« 二千百九: News_No.506 | メイン | 二千百十一: 私の見かけたニュース_No.61 »

2014年7月19日 (土)

二千百十: 私の見かけたニュース_No.60

私の気になりましたニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2014/7/17記事より引用)
------------------------------
●ベテランズトゥデーのインタビューで重要な情報が伝えられました。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51933323.html

(邦訳:『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/edward-snowden-reveals-isis-leader-abu-bakr-al-baghdadi-trained-by-israeli-mossad-video-2993768.html

(概要)
7月16日付け:
最近、スノーデンが暴露した情報によると。。。
テロリストグループのISISは英・米諜報機関とイスラエルのモサドが作り上げた組織だと言っています。
英・米・イスラエルは世界中のイスラム過激派を1箇所に集めることです。

その理由は、シオニスト集団を守るためであり、そのために宗教やイスラムのスローガンを作り出したのです。
ユダヤ国家を守る唯一の方法は、国境周辺に敵国を創ることだそうです。
ISISのリーダーや指導者は話術を教わり、1年間の集中的な軍事訓練を受けました。
この情報はイランが3週間前に伝えた情報と同じです。

http://beforeitsnews.com/alternative/2014/07/plan-to-overthrow-us-government-exposed-by-us-intel-2993594.html

(概要)
7月16日付け:
ベテランズトゥデーの番組で語られた内容です。
ベテランズトゥデーの情報は常に監視され、番組が妨害されたりビデオが削除されています。
これは非常に重要な情報です。


シオニストは米政府を転覆させ、アメリカにあらゆる面でシオニストの支配体制を築こうとしている。
さらに、今後も様々な戦争を勃発させアメリカを参戦させようとしている。


DHS国土安全保障省は完全にイスラエル配下の機関であり、イスラエルとの二重国籍者が支配している。
彼らの究極の目的はパレスチナ人に行っているのと全く同じことをアメリカ人にすること。
つまり、アメリカ人の内蔵を摘出して殺害するということ。

しかし彼らはアメリカ人だけでなく世界中の人々に同じことをしたい。


主要メディアやオルターナティブメディアの多くがシオニストから脅迫されており、情報が監視されている。


米政府は9.11事件は、核攻撃を受けたことを瞬時に認識した。
可視閃光を発しない核爆弾が使われた。
その犯人が誰なのか我々は知っている。
誰がアメリカでそのような核爆弾を作り、ビルに投下させたかも知っている。


米当局は、アメリカの電気網をどのようにしたら破壊できるかについての報告書をまとめた。
しかし彼らはアメリカの電気網を守るためであると説明しているが、実際は違う。
アメリカは既にアメリカの電気網を破壊する兵器を所持している。


米当局は、9.11のテロ攻撃は核攻撃であったことを示す証拠がいくつも提出されたにもかかわらず、それを認めようとはしない。
米連邦議会も真実を知っていながら全て隠蔽している。
CNNもデータを受け取り、真実を報道しようとしたが、のちにそれを破棄してしまった。


オバマはイスラエルから距離を置いている。
白リンやクラスター爆弾をイスラエルに売るのを止めた。


イスラエルのヘリコプターや軍用機は窮地に立たされている。
なぜなら、ロシア製の最新式兵器(誘導ロケットなど)がハマスの手に渡り、イスラエルの施設を正確に狙い破壊しているからだ。
しかしこの事実はイスラエルによって隠蔽されている。
イスラエルはハマスのロケット(ミサイル)は、何もない場所に着地していると嘘を言っている。


イスラエルの核施設の鉄のドームはあまり役に立っていない。
誘導ロケットに対抗するにはイージス艦が必要だ。
イージス艦はアメリカがイスラエルに提供したものだ。
鉄のドームもアメリカが資金を提供した。


イルミナティの13評議委員会は毎年、夏至と冬至に子供を1人ずつ殺害している。
ベテランズトゥデーはこのことをビデオで暴露したが、アレックス・ジョーンズやグレン・ベックなどの監視員によって常に情報が検閲されている。


イスラエルは、ハマスの誘導ロケットが25人の特殊部隊を攻撃したことで大変なパニックに陥っている。
イスラエルの特殊部隊はハマスの誘導ロケットの発着場所を突きとめようとしてガザの海岸に上陸したところ、誘導ロケットから攻撃を受け、数人が死亡した。
彼らはハマスの奇襲攻撃を受けた。
特殊部隊はイスラエルの空軍に助けを求め、そこから救出された。


ロシアの諜報機関はスノーデンが所持する公式文書を追跡し、9.11が核攻撃であったことを突き止めた。


小型核爆弾の核ピットが何回も機械加工され再利用されてきた。
誰が機械加工を行ったかを我々は知っている。


DHS国土安全保障省は、大量不法移民を入れるためにアメリカの国境を開放した。
彼らは、偽旗事件を起こすために、事件を演じる演技者を雇い、圧力釜に爆弾を仕掛けたりして、爆発事件を起こしてきた。
彼らはアメリカ人ではない。


ISISはイスラエルの組織であるため、イスラエルの敵にのみ攻撃している。
ガザの戦争では、イスラエルの諜報機関が、3人の10代の少年を拉致し殺害した。
そのうちの1人は逃げだし警察に通報したが、警察は全てを隠蔽した。


ガザから発射されているロケットは誘導システムにより非常に正確に狙うことができる。


パパブッシュはブッシュ・ジュニアが大統領になった時に黒幕として裏から政治を支配していた。
ブッシュは、クリントンも支配し、オバマも支配しようとしている。
しかしオバマは強く抵抗しているため、ブッシュはオバマを排除しようとしている。


イスラエルは自分達が9.11の核攻撃に関与したことがばれるとは思ってもみなかった。


ブレジンスキーは、アメリカに内戦を勃発させ国を崩壊させ、新しい人々をアメリカに送り込もうとしている。
そのために起きている権力闘争の中で、アメリカの大物を倒している。


ロンドンの金融街の銀行家らの力が弱体しており、その結果、新たなシステムが導入されようとしている。
しかしそのリーダーとなる人物は羊の皮を被った狼であり、やがては世界戦争を仕掛けるだろう。


秘密宇宙戦争が進行中である。
米空軍、米海軍(時にはその他の国々も参戦)、エイリアンとの間で秘密宇宙プログラムの一環として宇宙戦争が起きている。


エイリアンのアジェンダとは、地球上の80%の人間を殺害することである。
エイリアンが最も消したい人間は、エイリアンに対する戦闘要員となるアメリカの男性である。
しかしエイリアンは量子レベルで作動する兵器を持っており、それを使うと人間の脳を完全に機能不全にさせることができる。
しかし神が本当にそのような事を許可するのだろうか。


イスラエル国民の80%はヘブライ人ではない。


ブラフデールにあるNSAの秘密基地は エイリアン基地と繋がっている。
そこには、多くのエイリアン+人間ハイブリッドが常駐し働いている。
彼らの外見は人間と全く同じである。
エイリアンのアジェンダとは。。。
世界支配であり、バビロン時代から計画されたアジェンダである。

大陸間弾道ミサイルはもはや脅威ではない。
他国は秘密裡に最新式兵器を所持しており迎撃態勢ができている。
最も脅威なのは、海上30mのところを飛ぶことができる原子力巡航ミサイルである。
--------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』から上記記事に関すると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『二千七十三: News_No.497』
●プーチンも言及・・・NWOアジェンダ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/news_no497-3163.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51931929.html
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2014/07/putin-exposes-nwo-global-prison-conspiracy-theory-no-more-2463832.html

(概要)
7月1日付け:
プーチンは演説の中で、陰謀論者が長い間、語ってきたNWOアジェンダについて正式に発表しました。
プーチンは、NWOのアジェンダとは、世界中を刑務所にすることだと伝えました。
演説の中でプーチンは、ウクライナ情勢についてや、西側諸国による終わりなき(他国への)侵略行為により世界中が戦争状態になってしまっていることを伝えました。
しかしプーチンは、米憲法がアメリカを支配している限り、NWOはいかなる手段を使っても、アメリカを占領することはできないと発言するのを拒否しました。

(プーチン大統領の演説・・・ウクライナ情勢、西側諸国の動き、今後のロシア外交政策について)

Putin to West: Stop turning world into 'global barracks,' dictating rules to others (FULL SPEECH)
http://www.youtube.com/watch?v=rnvedlkXXrI

Putin to West: Stop turning world into 'global barracks,' dictating rules to others (FULL SPEECH)
YouTube: Putin to West: Stop turning world into 'global barracks,' dictating rules to others (FULL SPEECH)

『二千百七:私の見かけたビデオについて_No.54』
●信じられない!9歳の少女がオランダテレビで新世界秩序の計画を暴露しました。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no54-6986.html
http://www.youtube.com/watch?v=401WlHNyWrw

信じられない!9歳の少女がオランダテレビで新世界秩序の計画を暴露しました。
YouTube: 信じられない!9歳の少女がオランダテレビで新世界秩序の計画を暴露しました。

『千六十三:イルミナティについて_No.21』
●ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5/11 #druid #illuminati
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no21-7fda.html
http://www.youtube.com/watch?v=MQRyThSfSOM

ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5/11 #druid #illuminati
YouTube: ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5/11 #druid #illuminati

 

(※筆者注:なぜかわからないのですが、英語で語られているこのビデオの日本語訳にモザイクがかかって、日本語の字幕を読めない状態です。なぜ、字幕部分にモザイクがかかるようになったのかはわかりません。)

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------------------
今それはキリスト教徒の大統領について考えていた数人を黙らせました。
しかしそれはとにかく事実です。
大ドルイドはちょうど私のように普通の人々に過ぎないように見えますが、あなた達は今このように私を見ていますが、私は魔女妖術でした。
そして私の権限の一部は、私が代わりに考えるのではなく、ただ単純にロンドン、ロスチャイルド家から受けた命令を知事、上院議員、あるいは私の地域を担当している私から直接政治的な命令を受けている政治家に、ただ単純に解釈して伝える事でした。
それが13人評議会です。
----------------------

『二百六十四:私の見かけたビデオについて_No.29』
●リビア 反政府派はアルカイダ 米国が資金援助 元CIA証言 #libjp #midjp #syrjp
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no29-e6d0.html
http://www.youtube.com/watch?v=0yQaUhCCMeE
(このビデオは埋め込み不可の設定がされているので、視聴されたい読者の方は、直接、URLをブラウザのURLボックスに入れて、ご覧ください。)
●アルカイダは存在しない テロの真の首謀者・資金源
http://www.youtube.com/watch?v=K9aNZvs0H4o

アルカイダは存在しない テロの真の首謀者・資金源
YouTube: アルカイダは存在しない テロの真の首謀者・資金源

(以下、上記ビデオの概要)
------------------------
●男性キャスター:
「メディアによる大量偽造の世界。」
「テロリズムに対する終わりなき戦争。、、、」
「、、、目的は中央アジアの石油ですね。」

■本の著者:
「、、、サウジアラビアの金に結びつきます。」
「この金はアメリカの金と提携し、それをたどると、ベクテル、ハリバートンやカーライルなどのアメリカの大きな軍事複合会社へ至ります。、、、」
「、、、あなたが真面目に現在のテロリズムの資金を調査すれば、、、すなわち、アメリカ人がその秘密を明かすことを恐れる国際金融の仕組みに行き着くのです。」

●男性キャスター:
「、、、テロの2か月前にアメリカがビンラディンに取引を提案したのは確かなのですね。」

■本の著者:
「ドバイのCIA責任者ラリー・ミッチェルが2001年7月12日にビンラディンと会ったのは事実で、それは最終交渉を実現するためでした。」
------------------------

『三百九十三:911の看板を見て』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/911-e410.html
「WTC7 -- This is an Orange - YouTube」
http://www.youtube.com/watch?v=Zv7BImVvEyk

137909496138113221256_1379059543564

137909497667213221638_1379059570164

『四百八十八: 私の見かけたビデオについて_No.48』
●「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no48-94d3.html
http://www.youtube.com/watch?v=Usbb5t5YqB4

「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」
YouTube: 「俺たちはCFRが911テロを指揮したってことを知っているんだ!」

 

『四百三十四:私の見かけたビデオについて_No.41』
●FEMAキャンプについてCIAエージェントの告白- 重要!!!!!!!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no41-c9b9.html
http://www.youtube.com/watch?v=AwLLzy2b9RQ

FEMAキャンプについてCIAエージェントの告白- 重要!!!!!!!
YouTube: FEMAキャンプについてCIAエージェントの告白- 重要!!!!!!!

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム