« 二千百十一: 私の見かけたニュース_No.61 | メイン | 二千百十三: News_No.507 »

2014年7月19日 (土)

二千百十二: FRBについて_No.8

私は以下のビデオを見かける機会がありました。
ご紹介させて下さい。

---------------------------------
FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" in Germany
http://www.youtube.com/watch?v=GrZ4h5-7Wto&list=UUFdlR1eZu3adxifzJ-yS6_Q

FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?
YouTube: FRB連邦準備銀行を廃止せよ!ドイツ編 デモ組織者の車が炎上?"End US Fed" in Germany

2014/07/03 に公開

しかし私達に反対する何人かが、すでに私達の車を燃やしました。

(リポーター:)
私達にもっと迫害について、この運動を始めた事であなたに起こった事を教えてもらいますか?
それから車の事について詳しく教えてもらえますか?
なぜならそれは興味深いからです。

ええ、私達がこの運動を始めた最初の日から、私は連邦準備銀行法案は本当に悪質な法案であると言っていました。
ドイツでは、それはナチスのための規約のようなものです。
しかし私は連邦準備銀行法案について知らなかったし、興味もありませんでした。

それで私は「おい、みんな、FRB連邦準備銀行は悪質だぞ」と言いました。
すると彼等は私を叩き始めます。
メディア全体、多くのメディア、企業、テレビ、印刷メディアはすべて同じで、本当に本当にとても露骨な事を、私に関して全ての嘘を書きました。
私は決してナチスか何かに所属した事はありません。
私はプロのスカイダイバーです。
この10年間でユダヤ教徒やイスラム教徒や仏教徒、すべての文課や国家の人々と一緒に、飛行機から飛び降りました。

ですから私はどのような差別も持っていないし、それは一つの世界ですね。
しかしこの世界を救うために、物事を変化させなければなりません。
それは制度です。

制度上の問題です。
ここドイツの問題ではありません。
ギリシャの問題ではありません。
アメリカの問題ではありません。
精度の問題であり、全世界の精度の問題です。

(リポーター:)
あなたの車に何が起こったのか教えてもらいますか?

いいですよ、それは私の車ではありませんでした。
昨日、私はライプチヒに行ってました。
なぜなら月曜日にドイツ全体の別々の都市で、約100のデモがあるからです。
人々が、スイスやオーストリアで既にデモに参加しています。
ですから本当に成長している運動であり、ほぼ全世界的です。
スペインが参加しています。

私はスカイプでアリゾナ州と幾らか話して、このようにアメリカの州でさえ私達と協力したがっています。
それで昨日、私がライプチヒの行事に行く前にすでにインターネットに、「もしラーズ・メヤホルツがライプチヒに来たら、奴の車を壊してやる」というように、誰かがインターネットに書き込んでいました。

今「俺達がやった」と言う文章がありますが、私達にはそれが本当か本当じゃないかはわかりません。
それは難しい状況のようです。
それで警察は「車が勝手に燃えた」と私達に言っています。
「理由も無くただ炎上した」というように。
私はそうは思いませんが。

私は本当は誰かが車を燃やしたと、プロのような仕業のようだと、本当に私の車を奪おうとしていると思っています。
でも、それは私の車ではありませんでした。
ですからとにかく、その車は私の中の良い友達のものであって、彼はまだライプチヒに立ち往生しています。
ですから、彼等はこのようなことで生活を破壊しています。
私達はここや、平和や自由のために各地に行きます。
彼等は私達の車を燃やして、次は何が起こるでしょうか?

それは本当に変です。
多分、それは仕組まれたシステムです。
ですからとても狂っています。

なぜなら、警察は今日「ただ理由も無く車が燃え始めた」というように言いますが、それは狂っています。
だから・・・

(リポーター:)
警察は公式に「車がちょうどどういう訳か燃えた」と言っているんですか?

はい。その通り。

(リポーター:)
それは狂っています。
誰がこれをやっていると思いますか?
そしてなぜだと?

つまりライプチヒ政府は、おそらく、テロ攻撃を日中に街中で望んでいないようですが、政府は「分かった」と言うように言うでしょう。
でも、私達には分かりません。
実際に何が起こったのかを知りたくはありません、多分。
このようなことを、多分。

なぜなら、もし日中に混雑している街中で車を燃やせば、それはテロ攻撃のようなことです。
つまりこの車は、本当に爆発していたかもしれません、本当に。
だから彼等は一体何をしてやがるんだ?

それは狂ってます。
狂気です。

(リポーター:)
主流メディアが扱っていないことで、私達に何か言いたい事はありますか?
何か主流メディアが伝えていないことはありますか?
あなたが行ったり組織している事で、街頭に出ている人に知ってもらいたい、あるいは人々が知っておくべきことは?

主流メディアは、例えば、ドイツ政府がウクライナのファシズムとビジネスしていることを伝えていません。
それはまるでウクライナのファシズム政府を、アメリカとドイツが支援しているようです。

歴史を振り返ると、ドイツ人はすでにこれを経験したし、何が起こったかを知っています。
ですからドイツ人はこれを止めなければなりません。
それはただ小さなことです。

私は金融やビジネスやその他について詳しく伝える事ができますが、これがこの瞬間に最も重要な事です。

(リポーター:)
とても、とても、よく言ってくれました。
その他に視聴者に対して何か言いたい事はありますか?

銀行制度は、あなたが持っている全ての物を奪っています。
彼等はあなたの家を奪って、あなたの土地を奪って、国々から土地を奪います。
メキシコを見て下さい。
メキシコ政府は賃貸利息を払う事が出来ません。
メキシコは、政府が所有していた全ての土地や企業を失いました。

ですからこの世界の銀行制度は、ちょうど今、個人や国から全てを奪う事に一役買っています。
ですから、私達は、このゲームの終わりには、世界中に銀行独裁を持っています。

(リポーター:)
あなたが必要とする具体的な解決策や答えはありますか?

どのように世界的な解決策を作るかは、まず第一に、何百万人もの人々が街頭に出て、一つの声と共に叫ぶことが重要です。
一つの例として「FRB連邦準備銀行を廃止せよ!」と。

想像してください。
ドイツやヨーロッパの1000万人、ロシアの1000万人、多分、アメリカの1000万人、中国の1000万人やどこでも。
想像してください。
5000万人が、都市の街頭で同じ日の同じ時に、「もう私達には連邦準備銀行はいらない」と言うのを。
これはチェンジを作り得ます。
その時に彼等は、私達が言う事を聞かなければならないでしょう。
---------------------------------
(概要終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)

==========================
『二百五十三: News_No.298』
●アメリカの真実(2) ケネディ大統領が発行を命じた紙幣と残された演説、そしてタイタニック沈没とFRB
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no298-e74a.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_44.html

しかし、その後、大統領命令、第11110号の取り消しの無いまま、その米国政府が作った公式のお札が回収され、代わりに、大変よく似たFRBの印刷した大量のお札が、市場に出回りました。

▼2ドル札「政府発行券」

1376229826676131153161

▼2ドル札「FRB発行券」

137622983883613115762_2frb1

▼5ドル札「政府発行券」

1376229859467132212851

▼5ドル札「FRB発行券」

137622987167913221385_5frb1

---------------------

『六百四十三:私の見かけた情報_No.11』
●世界銀行の内部告発者カレン・ヒューズさんのインタビュー
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no11-dffa.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51909583.html
http://beforeitsnews.com/blogging-citizen-journalism/2013/12/karen-hudes-beforeitsnews-interview-exclusive-on-nibiru-israel-iran-a-return-of-the-rule-of-law-2449738.html
Exclusive Karen Hudes Before It's News Interview
http://www.youtube.com/watch?v=7p3F8r5i7EY

Exclusive Karen Hudes Before It's News Interview
YouTube: Exclusive Karen Hudes Before It's News Interview

●カレン・ヒューズさん
-------------------
「世界銀行は完全に腐敗しており、汚職が横行しています。」
「チューリッヒ工科大学の3人の数学者の調査によると、特定の銀行家集団が多くの民間企業を奪い取り、彼らは企業の取締役の地位を獲得し、企業の年間収益の60%を搾取していることが分かりました。」
「さらに彼らはメディア業界にも入り込み情報を操作しているため、人々に真実が伝わりにくくなっています。」
-------------------

『二百五十二:FRBについて_No.4』
●ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

●ファラカ-ン
-------------------
「、、、1912年12月22日に、アメリカの中央銀行は幾つかの一族の手に握られました。」
「通貨を発行する連邦準備銀行は政府に属してはいないのです。、、、」
-------------------

『二百四十四: FRBについて_No.3』
●アロンルッソ #keizai 中央銀行による世界奴隷計画 自由からファシズムへ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no3-4169.html
http://www.youtube.com/watch?v=c2HUsKG9Bp8

(上記ビデオより抜粋して引用)
-------------------
反対が強く、連邦準備会制度という「銀行」を入れずに名称詐欺で設立しました。
アメリカで起きているものは企業によるのっとりです。
多くの企業は連邦準備制度に従っています。
人々は連邦準備制度は民間銀行だと知りません。
ロスチャイルド家やロックフェラー家などです。
政府は必要なお金を米国連銀から利息付きで借りなければならなくなったのです。
不換紙幣と呼ばれるもので、不換紙幣では連邦準備会は好きなだけ無から作りだせるのです。
もうインク代もかかりません。
例えば100ドル札の印刷コストは3セントですが、3セントも必要ないんです。
コンピュータ上で数字を入力するだけですから、もう支払う必要はありません。
-------------------

『二百二十二: FRBについて_No.2』
●米連銀が16兆ドルものお金を世界中の銀行、企業にばら撒いていました!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb_no2-9cf7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51845810.html
http://beforeitsnews.com/economy/2012/09/first-audit-in-the-federal-reserves-nearly-100-year-history-were-posted-today-the-results-are-startling-2449770.html

『二百十:FRBについて』
●イギリス上院証言 アジアの資金15兆ドルを米国連銀が詐欺横領?12/2/16
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/frb-059f.html
http://www.youtube.com/watch?v=q2xteET72es

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム