« 二千五百三十三: お知らせ | メイン | 二千五百三十五: 万華鏡 »

2015年6月18日 (木)

二千五百三十四: News_No.570

こんばんわ。
私の気になった幾つかのニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『朝日新聞デジタル』、2015/6/14記事より引用)
------------------------------------------
●ポール、なぜベジタリアンに? 京大卒業生ら来日中取材
http://www.asahi.com/articles/ASH661CGGH65PLZB01R.html?iref=comtop_6_04

大学食堂でベジタリアン向けメニューを普及させる活動に取り組む京都ゆかりの女性らが4月末、来日した元ビートルズのポール・マッカートニーさん(72)への単独インタビューを実現させた。
マッカートニーさんがベジタリアンになったいきさつなどを語った映像を今秋にも公開する。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『YAHOO! JAPAN NEWS』、2015/6/16記事より引用)
------------------------------------------
●榎木孝明、30日間「不食」生活中!摂取水だけ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150617-00000055-sph-ent

スポーツ報知 6月17日(水)11時4分配信

俳優の榎木孝明(59)が、5月20日から続けてきた30日間の「不食」を18日に終える。
15日夜、インタビューに応じた榎木に、今回の思い切った行動を起こすきっかけや、体に及ぼしたさまざまな変化を聞いた。

1か月不食もすがすがしい表情を見せる榎木孝明

修行僧のような姿ではなかった。
榎木は痩せているものの元気で顔色も肌つやもいい。
「絶食、断食ではない。食べなくても生きられることを自分の体で科学的に調べてみたかった。不思議ですが一度も空腹感はない。心地良い満腹感に満たされているような。苦痛を探してもないんです」

この間、万が一に備え、専門家の指導を仰ぎ、都内の研究室に泊まり込み、ここから仕事へ。
摂取は水のみ。
血糖値や塩分対策で1度あめ玉を補給しただけだ。
採血、検尿、心電図を毎日検査しているが異常はなく、9キロ減った体重はいま71キロをキープしている。

飽食時代。
04年ごろから「不食」本が注目され始めたが、榎木は20代からインド中心に一人旅を続け、飲まず食わずで帰国後、いつも体調が良くなっていることに着目。
短期間の「不食」を何度も経験してきた。
「食べないと死ぬ、という恐怖感が良くない」。
スケジュールを調整し、1か月間の実験を敢行。
さまざまな変化が起きた。

「集中力が増し、本を読むスピードが格段に速くなった。睡眠も深くなり、4時間眠ればすっきり。腰痛も消えた。理由はまだ分からない。でも、眠っていた自浄作用が一斉に目覚めた感覚。運動時も胸式呼吸が腹式に。スタミナが増しました」

即“食レポ” 榎木は、この経験はあくまで個人の体験に基づくもので研究の第一歩だと強調。
「これを強制するものではないし、私自身、食文化を否定しません」。
無事に「不食」を成功させると、2日後にはテレビの“食レポ”の仕事が待って(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』から上記記事に関係する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
『九百七十六:私の見かけた情報_No.19』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/03/_no19-db8f.html
(以下、『InDeep』様、2014/3/17記事より文章と写真を引用)
●宇宙の粒子や空気を食べて生きていると主張するウクライナの「ブリザリアン(不食)」モデルの話から「松果体とエネルギー」にまで考えが飛躍してしまいました

http://oka-jp.seesaa.net/article/391713988.html

自称ブリザニアンでリアルバービーと呼ばれるウクライナのモデル、ヴァレリア・ルキャノバさん

Valerialukyanovatop1

インド人、プラーラド・ヤニ氏

Afpinedia1

イロム・シャーミラ・チャヌ、公民権活動家、政治活動家

Irom011


---------------------------------
(引用終わり)
************************************************

(以下、『新・ほんとうがいちばん』様、2015/6/9記事より引用)
------------------------------------------
●日本国首相への指令書―安倍政権は「第3次アーミテージレポート」通りに動いている
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-736.html

Photo_2

画像:twitterより

アーミテージ報告なぞる日米 
対中脅威論 欧州と距離 南シナ海 対応提言

東京新聞|2015年6月9日 朝刊

【ミュンヘン(ドイツ南部)=高山晶一】
先進七カ国(G7)首脳会議で八日に採択された首脳宣言では、中国を念頭に、東シナ海と南シナ海での力による「現状変更の試み」への反対が盛り込まれた。
安倍晋三首相の訴えが反映された形だが、一連の会談では中国の脅威に対し、同盟強化を進める日米両国の強い姿勢が際立った。

(、、、中略、、、)

こうした方向性は、米国側の意向に日本側が沿っているともいえる。
米国のアーミテージ元国務副長官ら知日派グループが三年前に公表した「アーミテージ・リポート」(二〇一二年版)では、すでに南シナ海問題が取り上げられ、日米が「対策を講じるべきだ」と提言されていた。
リポートは日本による集団的自衛権の行使容認も求め、安倍政権はその実現に向け、現在安全保障法案の成立を目指していることからも、その影響力が大きいことがうかがえる。

サミットはこうした日米の中国への懸念を共有する場と位置付けられ、首相は今回、アジア・太平洋地域から遠い欧州の指導者に「中国の脅威」を理解してもらうことを狙った。

共同宣言に盛り込まれた「現状変更を試みるいかなる一方的行動にも強く反対」するという文言は、外交政策を討議した七日の首脳会合で、首相が訴えた表現とほぼ同じだ。

ただ、日本政府は安倍首相の主張に「多くの国が賛同した」と説明するが、中国の脅威に具体的に言及した欧州の首脳はいない。
対中外交では経済関係を重視する欧州側の意識が劇的に変わったとは言えない。

(転載終了)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』から上記記事に関係する過去記事、関連記事、及び、参考文献)
************************************************
『二千四百三十八:News_No.561』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2015/03/news_no561-cec5.html
(以下、『新・ほんとうがいちばん』様、2015/3/14記事より引用)
------------------------------------------
●鳩山由紀夫氏:首相の時はわからなかった「見えない敵」の正体/『それはつまり「日米合同委員会」の決定事項が、憲法も含めた日本の法律よりも優先されるということ』
http://mizu8882.blog.fc2.com/blog-entry-518.html

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b3_2

3595611

8089e50294910c6cb163e5cb54ad137b32.jpg
▲[矢部宏治氏]日本を支配する“憲法より上の法”の正体とは?|転載元:シャンティフーラさんより

転載元:週プレNEWS 2014年12月15日(月)6時0分配信より
「日本はなぜ基地と原発を止められないのか」で話題の矢部宏治が
鳩山友紀夫と“日本の真の支配者”を語った!【前編】

鳩山友紀夫元首相(右)と矢部宏治氏が、
日本が「真の独立国」として新しい戦後を歩むための方法を議論(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

『六百九十三: 日本の秘密保護法案など_No.3』
●秘密保護法とNWOの日米欧三極委員会とのつながり
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no3-8e24.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------------------
自民党という政党は、そもそもが、ニューワールドオーダー推進のためにCIAの手を借りて育成されてきた政党。
安倍政権は、与えられたミッションを忠実に実行しているのです。
「日本政府の内部にCIAに飼われている連中がいる」
・日米欧三極委員会(日本での正式名称は「三極委員会」)
・外交問題評議会(CFR)
・王立国際問題研究所(RIIA:所在地の名をとってチャタム・ハウス「Chatham House」とも呼ばれる)
・三百人委員会(Committee of 300)
・ビルダーバーグ会議

CSISの位置付けは、CFRの手足の一つで、「日本担当」の実働部隊、ジャパンハンドラ―です。
------------------------------
(引用終わり)

『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html

1297513491312161229801

(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている
自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。
---------------

『二百四十三: 福島原発関係News_No.4』
●日米地位協定という不平等条約が原発問題の根源なのです
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no4-397a.html
http://www.rokujo-radium.com/blog/index.php?entry=entry130417-175131

61s0j85m4wl_aa300_1

(上記記事より抜粋して引用)
--------------------------
1)日米安全保障条約(=日米軍事条約)維持のために日米地位協定(旧行政協定)という協定が締結されている。
2)さらに補完すべく日米原子力協定が結ばれており、日本の原子力政策はアメリカにより縛り付けられている。
3)外務省に原子力課がある理由こそ米国の指示認可で原子力行政が行われている証左である。
4)沖縄普天間基地の移転先辺野古は米軍の核兵器貯蔵所であるため、移転に固執するのである。
--------------------------
(引用終わり)

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
http://www.youtube.com/watch?v=LdzaQPDIUzA


YouTube: 安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back

************************************************

(以下、『ロイター』、2015/6/9より引用)
------------------------------
●英HSBC、約5万人削減 投資銀行業務を縮小へ
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OP0DE20150609?sp=true

[香港 9日 ロイター]
英金融大手のHSBCは、業績立て直しに向けた経営戦略を策定した。
約5万人の人員削減や投資銀行業務の縮小、リスク資産を2900億ドル圧縮することなどを盛り込んだ。

香港取引所に提出した文書で明らかになった。
スチュアート・ガリバー最高経営責任者(CEO)は9日、投資家やアナリスト向けに詳細を説明する予定。

文書によると、全社員のほぼ2割に相当する5万人を削減する。
トルコとブラジルの事業売却で2万5000人削減し、IT(情報技術)やバックオフィス業務の再編や支店の閉鎖によって2万2000─2万5000人削減する。

HSBCはこれまでにも大規模な人員削減を行ってきた。
2010年末に29万5000人だった正社員は、2014年末には25万8000人に減少。
2017年までの完了を見込む今回の削減により、約20万8000人に減る見通しだ。

HSBCは、成長分野やコンプライアンス(法令順守)部門で増員する方針を示したが、具体的な人数は示していない。(、、、以下、省略)
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ロイター』、2015/6/13より引用)
------------------------------
●米炭疽菌誤送付日本にも、すでに処分し存在せず=国防総省
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0OS28Y20150612

[ワシントン 12日 ロイター]
米国から各国に炭疽菌が誤送付されていた問題で、国防総省は12日、日本の米陸軍キャンプ座間にも2005年、炭疽菌が送付されていたことを明らかにした。
この炭疽菌は2009年に処分され、現在、日本国内に炭疽菌はないという。

国防総省のウォーレン報道官は記者会見で、炭疽菌は検知器の試験用として日本に送付されたが、誤って不活性の炭疽菌ではなく、活性炭疽菌が送られてしまったと説明した。

日本以外では、英、オーストラリア、カナダ、韓国に炭疽菌が誤送付されている。
------------------------------------------
(引用終わり)

(以下、『地球の記録』様、2015/6/17記事より引用)
------------------------------------------
●熱波と寒波:アメリカ中西部で49度などを記録する中、オランダでは観測史上最低の気温を記録
http://119110.seesaa.net/article/420830001.html

_2

_3

日本も天候がかなり荒れ気味となっていますが、世界全体を見ますと、気温も地域により、高い低いにかなりのブレ幅で「記録的なもの」となっています。。

上に載せましたように、この数日、アメリカ中西部では、通常より「 15度以上も気温が高い」という大変な熱波に見舞われているとのことで、カリフォルニアのデスヴァレー国立公園では、摂氏 48.9度(華氏 120度)を記録しています。

また、湿度も極端に低くなっていて、6月16日のラスベガスの湿度は 2%だったとか。

その一方で、ヨーロッパの一部地域では、異常な寒波に見舞われていて、オランダでは、6月としては、初めて「氷点下」を記録したことが報じられています。

_4

いろいろとカオス気味ではあります。

オランダの報道をご紹介します。

Recordkou gemeten met zomer in zicht
Telegraaf (オランダ) 2015.06.16

夏を前に記録的な寒さが観測される

気象的には夏に入り始めているが、ここで今日のオランダの気温図を注意深く眺めてほしい。
何と、昨夜は局所的に氷点下の気温を記録したのだ。

これは観測史上の記録となる。

最も低い場所では マイナス 4.1度を記録した。
これまで、6月中に、このような気温が記録されたことはない。

オランダ東部では凍結が見られたが、これまで春の終わり( 5月15日頃)以降に凍結が見られたことはない。

今日の夜も局地的に凍結の可能性がある。

6月17日の日中には気温は戻り、最高気温は、北部沿岸地域で 17度、南東部にかけては 25度となる見込みだ。
------------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム