« 八百六十五: News_No.457 | メイン | 八百六十七: ピラミッドについて_No.22 »

2014年2月 4日 (火)

八百六十六: 私の見かけたニュース_No.42

私の見かけた幾つかの経済ニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『AFPBB News』、2014/2/4記事より引用)
------------------------------
●EUが初の汚職報告書、年間の損失総額は16兆円以上
http://www.afpbb.com/articles/-/3007750?blog=webryblog

【2月4日 AFP】
欧州連合(EU)の加盟28か国にまん延する汚職による損失総額は、EUの総予算に匹敵する年間約1200億ユーロ(約16兆4000億円)「絶句するような」巨額に上っていると、欧州委員会(European Commission)のセシリア・マルムストローム(Cecilia Malmstroem)内務担当委員が3日、明らかにした。

同氏は、出身国スウェーデンの日刊紙Goeteborgspostenに寄せた論説で、欧州委員会が初めてまとめた報告書について言及した。
それによると、EU全体の総生産の1%近くに相当するこの額はあくまで「推定」であって、実際は「恐らく…もっとずっと高い」と指摘。
「手をこまねくことの代償は大きすぎる」
として、加盟各国に汚職の根絶のためさらなる措置を講じるよう呼び掛けた。

同報告書は、各加盟国の汚職の深刻さの度合いや法的制裁については言及していないが、マルムストローム氏によると加盟国との協議後に発表される可能性もあるとしている。
同氏は「1つ確実に言えるのは、欧州に汚職のない地域は存在しないということだ」と述べている。

同氏は特定の国名を挙げることは拒否したが、EUは以前からブルガリアとルーマニアでの汚職、特にEUからの資金の使途について懸念を示しており、両国が2007年にEUに加盟した際には共に特別な監視制度の対象とされた。
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ロシアの声』、2014/2/3記事より引用)
------------------------------
●ライセンスを剥奪される悪徳銀行
http://japanese.ruvr.ru/2014_02_03/128225487/

ロシアの与党「統一ロシア」の議員たちは、銀行が破たんした場合、銀行の所有者らに、私有財産で預けられていた預金を払いもどす責任を負わせる法案を提出する意向。
近いうちにも、ロシア下院(国家会議)に民法および銀行法の改正案を提出する予定だ。

ロシア中央銀行は現在、ロシアの銀行システムの基準に合わない金融機関のライセンス剥奪している。
議員たちは、銀行の破たんなどが生じた場合、銀行の所有者が、預金者に対する責任を負い、私有財産で預金の払い戻しをするよう提案している。
高等経済学院のヨシフ・ジスキン教授は、銀行家は利益を得るだけでなく、「ポケットマネー」で損害を支払う覚悟も持たなければならないと述べ、次のように語っている。

中央銀行が行っているロシアの銀行システムの改革により、銀行が度々、虚偽情報を流していることが分かった。
そのような銀行によって、正直な活動を行っている銀行が、返済義務を負うことになり、被害を受けている。
そのため、銀行の上層部だけでなく、所有者にも責任を負わせる必要があると考えられた。
なぜなら、何の責任も持たない所有者たちが、銀行の上層部に圧力をかけることがあるからだ。
銀行家たちは、財産とは利益をもたらすだけでなく、責任を負うことでもあるということを理解しなければならない。

ロシアには、預金保険制度がある。
金融機関が、預金などの払い戻しができなくなった場合、預金者たちは保護される。
払い戻しは短期間で行われる。
限度額は、70万ルーブル(約2万ドル)。

ロシアでは昨年11月から、ライセンスを剥奪される銀行が相次いだ。
新しい銀行だけでなく、中堅銀行や大手銀行も破たんした。
その原因には、犯罪的活動や成果の上がらない活動実績だけでなく、銀行分野における新たな規制も含まれた。

ロシア下院予算委員会のエヴゲーニー・フョードロフ委員は、ロシアは、より厳格な銀行規制「バーゼル3」を導入し、その基準に適合できなかった金融機関もあったと指摘し、次のように語っている。

ロシアは2014年から『バーゼル3』を導入した。
そして、数十行の銀行が、『脱落』した。
『バーゼル3』は、非常に高い規制水準だ。
すなわち、膨大な資本と銀行内部の大きな保証が必要とされる。
ロシアの銀行管理の厳しさや保証の大きさは、例えば3、イタリア、ドイツあるいはフランスなどよりも約5倍は高くなっている。
すなわち、ロシアは、銀行管理において最も高い水準を持つ国の一つとなった。

自由市場経済にとって、このような厳しい規制は最適な政策ではないかもしれない。
だが、一般の国民にとっては重要だ。
なぜなら、銀行が自由に使用できる資金が厳しく定められたことにより、預金が保護されるからだ。
正直な活動を行っている銀行は、法改正を心配する必要はない。
だが、国民の預金を自由に使える資金として利用することに慣れてしまった銀行は、私有財産が「危険にさられる」ことで、考えを改めるかもしれない。
------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百五十四:私の見かけた情報_No.16』
●IMF専務理事、クリスティーヌ・ラガルド、公にグローバル金融リセットと回復を語る
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no16-03dd.html
http://www.ascensionwithearth.com/2014/01/imf-director-christine-lagarde.html
http://www.weforum.org/sessions/summary/global-economic-outlook-2014

(上記記事より抜粋して引用)
----------------

Photo_3

■マリオ・ドラキ:
「私達の最も重要な目的は、銀行の貸借対照表(バランス・シート)に存在するものに光を投げ掛けることです。」
「それは操作上効果的であり、完全に透明なやり方でなされなければなりません。」

Photo_4

●クリスティーヌ・ラガルド
「金融セクターの改革と調整環境は、大きなリセットを経ています。」
「それらの構造改革は、世界の隅々に至るまで必要です。」
----------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム