« 二千七十六: 集団的自衛権について | メイン | 二千七十八: 光 »

2014年7月 4日 (金)

二千七十七: 私達の疑問

こんにちわ。

『私達の疑問』と題するエッセイになりました。
『私の疑問』と題しても良かったのですが、このエッセイを見て、読者の方も同じ疑問を持つでしょうから、『私達の疑問』にしました。

最近、私の記事でよく紹介している過去記事があり、頻繁なのですが、ここでも使いますのでご紹介させて下さい。

---------------------
『二百五十三: News_No.298』
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

しかし、その後、大統領命令、第11110号の取り消しの無いまま、その米国政府が作った公式のお札が回収され、代わりに、大変よく似たFRBの印刷した大量のお札が、市場に出回りました。

▼2ドル札「政府発行券」

1376229826676131153161

▼2ドル札「FRB発行券」

137622983883613115762_2frb1

▼5ドル札「政府発行券」

1376229859467132212851

▼5ドル札「FRB発行券」

137622987167913221385_5frb1

---------------------

Wikipediaでも、上の話が出ていますので引用しておきます。

----------------------------
●政府紙幣
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%B4%99%E5%B9%A3

その後、1963年6月4日にケネディ大統領の大統領令11110 (Executive Order 11110) によって政府紙幣が復活する[4]が、その約半年後の11月22日にケネディ大統領は暗殺された。

最終更新 2014年7月2日 (水) 11:22 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
----------------------------

これらの文献からも、以下のように考えられるでしょう。
もし、FRBが政府の役所ならば、あえてケネディ大統領が特別の大統領命令を発行はしないでしょう。
四百八十二:私の見かけたビデオについて_No.46』の「●スライヴ (THRIVE Japanese)」でも、FRBの電話番号は電話帳の政府のページに無く、企業欄に、その電話番号が記載されている、とありますから、FRBが民間銀行だとわかるでしょう。

そして、『二百五十三: News_No.298』の「●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB」を見ると、ケネディ大統領の大統領令11110の取り消しの無いまま、FRBが政府発行券を回収して、大変よく似たお札を印刷した、とあります。

ですから、私達の疑問として、以下の疑問が浮かぶと思います。

  「FRBが政府発行のお札を勝手に回収した後に、大量にニセ札を印刷して、世に普及させたのでは?」

と。

私達がこの疑問を抱くと、次の疑問が湧いてくると思います。

  「FRBのニセ札発行だから、アメリカの司法機関や警察はFRBを取り締まらなくて良いのだろうか?」

と。

私がこの疑問を書くと、読者の方も、同じような疑問を持つでしょうから、エッセイのタイトルを『私達の疑問』と題してみました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『三百三十七: イルミナティについて_No.4』
●ジェイ・パーカーインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no4-9e49.html
http://www.youtube.com/watch?v=9Gl-yNEoGyI

ジェイ・パーカーインタビュー④
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー④

●ジェイ・パーカー
--------------
「1930年代に警察はデラウエア州アーデンのカルトを閉鎖しようと試みたんです。」
「3人の警官はすぐに殺されてしまいました。」
「本当に警察が出来る事は何も無いんです。」
「彼等の後頭部には銃が突きつけられているんですから。」
--------------

『三百十九: イルミナティについて 』
●ジェイ・パーカーインタビュー①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no35-53fe.html
http://www.youtube.com/watch?v=W02bxSqtc-I

ジェイ・パーカーインタビュー①
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー①

●ジェイ・パーカー:
-----------------
字幕:「ジェイ・パーカー:どの様に3400万人の悪魔崇拝イルミナティアメリカ人達が地球を混乱させ続けるよう助けているのか。」
地球全体を支配してもいい筈だとね。」
人々を闇に閉じ込め続け、私達は基本的には邪悪な司祭職になり、そして彼等のマインドを支配するんです。」
「ですからその様にして彼等は神よりも金持ちになったのです。」
「そして一旦お金を持つと、政治家や王族を腐敗させる事が出来ますし、そして基本的にはゆっくりと社会を支配していく事ができるのです。」
-----------------

『三百二十八:イルミナティについて_No.3』
●ジェイ・パーカーインタビュー③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no3-d233.html
http://www.youtube.com/watch?v=9RJHhwVbeiw

ジェイ・パーカーインタビュー③
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー③

●ジェイ・パーカー
------------------
「アジェンダ21という計画は、少なくとも80%の人類の除去をする為のものです。」
「フッ素というソフト殺人方法やポリオワクチンの中にある癌ウィルス・・・汚染レベルの増加や、致命的なインフルエンザ、そして栄養を得る事ができないのです。」
「地球を救うシステムではなく、生態学的な良さを復元するのでもありません。」
「ある意味そうですが、もちろん、あなたやあなたの家族はそこにいないんですよ。
「ロスチャイルドや女王だけです。」
------------------

-----------------------------------------
●100ドル紙幣を1枚作るのにはいくらくらい原価がかかるのですか? - Yahoo!知恵袋
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q129971462

参考のサイト(アメリカの印刷局)の説明によれば、2005年実績で、約5.7セント/枚(86億枚印刷時)だそうです。
-----------------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム