« 二千五百九十八: 私の見かけたニュース_No.62 | メイン | 二千六百: 王について »

2015年8月 1日 (土)

二千五百九十九: 銀行制度についての種々の話題_No.11

二千五百八十六:銀行制度についての種々の話題_No.10』の続きです。

今日は、映画『THRIVE』です。

『四百八十六:私の見かけたビデオについて_No.47』
●スライヴ (THRIVE Japanese)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no47-6032.html
http://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI


YouTube: スライヴ (THRIVE Japanese)

ビデオでは、1時間21分33秒近辺から紹介されています。
以後、1時間21分33秒の時間表記を「1:21:33」と書きます。
引用した文章と写真は、同ビデオからのものです。

今日のスライブでは、元エコノミック・ヒットマンの「ジョン・パーキンス」氏が出てきます。

Jhon_p_1


このブログ『光と輝き』でも、ジョン・パーキンスさんについての記事を書きました。
ですので、それらの記事を文末の「過去記事、関連記事、及び、参考文献」に掲載しておきます。

過去記事と合わせて、併読すれば、ジョン・パーキンスさんの言われる事の理解が深まるでしょう。
元エコノミック・ヒットマンのジョン・パーキンスさんは、どうやって、アメリカが世界各国を乗っ取ったり、あるいは、どのように、アメリカが諸国を自分の傘下におさめて来たことを詳しく知っているそうです。

私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(ジョン・パーキンス)
-----------------------

Jhon_p_3_2

使った手法は多くありますが、もっともよく使った手法は、石油のように企業が欲しがる資源を持つ国に行って、世界銀行やその系列の組織から、その国への巨額の融資を手配すると言うものです。

しかし、貸し出された資金の大半は、その国でなく、ベクテルやハリーバートン、ジェネラル・モーターズ、ジェネラル・エレクトリックといった、米国企業の手に渡り、その国に強大なインフラを構築します。

富裕層のための発電所、高速道路、港、工業団地などで、貧困層はその恩恵をほとんど受けられません。
むしろ、貧困層は巨額な貸り入れの返済のツケを被ります。
教育、医療などの社会福祉に充てられるべき金が借金返済に充てられるのです。

意図的に、国に莫大な負債が残るようになっています。
すると、エコノミック・ヒットマンが、また行って、言うのです。
「こんなに借金があるのに、どのようにしても払ってもらうからな」。

反米の大統領が選出されると、すぐに行きます。

「おめでとうございます。私は大統領とご家族を大金持ちにして差し上げる事が出来ます。私達の方法に従えば、このポケットの数億ドルは大統領のものです。そうしないなら、もう一つのポケットには、貴方の名前入りの弾の入ったピストルが入っています。選挙公約を守って、我々を追い出そうとした時のためにね、、、アメリカの石油会社の安く石油を売るか、次の国連投票でアメリカに賛同するか、イラク等世界のどこかに、米軍を支援する部隊を送って下さい」。

このようにして世界帝国を築いたのですが、その事を実際に知っている人は、ほとんどいませんでした。
-----------------------
(引用終わり)


(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
************************************************
『二百九十七: 私の見かけたビデオについて_No.33』
●初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no33-6b51.html
http://www.youtube.com/watch?v=BhfCgO0ItY8


YouTube: 初めて実行員が暴露した、アメリカの国際陰謀・工作秘史

(上記ビデオより抜粋引用)
----------------------
■字幕:
「国家を征服しその国民を奴隷化するためには、二つの方法がある。一つは武力であり、もう一つは負債である。(John Adams 1735 - 1826)」

元チーフ・エコノミスト : Chase. T. Main社
著者:Confession of an Economic Hitman
(邦題:エコノミック・ヒットマン 途上国を食い物にするアメリカ)

●ジョン・パーキンス
「歴史上で初めての、真にグローバルなこの帝国を築いてきたのは、私達、エコノミック・ヒットマンです・・・」
「・・・そして、私達はそのために、あらゆる手段を講じているのです。」
「しかし多分、もっとも一般的な方法は、まず原油のように米国企業が携わる資源を膨大に保有する国を見い出す方法だと思います。」
「そして、世界銀行かその関連機関から、莫大なローンをその国にアレンジするのです。」
「しかしその資金が、実際にその国に行く事はありません。」
「かわりに、電力施設、工業団地、港など、インフラ整備という名目で我々の大企業に行き着くのです。」
「その国のほんの一部の富裕層と、アメリカの幾つかの大企業を潤すプロジェクトにです・・・」
「そして大多数の国民は無視されながらです。」

「しかし、国民とこれらの国には、莫大な債務が残るのです・・・」
「それも絶対に完済できない額の債務です・・・」
「でも支払いが行き詰るのは、この計画の一部分なのです。」

「そして時を見計らって、エコノミック・ヒットマンが再び伝えに行くわけです・・・」
「しかし今度は、貴方の国は多額の債務を負っていますね・・・このままでは、完済は不可能ですから原油を売りませんか・・・我々の企業に超特価でね、とです。」

「ほかにも、アメリカの軍事基地を作らせてくれとか、軍隊をイラクのような戦争地域に送って一緒に戦ってくれとか、国連の決議でアメリカ側についてくれとか、電力会社や水道や下水システムを民営化して米国企業や国際企業に売却してくれとか・・・」
「ですから本当にマッシュルームのようにできる事が拡がっていって・・・これが世銀やIMFの典型的なやり方なんです。」
----------------------

『二百九十三:私の見かけたビデオについて_No.32』
●エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no32-4ef3.html
http://www.youtube.com/watch?v=-sS71C6oa8A


YouTube: エコノミック・ヒットマンが語る恐るべき真実

(上記ビデオより抜粋引用)
----------------------
■キャスター:
「中南米ではエクアドルの故ハイメ・ロルドス大統領を、最初のご本で取り上げましたね。」

●ジョン・パーキンス氏:
「彼は素晴らしい人物でした。」
「エクアドルでは米国の傀儡による軍事独裁が長年続いた後、民主選挙が行われました。」
「ロルドス氏は大統領に立候補し、資源は国民のために使われるべきだと主張した。特に石油です。」
「私はエクアドルに派遣され、パナマのトリホス将軍も任された。」
「彼等を堕落させ、変節させるのが任務です。」

「私はトリホス将軍を主に担当しました。」
「彼等が自分の公約に背くよう口説くのです。」
「『我々のやり方に従えば、君も家族も大金持ちになれる。』」
「『でも我々に背を向け、公約を実行するなら、チリのアジェンデやコンゴのルムンバ大統領の二の舞だ。』」

「言う事をきかないので葬った。」
「元首の名はいくらでも並べられる。」

「でもロルドス大統領は寝返らず、賄賂もきかない。」
「トリホス将軍もです。」
「ヒットマンとしては由々しき事態だ。」
「私が任務に失敗するだけでなく、悲劇が起こると判るからです。」
「失敗すれば、『ジャッカル』が来る。」
「彼等を失脚させるか、暗殺するでしょう。」
----------------------

『二千五百八十六:銀行制度についての種々の話題_No.10』
●「お金の問題点」の続き
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/_no10-9079.html
https://www.youtube.com/watch?v=T8DcvHSi-C8


YouTube: 「お金の問題点」の続き

(上記ビデオより抜粋引用)
----------------------
「(村人達):この村中かき集めても1000万円しかないのに、どうして1100万円払えるの?」

「(銀行家):みなさん、それは興味深い事ですね。あなた方の生産効率はアップしませんでしたか?」

「(村人):それは確かにそうだけど、、、あなたが求めているのは、お金であって、私達の生産物ではないわ。」

「(村人):あなたはお金を作る事が出来るただ一人の人。あなたは1000万円作っただけなのに、1100万円を要求している、、、そんなの不可能だよ!」

「(村人):まって、まって。私達が一生懸命働いて、国は毎年発展するけれど、国の借金はますます増加する、、、」

「(銀行家):国の文明化の程度は銀行への借金の大きさで測ることができるんですョ。契約の神聖なる義務にのっとって、あなた方の資産を頂戴しましょうか?」
----------------------

『二百七十五:News_No.305』
●CIA 1953年のイランでのクーデターへの関与を初めて認める
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no305-88f6.html
http://japanese.ruvr.ru/2013_08_20/119896118/

『二百九十: News_No.309』
●ベネズエラで大統領暗殺計画か、政府が阻止を発表
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no309-f9e7.html
http://www.afpbb.com/article/politics/2964347/11251595
●「チャベス大統領は闇の勢力によって毒殺された?」、ベネズエラ政府が調査へ
http://mizu888.at.webry.info/201303/article_34.html


 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム