« 七百七十七: UFOについて_No.65 | メイン | 七百七十九: News_No.441 »

2014年1月 6日 (月)

七百七十八: フッ素について

私は、フッ素についての以下のビデオを見かける機会がありました。
以下に、概要をご紹介させて下さい。
私の気になりました部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

=====================
フッ素と脳の発達
http://www.youtube.com/watch?v=NNdL_nFejwc

フッ素と脳の発達
YouTube: フッ素と脳の発達

公開日: 2012/09/02

脳の発達

2004年の7月18日に刊行されたイングランド・サンデー・エクスプレスに健康編集者のルーシー・ジョンストンが書いた記事が掲載されました。
それは以下の内容です。
一般臨床医のピーター・メンスティルはリンクルチャーの良い健康状態を保つサービス研究所のディレクターです。

100人以上の子供達の問題行動に関する研究をしました。
その研究で彼は体内から高いレベルのフッ素が検出されるほど発達と行動に関する問題を抱えている傾向がある事を発見しました。
一度フッ素を彼等の食事から取り除かれると、彼等の症状は良くなりました。
これはとても心配な事です。
フッ素は心理的な問題を引き起こす可能性が有る毒物です。
それは何千人という子供たちのIQの低下を引き起こす可能性が有るのです。

私達は子供達を持っていましたが、彼等はフッ素に影響されていました。
有るケースでは集中力が欠如し異常に活動性が高くなったりしていました。
そして彼等はいつでも不機嫌でした。
我々はフッ素が問題の原因となっていることをテストしそれが証明されました。

トラブルの原因は水道水にフッ素を添加している事で、子供達歯に良いというのは全く違う話です。
それは何も役に立ってくれない誰もそれを確かめてはいません。
とても心配です。

彼の発見はユニセフのバックスタディで、生まれたもので中国の769の学校の子供達で調べています。
精神的な知能発達の遅れや低IQは、システムの中にフッ素が多く取り入れられている程多く見られました。
その研究はこう結論付けています。
フッ素の化学物質が心理的な問題を悪化させます。
そして脳の神経システムを妨げます。

そしてアメリカで行われた別の研究では、ある程度の量のフッ素がラットに与えられると、ラットは多動症の子供達のような症状を示す事を発見しました。
=====================
私は上記ビデオの概要を書かせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『四百八:私の見かけたビデオについて_No.37』
●フッ素の危険性と矛盾点(実は虫歯予防とフッ素は無関係)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no37-29c4.html
http://www.youtube.com/watch?v=E8FvF5kxG48

フッ素の危険性と矛盾点(実は虫歯予防とフッ素は無関係)
YouTube: フッ素の危険性と矛盾点(実は虫歯予防とフッ素は無関係)

●ビル・オムンソン博士
------------------
「次は歯牙フッ素症です。」
「歯牙フッ素症の唯一の原因はフッ素です。」
「これは身体の他の部分にも沢山のフッ素がある可能性を示唆しています。」
「骨や、他の臓器にです。」
「アメリカ疾病予防管理センターによれば、現在アメリカの子供の1/3が歯牙フッ素症に罹っているそうです。」
------------------

『百六十八: 私の見かけたビデオについて_No.22』
●フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no22-41d9.html
http://www.youtube.com/watch?v=VMaHpVh1v4I

フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士
YouTube: フッ素化合物の身体への有害な影響~ポール・コネット博士

●ポール・コネット博士
------------------
「フッ素によって体が不自由になっています。他の多くの人々にも健康作用があるのです。、、、」
「、、、歯のフッ素症です。フッ素は歯のエナメル質の変色斑点の原因になるのです。」
「、、、非常に穏やかで軽度の形状は歯の損傷に白い不透明な斑点を25倍に増大させています。」
「非常に軽度のフッ素症だけではなく、軽度とは15%の葉の表面が減少しています。100%の歯の表面に影響を受けたのが中程度、全ての表面がなくなっているだけでなく、ギザギザに欠けている等が重度です。」
------------------

『百七十六:『人口削減計画』等について_No.8』
●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html
http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA

●元脳神経外科医、ラッセル・ブレイロック博士
------------------
「99%の人がワクチンに水銀が入っていることなど知りません。」
「フィリス・マレニクス女史はごく微量における、フッ素の毒性を発見しました。」
「実験でごく微量のフッ素が神経を損傷させることを突き止めたのです。」
「(学会で実験結果を公表した後で)『自分が何を言っているかわかってるのか?』と役員に聞かれました。、、、」
「1930年代ヒトラー率いるナチスは汎ドイツ主義とナチス哲学で世界を支配する計画を立てました。」
「当時のドイツの化学者たちは非常に精巧な大衆をマインドコントロールする技術を開発していました。」
「その具体的な手段は管理区域の飲用水に化学物質を入れることでした。」
------------------

『二百五十九:ペーパークリップ作戦について』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/post-6adf.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%97%E4%BD%9C%E6%88%A6

400pxproject_paperclip_team_at_fort

(ペーパークリップ作戦 - Wikipediaより)
---------------------
ペーパークリップ作戦(英:Operation Paperclip)は、第二次世界大戦末から終戦直後にかけてアメリカ軍がドイツの優秀な科学者をドイツからアメリカに連行した一連の作戦のコード名である。
ペーパークリップ計画 (Project Paperclip) とも呼ばれる。
1945年、統合参謀本部に統合諜報対象局 (Joint Intelligence Objectives Agency) が設けられ、この作戦に関する直接的な責任が与えられた[1]。

最終更新 2013年5月22日 (水) 09:03 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。
---------------------

『三百二十四: イルミナティについて_No.2』
●ジェイ・パーカーインタビュー②
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no2-299b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11577925625.html
http://solesoleil.exblog.jp/20695608/
http://www.youtube.com/watch?v=b-MG_sojSz4

ジェイ・パーカーインタビュー②
YouTube: ジェイ・パーカーインタビュー②

●ジェイ・パーカー
------------------
「大規模な人類の為のこれらのソフトキル薬品は、No.1はフッ素です。」
「フッ化ナトリウムは、アルミニウム製錬の副産物であり、また、新しい殺人技術でもあります。、、、」
「、、、我々は大勢の歯科医師達に賄賂を渡し、それで我々は人々に言う事が出来るんです。」
「これは君の歯に良いんだぜ?ってね。、、、」
------------------

『百四十四:『人口削減計画』等について_No.5』
●NASAの未来計画文書③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no5-0b84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11563280614.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://solesoleil.exblog.jp/20441188/
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/nasa.html
http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

●デボラ
------------------
「、、、そして私達を病気にさせ続けているんです。」
「フッ素や食品中のアスパルテームからです。」
------------------

『二百八:News_No.281』
●イルミナティの計画&ブッシュ一族とロスチャイルドの戦い。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no281-3617.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891464.html
http://the-tap.blogspot.jp/2013/07/how-bilderberg-fringe-was-controlled.html
●ケリー・キャシディさんによる
------------------
エリート組織(イルミナティ)は、我々から隠れ続けるのを止めました。
我々は彼等から直接攻撃を受けています。
エリート組織は、自分達を第4帝国であると呼んでいます。
そして彼等は誇り高く世界の人口の3分の2を消滅させると言いました。
------------------

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム