« 2014年3月 | メイン | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月29日 (火)

二千十六: 紫の音楽

                  紫の音楽


      闇の中 やわらかい音楽を聞いていると
      その音楽を 紫の炎に感じる。

      音楽の流れに沿って
      紫の炎を ゆらめく。

      その炎の ゆらめきの 中心から
      七色の炎が湧き出でる。

      虹の炎が 天頂目指して
      蝶の鱗粉のように 舞い上がる。

      心の奥底で
      紫の音楽に 耳を傾けている時に。

 

                                        坂本  誠

二千十五: 男女

                  男女


      荒々しき 磯のような
      岩肌の上に

      立ちかかるのは
      柔らかき 水の潮(うしお)か。

 

                                        坂本  誠

Img7d9392d02664

2014年4月28日 (月)

二千十四: 気流

                  気流


      大きな流れの中にいる。
      下流を見ている。
      陽が落ちるので、
      流れが赤々と染まっている。

      光る玉が浮き、明滅している。
      流れが奏でる 大きな音楽が聞こえる。
      その音楽は どことなく悲しみを帯びている。

      高度一万メートルの
      成層圏の中で
      一羽の鳥が飛び続けている。

 

                                        坂本  誠

Img7d9392d02693

二千十三: フッ素について_No.6

二千七:フッ素について_No.5』の続きです。

ここ最近、フッ素の話題が続いています。
私がスーパーマーケットに行ってみると、今度は新商品で、フッ素の入っていない歯磨き粉を見つける機会がありました。
以前は、既存の商品でフッ素の入っていない商品を見つけたのですが、今度は新商品でフッ素が入っていませんでした。
ですから、このブログの読者の方も、今現在、スーパーマーケットに行ってみて、探してみると、フッ素の入っていない歯磨き粉を見つける事が出来るかと思います。

新商品名をここに書かない理由は、このブログ上に特定商品名を書けば、これ自体が特定商品のコマーシャルのようになってしまいますので、これを避けています。
本記事自体は短いのですが、書かせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『二千七: フッ素について_No.5』
●松果体をデトックスする方法
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no5-139f.html
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11614002138.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------
ステップ1の「松果体の石灰化を進行させない方法」で、これ以上松果体が石灰化しないような日常生活を理解されたら、次に積極的にすでにある石灰分を除去しましょう♪

【Decalcify Pineal Gland】
http://decalcifypinealgland.com/how-to-decalcify-the-pineal-gland/ より翻訳

ステップ2 すでに松果体に蓄積されている石灰分を除去する
何年にも渡って蓄積された松果体内の毒素を除去するには、強い意志をもって専念する必要があります。
以下に松果体の石灰分を除去する方法をリストアップしました。
------------------

『千七十六:フッ素について_No.4』
●フッ素は中国の殺虫剤工場からアメリカに輸入されます
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no4-ea64.html
http://www.youtube.com/watch?v=l7HqNm8jZqk

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
そして人の皮膚に対しては著しい腐食性があります。
また人々の呼吸器にも有毒です。
そしてもう一つの中国のフッ素の供給者は、フッ化ナトリウムを殺虫剤や殺バクテリア剤として農業に使用している事を記述しています。
フッ素の信じられないような毒性情報を与えられても全く驚きません。
フッ化ナトリウムはそれを飲んだ子供達のIQを著しく低下させる事を学んでもです。
------------------

『九百:フッ素について_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no3-18f7.html

(上記記事より)
------------------
すると、数は少ないのですがフッ素の入っていない歯磨き粉がありました。
私は以前から、そのような歯磨き粉が欲しかったので、手に入れる事が出来ました。
------------------

『八百八十七:フッ素について_No.2』
●フッ素の戦い:強制的な社会への薬の投与
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no2-7ee7.html
http://www.youtube.com/watch?v=LaX0qHn0Yd0

フッ素の戦い:強制的な社会への薬の投与
YouTube: フッ素の戦い:強制的な社会への薬の投与

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「水道水へのフッ素投与の科学的研究はその他の条件の中でも低い知能指数、癌リスクの増加、骨の病気に繋がっています。」
「水道水へのフッ素添加は、子供達の脳機能と脳の発育を損ない、癌の確立を増加させ、類線維種機能を妨げ、骨粗鬆症や心血管疾患といった状態を悪化させるのです。」
「フッ素添加慣習が虫歯予防の助けになると示すデータは無いのです。」
「局所的に使用された状況でさえ、フッ素が歯を助ける筈が実際には歯を溶かしている事をデータは示しているのです。」
------------------

『七百七十八:フッ素について』
●フッ素と脳の発達
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/post-61ea.html
http://www.youtube.com/watch?v=NNdL_nFejwc

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「フッ素は心理的な問題を引き起こす可能性が有る毒物です。」
「それは何千人という子供たちのIQの低下を引き起こす可能性が有るのです。」
「我々はフッ素が問題の原因となっていることをテストしそれが証明されました。」
------------------

『四百八:私の見かけたビデオについて_No.37』
●フッ素の危険性と矛盾点(実は虫歯予防とフッ素は無関係)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no37-29c4.html
http://www.youtube.com/watch?v=E8FvF5kxG48

●ビル・オムンソン博士
------------------
「次は歯牙フッ素症です。」
「歯牙フッ素症の唯一の原因はフッ素です。」
「これは身体の他の部分にも沢山のフッ素がある可能性を示唆しています。」
「骨や、他の臓器にです。」
「アメリカ疾病予防管理センターによれば、現在アメリカの子供の1/3が歯牙フッ素症に罹っているそうです。」
------------------

『百六十八: 私の見かけたビデオについて_No.22』
●フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no22-41d9.html
http://www.youtube.com/watch?v=VMaHpVh1v4I

フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士
YouTube: フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士

●ポール・コネット博士
------------------
「フッ素によって体が不自由になっています。他の多くの人々にも健康作用があるのです。、、、」
「、、、歯のフッ素症です。フッ素は歯のエナメル質の変色斑点の原因になるのです。」
「、、、非常に穏やかで軽度の形状は歯の損傷に白い不透明な斑点を25倍に増大させています。」
「非常に軽度のフッ素症だけではなく、軽度とは15%の葉の表面が減少しています。100%の歯の表面に影響を受けたのが中程度、全ての表面がなくなっているだけでなく、ギザギザに欠けている等が重度です。」
------------------

『百七十六:『人口削減計画』等について_No.8』
●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html
http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA

●元脳神経外科医、ラッセル・ブレイロック博士
------------------
「99%の人がワクチンに水銀が入っていることなど知りません。」

「フッ素はお茶やコーヒー、水、パン、そして歯磨き粉にも入っています。」
「だけど毒だということですね。」

「フィリス・マレニクス女史はごく微量における、フッ素の毒性を発見しました。」
「実験でごく微量のフッ素が神経を損傷させることを突き止めたのです。」
「(学会で実験結果を公表した後で)『自分が何を言っているかわかってるのか?』と役員に聞かれました。、、、」
「1930年代ヒトラー率いるナチスは汎ドイツ主義とナチス哲学で世界を支配する計画を立てました。」
「当時のドイツの化学者たちは非常に精巧な大衆をマインドコントロールする技術を開発していました。」
「その具体的な手段は管理区域の飲用水に化学物質を入れることでした。」
------------------

『二百五十九:ペーパークリップ作戦について』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-6adf.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%A6

(ペーパークリップ作戦 - Wikipediaより)
---------------------
ペーパークリップ作戦(英:Operation Paperclip)は、第二次世界大戦末から終戦直後にかけてアメリカ軍がドイツの優秀な科学者をドイツからアメリカに連行した一連の作戦のコード名である。
ペーパークリップ計画 (Project Paperclip) とも呼ばれる。
1945年、統合参謀本部に統合諜報対象局 (Joint Intelligence Objectives Agency) が設けられ、この作戦に関する直接的な責任が与えられた[1]。

最終更新 2013年5月22日 (水) 09:03 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
---------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

ジェイ・パーカーインタビュー②
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

●ジェイ・パーカー
------------------
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
------------------

『百四十四:『人口削減計画』等について_No.5』
●NASAの未来計画文書③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no5-0b84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11563280614.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://solesoleil.exblog.jp/20441188/
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/nasa.html
http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

●デボラ
------------------
「、、、そして私達を病気にさせ続けているんです。」
「フッ素や食品中のアスパルテームからです。」
------------------

『二百八:News_No.281』
●イルミナティの計画&ブッシュ一族とロスチャイルドの戦い。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no281-3617.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891464.html
http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/how-bilderberg-fringe-was-controlled.html
●ケリー・キャシディさんによる
------------------
エリート組織(イルミナティ)は、我々から隠れ続けるのを止めました。
我々は彼等から直接攻撃を受けています。
エリート組織は、自分達を第4帝国であると呼んでいます。
そして彼等は誇り高く世界の人口の3分の2を消滅させると言いました。
------------------

 

                                        坂本  誠

二千十二: UFOについて_No.78

UFOについて私の見かけたニュースをご紹介させて下さい。

(以下、『ロシアの声』、2014/4/26記事より引用)
------------------------------
●豪州上空でUFO、パイロットが撮影
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_26/271687666/

飛行歴30年以上のパイロットがオーストラリア上空で不思議な炎を目撃した。

Sunshine Coast Dailyが伝えた。

匿名のパイロットは今までこうしたものは見たことがないと語っている。
パイロットは17日、カロウンドルで友人と空を見上げていたところ、突然、中国の提灯を想起させる3つの色のついた炎が空に現れた。
この物体の不思議な形と飛行軌道に驚いたパイロットはすぐさま撮影を開始した。

パイロットは撮影後コンピューターにダウンロードして観察したところ、飛行物体の翼と機体のようなものが映し出された。
パイロットはこれが軍事作戦である可能性も否定していないものの、軍隊にこうしたタイプの飛行機があるとは思えないとコメントしている。
「世界中を飛んだが、こんなものは見たことがない。」

ロシアマスコミの報道から
--------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『千八十七:UFOについて_No.77』
●UFOがケムトレイルに何かを発射しました。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/ufo_no77-c0ec.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51924269.html
http://beforeitsnews.com/beyond-science/2014/04/stunning-ufo-orb-fires-its-gun-into-chemtrail-twice-video-2445960.html
UFO (ORB) Fires Its Gun into Chemtrail!! Twice!!
http://www.youtube.com/watch?v=4byMQIk_iGQ

UFO (ORB) Fires Its Gun into Chemtrail!! Twice!!
YouTube: UFO (ORB) Fires Its Gun into Chemtrail!! Twice!!

 

『三千二百九十五: ケムトレイルについて_No.6』
●世界的ケムトレイルの秘密①
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no6-bfd4.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11306301335.html
http://www.youtube.com/watch?v=13tmmjFbwYM

世界的ケムトレイルの秘密①
YouTube: 世界的ケムトレイルの秘密①

 

『千十六:UFOについて_No.76』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/ufo_no76-3ade.html
●ISSに映った巨大なマザーシップ?
http://mizu888.at.webry.info/201404/article_4.html
http://blog.goo.ne.jp/narudekon/e/a7b5c185a800d12d102a7f0e6d1c9cfb?fm=rss
3000 Mile Wide Disc Caught By ISS?
http://www.youtube.com/watch?v=w_85KthrNi8

3000 Mile Wide Disc Caught By ISS?
YouTube: 3000 Mile Wide Disc Caught By ISS?

 

『九百六十八:UFOについて_No.75』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/03/ufo_no75-4335.html
●UFOがウクライナを「監視」(ビデオ)
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_12/269023452/
Cigar-Shaped UFO Over Korosten, Ukraine On March 6, 2014
http://www.youtube.com/watch?v=XG76xkW5adI

『九百六十七:UFOについて_No.74』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/03/ufo_no74-0dd1.html
●モスクワ郊外上空でUFO(ビデオ)
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_11/268933609/
НЛО В КОЛОМНЕ- Частые гости!!!!
http://www.youtube.com/watch?v=6_M3CN2yMc4
●宇宙飛行士 宇宙人との出会いについて語る
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_03_05/268141028/

『八百八十五:UFOについて_No.73』
●UFO! 福島県上空に謎の物体!The object which is mystery in the Fukushima sky
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/ufo_no73-9749.html
http://www.youtube.com/watch?v=2SdJZ2x1Sww

UFO! 福島県上空に謎の物体!The object which is mystery in the Fukushima sky
YouTube: UFO! 福島県上空に謎の物体!The object which is mystery in the Fukushima sky

『八百五十一:UFOについて_No.72』
●ミステリーサークルのようなUFOがブラジル上空で目撃!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no72-34d7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51916101.html
http://beforeitsnews.com/strange/2014/01/ufo-over-brazil-dropping-spheres-video-2454178.html
UFO Over Brazil Dropping spheres- OVNI en Brazil soltando esferas Edit 24/01/2014
http://www.youtube.com/watch?v=6AW7sPWuApI

『八百四十八:UFOについて_No.71』
●UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no71-ce57.html
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61305
那覇上空に謎の光
http://www.youtube.com/watch?v=ix5ZWMGqmp8

『八百四十:UFOについて_No.70』
●(続)明かされていない南極でのUFO戦争(3)/この情報の出処は米国下院議会の公文書保管所だそうだ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no70-a5a9.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_99.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/01/ufo.html
明かされていない南極でのUFO戦争 パート3
http://www.youtube.com/watch?v=i3Q6oLWPhls

『八百三十:UFOについて_No.69』
●明かされていない南極でのUFO戦争/それは南極に地球の空洞のアガルタに通じる入り口があるからだ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no69-7a01.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_93.html
明かされていない南極でのUFO戦争 パート1
http://www.youtube.com/watch?v=hSn5HKLzNQo
明かされていない南極でのUFO戦争 パート2
http://www.youtube.com/watch?v=F42O9uhmcK4

『八百九:UFOについて_No.68』
●な、何んですかね、このUFO映像は?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no68-e724.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51914206.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/01/german-ufo-finally-lands-at-german-airport-2870968.html
https://www.google.ca/search?q=german+ufo&rlz=1C1CHFX_enCA510CA510&espv=210&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=FVrQUtqEHoLKsQT76YDADA&ved=0CAkQ_AUoAQ&biw=910&bih=404
●REAL UFO LANDING AT AIRPORT - GERMANY - COLOGNE BONN
http://www.youtube.com/watch?v=w77U8DESAKI

『七百四十五:UFOについて_No.61』
●イラク戦争とエリアンの兵器との関係??
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/ufo_no61-1d87.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51912205.html
http://syncrenicity.com/2013/12/25/sync-quote-wmds-sought-get-wanted/
Comet Ison 11/25/2013 UFOS SILENTLY ZAPP US MILITARY BASE FOR HOURS
http://www.youtube.com/watch?v=_EXpC15iNuo

『六百八十七:UFOについて_No.51』
●Real UFO With Aliens Caught On Camera - Dec. 6, 2013
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/ufo_no51-9df0.html
http://www.youtube.com/watch?v=suBp3ai-xG8

Real UFO With Aliens Caught On Camera
YouTube: Real UFO With Aliens Caught On Camera

 

『三千百八十三: UFOについて_No.47』
●24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/ufo_no47-1657.html
http://www.youtube.com/watch?v=un20qeSUUIo

(※筆者注:残りの過去記事、関連記事、及び、参考文献は、『八百五:UFOとエイリアン関係の目次_No.2』をご覧ください。)

 

                                        坂本  誠

2014年4月27日 (日)

二千十一: 地球の音楽

                  地球の音楽


      地球の中心から
      音楽が流れ続けている。
      波のうねりが 風のそよぎが
      五線譜の流れになっている。

      中心から発せられる ピアノの音が丸い。
      横から
      木々の葉の間を抜けて来る 風の音色が緑色だ。
      笛のよう。

      波が青の音色を運ぶ。
      風が青空の雲の白い音色を運ぶ。

      地球中に音楽が鳴り響いている。

 

                                        坂本  誠

20100808132657

2014年4月26日 (土)

二千十: 霊感の泉

                  霊感の泉


      暗い暗い森の中を
      深い深い茂みの中を
      見えない糸に導かれ
      聞こえないささやきに誘われて
      奥へ奥へと進みこむ。

      やがて泉が見えてくる。
      それはほのかな匂いを漂わせ
      自らの力で輝き
      森の中にやわらかな光を放つ。
      泉の水が丘のようにふくれあがる。

      水がひとしずく またひとしずく
      弧を描きながら僕に向かって落ちてくる。
      両の手をさしだし
      そのしずくを受け止めて
      僕の胸に抱きしめる。

      光る泉の水がわかたれて
      煙りのように僕の胸からあふれでる。
      青の煙りからは知性の詩が
      緑の煙りからは調和の詩が
      赤の煙りからは情熱の詩が生まれいずる。

      この泉こそは霊感の泉。
      心の奥底のはるかな奥底にひそむ霊感の泉。

 

                                        坂本  誠

二千九: 森林浴について

最近は健康に関係した記事を紹介する事が多いですが、以下にご紹介させて下さい。

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2014/4/23記事より引用)
------------------------------
●森林ウォーキング(森林浴)はナチュラル・キラー細胞を活性化させます。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51925082.html

(邦訳、『日本や世界や宇宙の動向』様 )

Yjimage1

http://beforeitsnews.com/health/2014/04/forest-walking-increases-natural-killer-cells-2531748.html

(概要)
4月22日付け:

Fathersonforest1

Forest Walking Prevents Cancer日本で、森林浴によるガン予防効果についての科学的根拠が証明されました。
世界的に有名な森林浴のエキスパートであるリー博士によると、森林ウォーキングは、ガンなどの慢性疾患を予防し、血圧を下げ、心拍、ストレス・ホルモンを減少させる効果があるとのことです。
車の排気ガスや産業排水などの環境汚染物質、加工食品、EMF汚染により、体内のコルチゾール・レベルが高まり、病気にかかりやすくなります。

このように、現代社会では、殆どの人々がストレスで疲れ切っており、今以上に自分自身をリラックスさせる必要があるのです。
人間の身体に活力を与える最も効果的な方法の1つとして、森林浴があげられます。
草や樹木に囲まれて新鮮な空気を吸いながら森林浴をすることであなたは蘇ります。
人間にとって、自然との触れ合いは、肉体的にも、精神的にも、情緒的にも非常に良いということが既に科学的に実証されています。
日常生活のストレスや雑音から離れ、自然の中で過ごす機会を多く持つことは健康維持に非常に効果的なのです。
つい最近まで、森林ウォーキングの効用についての研究(実験装置を用いて)は行われませんでした。
しかし日本で行われた森林浴の医学的研究により、森林ウォーキングは免疫力を高めることが実証されました。

日本医科大学の准教授であるリー博士は、日本森林医学研究会の会長と共に、人間の健康と森林浴との関係を調べるための実験を行いました
その結果、森林浴は、気分やストレス、そして、免疫力に影響を与えることが分かりました。
ロシアの研究者(ボリス・トキン氏)が樹木を含む植物がフィトンチッドという化学物質を放出していることを発見しましたが、日本の科学者らによる実験結果はそれを裏付ける形となりました。

フィトンチッドは有害な病原菌から植物を守っており、人間の健康維持にも非常に効果的であることが分かりました。
さらに、森林ウォーキングはガン予防にも繋がります。
気分の状態を測る実験を行った結果、森林浴を行うと不安や憂鬱、怒りの感情が軽減し、気分が明るくなり、活力が増すことが分かりました。
その結果、心臓病やガンなどのストレス病にかかるリスクを減らすことができるのです。

免疫システムは、ガンを予防するナチュラル・キラー細胞を活性化します。
ガン専門医も森林浴の効果を患者に教えるべきです。
日本の研究者が行った実験では、複数の研究対象者を日本の森林エリア(3ヶ所)に2泊3日滞在させました。
その前に、彼らは樹木が殆ど植えられていない名古屋で2泊3日の観光ツアーに参加していました。
名古屋も森林エリアも宿泊したホテルは同じようなレベルであり、同じような過ごし方をしました。
彼らが歩いた距離は名古屋でも森林でも共に2.5kmでした。
しかし名古屋市内を歩いても、ナチュラル・キラー細胞(細胞内のパーフォリン)は活性化されませんでした。
一方、2,5kmの森林ウォーキングを行った後は、ナチュラル・キラー細胞が活性化され、パーフォリンのレベルが上がりました。

パーフォリンについてはこちらから:http://kenkoustore.web.fc2.com/6H_functional/perforin/

森林大気にはパワフルな抗癌作用があります。
リー博士の研究により、樹木が大気に放出しているエッセンシャル・オイルのフィトンチッドが含まれる空気を吸い込むことでナチュラル・キラー細胞が活性化することが分かりました。
フィトンチッドは天然の保存料であり殺菌剤です。
この物質はアロマセラピーのエッセンシャル・オイルとしても利用されています。
フィトンチッドはナチュラル・キラー細胞を活性化し、抗癌タンパク質を発生させ、ガン細胞を消滅させます。
森林浴を行うことで、体内のナチュラル・キラー細胞が50%も活性化しました。

深い森の中で生活すると、ガンにかかるリスクや早死のリスクを軽減することになります。
日本の複数の大都市から集めたデータを基に生活環境とガンの発生率を調査した結果、樹木が多く植えてある都市では他の都市に比べて、ガン(様々な種類のガン)の発生率が低いことが分かりました。

森林ウォーキングをすると効果がすぐに現われます。
森林ウォーキングは、白血球を強化し、心拍数を減らし、血圧を下げ、ストレス・ホルモン(コルチゾール)を減らします。
樹木のアロマを吸い込むことで、感染病、ウイルス、ガンから自分の身体を守ることができます。
森林浴をしながら、木の幹を抱いてください。
森林の中で深呼吸をしてください。
そうすればあなたの命は救われるかもしれません。
--------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2014年4月25日 (金)

二千八: 浜

                  浜


      浜に押し寄せる さざ波。
      すじ雲も 浜の上空に押し寄せる。
      空を流れる雲は
      風の上に乗った音楽か。

      空の上に浮かぶ鳥は
      さながら 潮の上に漂う魚のよう。

      白い浜は
      白い さざ波が崩れて
      積み重なったものなのか。
      波だけでなく
      崩れゆく潮騒の音も押し寄せる。

      たゆたう波の上にも
      幾つもの音符が乗っている。

      風と水と音の手が
      浜を作り続けている。

 

                                        坂本  誠

Img7d93f9c014b0

二千七: フッ素について_No.5

千七十六:フッ素について_No.4』の続きです。

「体内に入ったフッ素をどうやって除去するか?」という珍しい記事を読む機会がありました。
この手の情報だと、現在のお医者さんに行っても、誰も答えてくれないかもしれません。

過去記事のビデオから以下の文章を引用しておきます。

『百七十六:『人口削減計画』等について_No.8』
●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html
http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA

ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
YouTube: ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv

●元脳神経外科医、ラッセル・ブレイロック博士
------------------
「フッ素はお茶やコーヒー、水、パン、そして歯磨き粉にも入っています。」
「だけど毒だということですね。」
------------------
(引用終わり)

現代のお医者さんに行っても、フッ素除去の方法などを教えてくれないかもしれませんので、下記の記事で紹介されている方法を試す機会なのではないかと思います。
少し長いですが、以下に引用させて下さい。

(以下、『世界の裏側ニュース』様、2013/9/15記事より引用)
------------------------------
●松果体をデトックスする方法
http://ameblo.jp/wake-up-japan/entry-11614002138.html

ステップ1の「松果体の石灰化を進行させない方法」で、これ以上松果体が石灰化しないような日常生活を理解されたら、次に積極的にすでにある石灰分を除去しましょう♪

【Decalcify Pineal Gland】
http://decalcifypinealgland.com/how-to-decalcify-the-pineal-gland/ より翻訳

ステップ2 すでに松果体に蓄積されている石灰分を除去する

何年にも渡って蓄積された松果体内の毒素を除去するには、強い意志をもって専念する必要があります。

以下に松果体の石灰分を除去する方法をリストアップしました。

オーガニックのBlue Ice Skate(ガンギエイ/カスベ)の魚油:
松果体の石灰除去の目的として摂取することのできる天然の物質で、もっとも強力なものの一つがこの魚油です。
Weston Price氏が発見した「Activator X(アクティベーターX)という非常に強力な物質が含まれています。

MSM(メチルサルフォニルメタン):
MSMは体内に吸収され利用することの可能なオーガニックの硫黄化合物で、若々しく元気な身体でい続けるためには必要不可欠な栄養の一つです。

一般的なデトックスや松果体の石灰分除去に非常に強力に働きますが、その他にも様々な素晴らしい効能があります。

1.
お肌の健康や状態を改善する―――
MSMはコラーゲンの生成に必要な物質で、ビタミンCと一緒に摂取されることで新しい、健康的な組織が作られます。
つまり、コラーゲンが多く生成されるため、お肌がたるみや乾燥、しわなどを防ぐ効果があるということです!

2. 柔軟性を高める―――
MSMは関節の柔軟性を高め、柔軟性のある皮膚や筋肉組織の生成を促す、という研究結果が出ています。

MSMは地球の雨の周期に自然に発生します。
硫黄は加工されていない天然食品の多くに含まれていますが、調理の際に素早く失われてしまいます。
身体は硫黄を維持しないので、継続的に摂取することが必要です。
高用量による浄化法としては次の方法がおすすめです。

1.
ビタミンC(アセロラとチェリー由来の天然のものがおすすめ)を一日当たり1,000mg摂取します。
これは毒素の除去に役立ちます。

2.
MSMは、最初は一日当たり3,000mgを、たっぷりの純水と一緒に飲むところから始めて下さい。
一度に飲むのが難しい場合は、食後の後に分けて飲んでもかまいません。

3.
毎日、MSMの量を1,000mgずつ増やしていき、最終的には20,000mgになるようにして下さい。
20,000mgに到達してからは、体の中の毒素が流しだされたことを実感するまで、3~7日間はその量を維持して下さい(体調が最高になりますので、実感することができるでしょう!)。

4.
3~7日間に渡り一日20,000mgを摂取し続けた後は、その量を一日3,000mgになるまで減らし始めて下さい。
これは健康の維持とpHを緩衝させるためです。
酸性の食べ物や飲み物を消費する量によって異なりますが、量を調整することは可能です。
安いMSM製品の中には石油から作られているものもありますので、MSMは必ず植物由来のものを選んで下さい。
ためです。

生のチョコレート:
生のカカオは抗酸化作用のある成分を含んでいるため、大量に摂ることで松果体の解毒にはうってつけです。
また、松果体の刺激剤としても優れており、第三の目の活性化を促します。
松果体の活性化について詳しくはHow to activate your pineal gland(松果体を活性化させる方法)のチャプターをご確認いただけます。

クエン酸:
生のレモンを絞って飲む(食べる)のは、松果体のデトックスに非常に優れた効果を発揮します。
クエン酸も効き目がありますが、生のレモンジュースをおすすめします。

一日分の目安の量としては、クエン酸は大さじ3杯、または有機栽培のレモンを7個を、空腹時に摂るようにし、それを3週間続けて下さい。
また、クエン酸、レモンジュースを天然水と混ぜて飲む方がいいでしょう。
クエン酸は歯の健康にあまりよいものではないからです。.

ニンニク:
ニンニクはカルシウムを溶解させ、抗生物質としての働きもしますので、石灰分の除去にめざましい効果があります。
その上、免疫システムの強化の効き目もあります。

一日当たり、半片から2片を食べるようにして下さい(お好きであればもっと量を増やされても)。
匂いが気になる方は、ニンニクを生のリンゴ酢や新鮮なレモンジュースに漬けて匂いを弱くすることも可能です。
漬け汁のレモンジュースやリンゴ酢は別に取っておいて、サラダや他の料理に使うようにして下さい。
無駄は出さないようにしましょう。

また、黒ニンニクは解毒に非常に優れた効果があり、強くおすすめします。
風味もとても素晴らしく、料理に使うのに最高です!

生のリンゴ酢:
リンゴ酢にはリンゴ酸が含まれていますので、松果体の解毒に非常に優れた効果を発揮します。
お料理に使うと風味もよくなります。

おすすめのブランドはBraggs社のリンゴ酢ですが、必ず生の物をご利用下さい。
一般的にお酢はガラス容器に入れられて販売されるべきですので、もしそうでない場合は買わないようにして下さい。
リンゴ酢と一緒にプラスティックも飲み込むことになりますからね!

オレガノ・オイルとニームのエキス:
松果体内でナノ細菌が自らの周りに生成するカルシウムの殻に対し、抗生物質として機能します。

アクティベーターX(ビタミンK1/K2):
これは、ビタミンAとD3と混合した場合に特に協力で、すさまじい潜在性を秘めた解毒剤で、その他の効能も数多くあります。
歯科医で医学研究者であったワトソン・プライス(Weston Price)氏が発見しました。

酵素のバランスを修復させることにより、動脈硬化のプロセスを逆行させることを可能にします。
これにより動脈や松果体などの他の場所からカルシウムが除去されるようになり、本来カルシウムがあるべき場所、つまり骨に置き換えるというのです。
またビタミンやミネラルの吸収を促進する触媒となりうる性質も持ち合わせています。

このビタミンは自然の状態では二種類、発生します。

*ビタミンK1(フィロキノン)
-緑の葉野菜に含まれています。

*ビタミンK2(メナキノンから組成される)
-腸管微生物叢によって生成されます。

また、以下の食べ物にも含まれています。

肉の内臓部分、レバー(ガチョウ、チキンがベスト)、卵黄、バターやチーズなど醗酵乳製品(グラスフェッドの牛からのもの)、日本の大豆発酵食品・納豆(K2が最も多く含まれる食品)、ザワークラウト(塩漬け醗酵キャベツ)、魚油、魚卵、甲殻類

抗凝固薬(ワルファリン)や他の医薬品を服用されている場合はK2のサプリメントは摂取しないで下さい。

また、ケフィア酵母を摂ると、ホモ牛乳(加工乳)が消化されやすくなり、内蔵でビタミンK2の生成に必要なバクテリアの源となりますのでおすすめです。

ホウ素:
ホウ素もまた、解毒剤であり、松果体をきれいにします。
すぐれたフッ素の除去剤でもあります。
ビート(根野菜)に含まれており、オーガニックのビーツを食べるか、あるいは粉末ビーツを天然水などの液体や食べ物と混ぜたりして摂取するのが最も望ましいです。

その他、ホウ酸ナトリウム(ホウ砂)小さじ一杯を緑茶に混ぜて飲んでも結構です。

ほとんどのスーパーマーケットでは一般的なホウ砂がそれほど高くない値段で売られています。
ごく少量のホウ砂、つまり小さじ1/32~ 1/4のホウ砂を一リットルの純水に混ぜます。
このホウ素水を、一日にわけて少量ずつ飲むのが安全で効果的であることが判明しています。

ホウ砂小さじ約1/8杯を海塩一つまみと共に混ぜるのも効果的です。
一般的なホウ砂の代替物としては食用のホウ酸ナトリウムをご利用することも可能です。

メラトニン:
決定的な証明はまだなされてはいませんが、メラトニンを摂ることですでにある石灰分の分解を促進する松果体の石灰化が除去され、その結果、松果体からフッ素を除去できると信じている人は多くいます。

メラトニンを補給する以外にも、日中は身体を使った活動・運動を十分に行い、健康的な食生活をし、過食を避け、瞑想をしたりリラックス効果のある運動をすることなどでも、松果体で生成されるメラトニンの量が増加します。

ヨウ素:
ヨウ素を摂ることで、体内のフッ化ナトリウムをを、フッ化カルシウムとして尿から除去する作用を強化させることが臨床的に判明しています。
ほとんどの人の食生活にはこの必須ミネラルが不足しており、海藻とヨウ素とヨウ化カリウムが結合したヨウ素サプリメントを摂ることをおすすめします。
しかし、体内のフッ素をヨウ素で除去する際には、カルシウムの供給も激減します。
そのため、オーガニック野菜をもっと食べるようにすることで、体が必要とする良質のカルシウムを補給するよう心がけて下さい。
またヨウ素を摂取する際には、レシチンも消費されますのでレシチンをもっと多く摂ることをおすすめします。

タマリンド:
タマリンドの木から採れる果肉や葉から、お茶やエキス、チンキが作られていますが、これを摂ることで尿として体内のフッ素を除去することが可能です。
タマリンドはアーユルベーダの薬草として幅広く使われており、その他にも健康に対する望ましい効果が数多くあります。

蒸留水:
蒸留水によって松果体の石灰分が除去されるという研究結果があります。
さらに詳しくは次のサイトでご確認いただけます(英語)。

24 Doctors with the courage to tell the truth about Distilled Water(蒸留水に関する真実を語った勇気のある24人の医師たち)

このサイトでは、尿を飲むことについても言及があります。
頭がおかしいじゃないかと思うかもしれませんが、私たちの尿が匂ったりするのは、粗悪な食生活によって尿が汚染されているからです。

このサイトでは、生の食べ物だけを食すローフードダイエットを実践中の尿は、クリーンで強力な浄化作用を持っているということを前提にしています。

上記リンクには飲尿健康法についてのページもあります。
同サイト内で「dear water based creatures」で検索してみて下さい。

おすすめの本 Your Own Perfect Medicine:
The Incredible Proven Natural Miracle Cure that Medical Science Has Never Revealed!  (仮訳:あなた自身の最高の薬:医療科学がこれまで明かしたことのなかった、信じられない奇跡の自然療法が証明された)

ブラッククミン(Nigella Sativa、ブラックシードとも):

http://www.altnature.com/Herbs2003/pages/nigella7060.html

ブラッククミンとは、西アジアに起源をもつハーブのことです。
漆黒で先が尖った種(約3mm)の長方形の種を持つことから名づけられました。

世界中の大学や、様々なジャーナルで発表された論文で200件を超える研究がなされ、その伝統的な用法を証明する素晴らしい結果を示しています。

ブラッククミンの種自身には、構造的に珍しい不飽和脂肪酸のエステルが数多く含まれており、その化学成分はとても豊かで多様性のあるものです。

crystalline nigelloneという有効成分以外にも、15種類のアミノ酸が含まれています(必須アミノ酸9種の内の8種を含む)。
また、炭水化物、リノレン酸やオレイン酸などの脂肪酸、揮発性油、アルカロイド、食物繊維に、カルシウム、鉄分、ナトリウムやカリウムといったミネラルも含まれています。

最近の研究ではこのブラッククミンの種には、解毒、抗生、抗腫瘍、抗炎症、抗ヒスタミン、抗菌、抗気管支炎のような効能があり、免疫力強化の効き目もあります。
松果体の浄化に優れているばかりでなく、全身の健康を促進する食品でもあるのです!

ゼオライト(沸石)::
天然ゼオライトは天然の解毒剤として新境地を開いた物質です。

これは自然に組成された結晶で、どの年代の人にも安全に利用することができ(ペットへの使用も可)、時間と効能が最も重要とされるような環境的な大災害の際によく使用されています。

ゼオライトが素晴らしいのは、松果体内に組成されたカルシウムの殻を分解する点ばかりではなく、そのカルシウムの殻に保持されていた重金属(放射性物質も含む)も取り除き、それによって身体から重金属を除去することができる点にあります。

また、ゼオライトはガン性細胞に結合し、その成長も阻止します。

ウィルスやバクテリア、その他病原体やフッ素などの環境毒に対して強力な解毒作用があり、免疫系を強化させます。

ブラッククミン同様、松果体の浄化に優れているばかりでなく、全身の健康を促進する物質です。

チャーガ・マッシュルーム(Chaga Mushroom、シベリア霊芝):

チャーガ・マッシュルームとは、樹木に育つ物の中でも最も高密度の栄養を含むもので、シベリア人はこれを「神からの贈り物」、日本人は「森のダイヤモンド」、中国人は「植物の王」と呼んでいます。

過酷な気候で生き残るため、チャーガは自分を守るために天然化合物を濃縮させており、だからこそ強力なのです。

樹木を強くし、治療するために、ステロールやフェノール、酵素などの効能の強い植生化学物質を作ります。
研究によれば、森林からとれる植生化学物質や栄養を取り込むことは、人体に優れた効能があるといわれています。

またチャーガには、皮膚や毛髪、眼球などに必要な色素に必要で、強力な抗酸化作用のあるメラニンを最も多く含んでいます。

メラニンは有害な紫外線から私たちを守っています。
それにより松果体が一日24時間の身体リズムや周期を調整することが可能になり、睡眠を調節し、それによって身体を治癒することが可能になるのです。
そのため松果体はメラニンを必要としているのです。

メラニンは松果体が完全に機能することができるように、直接、養分を与え養います。
メラニンは松果体をホリスティックな健康法の一部として活性化させようと思われる方には、絶対に必要なものです。

ヨガ:
松果体の石灰分除去(および活性化)のためにできるヨガにはいくつかあります。

中でも特におすすめなのは「Khechari Mudra」、または「Divine Nectar(神々のネクター)」と呼ばれるヨガ瞑想法です。

独学のエクササイズだけで完全に松果体の石灰分を除去するには数年という長期間がかかるかもしれません。

このヨガの実践には、以下の二つのステップに従って下さい。

*ステップ1:
1.ヨガの座位で目を閉じ、下を喉に向けて伸ばすことに集中します。

2.そうしながら、舌の先を口の上(口蓋)に置き、最終的には口の上部の鼻腔まで届くように柔らかくするようにして下さい。

3.舌が十分に柔軟になり、鼻腔に入るくらいになったら、上に向かって進め、松果体につながっている凸んだ部位に届くようになります。

これが「神々のネクター」瞑想のステップ1です。
これができるようになるまで数か月ほどかかるかもしれません。

*ステップ2
この瞑想の第二段階では、上記のエリアを舌の先で擦ることによって松果体の石灰分を除去することです。

この部分は松果体につながっていますので、松果体の周りのカルシウム層の分解をゆっくり、優しく促進します。

松果体が徐々に浄化されるにつれ、松果体が分泌する「ネクター」のえもいわれぬ味を楽しむことができるようになるでしょう。
ネクターの味は人類の味蕾が味わったことのあるあらゆるものとはまったく異なったものです。

石灰分除去を行っている数週間の間には、また、第三の目が開くのを経験することになります。
これはゆっくりとしたプロセスですが、とても安全で実りのあるもので、自己規律と粘り強さが必要です。

もっと詳しくは、次のリンクからご確認いただけます(英語)Wikipedia: Khecarī mudrā)

こちらの動画からはこのヨガの方法を視覚的に見ることができます。
http://youtu.be/u1V_goIo-8I

上記のデトックス法のうち、一部、あるいは全部のことを実践するとまもなく、松果体の石灰分が除去され解毒されることでしょう!
--------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『千七十六:フッ素について_No.4』
●フッ素は中国の殺虫剤工場からアメリカに輸入されます
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no4-ea64.html
http://www.youtube.com/watch?v=l7HqNm8jZqk

フッ素は中国の殺虫剤工場からアメリカに輸入されます
YouTube: フッ素は中国の殺虫剤工場からアメリカに輸入されます

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
そして人の皮膚に対しては著しい腐食性があります。
また人々の呼吸器にも有毒です。
そしてもう一つの中国のフッ素の供給者は、フッ化ナトリウムを殺虫剤や殺バクテリア剤として農業に使用している事を記述しています。
フッ素の信じられないような毒性情報を与えられても全く驚きません。
フッ化ナトリウムはそれを飲んだ子供達のIQを著しく低下させる事を学んでもです。
------------------

『九百:フッ素について_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no3-18f7.html

(上記記事より)
------------------
すると、数は少ないのですがフッ素の入っていない歯磨き粉がありました。
私は以前から、そのような歯磨き粉が欲しかったので、手に入れる事が出来ました。
------------------

『八百八十七:フッ素について_No.2』
●フッ素の戦い:強制的な社会への薬の投与
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no2-7ee7.html
http://www.youtube.com/watch?v=LaX0qHn0Yd0

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「水道水へのフッ素投与の科学的研究はその他の条件の中でも低い知能指数、癌リスクの増加、骨の病気に繋がっています。」
「水道水へのフッ素添加は、子供達の脳機能と脳の発育を損ない、癌の確立を増加させ、類線維種機能を妨げ、骨粗鬆症や心血管疾患といった状態を悪化させるのです。」
「フッ素添加慣習が虫歯予防の助けになると示すデータは無いのです。」
「局所的に使用された状況でさえ、フッ素が歯を助ける筈が実際には歯を溶かしている事をデータは示しているのです。」
------------------

『七百七十八:フッ素について』
●フッ素と脳の発達
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/post-61ea.html
http://www.youtube.com/watch?v=NNdL_nFejwc

フッ素と脳の発達
YouTube: フッ素と脳の発達

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「フッ素は心理的な問題を引き起こす可能性が有る毒物です。」
「それは何千人という子供たちのIQの低下を引き起こす可能性が有るのです。」
「我々はフッ素が問題の原因となっていることをテストしそれが証明されました。」
------------------

『四百八:私の見かけたビデオについて_No.37』
●フッ素の危険性と矛盾点(実は虫歯予防とフッ素は無関係)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no37-29c4.html
http://www.youtube.com/watch?v=E8FvF5kxG48

●ビル・オムンソン博士
------------------
「次は歯牙フッ素症です。」
「歯牙フッ素症の唯一の原因はフッ素です。」
「これは身体の他の部分にも沢山のフッ素がある可能性を示唆しています。」
「骨や、他の臓器にです。」
「アメリカ疾病予防管理センターによれば、現在アメリカの子供の1/3が歯牙フッ素症に罹っているそうです。」
------------------

『百六十八: 私の見かけたビデオについて_No.22』
●フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no22-41d9.html
http://www.youtube.com/watch?v=VMaHpVh1v4I

●ポール・コネット博士
------------------
「フッ素によって体が不自由になっています。他の多くの人々にも健康作用があるのです。、、、」
「、、、歯のフッ素症です。フッ素は歯のエナメル質の変色斑点の原因になるのです。」
「、、、非常に穏やかで軽度の形状は歯の損傷に白い不透明な斑点を25倍に増大させています。」
「非常に軽度のフッ素症だけではなく、軽度とは15%の葉の表面が減少しています。100%の歯の表面に影響を受けたのが中程度、全ての表面がなくなっているだけでなく、ギザギザに欠けている等が重度です。」
------------------

『百七十六:『人口削減計画』等について_No.8』
●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html
http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA

●元脳神経外科医、ラッセル・ブレイロック博士
------------------
「99%の人がワクチンに水銀が入っていることなど知りません。」

「フッ素はお茶やコーヒー、水、パン、そして歯磨き粉にも入っています。」
「だけど毒だということですね。」

「フィリス・マレニクス女史はごく微量における、フッ素の毒性を発見しました。」
「実験でごく微量のフッ素が神経を損傷させることを突き止めたのです。」
「(学会で実験結果を公表した後で)『自分が何を言っているかわかってるのか?』と役員に聞かれました。、、、」
「1930年代ヒトラー率いるナチスは汎ドイツ主義とナチス哲学で世界を支配する計画を立てました。」
「当時のドイツの化学者たちは非常に精巧な大衆をマインドコントロールする技術を開発していました。」
「その具体的な手段は管理区域の飲用水に化学物質を入れることでした。」
------------------

『二百五十九:ペーパークリップ作戦について』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-6adf.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%A6

(ペーパークリップ作戦 - Wikipediaより)
---------------------
ペーパークリップ作戦(英:Operation Paperclip)は、第二次世界大戦末から終戦直後にかけてアメリカ軍がドイツの優秀な科学者をドイツからアメリカに連行した一連の作戦のコード名である。
ペーパークリップ計画 (Project Paperclip) とも呼ばれる。
1945年、統合参謀本部に統合諜報対象局 (Joint Intelligence Objectives Agency) が設けられ、この作戦に関する直接的な責任が与えられた[1]。

最終更新 2013年5月22日 (水) 09:03 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
---------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

●ジェイ・パーカー
------------------
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
------------------

『百四十四:『人口削減計画』等について_No.5』
●NASAの未来計画文書③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no5-0b84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11563280614.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://solesoleil.exblog.jp/20441188/
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/nasa.html
http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

NASAの未来計画文書③
YouTube: NASAの未来計画文書③

●デボラ
------------------
「、、、そして私達を病気にさせ続けているんです。」
「フッ素や食品中のアスパルテームからです。」
------------------

『二百八:News_No.281』
●イルミナティの計画&ブッシュ一族とロスチャイルドの戦い。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no281-3617.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891464.html
http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/how-bilderberg-fringe-was-controlled.html
●ケリー・キャシディさんによる
------------------
エリート組織(イルミナティ)は、我々から隠れ続けるのを止めました。
我々は彼等から直接攻撃を受けています。
エリート組織は、自分達を第4帝国であると呼んでいます。
そして彼等は誇り高く世界の人口の3分の2を消滅させると言いました。
------------------

 

                                        坂本  誠

2014年4月24日 (木)

二千六: 赤い炎と青い炎

                  赤い炎と青い炎


      身体から 抜け出た 二つの魂が
      赤い炎と青い炎になって
      混じり合うように、
      交錯し、かすれ合い、
      溶け合ってゆく。

      暗闇の中で
      らせんのように 渦を描きながら、
      天の頂に向かい行く。

      炎から飛び出る
      色を帯びた 鱗粉が
      虚空の中に 散ってゆく。

      渦の中心で
      愛が結ばれて
      絶えざるエネルギーが
      溢れ続けている。

 

                                        坂本  誠

_4

二千五: 私の見かけたニュース_No.57

日付は少し前のものですが、私の見かけたニュースをご紹介させて下さい。

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2014/4/20記事より引用)
------------------------------
●バチカン、イエズス会、ローマ法王、王族による生贄儀式と児童虐殺が法廷で明らかに!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51924806.html

(邦訳:『日本や世界や宇宙の動向』様)

http://the-tap.blogspot.jp/2014/04/church-leaders-chop-up-baby-on-altar.html

(概要)
4月17日付け:

Thepope_2514251b1

世界的に行われてきた児童売買と儀式的殺害の罪で告発された複数の教会指導者らの裁判が開始しました。
法廷では8人の証人(被害者)らが彼らの犯罪を証言しています。
被害者の証言により教会指導者らや王族らが実際にどのような犯罪を行ってきたのかが分かってきました。

どのような犯罪かというと。。。
英王室、オランダ王室、ベルギー王室は、英国教会が所有するカナダのインディアン居住学校 で発生したモホーク族の子供たちの拉致事件と殺害事件に関与していた。
イエズス会の資料には、ローマ法王には新生児の儀式的殺人を行う特権が与えられていると記されている。
さらにベネディクト(前)法王は第2次世界大戦中に生贄儀式を行う闇の騎士団に所属していたことが分かった。
証拠資料によると、ローマ・カトリック教会と英国教会は、世界中に児童売買ネットワークをはり巡らせ、世界中の児童を拉致し、生贄儀式では、児童を強姦したり、拷問を加えたり、殺害していた事が分かった。

2人の若い女性被害者らは、2009年と2010年に、第9サークル(児童生贄ネットワーク)による恐怖のカルト生贄儀式の中でホルヘ・マリオ・ベルゴリオ(後にフランシスコ法王)に実際に拷問を加えられ強姦されたと法廷で証言した。
生贄儀式の目撃者(被害者)の証言によると、儀式に参加した者(教会の指導者)たちは、儀式中に新生児を石の祭壇に載せ、身体を細かく切断した後、新生児の血を飲み、肉や骨を食べたことが分かった。
被害者の証言では、1960年代に行われた生贄儀式には、ベネディクト(前)法王、枢機卿のダッチ・カーディナル・アルフリンク(Dutch Cardinal Alfrink)、そしてベルンハルト・ファン・リッペ(オランダのユリアナ女王の王配)などが参加したことが分かった。
最近では、2009年と2010年に、オランダとベルギーで行われた生贄儀式中に新生児が殺害された。

このような生贄儀式には、カトリック教会や英国教会だけでなく、英国王室、ベルギー王室、オランダ王室が関与していたことが分かった。
彼らはカナダのブラントフォード居住学校からインディアンの子供たちを拉致し、儀式中に殺害していた。

1942年と1945年には、カナダに住んでいたオランダのウィルヘルナ女王と彼女の家族(オランダ王族)がインディアンの学校で行われていた第9サークルの生贄儀式に参加していた事が分かった。
当時、カナダ政府はカナダに住むオランダ王族に治外法権を与えていた。
ウィルヘルナ女王、ベルンハルト・ファン・リッペ王配、ヘンドリック王を含むオランダ王室とベルギー王室は、カナダのインディアン居住学校の児童やインディアンの新生児の強姦、殺害に関与していた。

イエズス会の命令に従い、新しい法王が就任される度に、新しい法王が参加する第9サークルの生贄儀式が開催され、そこで新生児が生贄にされていた。
イルミナティ・カルトと呼ばれる第9サークルは18世紀初頭にイエズス会によって創設されたが、既に16世紀から、ローマのカトリック寺院などでも同様の生贄儀式が行われてきた。

証拠資料によると、これらの生贄儀式はイエズス会により何世紀にもわたり行われてきたことが分かった。
儀式用に新生児が拉致され、殺害されてきた。
儀式の参加者らは、霊的パワーを得るためとバチカンの教皇職の安定的な政治的地位を維持するために、殺害した新生児の血を飲み、骨を食べていた。

18世紀以来、ローマ・カトリック教会、イエズス会、そして全ローマ法王がこのような生贄儀式を開催してきた。
これらの生贄儀式は単なる大量虐殺ではなく、きちんと制度化された組織的犯罪である。
従ってローマ・カトリック教会、イエズス会、法王が告訴されることとなった。

同様に児童の生贄儀式を行っている闇の騎士団は、イエズス会の支援を得て、1933年にナチスのワッフェンSS部が創設したものである。
ドイツの強制収容所で闇の騎士団のメンバーらによる生贄儀式が行われていた。
生贄に使った児童らは強制収容所に投獄された政治犯罪者らから拉致してきた児童らであった。

イエズス会が主催するこのような生贄儀式はスペイン、アルゼンチン、その他のファシスト国家でも行われてきた。
--------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『千二十三:私の見かけたニュース_No.53』
●ローマ法王フランシスコ、イエズス会総長、カンタベリー王主教にも、有罪判決が下されようとしています
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no53-2bc2.html
http://mizu888.at.webry.info/201404/article_10.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51922998.html
http://beforeitsnews.com/scandals/2014/03/busted-vatican-hiding-evidence-convicting-pope-frances-of-killing-and-trafficking-children-evidence-piles-against-him-court-april-7th-must-read-update-2433784.html

『八百七十六:私の見かけたニュース_No.43』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no43-08ba.html
●2/5:国連がバチカンに児童虐待の聖職者追放処分を求める、バチカンは正当性を主張
http://mizu888.at.webry.info/201402/article_28.html
●児童虐待の聖職者の追放処分求める 国連がバチカンを批判
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140206-35043546-cnn-int

『八百六十五:News_No.457』
●バチカン、財務担当退任 資金洗浄疑惑の銀行閉鎖も視野
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/news_no457-0eb8.html
http://www.asahi.com/articles/ASG103V4PG10UHBI00P.html?iref=comtop_6_02

(上記記事より抜粋して引用)
--------------------
「バチカン(ローマ法王庁)は1月30日、財務情報監視局トップだったニコラ枢機卿(76)の退任を発表した。」
「ロイター通信によると、ニコラ枢機卿は2002年から教会保有の不動産などを管理。」
「バチカン銀行の資産は、世界中から集まる寄付など約60億ユーロ(8400億円)にのぼるとされる。」
同銀行は長年、保守政治家やマフィアの借名口座として利用され、マネーロンダリング(資金洗浄)の抜け道だったと指摘され、イタリア当局の捜査を受けて(、、、以下、省略)」
--------------------

『七百六十二:私の見かけたニュース_No.41』
●オバマは何の力もありません。アメリカや世界を支配してきたのは。。。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no41-1ed8.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51912904.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/12/the-real-powers-behind-president-barack-obama-by-karen-hudes-2861806.html

(元世界銀行の職員で内部告発者のカレン・ヒューズさんの記事より抜粋して引用)
----------------------
世界を支配しているのは、アメリカ合衆国でも、ロシアでも、中国でもありません。
それは。。。ローマなのです。
ローマ・カトリック教会、つまり、バチカンなのです。
イエズス会のトップはイエズス会総長のアドルフォ・ニコラスです。
なぜ総長と呼ばれるかというと、イエズス会は軍隊だからです。
ニコラス総長は世界一の権力者です。
ハースの下には、CFR、ビルダーバーグ、三極委員会のメンバーのズビグネフ・ブレジンスキーがいます。
----------------------

『五百二十一:私の見かけた情報_No.7』
●イルミナティの「秘密の盟約」~私たちはこれをとことん理解するだろう。一つになり行動をおこすだろう。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no7-5c7f.html
http://mizu888.at.webry.info/201311/article_23.html
イルミナティの盟約
http://www.youtube.com/watch?v=YyMKyy_tRco

『四百八十五:私の見かけた情報_No.5』
●バチカン悪魔組織、カトリック教の長年に渡る子供拷問&殺人について
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no5-5a96.html
http://mizu888.at.webry.info/201311/article_4.html

138321397179345735226_0images1

 

『四百八十三: News_No.361』
●NSA、バチカンでも電話盗聴疑惑…伊誌報道
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no361-f8bf.html
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131031-OYT1T00420.htm?from=ylist

『四百六十二:私の見かけた本』
●第2次世界大戦にまつわる驚くべき集団カルマの歴史
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/post-7606.html
(以下、「新・光の12日間」、ゲリー・ボーネル(著)/大野百合子(訳) 徳間書店・五次元文庫 第4刷:2011年3月10日)
--------------------
ローマ法王は「チャペルツアー」といって、SSなどのドイツ人の国外脱出を助けました。
なぜ「チャペルツアー」なのかというとドイツ人たちは、まず教会に行き、そこからフランスを通り、イタリア、シチリア島に行って、ローマ法王の祝福を受けてから、南アメリカまで船で逃げたからです。
相当な数のドイツ人がアルゼンチンに逃げました。
それもカトリックのカルマになっています。
カトリックにはカルマがあまりにもたくさんあって、それは想像を絶するほどです。
カトリックの洗礼を受けるということは、そのエネルギーの一部を自分が受けてしまうということになります。
--------------------

『四百五十五:私の見かけたビデオについて_No.44』
●ローマ法王ベネディクト16世 新世界秩序 バチカン #nwo #pope #benedict #vatican
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no44-4d53.html
http://www.youtube.com/watch?v=IAUcR9CtlRE

ローマ法王ベネディクト16世 新世界秩序 バチカン #nwo #pope #benedict #vatican
YouTube: ローマ法王ベネディクト16世 新世界秩序 バチカン #nwo #pope #benedict #vatican

ローマ法王ベネディクト16世
--------------------
、、、ちょうど道徳と経済の関係に基づいて新世界秩序を作るための誘因です。
--------------------

『四百五十四:私の見かけた情報_No.3』
●アメリカの驚くべき32の真実・・・・ほとんどの人は知らない。。。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no3-b141.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51894924.html
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_5.html
http://nesaranews.blogspot.jp/2013/08/here-are-truthful-facts-most-people-do.html
(上記記事より引用)
--------------------
23.ローマ法王は、大陸の発見と征服に関する法に基づき、全世界を所有していると主張している。
24.ローマ法王は何百万人もの人々の大量虐殺と奴隷化を命令した。
--------------------

『百三十九:News_No.257』
●「イランには落ち着いて核爆弾を作らせよ!?」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no257-0b88.html
http://japanese.ruvr.ru/2013_07_01/iran-kakubakudan/
(以下、『ロシアの声』、2013/7/1記事より抜粋して引用)
--------------------
20年前に冷戦は終わり、ブッシュ大統領は「新世界秩序」なるものを口にした。
ロシア人達はゲームの外に出てしまい、今や米国は自由に世界を作り変える事ができるようになり、軍事侵攻のための大義名分の必要性さえ取り消してしまった。
新聞「インディペンデント」
--------------------

『四百四十一:私の見かけたビデオについて_No.43』
●ローマ教皇ベネディクト16世はイルミナティだった?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no43-ca41.html
http://www.youtube.com/watch?v=FhtzkNQebGo

『四百三十六:私の見かけたビデオについて_No.42』
●真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no42-84e2.html
http://ameblo.jp/hidy0701/day-20120328.html
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_111.html
http://www.youtube.com/watch?v=jePMp9MFLKI

真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部
YouTube: 真の影の権力者 イエズス会中枢部とバチカン内部

(上記ビデオより)
--------------------
バチカンはヒトラーと政教条約を結んだ。
1933年に彼が権力を持った年である。

私はイエズス会の命令からほとんど全てを学んだ。
この組織の良い部分は私の政党に取り入れた。
私はイエズス会からさらに多くを学んだ。
これからは、この地球上で階層的であるカトリック教会ほど壮大なものはないであろう。
ヒムラーの中に我々のロヨラのイグナチオを見る。
(アドルフ・ヒトラー)
--------------------

『四百三十:私の見かけたビデオについて_No.40』
●バチカンとフリ-メ-ソンリ- フェレ-司祭の証言
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no40-be76.html
http://www.youtube.com/watch?v=byCLsdh3J-s

『二千九百七十六: News_No.154』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/news_no154-f8c6.html
●英カトリック教会最高位、辞職 「不適切な行為」で告発
http://www.asahi.com/international/update/0225/TKY201302250443.html
●英女王、ローマ法王、カナダ首相、バチカンetc.が25年の懲役刑を受けます。
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51871499.html
http://www.syncrenicity.com/2013/02/25/pope-queen-and-canadian-prime-minister-found-guilty-of-crimes-against-humanity-and-sentenced
(上記記事より抜粋して引用)
--------------------
2月25日付け:
集団虐殺を行ったバチカンとカナダの関係団体に対する初めての普通法裁判事例で最終判決が下されました。
ローマ法王、英女王、英国教会、カトリック教会、カナダ統一教会及びカナダ首相らは、カナダにおける人道に対する犯罪で有罪の判決が下され、被告人全員に25年の懲役刑が言い渡されました。
--------------------

『三千一: お知らせ_No.114』
●3月6日にブリュッセルの裁判所がエリザベス女王や元法王、他に逮捕状を出しました。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/_no114-2de3.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51872803.html
http://the-tap.blogspot.jp/
http://thisincrediblenewworld.wordpress.com/tag/itccs/
(上記記事より抜粋して引用)
--------------------
3月6日付け:
ブリュッセル発:
先週、人道に対する犯罪を犯したとして有罪判決を言い渡されたバチカンや他の教会関係者及びカナダ政府関係者は、出頭という裁判所の命令を無視したため、彼等は現行犯逮捕に直面することになります。
--------------------

『三千十二: お知らせ_No.119』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/03/_no119-7989.html
●アメリカの本当の所有者は、現在もローマカトリック教会=バビロン教会に操れられたクラウンテンプル
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_57.html
世界の真実の姿を求めて!さんより
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-702.html
●世界の支配構造の本当の秘密

(上記記事より抜粋して引用)
--------------------
実際は秘密裏にローマカトリック教会を引きずり回し、悪魔的に支配しているのは、イエズス会。
ロスチャイルド家は代々イエズス会士。
(ビルヒューズによれば)イエズス会が育て操った歴史上のメンバー。
スターリン、ムソリーニ、ヒトラー、ヒムラー、ゲッペルス、アイヒマン、ビルクリントン、カストロ、シモンペレス、ロバートムカベ。

そのザ・シティに指令を出しているのがローマカトリック教会(バビロン教会)ということなのです。
バチカンの金庫番がイエズス会士のロスチャイルドです。
そしてバチカン市国も主権国家で、イタリア議会に従うことのない存在です。
この構造はワシントンDCに引き継がれています。
--------------------

『三千二百七十: News_No.204』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no204-6b8e.html
(以下、「朝日新聞デジタル」、2013/5/17記事より抜粋して引用)
--------------------
●バチカン銀行、バランスシート公開へ 新法王改革の一環
http://www.asahi.com/international/update/0517/TKY201305170308.html
バチカン放送局によると、ローマ法王庁(バチカン)の資産を管理・運用している宗教事業協会(通称バチカン銀行)のフォンフライベルク総裁は、資産状況を記したバランスシートを年末までにネッ、、、
--------------------

『八十一:私の見かけたビデオについて_No.15』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-39cd.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11553166803.html
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_64.html
http://www.youtube.com/watch?v=__PDJHCxoDc

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④
YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー④

エレン・グリーン・ヒックス
--------------------
「バチカンでの小さな子供達を生贄に捧げる儀式を見てきています。」
「腹立たしい、地上で最も腹立たしい場所です。」
「最も邪悪で暗くて・・・地上で最も邪悪な場所です。」
「神はそこにいません。」
「神はその建物に入ったことはありません。」
「神は一度もその建物に入ったことがありません。」
「神は決してそこに入る事は無いでしょう。」
「神はその建物に無くなって欲しいのです。」
「生贄の儀式的な邪悪な・・・場所以外の何物でもありません。」
--------------------

『九十七:バチカンについて』
●バチカンは、世界政府を呼びかけています
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-804e.html
http://www.forbes.com/sites/timworstall/2011/10/25/the-vatican-calls-for-world-government/
(以下、「Forbes」紙、2011/10/25記事より抜粋して引用)
--------------------
実際、彼等は、自分達が政治的なプロセスを実行する事の出来る地位に、うまく入り込んでいます。
(そう、民主主義的にも選ばれ、そして、自己指名によっても)。
本当に、もはや、私達は、彼等に力を与えたくはありません。
実際に、私達は、特に金融と経済上で、彼等が既に持っているものの多くの力を改善したいです。
--------------------

『二百八十九:フリーメーソンとイルミナティ レジャンバルド神父』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-4df6.html
http://mizu888.at.webry.info/201308/article_81.html
http://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=50235
●フリ-メ-ソンとイルミナティ レジャンバルド神父 Part1
http://www.youtube.com/watch?v=3PLaXhXdZt8

『百四十四:『人口削減計画』等について_No.5』
●NASAの未来計画文書③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no5-0b84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11563280614.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://solesoleil.exblog.jp/20441188/
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/nasa.html
http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

●デボラ:
--------------------
「新世界秩序の暴露1969年を見る事です。」
「それらは全て私達のウェブサイトにあります。、、、誰もがその詐欺を理解するのです。」
--------------------

 

                                        坂本  誠

2014年4月22日 (火)

二千四: 日の出

                  日の出


      太陽が 水平線から 昇ろうとしている。
      光と熱が 届けられてくる。
      生き物が歓び始める。

      光と熱は科学の ちから で作られている。

      しかし、光の中に
      我々の喜びのための 太陽の精神が 込められている。

      光の中に
      科学の ちから と
      歓びの ちから が融合されている。

 

                                        坂本  誠

二千三: 夜明け

こんばんわ。
近況から、お伝えします。
最近ちょっと別の用事をやっていまして、ブログの更新回数が少なくなっています。
======================
夜が明けるのが早くなってきました。

早朝の朝焼けの中をウォーキングしてみるのと、すがすがしいものを感じます。
今朝は、春の曇り空だったのですが、空にたなびく雲は、それこそ、薄紫のような色の感じでした。
朝焼けの色も様々にあるものだと感じました。

そのような朝焼けを見ていると、『ガイアの夜明け』という昔のテレビ番組を思い出しました。
確か、世界の様々な場所を訪れる気候番組だったかと覚えています。
そのテレビ番組を見た事はないのですが、ふと思い出しました。

夜明けと朝焼けは似ています。
夜の明ける瞬間は「夜明け」ですが、その「夜明け」の終わったと同時に「朝焼け」が始まります。
夜明けと朝焼けは常に背中合わせなのも、気が付いたら面白いものです。

冬場などは、ウォーキング等も朝にする人は少ないのですが、春を迎えたら気温も上がるので、明け方にウォーキングする人も増えます。
わずかばかりに冷気の漂う早朝の中で、それらの冷気を深呼吸して、朝日に向かいながらウォーキングすると、どこか心が引き締まるような、また、安らかな気持ちになるような気がして、落ち着きます。

Asahi



 

                                        坂本  誠

2014年4月21日 (月)

二千二: 鳥

                  鳥


      大きな鳥がいる。
      太陽系よりも
      銀河よりも 大きい。
      透き通っていて、
      手触りも無い。

      その鳥が
      銀河と 太陽系と 私達を
      かすめてゆく時、
      それはまるで
      春の風の手が
      私達を触れているかのようだ。

      翼が幾つもある。
      その鳥の姿は
      星雲のようだ。
      星雲の手が
      鳥の手だ。

      鳥の翼が
      様々なものを
      かすめてゆく。

      鳥が上昇してゆく。
      光の粒で出来た
      巨大な 白いタンポポ達が
      鳥の はるかな下方へ
      流星のように
      流れ落ちてゆく。
      幾つも、幾つも。

      黒い闇の中に
      光のタンポポ達は
      落ち続ける。
      鳥が舞い上がり続けると共に。

 

                                        坂本  誠

二千一: 電磁波対策を考える_No.6

千九十三:電磁波対策を考える_No.5』の続きです。

最近、電磁波対策の記事が多いです。
なぜならば、遺伝子組み換え食品やフッ素入りの歯磨き粉や人口調味料ならば、個々の人が自分で何とか努力すれば、それらのものを口にせずに済むかもしれません。
しかし、電磁波となると、この原稿をパソコンで書いている今でも、あるいは私でも携帯電話を使う時や、あるいはテレビを見かける機会もあるからです。
ですから、これに対しては積極的に電磁波対策を考えないといけないかと感じます。

『千九十三:電磁波対策を考える_No.5』で、『自然治癒力向上対策マップ』様の記事、「住環境・電磁波対策」をご紹介しました。
もう一度、引用したい記事と写真を引用します。
------------------------------
その2
これは、イフや黒米を持っている方に…

Img014_21

イフや黒米をしながら、下半身に麻を覆ってあげると帯電している電磁波や静電気を取り除くことができます。
数分でも効果がありますので、気軽にできます。
衣服の上からでもOKです。

こうすることで、一度手から入った電磁波が、腕に触れている麻から電磁波が出て行きます。
100%出し切ることはできなくてもだいぶ楽にはなるはずです。
電磁波が気になる方は、やってみるといいですよ!(、、、以下、省略)
--------------------------
(引用終わり)

上の引用記事から思い出した事があります。
最近、あるブログでは「なるべく大地にグラウンディングするように」という薦めがあります。
上に紹介した引用文を考えていると、上記ブログの「大地にグラウンディング」の文章に思い起こせました。

「大地にグラウンディング」するというのも幾つか理由が考えられそうです。
しかし、上の「その2 これは、イフや黒米を持っている方に…」を読んでみてもわかるとおり、「大地にグラウンディング」するという行為は、私達の身体に帯電している電磁波を地上に流すという意味合いがあるのではないかと私は推測しています。

確かに、理屈から行けば、靴と靴下を脱ぎ、素足で大地の上に立てば、自分の身体に帯電している電磁波を大地に逃がしてやることになります。
普段、私達は靴や靴下を履いており、素足で大地に触れる事が無いので、自分の身体に帯電している電磁波を大地に流してやることが出来ません。
靴というゴムで私達の足を覆っていますので。

ですから、素足で大地にグラウンディングすれば、それだけで電磁波対策をしている事にならないでしょうか。
電磁波兵器でのマインド・コントロールまでは外せないかもしれませんが、身体の保護は出来るかと私は感じます。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『千九十三:電磁波対策を考える_No.5』
●住環境・電磁波対策
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no5-38c5.html
http://roop119.com/14.html

Img014_11

 

『千八十三:電磁波対策を考える_No.4』
●スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮蔽効果
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no4-0719.html
http://www.youtube.com/watch?v=sl_BfCvP17g

スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮蔽効果
YouTube: スマートメーターの電磁波測定とアルミホイルの遮蔽効果

『九百十七:電磁波について_No.14』
●元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器④
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no14-8c6c.html
http://www.youtube.com/watch?v=JD2vZZxXKMw

元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器④
YouTube: 元MI5部員Dr. Barrie Trowerの語る電磁波兵器④

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------
「何百万ボンドも節約して、子供達に35年間も遺伝子損傷を与えた方が安上がりなのです。」
「これはニコラ・テスラが1890年代に電線や発電機なしで、2キロ先の電球をつける事で示しています。」
「万引きを防止させようと望む時、「見張っているぞ、それを盗むな」というメッセージを送ります。」
「店でも政府でも誰であれ、隠れて、メッセージを「盗むな」の代わりに「それを買え」に変えたら、儲かるだろう、と」
「その企業はこれを9か月使用するのに60万ドル使い、裁判にかけられ、私の持つ写しでは、政府はこれを議論して悪影響はないとしました。」
「今ではチェーン・ストアやファースト・フード店が人を攻撃して、もっと金を使わせようとしている驚くべきことです。」
「あるいは、「引っ越せ、お前はここに要らないから」と、また通り越しにも送信できます。」
「それは政府の大臣をパルス波で攻撃する事に関するものでした。」
----------

『八百九十五:HAARPについて_No.5』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/haarp_no5-3cd5.html
『二人だけが知っている超アンダーグラウンドのしくみ』 (ベンジャミン・フルフォード&飛鳥昭雄:ヒカルランド)(第1刷:2011年8月31日)より引用

(上記本より抜粋して引用)
--------------------------
◆飛鳥:
「、、、実はアラスカのHAARPが物すごい高周波を上に向けて照射する。」
「そうすると、電磁シャワーというのもできるし、もっと極端なことを言うと、高周波ですから、1秒間に数万回揺らすことができる。」
「陸地でも海底でもそうなんだけど、核兵器が使われた可能性もあるんだけど、それを観測していた民間の団体があって、3.11の前、3月10日に、異常な高周波が出されていることがわかった。」
「それを計算すると、ちょうど日本のほうに来る。」
「高周波というのは、グーッと揺らせると、特にプレートだから、非常にもろい状態になってくる。」
--------------------------

高周波活性オーロラ調査プログラム
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AB%98%E5%91%A8%E6%B3%A2%E6%B4%BB%E6%80%A7%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%A9%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0

(上記記事より、写真と文章を抜粋して引用)
----------------
高周波活性オーロラ調査プログラム(こうしゅうはかっせいオーロラちょうさプログラム、英:

300pxhaarp20l1

High Frequency Active Auroral Research Program、略称:HAARP、ハープ)とは、アメリカ合衆国で行われている高層大気と太陽地球系物理学、電波科学に関するの共同研究プロジェクトである[1]。

   :   
  (中略) 
   :   

陰謀論者としても知られる[7].[8][9][10]、元プロレスラー、元米国ミネソタ州知事のジェシー・ベンチュラはCNNの取材において、東日本大震災が本プログラムによって引き起こされた、と述べている[11]が、電離層に対する電波照射と、地殻変動による地震を関連付ける論理は不明である(巨大地震が電離層に対して何らかの変化をもたらすことは知られている[12][13][14]が、それらは大規模な地殻変動による圧電効果によって発生するパルスが間接的に電離層にもたらす影響と考えられており、電離層に対する人工的な電波照射が地震を引き起こしているとは到底考えられない)。

   :   
  (中略) 
   :   

最終更新 2013年10月22日 (火) 11:13 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
----------------
(引用終わり)

『九百二十六:HAARPについて_No.6』
●重要 こんなにあったの?世界に広がるHAARP施設(高周波活性オーロラ調査プログラム) - 幸せの深呼吸
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/haarp_no6-0303.html
http://matome.naver.jp/odai/2137820858589830101/2137835272561677903
http://blog.goo.ne.jp/skrnhnsk/e/80ba0fd28e0cc41d03ef00661e9f3bda
●世界に広がるHAARP施設(高周波活性オーロラ調査プログラム)
http://minkara.carview.co.jp/en/userid/472496/blog/28821901/

Haarp

Kyoto31

 

『九百三十四: 電磁波について_No.17』
●元英諜報部員が語るマイクロ波戦闘  Barrie Trower on Microwave warfare
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no17-d4c2.html
http://www.youtube.com/watch?v=hpfblQN2a-E

元英諜報部員が語るマイクロ波戦闘  Barrie Trower on Microwave warfare
YouTube: 元英諜報部員が語るマイクロ波戦闘  Barrie Trower on Microwave warfare

(※筆者注:なぜかわからないのですが、英語で語られているこのビデオの日本語訳にモザイクがかかって、日本語の字幕を読めない状態です。なぜ、字幕部分にモザイクがかかるようになったのかはわかりません。)

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------
「誰かを始末するのが急ぎでない場合、この技術でビームを送れば、とても効果的なステルス兵器となります。」
「何度も実行されてきました。」
「記録もされています。」
「政府は気に食わない人々にビームを当てる事が出来ます。」
「ガン、乳癌、脳神経の病気など、かからせたい病気を何でも好きに選べます。」
「マイクロ波をビームするスーパー発信器があればできちまう。」
「例えば、世界の主要小麦供給国を経済破綻させたいと思ったとしますよね。」
「そしたら、電離層にマイクロ波ビームを当てるだけでいいんです。」
「電離層は地球全体を覆っている見えないイオンの雲です。」
「特定の角度で放たれた電磁波ビームが反射してその国へと落ちます。」
「その土地の小麦、牛や羊に向かって、マイクロ波ビームを当て続ければ、作物の免疫システムを痛めつけられます。」
「病気になって死ぬように・・・」
「生育を止められます。」
「そしてその国に経済破綻を引き起こせます。」
----------

『九百五十:電磁波対策を考える_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no3-62fa.html

『九百二十九:電磁波対策を考える_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/_no2-59a5.html

『八百七十九:電磁波対策を考える』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/02/post-9d03.html
●ジェイ・パーカー~オルゴナイトについて
http://www.youtube.com/watch?v=oCGzJixUuwM
●オルゴナイト~自分だけのオルゴン装置の作り方
http://www.youtube.com/watch?v=XZorcbU9FVY
●瞑想と思考が「 DNA と細胞の構造そのものを変化させている」ことが初めて明らかになった …… という報道を訳しきれずに時間切れとなり
http://oka-jp.seesaa.net/article/382277665.html
●私たちは考え方を変化させることと「潜在意識を知覚する」ことにより今より何百万倍もパワフルな生命存在になることができるかもしれない
http://oka-jp.seesaa.net/article/382352387.html

『千七十七:スマートメーターや監視社会について』
●スマートメーター、スマートホームの真実
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/post-1567.html
http://www.youtube.com/watch?v=owCqdQhqypo

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------
「インターネットの事」と呼ばれるものは、最終的に地球上にある全単一の物体をも含むネットワークを構築するという計画なのです。
そして国民が最終的に認識するにつれ、このようなネットワークはデータを収集し、住民をスパイするための黄金の機会を企業や政府に提供するのです。
----------

『五百二十二:電磁波について_No.7』
●次世代電力計に商機 「スマートメーター」入札開始 東電、2700万台導入へ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no7-2afa.html
http://www.asahi.com/articles/TKY201311070613.html

(上記記事より)
----------
節電などに活用できる次世代電力計「スマートメーター」の導入が本格化する。
東京電力は7日、114万台分の入札を始め、これから7年間で管内に全2700万台を導入する。
利用者は家庭の電気使用量を細かくチェックでき、電力会社もピーク時の電力使用を抑えやすくなる。
電機メーカーには商機が(、、、以下、省略)
----------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

二千: News_No.492

おはようございます。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させて下さい。

(以下、『Iran Japanese Radio』、2014/4/20記事より引用)
------------------------------
●アフガンで、米無人機の攻撃により民間人4名が死亡
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/44685-アフガンで、米無人機の攻撃により民間人4名が死亡

アフガニスタンで、アメリカの無人機の攻撃により、民間人4名が死亡しました。

プレスTVが伝えたところによりますと、アメリカの無人機が20日日曜、アフガニスタンの首都カーブル北部を攻撃し、これにより民間人4名が死亡したということです。

アメリカの無人機はさらに、15日火曜にも、アフガニスタン南東部にあるホースト州のある地域を攻撃しており、この攻撃により子供2名と女性1名が死亡しました。

アフガニスタンに対する米無人機の攻撃は、アフガニスタンがアメリカとの安全保障協定に署名することを拒否している要因のひとつです。

2013年ににおけるアフガン民間人の総死亡者数の40%は、無人機の攻撃が原因となっています。

アメリカは、無人機の攻撃の標的はテロリストとタリバンであると主張していますが、地元筋によりますと、これらの攻撃の主な犠牲者は民間人であるということです。
--------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事に関連していると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『九百六十四:私の見かけたビデオについて_No.53』
●エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/03/_no53-e3bb.html
http://www.youtube.com/watch?v=vWh96CTxKJM

エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①
YouTube: エレン・グリーン・ヒックスインタビュー①

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------------------
私の出生証明書の名前はエレン・グリーン・ヒックスになっています。
ですが、本当の苗字はロスチャイルドです。
そして私の父は陰の政府軍のトップでした。
陰の政府の軍部門です。
彼はタイム・トラベルを取り扱わねばなりませんでした。
MKだとか、1940年代から70年代当時の全ブラックオペレーションプログラムを取り扱っていました。
私達、私と父親ははここに他の次元から来たんです。
ですから、私が来たロスチャイルドの血脈は他の次元にあるんです。
そうです。ここと全く同じ様なパラレルユニバースです。
----------------------

『千六十三:イルミナティについて_No.21』
●ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5/11 #druid #illuminati
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/_no21-7fda.html
http://www.youtube.com/watch?v=MQRyThSfSOM

ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5 11 #druid #illuminati
YouTube: ドルイド 元イルミナティ ジョン・トッド氏の証言5 11 #druid #illuminati

 

(※筆者注:なぜかわからないのですが、英語で語られているこのビデオの日本語訳にモザイクがかかって、日本語の字幕を読めない状態です。なぜ、字幕部分にモザイクがかかるようになったのかはわかりません。)

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------------------
今それはキリスト教徒の大統領について考えていた数人を黙らせました。
しかしそれはとにかく事実です。
大ドルイドはちょうど私のように普通の人々に過ぎないように見えますが、あなた達は今このように私を見ていますが、私は魔女妖術でした。
そして私の権限の一部は、私が代わりに考えるのではなく、ただ単純にロンドン、ロスチャイルド家から受けた命令を知事、上院議員、あるいは私の地域を担当している私から直接政治的な命令を受けている政治家に、ただ単純に解釈して伝える事でした。
それが13人評議会です。
----------------------

==========================

(以下、『時事ドットコム』、2014/4/21記事より引用)
------------------------------
●安倍首相、真榊を奉納=靖国神社例大祭
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2014042100025

安倍晋三首相は21日、靖国神社に祭具の真榊(まさかき)を奉納した。
同日から23日までの春季例大祭に合わせたもので、真榊は「内閣総理大臣 安倍晋三」の名で納められた。

ただ、首相は、中国や韓国との関係に配慮し、例大祭期間中の自らの参拝は見送る方針だ。
--------------------------
(引用終わり)

(以下、上記記事に関連していると思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
『千六十九:News_No.487』
●安倍首相の靖国参拝 大阪の市民団体が提訴
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/04/news_no487-c10e.html
http://japanese.ruvr.ru/news/2014_04_12/271107557/

9summitgg202013_131

© Photo: Anna Forostenko / The Voice of Russia

(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
大阪の市民団体が、昨年12月の安倍首相による靖国神社参拝を、第二次世界大戦時代の軍国主義を連想させるとして、首相を提訴した。

大阪地裁に提訴したのは、市民ら546人で、一人当たり慰謝料1万円の損害賠償を求めている。
共同通信によれば、彼らは「靖国参拝は、日本国憲法によって保障された平和的生存権を侵害するもの」と捉えている。

昨年12月、安倍首相は、靖国神社に参拝し「日本国首相安倍普三」という札をかけた花を奉納した。
提訴した人々は「個人としてではなく首相として参拝したことは、戦場での死を美化し、戦争に向けた準備の試みにつながる」と批判している。
なお同様の提訴は、21日に270人の市民が、東京地裁にも起こす予定だ。
こちらの場合は、総額8万円の賠償を求めると見られる。
--------------------------
(引用終わり)

==========================

 

                                        坂本  誠

2014年4月20日 (日)

千九十九: 水

                  水


      花を愛でる心が
      水になる。

 

                                        坂本  誠

Img7d9267dd1637_2

千九十八: リラックスについて

人はリラックスする一時が大事だと感じてしまいます。
リラックスと休憩は違います。
休憩だと、身体を休め、かつ、じっとしているような雰囲気があります。
しかし、リラックスとは違います。

リラックスとは心がくつろいでいる時を意味しています。
ですから、人によっては、ぼんやりと散歩していたり、あるいは綺麗な音楽を聞いている一時かもしれません。
あるいは、美しい景色を眺めている時かも知れません。

総じて言えば、リラックスの一時とは、脳からアルファ波が出ている一時と言えるかもしれません。
ですから、人間が身体を休め、休憩している時に落ち着かなかったり、イライラしている時にはアルファ波は出ていないでしょうから、リラックスの一時とは言えない事に気が付きます。
逆に脳から綺麗なアルファ波が出ている時は、リラックスの一時と言えると思います。

今までは「休憩の一時を求める」というのが、世に言われてきました。
しかし、これからは「休憩」だけではなく、「リラックスの一時」を求める方法が大事になってくると思います。

 

                                        坂本  誠

P4250148

千九十七: 水についての情報

水についての情報を書きたいと思います。

水と言えば、私達の周りにごくありふれるようにあります。
しかし、渇水の時には、水不足に苦しみます。
また、水は私たちの暮らしになくてはならない必需品です。
ですから、日頃、私達は水を恩恵を忘れがちです。
また、水を感じるに一種の空気のようなもので、なかなか、その素晴らしさを忘れがちでもあります。

そんな水の結晶(氷)の写真が集められた本がベストセラーになっているそうです。

  『水は答えを知っている』  江本勝  サンマーク出版

です。

この本の概略を書きます。
波動理論と言われているものを氷の結晶で表しています。
例えば、「美しい」とか「愛」という文字を見せて、氷にさせた結晶と悪い文字を見せて凍らせた水の結晶には違いがある事がわかったそうです。

最初、私はこの本の存在や、その本の内容を友人から聞きました。
つまり、良い雰囲気を持たせた水と悪い雰囲気を持たせた水の結晶にはそれぞれ違いがあるそうです。
これは水を凍らせて、結晶にしないとわからなかった部分だと思われます。
普通の液体である水を見ると、それは液体ですから、違いがわからなかったと思います。

ですから、「このように良い雰囲気を持たせた水を飲もう」となり、私もそうしています。
やはり、健康に良いと思われますので。
しかし、日本の大都市の水は良くなく、結晶が出来ないそうです。
この本で考えられている理由としては、大都市の水は塩素で殺菌しているからだろう、言及されています。
なので、出来るだけ殺菌作用の施されていない水を使って、良い雰囲気のある言葉を見せて、私はそれを毎日飲んでいます。
私が思うに、身体が健康になるだけではなく、身体全体の波動(周波数、あるいは振動)も上がると予想しています。

詳しくは、該当の本を読まれたり、HPをご覧ください。

インターネットのHPでは、

株式会社 I.H.M.
http://www.hado.com/

で紹介されています。
上記のHPからご紹介させて頂きます。

(以下、『水の結晶 | 株式会社 I.H.M.』より写真と文章を引用)
------------------------------
●水の結晶 | 株式会社 I.H.M.
http://hado.com/watercrystal/

水の情報記憶

水にはさまざまな情報を記憶する能力がありますが、記憶された情報を直接目で確認する方法がありませんでした。
江本勝は、目に見える形として何とか水に刻印されている情報を視覚化したいと考えました。
雪の結晶にヒントを得て、数ヶ月の試行錯誤の後の1994年に、水の氷結結晶写真撮影法を開発することができました。
世界で初めて、水が記憶している情報を氷結結晶という目に見える形として示すことができるようになったのです。

この方法を使って、河川水、湖水などの天然水、名水と呼ばれる湧水、各地の水道水など、さまざまな種類の水を調べた結果、いわゆる“良い水”はとても美しくバランスの取れた六角形の結晶構造を示すことが分かりました。
逆に汚染された水の場合には、美しい結晶構造が見られませんでした。

Wc11_2

水に対して音楽を聞かせたり、写真を見せたり、文字を見せたり、あるいは気を送ったり、祈りを捧げたりすることによって、その結晶構造がどのように変化するかについても実験を重ねました。
いずれの場合にも、水は敏感に反応して、その姿を変えることが分かりました。

Wc21_2

水に文字を見せたところ、「ありがとう」という言葉を見せた水は、六角形の力強い結晶を作ってくれました。
ところが「ばかやろう」という文字を見せた水の場合には結晶構造が壊れてしまいました。
そして「愛 感謝」の文字を見せたときに、水はもっとも美しい姿を見せてくれました。
--------------------------
(引用終わり)

水についての情報を書かせて頂きました。

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム