« 九百七十五: 学校のテストについて考える | メイン | 九百七十七: 春 »

2014年3月17日 (月)

九百七十六: 私の見かけた情報_No.19

私は、以下の情報を見かける機会がありました。
ご紹介させて下さい。

(以下、『InDeep』様、2014/3/17記事より文章と写真を引用)
------------------------------
●宇宙の粒子や空気を食べて生きていると主張するウクライナの「ブリザリアン(不食)」モデルの話から「松果体とエネルギー」にまで考えが飛躍してしまいました
http://oka-jp.seesaa.net/article/391713988.html

自称ブリザニアンでリアルバービーと呼ばれるウクライナのモデル、ヴァレリア・ルキャノバさん

Valerialukyanovatop1

(、、、中略、、、)

Real011

▲ 2014年2月28日のデイリーメール Human Barbie reveals she starves herself: 'Breatharian' believes she can live off 'cosmic micro-food' of just light and air より。
http://www.dailymail.co.uk/femail/article-2570013/Human-Barbie-Valeria-Lukyanova-reveals-STARVES-Breatharian-believes-live-air-containing-cosmic-micro-food.html

タイトル下の部分の文字が小さくなって、見えにくいかと思いますので、文字にしますと、このようなタイトルキャッチです。
-------------------
・ヴァレリア・ルキャノバ(23歳)は伝えられるところでは食べないことでスリムになったという。

・彼女はブリザリアニズムとなった。それは何も食べず飲まない主義のことだ。

・人形のようなプロポーションを持つモデルでもある彼女のフェイスブックには99万4000の「イイネ」がつけられている。

・究極的な「完璧の具現化」としての生きるバービーを見る。

・彼女はタイムトラベルができ、宇宙人と会話することができる等の内容を含む尋常ではない内容を話す。
-------------------

ルキャノバさんは、上の記事の中で、

-------------------
「ここ数週間、私は何も食べなくとも全然空腹ではありませんでした。私は空気や光だけで生きられるのです。そして、これがその最終段階だと願っています」
-------------------

と語っています。

(、、、中略、、、)

ふと思い出したのですが、数年前にインドのブリザリアンと主張する老人に関しての報道をご紹介したことがあります。
4年ほど前の下の記事で、英国テレグラフの報道を翻訳したものです。

Inedia1

▲ 2010年4月30日の過去記事 「70年間何も食べずに生きていた」と主張する男性をインド軍が調査中より。

内容は、
-------------------
インド軍の科学者たちが、70年間、まったく飲まず食わずで生きてきたと主張する82才の男性を現在調査している。

プラーラド・ヤニ氏は、現在インドのアフマダーバードの病院で隔離されている。そこで、彼はインドの防御研究の組織によって監視されている。

ヤニ氏は今は厳しい監視の中で食物も水もない状態で、6日間過ごしている。
医者は彼の体が、飢えや脱水からまだ何の影響も受けていないという。

プラーラド・ヤニは7歳の時に家を出て、アフマダーバードをさすらう聖人として生きてきたという。彼は、「精神的な生命の力」によって生きることができる「ブリザリアン」と考えられている。ヤニ氏は、彼が彼の口蓋の穴を通して「万能薬」を注ぐ女神によって支えられると信じている。

彼の主張は超自然的な能力を要求する人々の研究を専門とするインドの医者によって支持されているが、しかし、彼のことを「村の詐欺師」として相手にしない人々もいる。
-------------------
というものでした。

(、、、中略、、、)

Afpinedia1

▲ 2010年5月10日の AFP 70年断食の印ヨガ聖者、科学者も仰天 より。

(、、、中略、、、)

インドの公民権活動家女性の 3500日の断食

いろいろ調べているうちに、やはりインドの方なのですが、すごい女性の存在を知ったのです。

完全に初めて知る人物である上、日本語での参考文献がまったくないので、どうも理解に苦しむ部分もあるのですが、インドの社会活動家、あるいは公民権活動家のイロム・シャーミラ( Irom Sharmila )さんという女性が「 14年間近くに及ぶハンガーストライキをおこなっている」というのです。

Irom011

▲ イロム・シャーミラさん。米国 Deccan Chronicle より。

インドだけでなく、西欧社会ではかなり有名な公民権活動家らしいのですが、このシャーミラさんの Wikipedia の冒頭は下のようになっています。
-------------------
Irom Chanu Sharmila

イロム・シャーミラ・チャヌは、「マニプールの鉄の女」や「 Mengoubi 」などとして知られるインド・マニプール州の公民権活動家、政治活動家、そして、詩人である。

彼女は、 2000年 11月 2日に、ハンガーストライキを始め、現在も進行中だ。 500週以上にわたり、食料と水を拒否したため、彼女は「世界最長のハンガー・ストライカー」と呼ばれている。
-------------------

(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム