« 千三十二: イルミナティについて_No.17 | メイン | 千三十四: 私の見かけたニュース_No.56 »

2014年4月 4日 (金)

千三十三: イルミナティについて_No.18

千三十二:イルミナティについて_No.17』の続きです。

ビデオも、『ロスチャイルド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言1/11 #illuminati #rothschilds』の続きです。
そのままを載せます。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

===========
支配者の構造 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言2/11 #illuminati
http://www.youtube.com/watch?v=P1qi7DKoLv4

支配者の構造 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言2 11 #illuminati
YouTube: 支配者の構造 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言2 11 #illuminati

アップロード日: 2011/08/21

イルミナティの勢力は次のようなものです。
はじめにたいていの人々は、道が交差したところにイルミナティを見い出しました。
人々はオカルトの中にイルミナティを見い出しました。
そして間違って彼等は「なるほど、イルミナティはオカルトです。」と言いました。
それから彼等はフリー・メイソンの中に見い出しました。
そして「なるほど、イルミナティはメイソンです。」と言いました。
それから彼等は政治の中にそれを見い出しました。
そして彼等は「おお、イルミナティは政治です」と言いました。

そして彼等は国際銀行業システムやシオニズムの中にイルミナティを見い出して同じようにリストに加えました。
実際にイルミナティはこれらすべてのものであり、それ以上の多くのものです。
彼等はモルモン教の中にイルミナティを見い出しました。
それはモルモン教のリーダーがイルミナティで高位にあるからです。
彼等はジョン・パーチ協会の中にイルミナティを見い出しました。
それはジョン・パーチ協会を導く人がメイソンとモルモン教両方の高位であるからです。
イルミナティはこれらすべてのものであり、その力は金融にあります。
もしあなたがその金融を取り去るなら、それは不可能ですが、、、
すみません、本の題名を言うのを忘れていました。
飛ばしてしまったことに今気づきました。
先に行き過ぎています。
本の題名は「肩をすめるアトラス」(アイン・ランド著、脇坂あゆみ訳、ビジネス社)です。
双肩で世界の天空を支える"アトラス"と肩をすくめるの"シュラグド"です。

さて、これはそれに伴う警告です。
私は今晩暗号本について話します。
この本には悪魔がどのように暗号本・音楽・その他の中に存在しているのか書かれています。
彼等は、オカルトやイルミナティの中でそれを買うように言われた人達以外の人々がこの本を買う事を望みませんでした。
この年(1996年もしくは1978年頃?)だけで彼等は、100万部を主にキリスト教徒に売ったので、極めて腹を立てています。
彼等はそれを好みません。

実際彼等はそれを印刷するのをやめようとしましたが、人々がそれを印刷するのを止めることを望みません。
人々はこの本を売る事によって多くのお金をかき集めています。

しかしこの本についての良くないことは、それが小説として書かれていますから、ポルノ雑誌か何かに属するかもしれないと思われる文章が多少あります。
多分、1,100ページの中からそういう部分を5か所は数えるかもしれません。
あなたはそういう部分をこのように引き離して棄てることができます。
そういう部分はキリスト教徒が本を読むことを阻止する目的でつけられます。
ですから、もしあなたが読むべきでないと思われる文章に到達したら、ただ次のページを開いてください。
それはその時までに終わって物語を読み続けることが出来ます。
もしあまり読みたくなければ、最初の200ページを飛ばして下さい。

最初の200ページはまさに世界中のたいていの人々がそうであるように、とても退屈です。
実際、この事件が起こったあの事件が起こったなどと話しながら、全ての社会的地位の人々による陰謀があります。
そして、あなたに事件を計画している陰謀があるということを知らせているのは、とても退屈な事です。
それは今日新聞を読むようなものです。
あなたは本当に何がその背後で起こっているのか知りません。

しかし、最初の200ページの後の8・9章ぐらいから、全て起こっていることは起こるように仕組まれたということを明らかにし始めます。
イルミナティの共通の呼び名は陰謀もしくは大陰謀です。

私達が共産党やイルミナティなどの組織の中で人々のための学校制度を失うまで、あなたは歴史クラスの中でその歴史は、誰かがそれが起きるために共謀したから、それが起きたということを教えられました。

私達はこの国の誰も多分、私達の政府が陰謀であったという考えを得る事を望みませんでした。
彼等は、それが起きたのは、それが起きたからであると教え始めることに決めました。

人々が腹を立てたから第2次世界大戦が起きました。
人々が腹を立てたから第1次世界大戦が起きました。
私達が十分なお金も無いのに、あまりにも早く多く買ったから不況が起きました。

彼等は、誰かがそれが起きるために共謀したから、全てそれが起きたという考えを人々が得る事を望みませんでした。
私は今晩、何よりも一つの事を達成する事を望みます。
私はあなたたちの態度を変えます。
私は、あなた達がここで立ち去ってから何かが起こっても大丈夫なように、あなた達の人生に新しい形式・パターン・その他を与えます。
今私は彼等が本当に何をしようとしているか疑問に思います。
本当に。
いいですか?
===========
私は上記ビデオの概要を書かせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『千三十二:イルミナティについて_No.17』
●ロスチャイルド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言1/11 #illuminati #rothschilds
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no17-534a.html
http://www.youtube.com/watch?v=YLN1cLqD2uU

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

ジェイ・パーカーインタビュー②
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

●ジェイ・パーカー
------------------
「ですから基本的に私達には、エリート達の為に働く3400万人の代々続く悪魔崇拝、小児性愛者達がいるんです。」
「それから、ソフトキル化学薬品を私達の環境に入れているんです。」
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
「、、、ですから、その方法でもあなたはゆっくりと殺されているんですよ。」
「他にイルミナティ支配システムが行っている事は、第2次世界大戦以降、本当に西洋、日本、アメリカの経済の厳重監禁をしているんです。」
「どの様に銀行が欧米世界の操作をしているのかと見渡してみると、そして第二次世界大戦の時代以降、にわか景気と不景気のシステムを見つける事でしょう。」
「それは中央銀行が欧米中に渡って従事している事なのです。、、、」
「、、、そうです。第二次世界大戦以降、欧米経済全体はロスチャイルド、ロックフェラー銀行カルテルによって支配されているのです。」
「どの様にウォール街や英国銀行家達が、ヒトラーを資金援助したかについてです。」
「第二次世界大戦終戦の一か月前まで、国際決済銀行はスイスでナチスからアメリカや英国の銀行へと支払利息を受け取っていたんです。」
「ですから、全ては詐欺なんですよ。本当にね。」
「全てはあなたを楽しませ続け、異なる政治的派閥がそこに実際にあると思わせる為の大きなステージショーなんですよ。」
------------------

『六十: 私の見かけたビデオについて_No.12』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-de25.html http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11547379055.html http://mizu888.at.webry.info/201306/article_53.html http://www.youtube.com/watch?v=PLnlKUGOszk

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー②
YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー②

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------------------
「私達全員、スーパーソルジャーやマインドコントロール被害者達、プロジェクトアイビスの子供達でさえ一緒に全員が、そうすれば私達が皆で起きている事を変える事ができるのです。」
「私はまた、ケンタッキーの地下施設で拷問を受けました。それが主な拷問地点でした。」
「ペンタゴンの高い地位の大勢の男達が、、、」
----------------------

『二百八十九:フリーメーソンとイルミナティ レジャンバルド神父』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-4df6.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_81.html
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=50235
●フリ-メ-ソンとイルミナティ レジャンバルド神父 Part2
http://www.youtube.com/watch?v=GzAsn0rH3FU

フリ-メ-ソンとイルミナティ レジャンバルド神父 Part2
YouTube: フリ-メ-ソンとイルミナティ レジャンバルド神父 Part2

(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
■2.イルミナティを動かすトップの人々
(13人のドルイド司祭)(2:10)

神父:
スコットランドのグラスゴー付近にロスチャイルド家の城があり、主要なサタン神殿の一つがその中にあります。

オナシス、ケネディ、カナダではサイラス・イートン、ジョン・フォスター・ダレス、ロスチャイルド家、ジスカール・デスタン大統領はフランスのロッジの名誉会員です。

これらの人々が相互に関係を結び、秘密の決定を行うのです。
彼らの決定は決して公表されないということに注目して下さい。
しばらく経ってから私達が知らされることは、財務省、産業省、工業省、国防省あるいは国務長官が何らかの決定を行ったということだけです。
私達は驚き、どこからそんなことが生じたのだろうと不思議に思います。
----------------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム