« 二千四百七十九: 彼等のシステムを考える_No.6 | メイン | 二千四百八十一: あるツィート的な表現より »

2015年5月11日 (月)

二千四百八十: 『科学忍者隊ガッチャマン(OVA)』を見て

こんにちわ。

ふとした機会から、科学忍者隊ガッチャマンのオリジナル・ビデオ・アニメ(OVA)を見かける機会がありました。
1972年からテレビ・シリーズが放送されており、科学忍者隊ガッチャマンのOVAは、そのリメイク版です。
1972年放送ですから、今から43年前ですか。
月日の経つのは早いものだと感じました。
(写真は同映画より)

_5_2

この頃のアニメは、「アニメは子供向け」と言われた時代でした。
そして、この頃のアニメに特徴的なものは、特撮変身ヒーローものと同じような構成でした。

男子向けとして勧善懲悪ものが多かったです。
そして、大体、一話で完結です。
主人公のキャラクターは設定済みで、毎回の放送であまり変更される事はありません。
そして、悪役が決まっており、だいたい、悪役の組織から、悪役ヒーローとも呼べるキャラクターが出てきます。
そして、番組の終わる30分の終了間際になると、主人公のキャラクターが悪役ヒーローを倒します。
この構成が続き、番組の最終回まで、だいたい似た感じで続きます。

ですから、私の見かけた『科学忍者隊ガッチャマン(OVA)』も一話完結のような感じでした。

この子供向けと言われた当時のアニメでしたが、やがて時代が経つにつれて、変わってきます。
特に、ガンダムが現れて以来、上記に書いたアニメの特徴が少しずつ薄れてきます。
ガンダムの場合、特徴的な事は、「悪役」と呼ばれる存在がいなかった事でした。
シャア・アズナブルやジオン公国の人々は、「敵役」でした。
ガンダムは戦争を描いた作品でした。
ですから、敵国の人間は「悪役」ではなく、「敵役」として描かれており、その敵役が完全に悪とは限らず、主人公と同じく戦場で悩む人々として描かれました。
ですから、ガンダム以降に、「敵役」と呼ばれるキャラクターが現れるのですが、次第次第に、「完全なる悪役」というキャラクターが少なくなります。
ですから、アニメにおけるヒューマン・ドラマの始まりでもありました。
なので、「敵には敵なりのポリシーがある」という事で、「敵役」キャラクターの個性や生活も描かれるアニメが出てきました。
アニメのヒューマン・ドラマが始まったので、「一話完結」という形式も次第に少なくなります。

このように、アニメ界のターニング・ポイントでもありましたので、その後、長く、今に至るまで、ガンダムの名前をよく聞きます。
**********************************
ですから、ガッチャマンのようなアニメスタイルは、ガンダム以前のアニメ構成として、よく知られていました。

なので、逆を言えば、現代でも、少しばかりリメイクすれば、短編のアニメ映画やOVAになるでしょう。

登場するキャラクターに変更はありませんでした。
なので、懐かしさを感じる人も多いと思います。

「ギャラクター」というのが、ガッチャマンの敵として、登場します。
そして、そのギャラクター悪役の首領に、「ベルク・カッツエ」という人物がいます。
このOVAは、英語の字幕がありますから、海外で作られたのかも知れません。
OVA内で、ベルク・カッツエと科学忍者隊の長である「南部博士」と出会い、ベルク・カッツエは自分の事を南部博士に以下のように紹介します。
-----------------------------
■ベルク・カッツエ:

Photo_2

And leader of the New World Order.
新たなる世界の支配者。
-----------------------------
ベルク・カッツエは、「New World Order」のリーダーと自分で言っています。
日本語では、上記の部分を「新たなる世界」と言っています。

他にも、「new world order」の単語が出てきますが、私が見たところ、

  「一応、このアニメ内でも、『New World Order』のさわりの説明をするのだろう」

と、感じました。
話の流れから、敵の組織のギャラクターがその「New World Order」を作るのでしょう。

_3_2

他にも、このOVAの最後に、ギャラクターの最高指導者である「総裁X」が現れます。
テレビ・シリーズでも、よく、30分の終わり頃に、「総裁X」がホログラムの画像で現れました。

OVAでも、現れるのですが、その設定にも新たな画面設定がされています。
「総裁X」の現れるシーンに、三角形のピラミッドが出てきて、そのピラミッドの頂点に、一つの目玉が描かれています。

_2


その一つ目小僧のピラミッドから、総裁Xの声が流れるのです。
やはり、1ドル札の裏側の図面の影響が、このOVAに出ていると思われます。
**********************************
久しぶりに、ガッチャマンの姿を新たなOVAとして見た私は、

  「過去の懐かしいアニメも、現代社会の背景を取り込んで作られると、別の視点から面白いものを感じられるなあ」

というものでした。

『ガッチャマンの歌』も久しぶりに聞きましたが、当時と変わらず、勇壮な雰囲気を感じました。
ガッチャマンには、雄雄しいものを感じますね。

---------------------------------
       ガッチャマンの歌

作詞:竜の子プロダクション文芸部
作曲:小林亜星
編曲:ボブ佐久間
歌:子門真人、コロンビアゆりかご会

      誰だ 誰だ 誰だ
      空のかなたに踊る影
      白い翼の ガッチャマン

      命をかけて 飛び出せば
      科学忍法 火の鳥だ

      飛べ 飛べ 飛べ ガッチャマン
      行け 行け 行け ガッチャマン
      地球は一つ 地球は一つ
      おお ガッチャマン ガッチャマン

      誰だ 誰だ 誰だ
      海の地獄に潜む影
      強い勇気の ガッチャマン

      嵐をさいて 雲きれば
      科学忍法 火の鳥だ

      飛べ 飛べ 飛べ ガッチャマン
      行け 行け 行け ガッチャマン
      地球は一つ 地球は一つ
      おお ガッチャマン ガッチャマン

      誰だ 誰だ 誰だ
      ビルの谷間に忍ぶ影
      赤い血潮の ガッチャマン

      夕日を浴びて 駆け出せば
      科学忍法 火の鳥だ

      飛べ 飛べ 飛べ ガッチャマン
      行け 行け 行け ガッチャマン
      地球は一つ 地球は一つ
      おお ガッチャマン ガッチャマン

_4


---------------------------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム