« 二千二百三十: 朝焼け | メイン | 二千二百三十二: 絵画の思い出(独白) »

2014年10月 5日 (日)

二千二百三十一: News_No.526

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させてください。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2014/10/4記事より引用)
------------------------------
●ISIS(イスラム国)テロ集団の指揮官は・・・元米陸軍大将
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51940247.html

(邦訳:『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://the-tap.blogspot.jp/2014/10/senior-commander-of-isis-is-retired-us.html
(概要)
10月2日付け:

_1

(↑ ポール・E・バレー氏)

ベテランズ・トゥデーのゴードン・ダフ氏によると:
ISISの指揮官は、元米陸軍大将のポール・E・バレー氏(Paul E. Vallely)であることが分かりました。
バレー氏は2000年~2007年まで、フォックス・ニュースの軍事アナリストとして活躍していました。
フォックス・ニュースに出演しているISISのエキスパートと呼ばれる人たちは、実際は、ISISと連絡を取り合いながらISISの広報活動を行っているテロリストだということもゴードン・ダフ氏は確認することができました。
元米陸軍大将のポール・E・バレー氏は、(悪魔儀式で)児童を生贄にしている組織の一部であるテンプル・オブ・セスのトップであり、NSAの元長官?(悪名高い小児性愛者&犯罪者)のマイケル・アキノ氏と共同でNSAと米陸軍心理戦訓練校を立ち上げた創設者の1人です。

ISIS Commander
http://www.youtube.com/watch?v=swG-jAmxo_M

ISIS Commander
YouTube: ISIS Commander

------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Iran Japanese Radio』、2014/10/1記事より引用)
------------------------------
●「アメリカが、エボラウィールスを開発」
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/48835-%E3%80%8C%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%81%8C%E3%80%81%E3%82%A8%E3%83%9C%E3%83%A9%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%92%E9%96%8B%E7%99%BA%E3%80%8D

アフリカ西部リベリアの新聞、デイリー・オブザーバーが、アメリカがアフリカで流行しているエボラ出血熱のウイルスを開発を報じました。

デイリー・オブザーバーは、科学的根拠を挙げ、エボラ出血熱のウイルスを開発したのは、アメリカであるとしました。
この報告で、「アメリカは、アフリカで秘密活動を行い、合意書200という暗号でこの地域でエボラ出血熱を流行させることを計画した」とされています。
同新聞に掲載されたブロドリック教授による記事では、「エボラ出血熱のウィルスは、GMO・遺伝子組み換え生物として、アメリカの軍事工業会社によって開発され、この会社の全ての秘密実験はアフリカで行われている」とされています。
この報告によりますと、このアメリカの計画の目的は、アフリカの人口を減少させることだ(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Gigazine』、2014/10/3記事より引用)
------------------------------
●警察が子どもを危険から守るとして配布したソフトウェアがスパイウェア同然だったと判明
http://gigazine.net/news/20141003-computercop/

子どもを有害サイトから保護するためのフィルターを導入する親が増えてきましたが、アメリカでは古くから広く親しまれ家庭や教育機関でも利用されている「ComputerCOP(コンピュータ・コップ)」というソフトが人気で、一部では行政から無料配布されています。
しかしElectronic Frontier Foundation(EFF)は、このComputerCOPがセキュリティ対策が不十分でまるでスパイウェアのように働き個人情報を簡単に流出させてしまう危険なソフトであると警告しています。

ComputerCOP: The Dubious 'Internet Safety Software' That Hundreds of Police Agencies Have Distributed to Families | Electronic Frontier Foundation
https://www.eff.org/deeplinks/2014/09/computercop-dangerous-internet-safety-software-hundreds-police-agencies

「ComputerCOP」は1990年代後半に誕生したソフトウェアで、(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Iran Japanese Radio』、2014/10/3記事より引用)
------------------------------
●ワシントンで、反イスラエルデモ
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/48870-%E3%83%AF%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%B3%E3%81%A7%E3%80%81%E5%8F%8D%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%A2

アメリカのワシントンで、シオニスト政権イスラエルに対するアメリカ政府の支持を非難するデモが行われました。

プレスTVによりますと、このデモは2日木曜、ワシントンのホワイトハウス前で、アメリカのオバマ大統領とイスラエルのネタニヤフ首相の会談に合わせて行われ(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム