200回、基地局と交信をやっているんですよ。
GPS機能がない携帯ですら、やっています。
ですから、どこにいるか大体わかる。
GPS機能がついているやつは、携帯でも2タイプあったじゃない。
PHSなんかもろにいる場所が筒抜け!
        :
       (中略)
        :
■飛鳥:
そうだよ。
一般の企業でも言うよ。
おれ、ちょっと電話かけたら、「今、東京におられますね」と。

●フルフォード:
(携帯電話を指さして)これをこうして、これはこうして、全部抜かないとだめ。
それでも、これをぶっ壊さないと、本当はだめなの。

■飛鳥:
そうだね。
わかるよ。

●フルフォード:
僕はどうしてもプライベートで話したいとき、カードも携帯も残して、噴水か滝の隣に座って、雑音が多いところで話す。

■飛鳥:
本当はそれぐらいしないといけないんだよ。
皆さん方が使っている携帯電話だったら、アメリカのNSA(国家安全保障局)が簡単に盗聴できるんです。
パソコンも全部そうです。
ウィンドウズを使っている限りは、自由に侵入されるんです。
バックドアからね、、、。
-------------------------------------
(引用終わり)

************************************************
************************************************

(以下、『InDeep』様、2015/9/23記事より引用)
------------------------------------------
●何となく憂鬱なカオス化を見せる世界 : シリア難民に紛れ込んでISのメンバーがヨーロッパに侵入していることが確認され、そして楽園コスタリカで起きていること
http://oka-jp.seesaa.net/article/426581657.html

Isisrecrutertop1

(、、、前略、、、)

ISIS Recruiter Arrested in Germany
Breaking Israel News 2015.09.22
http://www.breakingisraelnews.com/49492/isis-recruiter-arrested-in-germany-terror-watch/

ISIS のリクルーターがドイツで逮捕される

ドイツで逮捕された ISIS のリクルーターは、難民たちの中に紛れ込んでやって来ていたことかがわかり、難民保護の声が広がる中で、ヨーロッパにイスラム過激派が入り込み勢力を拡大させる懸念が起きている。

8月4日に、スペインで ISIS が攻撃計画を立てていたとして、シュトゥッガルトの難民センターで男が逮捕された。
男は入国するための偽造文書を持っていた。
男は、スペインの裁判所から発行された逮捕令状に基づき、スペイン警察に引き渡された。
スペイン内務省は「男は ISIS の名の下に、必要なコンタクトを始めていた」と声明で述べた。

現在までに 100人以上が ISIS とのコンタクトを取った疑いで、ヨーロッパで逮捕されている。
ここには、8月22日にスペインとモロッコで、ISIS の兵士を募集していた 14人が含まれる。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの盗聴に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
************************************************
『二千三百十:小さな疑問』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/11/post-a1bd.html

(以下、上記記事より抜粋して引用)
----------------------
つい、先ほど、NHKの『海外ネット』を見ていたら、以下のサブタイトルに沿った海外情報が流れていました。

  「『イスラム国』の横暴、人身売買された少女は」

テレビを眺めていたら、イスラム国の兵士に奴隷として人身売買された少女達は、ドル札で売買されたそうです。
ここで、疑問を抱きました。

イスラム国の兵士達がどうして、人身売買のためのお金としてドル札を持っているのでしょうか?
また、人身売買にもドル札が使用されるぐらいだから、当然、イスラム国の兵士達の日常生活でドル札が使用されているのでしょう。
イスラム国の兵士達の軍資金である、そのドル札はどこから、もたらされているのでしょうか?
----------------------

『二千二百三十一:News_No.526』
●ISIS(イスラム国)テロ集団の指揮官は・・・元米陸軍大将
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/10/news_no526-143e.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51940247.html
http://the-tap.blogspot.jp/2014/10/senior-commander-of-isis-is-retired-us.html

(以下、上記記事より抜粋引用)
----------------------

Vallely1

Generalvallely1

(↑ ポール・E・バレー氏)

ベテランズ・トゥデーのゴードン・ダフ氏によると:
ISISの指揮官は、元米陸軍大将のポール・E・バレー氏(Paul E. Vallely)であることが分かり(、、、以下、省略)
----------------------
(引用終わり)

『二千六百四十五:News_No.582』
●「アメリカ人はISISの創設者を知らない」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/09/news_no582-efdc.html
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/57974-「アメリカ人はisisの創設者を知らない」

(以下、上記記事より抜粋引用)
----------------------
アメリカの政治問題の専門家が、「今もアメリカ人の多くがテロ組織ISISの創設者がどの国なのかを知らない」と語りました。

この専門家はアメリカ・ケンタッキー州からプレスTVのインタビューに応じ、「アメリカ人はCIAがISISを結成し、アメリカとイギリスもテロリストに資金援助を行っていることを知るべきだ」と語りました。
さらに、「ISISは世界で最も危険なテログループだ」とし、「イラクやシリアでのこのグループの活動は多くの民間人の死に繋がっている」としました。
また、「実際、CIAはISISを創設し、アメリカとイギリスは巨額の資金を支払うことでこのグループを支援している」と語り(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2015年9月23日 (水)

二千六百五十八: お知らせ

今日は、ちょっと忙しかったので、お休みです。
ご了承ください。

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム