« 二千五百八十一: 月の川 | メイン | 二千五百八十三: 銀行制度についての種々の話題_No.8 »

2015年7月16日 (木)

二千五百八十二: News_No.574

こんばんわ。
私の気になった幾つかのニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『スプートニク』、2015/7/11記事より引用)
------------------------------------------
●ロシアの専門家:日本の問題は、自民党に代わる強い野党がいないこと
http://jp.sputniknews.com/japan/20150714/573583.html

朝日新聞の世論調査では、この2週間で、安倍政権への不支持率が37%から42%に上昇した。

菅官房長官「日本政府は安倍・プーチン会談を非常に重視している」
ロシアの著名な研究者でモスクワ国立国際関係大学東洋学部長、ドミートリイ・ストレリツォフ氏は、その背景を次のように見ている。


いまメディアの関心は、安保関連法制に集まっている。
安倍政権への不支持率アップもこれにちなむのだろう。
日本の世論は割れている。
平和主義の気運も(、、、以下、中略)

日本の深刻な問題に、自民党にかわる強力なライバルがいない、ということがある。
野党は依然として団結をみせない。
民主党は野党勢力を率いることの出来るカリスマ性のあるリーダーを見つけることが出来ないでいる。
日本社会の大部分はこれまで通り、旧態依然の政治に幻滅している。
抗議の気運は大規模であり、かつ強いが、それらは政治以外のところにはけ口を見出すか、あるいは、共産党に漁夫の利を与えることになる。
共産党はいま、ある種のルネッサンスを迎えている。
というわけで、野党の再編がどの方向に進むか、野党がどれだけ団結し、自民党に拮抗することが出来るかということに、多くのことがかかっている

------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』から上記記事に関係する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
『二千四百三十八:News_No.561』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/03/news_no561-cec5.html
(以下、『新・ほんとうがいちばん』様、2015/3/14記事より引用)
------------------------------------------
●鳩山由紀夫氏:首相の時はわからなかった「見えない敵」の正体/『それはつまり「日米合同委員会」の決定事項が、憲法も含めた日本の法律よりも優先されるということ』
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b321

3595611


 ▲[矢部宏治氏]日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?|転載元:シャンティフーラさんより

転載元:週プレNEWS 2014年12月15日(月)6時0分配信より
「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が
鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!【前編】

鳩山友紀夫元首相(右)と矢部宏治氏が、
日本が「真の独立国」として新しい戦後を歩むための方法を議論(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『六百九十三: 日本の秘密保護法案など_No.3』
●秘密保護法とNWOの日米欧三極委員会とのつながり
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no3-8e24.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------------------
自民党という政党は、そもそもが、ニューワールドオーダー推進のためにCIAの手を借りて育成されてきた政党。
安倍政権は、与えられたミッションを忠実に実行しているのです。
「日本政府の内部にCIAに飼われている連中がいる」
日米欧三極委員会(日本での正式名称は「三極委員会」)
・外交問題評議会(CFR)
・王立国際問題研究所(RIIA:所在地の名をとってチャタム・ハウス「Chatham House」とも呼ばれる)
・三百人委員会(Committee of 300)
・ビルダーバーグ会議

CSISの位置付けは、CFRの手足の一つで、「日本担当」の実働部隊、ジャパンハンドラ―です。
------------------------------
(引用終わり)

『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html

1297513491312161229801

(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている
自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。
---------------

『二百四十三: 福島原発関係News_No.4』
●日米地位協定という不平等条約が原発問題の根源なのです
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no4-397a.html
http://www.rokujo-radium.com/blog/index.php?entry=entry130417-175131

61s0j85m4wl_aa300_1

(上記記事より抜粋して引用)
--------------------------
1)日米安全保障条約(=日米軍事条約)維持のために日米地位協定(旧行政協定)という協定が締結されている。
2)さらに補完すべく日米原子力協定が結ばれており、日本の原子力政策はアメリカにより縛り付けられている。
3)外務省に原子力課がある理由こそ米国の指示認可で原子力行政が行われている証左である。
4)沖縄普天間基地の移転先辺野古は米軍の核兵器貯蔵所であるため、移転に固執するのである。
--------------------------
(引用終わり)

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
http://www.youtube.com/watch?v=LdzaQPDIUzA


YouTube: 安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back

『二千五百三十四:News_No.570』
●日本国首相への指令書―安倍政権は「第3次アーミテージレポート」通りに動いている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/06/news_no570-deb5.html
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

Photo

『二千五百四十九:私の見かけたビデオ_No.59』
●我々は自由ではなかった!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/07/_no59-a89e.html
https://www.youtube.com/watch?t=216&v=9YUp69wOvu0


YouTube: 我々は自由ではなかった!

(抜粋して引用)
-------------------------------
2013年の1月14日の金融ニュースサイト、「ブルームバーグ」によれば、「自民党安倍政権は50兆円の米国債を購入する」とのことです。
-------------------------------
(引用終わり)

************************************************

(以下、『THE HUFFINGTON POST』、2015/7/14記事より引用)
------------------------------------------
●安保法制、2万人が反対デモ 「私たちの独裁を打倒する記念日に」
http://www.huffingtonpost.jp/2015/07/14/rally-against-national-security-bill_n_7793182.html?utm_hp_ref=japan

安全保障関連法案の採決に反対する大規模な集会が7月14日、東京・日比谷野外音楽堂であり、主催者によると約2万人が参加した。

「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動」の主催。
作家の落合信子さんが「私は最後の戦中派です。2015年7月14日のこの日を、私たちの独裁を打倒する記念日にしましょう」と壇上から訴え、「戦争法案、絶対反対」などとシュプレヒコールをあげた。
会場に入りきれなかった人々を含め、参加者らは国会前までデモ行進した。

安全保障関連法案は15日の衆院特別委員会で与党単独で採決され、与党側は週内にも衆院本会議での採決を目指す。
反対する市民団体などは、15~17日にも国会前で反対集会を予定している。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『スプートニク』、2015/7/14記事より引用)
------------------------------------------
●日本政権、「TPP交渉は複数の参加国を抜きにしても締結可能」
http://jp.sputniknews.com/japan/20150714/578320.html

どうやら日本の政権にとっては「大事なのは合意を前に進めることで、詳細はあとでつめる」、TPPに文字通り一心に突進しているようだ。

14日日本は環太平洋パートナーシップ協定は加盟国が揃わなくても調印可能と宣言した。

経済再生担当社会保障・税一体改革担当甘利明内閣府特命担当大臣は(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』から上記記事に関係する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
『五百七十二:TPPについて_No.4』
●11/13:秘密裏に交渉が進められているTPP知的財産権に関する秘密協定の中身をウィキリークスが暴露
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/tpp_no4-68bc.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51906975.html
https://wikileaks.org/tpp/pressrelease.html
Download the full secret TPP treaty IP chapter as a PDF here
http://wikileaks.org/tpp/static/pdf/Wikileaks-secret-TPP-treaty-IP-chapter.pdf
ここから始まります⇒Go to start of document
http://wikileaks.org/tpp/#start

●上記記事より
-----------------
もしTPPが制定されたら、参加国の国民の権利、表現の自由が踏み倒され、知的コモンズやクリエーティブコモンズが完全に踏みにじられることになる。
TPPは、各個人が自由に何かを読んだり、書いたり、出版したり、考えたり、聴いたり、ダンスしたり、歌ったり、発明したり、農業に従事したり、食べ物を消費したりすることを規制し、病気になったりした場合にも自由に診療を受けられなくなる。
-----------------

************************************************

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム