« 二千八十四: NWOを考える | メイン | 二千八十六: News_No.500 »

2014年7月 6日 (日)

二千八十五: 日米欧三極委員会について

最近、私のブログの方で頻繁に出ている『日米欧三極委員会』についての情報を過去記事や参考記事を使って書きます。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

------------------------------------
日米欧三極委員会 - wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E7%B1%B3%E6%AC%A7%E4%B8%89%E6%A5%B5%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A

日米欧三極委員会(にちべいおうさんきょくいいんかい、英: Trilateral Commission 略称TLC)とは日本・北米・ヨーロッパなどからの参加者が会談する私的組織であり、民間における非営利の政策協議グループである[1]。
現在の正式な日本語名称は「三極委員会」。

概要

1973年にデイビッド・ロックフェラー、ズビグネフ・ブレジンスキーらの働きにより[2]、「日米欧委員会」として発足した。

日本・北米・ヨーロッパに設けられた三つの委員会によって総会が運営される[3][4]。
参加国は委員会の規定では「先進工業民主主義国」とされている。
三極委員会の目的は、先進国共通の国内・国際問題等について共同研究及び討議を行い、政府及び民間の指導者に政策提言を行うことである[5]。

最終更新 2014年5月18日 (日) 15:27 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
------------------------------------
(引用終わり)

『七百十八:「666」の数字について』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/666-1779.html

(右のロゴの翻訳)
-----------
三極委員会(新世界秩序、【NWO】のシオニストの実体)666のロゴを含んでいます。

20131215111


666を成しながら、そのロゴから切り離された、各々の矢は、一つの6をなしています。
米国を基礎として、デイビッド・ロックフェラーが、この組織をつくりました。
NWOにアメリカを柔弱にさせるためにです。
委員会のメンバー達は、上院議員、下院議員、クリントン大統領と彼の閣僚の多くのメンバー達を含んでいます。
その他の大統領達も、また、そのメンバーでもありました。
-----------

(以下、原文)
-----------
Trilateral Commission

The logo the Trilateral Commission (Zionist entity of the New World Order) contains a 666 .
Each arrow when separated from the logo is a 6 , making 666 .
David Rockefeller created this organization , based in the United States , to soften America to the New World Order .
Commision members include senators , congressmen , President Clinton and many members of his cabinet.
Other presidents have also been members .
-----------

『千七十三: 三極委員会を説明したビデオを見て』
●CBS 三極委員会が世界を支配します #cbs #trilateral_commission
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/post-0c12.html
http://www.youtube.com/watch?v=0adJr56ydVU

CBS 三極委員会が世界を支配します #cbs #trilateral_commission
YouTube: CBS 三極委員会が世界を支配します #cbs #trilateral_commission

 

(上記ビデオより)
-----------
最近、私達は大いにグループについて聞いて、そして合衆国政府を敵として見ます。
それは彼等が見る唯一の敵ではありません。
より重要な容疑者は三極委員会と呼ばれる私的グループです。

国連はアメリカを乗っ取り、三極委員会が世界を支配するでしょう。
-----------

『千六十一:イルミナティについて_No.20』
●外交問題評議会 ロックフェラー 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言4/11 #cfr #rockefellers
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no20-83c3.html
http://www.youtube.com/watch?v=1WhmtztzpSI

外交問題評議会 ロックフェラー 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言4/11 #cfr #rockefellers
YouTube: 外交問題評議会 ロックフェラー 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言4/11 #cfr #rockefellers

 

(上記ビデオより)
-----------
さて、ロスチャイルド家がイルミナティを指揮します。
そして全ての国で彼等は、その家族の長がイルミナティの長であるという状態を家族で持っています。
全米にはロックフェラー家があります。
デイビッド・ロックフェラーは、米国内でのイルミナティの名前である外交問題評議会と三極委員会の両方の長です。
-----------

『六百九十三: 日本の秘密保護法案など_No.3』
●秘密保護法とNWOの日米欧三極委員会とのつながり
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no3-8e24.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------------------
自民党という政党は、そもそもが、ニューワールドオーダー推進のためにCIAの手を借りて育成されてきた政党。
安倍政権は、与えられたミッションを忠実に実行しているのです。
「日本政府の内部にCIAに飼われている連中がいる」
・日米欧三極委員会(日本での正式名称は「三極委員会」)
・外交問題評議会(CFR)
・王立国際問題研究所(RIIA:所在地の名をとってチャタム・ハウス「Chatham House」とも呼ばれる)
・三百人委員会(Committee of 300)
・ビルダーバーグ会議

CSISの位置付けは、CFRの手足の一つで、「日本担当」の実働部隊、ジャパンハンドラ―です。
------------------------------
(引用終わり)

『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html
(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている
自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。
---------------

1297513491312161229801

 

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
http://www.youtube.com/watch?v=LdzaQPDIUzA

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
YouTube: 安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back

 

『三百二十七:マスメディアとイルミナティについて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/post-4515.html
http://satehate.exblog.jp/12970581/

C0139575_232325711

-------------------------------------------
ほぼ40年にわたって、ワシントンポスト、ニューヨークタイムズ、
タイムマガジン、そしてその他 偉大なる出版社の取締役が
我々のミーティングに参加してくれ、公表しないで
静かにしていてくれていたことに感謝している。
それらの年月の間、もし我々が世間の注目の明るい光の中に出ていたなら、
我々の計画を発展させることは不可能だったろう。
しかし世界は今さらに洗脳されて、
世界政府に向けて更新する準備は整っている。
その超国家的知的エリートと国際銀行家の支配力は、
確かに過去の世紀の国家が自分で決めていたやり方より望ましいものだ。

                ―デヴィッド・ロックフェラー
                1991年三極委員会での演説にて
-------------------------------------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム