« 二千百二十九: News_No.516 | メイン | 二千百三十一: News_No.517 »

2014年7月29日 (火)

二千百三十: 水の活かし方_No.2

二千百二十八:水の活かし方』で、書き忘れていた事がありました。
「手を洗う時の水」とか「顔を洗う時の水」とか「歯を磨く時の水」などをご紹介しました。
しかし、まだ、注意してみれば、私達はかなり多くの水を再利用できることがわかります。

夏場に、私達はそうめんやそばなどをよく食べます。
そのそうめんやそばをゆがいたお湯も冷やして、打ち水に使える事に気が付きます。
また、そうめんやそばを冷やした水もありますが、これも捨てずに、打ち水に使える事に気が付きます。

また、この季節ですから、豆腐をよく食べると思います。
この豆腐のパッケージの中に入っている水も再利用できることに気が付きます。
注意深く探してみれば、まだ見つけられると思います。

また、打ち水と言っても、結構、重要な事に気が付きます。

P4160159


それは樹木に与える打ち水です。
樹木に与える打ち水は、道路などに撒く打ち水と違っている事に気が付きます。
なぜならば、樹木に与える打ち水は、当然、樹木がその水を吸います。
ですから、普通の私達の家庭に植えてある樹木は、一種の水のタンクである事に気が付きます。
ですから、私達の生活空間の中に樹木があれば、それは水を保存している事ですから、日本に住んでいる私達の生活空間は、砂漠のように、極端な暑さになっていない事がわかります。
樹木が植えられているからこそ、それだけ暑さが控えられている事がわかります。
樹木の中に大量の水が保存されているのですから。
ですから、打ち水も道路に撒くのも良いと思われますが、樹木に打ち水を与えて、生活空間の涼しさを保つ事も良いことだと考えられます。

また、学校のプールや、市営プールの中の水も、そのまま捨てるのではなく、打ち水や、その他の再利用に多く、活用できると思います。

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『二千百二十八:水の活かし方』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-1e00.html

『二千百二十六: 冷蔵庫の活かし方』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-9aaf.html

『二千百二十四:ハンダ付けを使った節約方法』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-02e7.html

『二千百二十一:蚊(か)の減らし方』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-0637.html

『二千百十六:物資の活かし方を考える』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-c79f.html

『二千百八:無農薬野菜を使った節約方法』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-e6e0.html

『二千百四: タッパについて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/post-fa56.html

『二千九十七:節約について_No.5』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/07/_no5-f913.html

『二千六十七:節約について_No.4』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/06/_no4-f4a9.html

『二千五十八: 節約と新しい発見』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/06/post-3c7f.html

『二千五十五:節約について_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/06/_no3-c5d4.html

『八百二十四:節約について_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-1753.html

『二千九百二十九:節約について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/02/post-83e0.html

『二千八百六:食器洗いの水の節約について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-1403.html

『二千八百十九:経済的な事(改訂版)』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-6668.html

(上記記事より)
================================
先日、出版された本に以下のものがあります。
---------------------------------------------
『SHARE<共有>からビジネスを生みだす新戦略』
  
    レイチェル・ボッツマン 著
    ルー・ロジャース 著
  
    小林弘人 監修・解説
    関美和 訳
    NHK出版
---------------------------------------------
その中に、以下の例があります。
---------------------------------------------
  
  アメリカの半分の世帯(約5000万世帯)が電気ドリルを持っている。
  しかし、それらは、人間の一生の間に、一つの世帯で、合計して6分か13分しか使用されていない。
  
---------------------------------------------
だいたい、以上の例が紹介されてありました。
================================

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム