« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

八百六十一: ピラミッドについて_No.20

八百六十:ピラミッドについて_No.19』の続きです。

P1310145

 

新しい実験のピラミッドでのミニトマトの試食です。

ピラミッドに入れていないミニトマトのグループをⅠとします。
竹ひごピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅡとします。
魚ぐしピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅢとします。
Ⅰのグループの付箋には、何も印を付けていません。

Ⅱのグループの付箋には、黒い印を付けました。
Ⅲのグループの付箋には、赤い印を付けました。

今日は4日目ですから、それぞれのグループから④の付箋を付けたミニトマトを試食してみました。

今日の違いは、ちょっと変わっていました。

P1310147_2


Ⅱのグループのミニトマトが一番美味しく感じました。
竹ひごピラミッドのミニトマトです。

理屈から言えば、魚ぐしピラミッドのミニトマトが一番美味しく感じると思うのです。
ここで、思い出した事は、ピラミッドの精度の高さです。
一般に、「ピラミッドには精度の高さが必要だ」と言われています。

魚ぐしピラミッドのそれぞれの頂点は固定させるために、粘土を使用しています。
私は、この粘土の使用がピラミッドの精度の低さを作っているのではないかと感じました。
精度の高さから言えば、竹ひごピラミッドの方が高いです。

そこで、魚ぐしピラミッドの精度を上げて見ようと考えています。
しかし、今、精度を上げてしまえば、実験の条件が違ってしまいます。
幸い、明日が最終の5日目です。
明日の実験が終わって、精度の高い、つまり、より正四角錐に近く、かつ頂点に粘土を使用していないピラミッドを使ってみようと思います。
=================
ここからは、幾つかのピラミッドの情報を追加しておきます。

(以下、『InDeep』様、2010/6/26記事より写真を引用)
------------------------------
●紀元前数千年前のものとされる与那国島にある海底ピラミッド
http://oka-jp.seesaa.net/article/154500900.html

Yonaguni21

------------------------------

(以下、『InDeep』様、2012/12/19記事より写真を引用)
------------------------------
●アメリカ東海岸とバミューダ海域の間の海底にグーグルアースで確認できる「ピラミッド型の何か」
http://oka-jp.seesaa.net/article/308709967.html

Pyramidtop011

------------------------------

(以下、『InDeep』様、2013/8/20記事より写真を引用)
------------------------------
●南極の各地に建造されているピラミッドように見えるもの。そして、クトゥルフ神話の「この世の旧支配者たち」が目覚めるとき
http://oka-jp.seesaa.net/article/372527930.html

Antamaya0021

------------------------------

上のように、世界中にピラミッドが見つかっているようです。

メキシコのユカタン半島にも、ピラミッドがあります。
しかし、メキシコのピラミッドは、お墓とは言われていません。

ですから、多くの人は以下のように考えるかと思います。

「エジプトのピラミッド等は、古代の王様のお墓と、一般に言われているけれど、これは違うかもしれない」と。
=================
サブ実験である、ハクサイの方の写真だけを掲載します。

P1310146


実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、16日めです。
今日(2014/1/31)の写真です。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1310148

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1310149

 

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百六十:ピラミッドについて_No.19』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no19-a081.html

『八百五十八:ピラミッドについて_No.18』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no18-70f8.html

『八百五十五:ピラミッドについて_No.17』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no17-256f.html

『八百五十二:ピラミッドについて_No.16』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no16-7a64.html

『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no15-2778.html

『八百四十五:ピラミッドについて_No.14』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no14-3316.html
Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
http://www.youtube.com/watch?v=aahMpvRHG9Q
Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
http://www.youtube.com/watch?v=TDhhlHKFL5Q

『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

P1240147

 

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
YouTube: Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)

 

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

P1140145

 

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Atlantica1

 

                                        坂本  誠

2014年1月30日 (木)

八百六十: ピラミッドについて_No.19

八百五十八:ピラミッドについて_No.18』の続きです。

P1300144

 

新しい実験のピラミッドでのミニトマトの試食です。

ピラミッドに入れていないミニトマトのグループをⅠとします。
竹ひごピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅡとします。
魚ぐしピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅢとします。
Ⅰのグループの付箋には、何も印を付けていません。
Ⅱのグループの付箋には、黒い印を付けました。
Ⅲのグループの付箋には、赤い印を付けました。

今日は3日目ですから、それぞれのグループから③の付箋を付けたミニトマトを試食してみました。

P1300146

 

試食をする前に、手で触ってみたのですが、昨日と同じように、ピラミッドに入れていないⅠのミニトマトが柔らかかったです。
しかし、これも、まだ偶然かもしれません。
さらなる実験を続けてみます。
ⅡとⅢのグループのミニトマトは、「張り」がありました。

ですので、今日、気が付いた事は、Ⅰのミニトマトに、あまり美味しさを感じませんでした。
なぜならば、柔らかかったからです。
ⅡとⅢのグループのミニトマトは、「張り」があるので、美味しかったです。
トマトも時間が経つと柔らかくなって、美味しくなくなるので。
この実験が冬場で良かったと思います。
夏場ならば、この実験は5日目までは出来なかったかもしれません。

ただし、ⅡとⅢのグループの違いは、まだ私の舌ではわかりませんでした。
=================
サブ実験である、ハクサイの方の写真だけを掲載します。

P1300145


実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、15日めです。
今日(2014/1/30)の写真です。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1300147

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1300148

 

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百五十八:ピラミッドについて_No.18』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no18-70f8.html

『八百五十五:ピラミッドについて_No.17』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no17-256f.html

『八百五十二:ピラミッドについて_No.16』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no16-7a64.html

『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no15-2778.html

『八百四十五:ピラミッドについて_No.14』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no14-3316.html
Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
http://www.youtube.com/watch?v=aahMpvRHG9Q
Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
http://www.youtube.com/watch?v=TDhhlHKFL5Q

『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

P1240148

 

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw

Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
YouTube: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos

 

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

P1140145

 

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Atlantica1

 

                                        坂本  誠

八百五十九: News_No.456

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させて下さい。

(以下、『時事ドットコム』、2014/1/30記事より引用)
------------------------------
●ネット銀被害14億円=全国に拡大、高止まり-不正送金、海外も・警察庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2014013000237

インターネットバンキング利用者の情報が盗まれて預貯金を勝手に送金される被害が、2013年は約14億600万円に上ったことが30日、警察庁のまとめで分かった。
統計を始めた11年の約3億800万円、12年の約4800万円を大幅に(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ロシアの声』、2014/1/30記事より引用)
------------------------------
●カザン近郊で太陽が三つ(ビデオ)
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_30/128020700/

カザン近郊では29日、一度に三つの太陽が出る現象が発生した。
これはハロー現象と呼ばれるもので、対流圏上層5キロから10キロにおける強い発光源、氷のクリスタル、すじ雲が揃っていることが条件になる。
氷のクリスタルの中で屈折した光が環状に形成され(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『InDeep』様、2014/1/28記事より引用)
------------------------------
●ブラックホールは宇宙ではなく経済と金融に存在する模様 : 米国債を中国が放棄という謎記事や HSBC の莫大な「存在しない資金」など、あふれ出す末期の経済光景
http://oka-jp.seesaa.net/article/386317798.html

Photo

▲ 2014年1月23日の米国 CNN にほんの数分掲載された記事。
記事はすぐに削除され、CNN は「アカウントがハッキングされた」と謝罪したようです。
真相は不明のままですが。
記事の URL はこちらですが、削除されていて、現在は Google のウェブキャッシュに残っていて、この記事が実際に掲載された証拠となっています。
--

私は経済にも金融にも詳しくないですが、そんな私でも興味のあるニュースが最近は多いです。
たとえば、上のような CNN の「誤報」というかハッキング(だと CNN は述べる)記事は、理由はどうであれ、確かに一瞬、特報として掲載されていたりしたこともいろいろと考える部分はあり(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2014年1月29日 (水)

八百五十八: ピラミッドについて_No.18

八百五十五:ピラミッドについて_No.17』の続きです。

P1290144

 

新しい実験のピラミッドでのミニトマトの試食です。

ピラミッドに入れていないミニトマトのグループをⅠとします。
竹ひごピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅡとします。
魚ぐしピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅢとします。
Ⅰのグループの付箋には、何も印を付けていません。
Ⅱのグループの付箋には、黒い印を付けました。
Ⅲのグループの付箋には、赤い印を付けました。

P1290146

 

今日は2日目ですから、それぞれのグループから②の付箋を付けたミニトマトを試食してみました。

試食をする前に、手で触ってみたのですが、ピラミッドに入れていないⅠのミニトマトが柔らかかったです。
しかし、これだけでは、本当にピラミッドの効果がどうかはわかりません。
ⅡとⅢのグループのミニトマトは、「張り」がありました。
もし、実験3日目、4日目、5日目も、Ⅰのグループのミニトマトが柔らかく、ⅡとⅢのグループのミニトマトに「張り」があれば、ピラミッドの効果があったと言えるかもしれません。
しかし、この段階では、まだ、わかりません。

P1290145

 

そして、食べてみましたが、私には、味の変化はわかりませんでした。
ⅡとⅢのグループの違いもわかりませんでした。
===============
あと、電気シェーバーの替え刃の事について、追加します。

思い出せた事をご紹介しておきます。
2008年8月31日に、私は知人とある場所へ、旅に行きました。
その時も、私が現在使用している電気シェーバーを持って行きました。
私の知人は、自分用のカミソリを忘れてしまったので、私の電気シェーバーを借りて、顔を剃りました。
その時、知人は、「お前の電気カミソリはよく剃れるなあ」と言いました。

現在、私が使用している電気シェーバーは、その時、以降、買い換えていません。
2008年8月31日、以前の、1年か2年前ぐらいに、電気シェーバーの替え刃を買い換えたかと思うのですが、それ以上の正確な記憶はありません。
しかし、とりあえず、やはり、7年か8年ぐらい、電気シェーバーの替え刃を買い換えていません。
===============
それと、参考文献の『ピラミッドパワー』からの引用ですが、
-------------
ピラミッド・パワーの代表的な効果は、

(1) 防腐作用 (2) 成長促進 (3) ピラミッド水 (4) 食品、飲料、煙草などの味のマイルド化 (5) 脱水作用 (6) 願望達成 (7) 意識の活性化 (8) 健康維持 (9) 性的活力強化 (10) 美容効果などがあります。
-------------
とあります。

8番に、「健康維持」とあります。

ピラミッド・パワーに、カミソリの刃を長持ちさせたり、植物の成長促進などがあるとしたら、当然、人体の健康にも影響があると考えるのが自然になると思います。
しかし、これを実験するのも、ちょっと難しいとわかります。

例えば、現在、病気をしている人は、何かのクスリを飲んでいると思います。
「その病人が、全く、クスリを止めて、ピラミッドの中にだけ入って、病気を治す」という実験は、少し難しいからです。
病気を持ってしまえば、病気を持った後での、この実験は難しいと私は思います。

ですから、常日頃、ピラミッドの中に入って瞑想している人と、そうでない人との比較をすることしか思い浮かびません。
他の方は、何か良い対照実験を思いつくかもしれません。
=================
サブ実験である、ハクサイの方の写真だけを掲載します。
実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、14日めです。
今日(2014/1/29)の写真です。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1290147

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1290148

 

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百五十五:ピラミッドについて_No.17』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no17-256f.html

『八百五十二:ピラミッドについて_No.16』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no16-7a64.html

『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no15-2778.html

『八百四十五:ピラミッドについて_No.14』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no14-3316.html
Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
http://www.youtube.com/watch?v=aahMpvRHG9Q
Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
http://www.youtube.com/watch?v=TDhhlHKFL5Q

Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
YouTube: Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication

 

『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

P1240147

 

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw

Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
YouTube: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos

 

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

P1140145

 

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Pyramidsilva1

 

                                        坂本  誠

八百五十七: 福島原発関係News_No.22

八百三十六:福島原発関係News_No.21』の続きです。
私は、福島原発に関係する以下のニュースを見かける機会がありました。
ご紹介させて下さい。

(以下、『時事ドットコム』、2014/1/28記事より引用)
------------------------------
●安倍首相、原発「簡単にやめられぬ」=普天間運用停止に全力-衆院代表質問
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012800655

安倍晋三首相は28日午後、衆院本会議での代表質問で、エネルギー政策に関し、原発依存度低減に努める意向を示す一方、海外からの化石燃料依存度が高まっていると指摘した。
その上で「簡単に『原発をもうやめる』と言うわけにはいかない」と述べ、停止中の原発の再稼働に前向きな姿勢を改めて示し(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『岩手日報』、2014/1/26記事より引用)
------------------------------
●米、日本にプルトニウム返還要求  300キロ、核兵器50発分
http://www.iwate-np.co.jp/newspack/cgi-bin/newspack_c.cgi?c_main+CO2014012601001661_1

核物質や原子力施設を防護・保全する「核セキュリティー」を重視するオバマ米政権が日本政府に対し、冷戦時代に米国などが研究用として日本に提供した核物質プルトニウムの返還を求めていることが26日、分かった。
複数の日米両政府関係者が明らかにした。

このプルトニウムは茨城県東海村の高速炉臨界実験装置(FCA)で使う核燃料用の約300キロ。
高濃度で軍事利用に適した「兵器級プルトニウム」が大半を占め、単純計算で核兵器40~50発分程度に相当する。

日本側では返還に反対する声も強かったが、米国の度重なる要求に折れて昨年から返還の可能性を探る協議が本格化している。
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ほんとうがいちばん』様、2014/1/28記事より引用)
------------------------------
●ケッシュ財団:除染をテーマにした「日本への特別ワークショップ」は14/1/30、日本時間午後2時から
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_134.html

Photo

転載元:庶民の見方さんより
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2746560.html

除染ワークショップ

元記事:Give the Cesium back to plant in Fukushima 01-26-2014
http://forum.keshefoundation.org/forum/environment-agriculture/30360-give-the-cesium-back-to-the-plant-in-fukushima/page6

スレッド:原発のプラント内にセシウムを送り返す へのケッシュ氏の投稿 
2014年1月26日付

第9回ワークショップで、いかに放射性物質を収集するか、そのプロセスを説明する準備が整った。
その後、地元の農家のコミュニティーで、東電に連絡をしてそれを回収させる必要がある。

-------------------------

元記事:MT Keshe replied to 9th Keshe Public Teaching Workshop 01-26-2014
http://forum.keshefoundation.org/forum/keshe-foundation-study-group/space-and-motion/reactor-design/30577-9th-keshe-public-teaching-workshop

スレッド:第9回ワークショップ へのケッシュ氏の投稿 
2014年1月26日付

このセッションの全ては、ワークショップ後にケッシュ財団YouTube チャンネルにアップされる予定。

記事の引用はここまで
=====================
【拡散のお願い】

次回の、除染をテーマにした「日本への特別ワークショップ」は、ライブで日本語訳もつけて配信されます。

日程:2014年1月30日(木) 

日本時間 午後2時~

ワークショップ用の日本語での質問は、事前にこちらで受け付けてます。
keshejapan@gmail.com

ケッシュ財団の研究所、日本人第一期生である
齋藤由佳子さんからのメッセージ
=====================

------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『八百三十六:福島原発関係News_No.21』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no21-f26b.html
●汚染水タンク月4万トン増設=福島第1、海上輸送を導入-東電
http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2014012000809
●ケッシュ財団の第一期研究生として日本人が参加 http://mizu888.at.webry.info/201401/article_104.html
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2476630.html

『八百二十:福島原発関係News_No.20』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no20-b5e1.html
●トモダチ作戦参加者、米が健康調査へ 議会が義務化法案
http://www.asahi.com/articles/ASG1G4JQFG1GUHBI01G.html
●「殿、お戯れを」、甘利再生相が都知事選への細川氏出馬をけん制
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA0G03M20140117
●アルジャジーラ報道番組-原発事故の影響 /医療費は(原子力)発電所の費用よりも高額になるだろう
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_72.html
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2318211.html
http://forum.keshefoundation.org/forum/environment-agriculture/30360-give-the-cesium-back-to-the-plant-in-fukushima/page4

『八百:福島原発関係News_No.19』
●「殿、ご乱心」と甘利再生相 細川元首相の都知事選出馬を強く批判
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no19-c433.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140110-00000530-san-soci
●ケッシュ財団、東電、日本政府との交渉開始を明言
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_42.html
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2210122.html
http://forum.keshefoundation.org/forum/keshe-official/30656-interview-with-kerry-cassidy

『七百八十七:福島原発関係News_No.18』
●ケッシュ氏:財団が提案している解決策-放射性廃棄物の保管所
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no18-2ba0.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_13.html
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/2082676.html
http://forum.keshefoundation.org/forum/environment-agriculture/30360-give-the-cesium-back-to-the-plant-in-fukushima/page3

『七百八十五:福島原発関係News_No.17』
●「家庭内野党」か「応援団」か 発信続ける安倍首相夫人
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no17-d585.html
http://www.asahi.com/articles/ASG174CV6G17UTFK005.html?iref=com_top6_01
●安倍昭恵さん、インタビュー詳報
http://www.asahi.com/articles/ASG176RHNG17UTFK00C.html?iref=com_top6_02
(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
原発を止めていることで経済的負担が大きく「再稼働しないといけない」という意見があるのもわかる。
ただ、「想定外」の事故は起きる。
一度起きると大きく波及する。
電力源は原発のほかに必ずいい方法がある。
それを探していかなくてはいけない。
----------------------
●オランダ年金基金が東電株売却、原発事故処理への懸念で
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYEA0608V20140107
(上記記事より抜粋して引用)
----------------------
福島第1原発の問題めぐり、ABPが安全性や環境への影響について繰り返し協議を申し入れたものの、東電側が応じなかったため、としている。
ABPは7日発表した声明で

東電は、福島原発事故発生時、およびその後も、われわれの基準に違反していた。
東電は、一般市民の安全についての認識が乏しかったと言える

と指摘した。
Geers氏によると、ABPは自分たちの懸念について繰り返し東電との協議を試みたが、東電からの返答はなかったという。
現在のところ東電のコメントは得られていない。
----------------------

『七百五十二:福島原発関係News_No.13』
●昭恵夫人「メンテナンスできるか」 原発輸出に再び疑義
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/news_no13-f20e.html
http://www.asahi.com/articles/ASF0TKY201312290246.html

(上記記事より抜粋して引用)
(安倍 昭恵夫人の言葉)
----------------------
「代替エネルギーがあるなら原発をやめるべきだとは思うが、すぐには難しいのかもしれない」
「(代替エネルギーの)技術が出てくることに期待したい」
「私は原発反対なので非常に心が痛む」
----------------------

『七百二十二:私の見かけたニュース_No.38』
●安倍昭恵夫人・・・・あれれ、また、安倍総理と反対のことをやっていますよ。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no38-c554.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51911665.htmlhttp://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51911665.html
http://enenews.com/prime-ministers-wife-so-much-hidden-fukushima-calamity-beyond-peoples-assumptions-i-hope-they-will-make-everything-public-inside-source-theyre-trying-to-bring-in-people-55-ol
(上記記事より抜粋して引用)
(安倍 昭恵夫人の言葉)
----------------------
「私はむしろ原発の再稼働はしてほしくないと思う。」
「3・11の事故後に、福島原発に何が起きているのか、どんなにひどい状態だったのかが分からなかった。」
「時が経つにつれて、原発事故に関して様々な情報が隠蔽されているのが分かってきた。」
「日本国民は政府の流す情報を信用しなくなった。」
「政府には全ての情報を公開してもらいたい。」
----------------------

『七百三十二:フライング・カーについて_No.2』
●Keshe Flying Cars
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no2-7338.html
http://www.youtube.com/watch?v=oBAcRbOkS6M

Keshe Flying Cars
YouTube: Keshe Flying Cars

(上記記事より抜粋)
---------------
私は、原発の代わりのエネルギー、フリー・エネルギーの以下のビデオを見かける機会がありました。
マグラブ・発生器を使った浮遊しているケッシュ財団のフライング・カーだそうです。
---------------

『七百二十一:フリー・エネルギーについて_No.5』
●Keshe財団13/12/19:発電機についての発表(ケッシュ財団3-4KW発電機の販売へ)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no5-002e.html
http://mizu888.at.webry.info/201312/article_82.html
http://sunshine.dreamlog.jp/archives/1745286.html
MT Keshe repllied to Sale of Keshe Foundation 3-4KW power generator in Announcement
http://forum.keshefoundation.org/forum/keshe-official/announcements/280-sale-of-keshe-foundation-3-4-kw-power-generator/page12

(上記記事より)
---------------
スレッド:ケッシュ財団3-4KW発電機の販売 へのケッシュ氏の投稿
2013年12月19日付
---------------

136396642183213112860_keshezaidan1

 

『七百十三:フリー・エネルギーについて_No.4』
●ブラジルでフリーエネルギー装置が造られました
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no4-087e.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51881618.html
http://beforeitsnews.com/science-and-technology/2013/05/free-energy-machine-created-in-brazil-coming-to-illinois-in-the-fall-of-2013-2584452.html
RAR Energia Gravity Motor -- Intro by Sterling Allan of PESN
http://www.youtube.com/watch?v=3OoSQ3ZDGPQ
Brazil・RAR Energy company's HP ⇒ Welcome to PESWiki
http://peswiki.com/index.php/Directory:RAR_Energia_Ltda_Gravity_Motor

Imagem9a1

 

『四百四十:フクシマ原発関係News_No.8』
●日本の原発の警備はイスラエルの会社
(「二人だけが知っている 超アンダーグラウンドのしくみ」 ベンジャミン・フルフォード&飛鳥昭雄 より引用)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/news_no8-3610.html
●飛鳥:
------------------
「原発の警備は、日本も全部マグナ社というところでしょう。」
「中心部に、日本じゃなくてイスラエルの企業がかかわっている。」
------------------

『百四十九:私の見かけたビデオについて_No.21』
●内部告発!(元アメリカ国家安全保障局) 『311大震災はアメリカとイスラエルの裏権力が核兵器を使った!』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no21-0943.html
http://mizu888.at.webry.info/201304/article_60.html
https://www.youtube.com/watch?v=ZCEmFIMrRVE

----------------------
◎リポーター:
「OK。ストゥクスネットについてはどうなのでしょうか?」
「なぜならストゥクスネットこそがイスラエルに起因するものだと思うのですが、違いますか?」
(※注あり。ストゥクスネット=コンピューターウィルスプログラム)
      :

●ジム・ストーン:
「そうです。イスラエルがストゥクスネットと呼ばれるウィルスに取り組んでいます。」
      :
「、、、(ストゥクスネットは)そして学んだのです。オペレーターが完全に燃料棒の温度を制御していることや、、、」
「それ(ストゥクスネット)を植え付けた会社はマグナBSP社と呼ばれています。」
「私が言いたいのは・・・私は彼らにメールを送っていて、彼らが施設に埋め込んだ核兵器の写真も持っています。」
「彼らがした事とは、イスラエルで座って、彼らは津波を引き起こし、イスラエルで座って津波が原発を襲うのを待っていたんです。」
「、、、津波が起きて約40分後に起きた事は、彼らは発電機を停止させたのです。」
----------------------

『二百二十:私の見かけたビデオについて_No.25』
●福島県双葉町の元町長・井戸川 克隆 さんの街頭演説 @ 新宿 (1) [ 2013.07.16 ]
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no25-3a77.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_88.html
http://www.youtube.com/watch?v=kNGH17igez8

----------------------

2011年の3月3日に、地震・津波のあることを日本政府は知っていました。
知っていたんですよ。
知っていたんですよ。
8日前に、知っていました。
しかし、これを止めたのが、政府と東京電力と、東北電力と、日本原電が、発表を止めてしまったんです。
こんなことって、許されますか?
      :
   (以下、省略)
      :

----------------------

『三百八十六:フクシマ原発関係News_No.6』
●福島第一原発1号機の冷却装置が、地震直後に3回止められていた
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/news_no6-febd.html
http://www.youtube.com/watch?v=V9M1_pMeBWY

福島第一原発1号機の冷却装置が、地震直後に3回止められていた
YouTube: 福島第一原発1号機の冷却装置が、地震直後に3回止められていた

----------------------
◆:原口一博
緊急冷却系、そのCIというんですけど、いや、ICですね。
これがですね。
「福島第一原発の一号機で、地震直後に、3回にわたって止められていた」ということが、わかっているわけです。
       :
そりゃ、吉田所長のビデオ・レターも、僕ら、ずっと検証しましたけども、オペレーターが自分で勝手にそんなこと、出来るのか?
----------------------

『百四十:私の見かけたビデオについて_No.20』
●【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no20-13d7.html
http://solesoleil.exblog.jp/20312462/
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_47.html
http://www.youtube.com/watch?v=8e-Z2gn2F5A

【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた
YouTube: 【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた

 

『二百六十二:フクシマ原発関係News_No.5』
●東京電力による記者会見「勝俣会長、マスコミとの癒着を認める」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/news_no5-70f5.html
http://www.youtube.com/watch?v=vLmEgkpBnak

東京電力による記者会見「勝俣会長、マスコミとの癒着を認める」
YouTube: 東京電力による記者会見「勝俣会長、マスコミとの癒着を認める」

 

(※筆者注:残りの過去記事、関連記事、及び、参考文献は、『七百五十九: 福島原発関係Newsの目次』をご覧ください。)

 

                                        坂本  誠

八百五十六: News_No.455

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させて下さい。

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/27記事より引用)
------------------------------
●甘利経済再生相パーティー券、電力9社覆面購入
http://www.asahi.com/articles/ASG1R56G4G1RULZU003.html?iref=comtop_6_05

原発を持つ電力各社が2006年以降、原発再稼働を訴える甘利明経済再生相のパーティー券を水面下で分担して購入してきたことが朝日新聞の調べで分かった。
平均的な年間購入額は数百万円とみられるが、各社の1回あたりの購入額を政治資金規正法上の報告義務がない20万円以下に抑えていた。
法律の抜け道を利用し、資金源の表面化を防いだもの(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/27記事より引用)
------------------------------
●NHK会長「私的な考え発言、間違い」 就任会見巡り
http://www.asahi.com/articles/ASG1W418XG1WUCLV005.html?iref=comtop_6_04

NHKの籾井勝人会長は就任会見で従軍慰安婦問題について「戦争をしているどこの国にもあった」などと発言したことについて27日、朝日新聞の取材に対して、「就任の記者会見という場で私的な考えを発言したのは間違いだった。私の不徳の致すところです。不適当だったと思う」と述べ(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『しんぶん赤旗』、2014/1/27記事より引用)
------------------------------
●「やめなはれ秘密保護法」 京都市 集会・パレード
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-27/2014012704_03_1.html

穀田・倉林両氏も

(写真)秘密保護法を廃止しようと市民にアピールする参加者。左端は穀田氏=26日、京都市

2014012704_03_11

 

開会した通常国会で秘密保護法を廃止しようと26日、京都市内で「やめなはれ! 秘密保護法」と銘打つパレードが行われました。
「秘密保護法 絶対反対」「独裁許すな 自由を守れ」などとコールしながら160人余が、円山公園から京都市役所まで行進しました。

原発反対の声を上げる金曜日の行動に参加する市民らが呼びかけた「秘密保護法に反対する京都府民有志」の主催です。
出発に先立つ集会で、弁護士や環境NGOの代表をはじめ参加者が順にマイクを握り「戦争を体験した世代こそ反対の声を」「市民運動も弾圧の対象になりかねない。芽のうちに摘むため、京都から声を上げよう」などとスピーチしました。

日本共産党から穀田恵二国会対策委員長・衆院議員、倉林明子参院議員が参加。
倉林氏と、民主党の福山哲郎両参院議員が発言しました。

倉林議員は、秘密保護法の強行成立後も廃止を求める国民の怒りが広がっており、安倍政権の終わりが始まったと指摘。
「今国会に秘密保護法廃止法案を提出し、廃止の一致点で国会での多数派をつくるため全力を尽くします。ともに頑張りましょう」と訴えました。

「私たちは黙らない」と書いたボードを持ち参加した女性(68)=京都市=は、「慰安婦」問題でのNHK新会長の暴言にもふれ「安倍政権の暴走を早く止めたい。そのためにも世論を広げなくては」と話しました。
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『しんぶん赤旗』、2014/1/23記事より引用)
------------------------------
●舛添氏 政党支部 自宅に事務所費800万円 政党助成金を懐に 10~12年 ファミリー企業に支出
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-23/2014012301_04_1.html

東京都知事選に立候補を表明した舛添要一元厚生労働相の政党支部が、舛添氏の自宅に事務所を置き、「家賃」名目で、2010年~12年の3年間で、ファミリー企業に約800万円を支出していたことが本紙の調べでわかりました。

2014012301_04_11


原資は政党助成金で、国民の税金が舛添氏側に還流していたことになります。
-------------
このファミリー企業は、株式会社「舛添政治経済研究所」。
舛添氏が全株を所有し、妻が代表取締役を務め(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

 

 

  

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

   

(以下、『ロシアの声』、2014/1/28記事より引用)
------------------------------
●米国2人組 ビットコインで100万ドル以上を「資金洗浄」
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_28/127924919/

27日、ニューヨーク警察は、ネット上で流通している仮想通貨「ビットコイン」を使った資金洗浄(マネーロンダリング)の犯罪的方法を摘発した。
二ユーヨーク南部管区のピット・ブハラー連邦検事が伝えた。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『Iran Japanese Radio』、2014/1/27記事より引用)
------------------------------
●イスラエル空軍がシリアを攻撃
http://japanese.irib.ir/news/latest-news/item/42949-イスラエル空軍がシリアを攻撃

シリアの武装テロリストが、シオニスト政権イスラエルの空軍がシリア北西部のミサイル発射装置を攻撃したことを明らかにしました。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2014年1月28日 (火)

八百五十五: ピラミッドについて_No.17

八百五十二:ピラミッドについて_No.16』の続きです。

昨日から、新しい実験を開始しました。

P1280144


ピラミッドでのミニトマトの試食です。

魚ぐしで作った鉄のフレームのピラミッドと、竹ひごピラミッドと、何もしていないミニトマトの試食です。

一つのグループには、それぞれ、5つのミニトマトが入っています。
そのミニトマトにそれぞれ、①~⑤までの数字を書いた付箋をセロハンテープで貼っています。

ピラミッドに入れていないミニトマトのグループをⅠとします。

P1280145_2


竹ひごピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅡとします。
魚ぐしピラミッドに入れたミニトマトのグループをⅢとします。

今日は一日目ですから、それぞれのグループから①の付箋を付けたミニトマトを試食してみました。
Ⅰのグループの付箋には、何も印を付けていません。
Ⅱのグループの付箋には、黒い印を付けました。
Ⅲのグループの付箋には、赤い印を付けました。

まだ、昨日に実験を始めたばかりです。
写真のように、見た目にも変化はありません。

P1280146


Ⅰ、Ⅱ、Ⅲの順序に試食してみました。

しかし、私の舌では、その変化はわかりませんでした。

明日は、各グループの②の付箋を付けたミニトマトを試食してみます。
=================
サブ実験である、ハクサイの方の写真だけを掲載します。
実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、13日めです。


今日(2014/1/28)の写真です。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1280147

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1280148

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百五十二:ピラミッドについて_No.16』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no16-7a64.html

『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no15-2778.html

『八百四十五:ピラミッドについて_No.14』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no14-3316.html
Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
http://www.youtube.com/watch?v=aahMpvRHG9Q
Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
http://www.youtube.com/watch?v=TDhhlHKFL5Q

Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
YouTube: Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)

 

『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

P1240148

 

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw

P1140145

 

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Atlantica1

 

                                        坂本  誠

八百五十四: 私の見かけた情報_No.16

私は以下の情報を見かける機会がありました。
2014年1月25日の土曜日に、スイスのダボスで行われた「世界経済フォーラム年次総会」の様子を紹介した記事です。

ビデオが埋め込まれていましたが、YouTube形式では無かったので、このブログには貼り付けていません。
ビデオの代わりに、スニップ・ツールで取り込んだ写真を添付しています。
ビデオ視聴の場合は、該当URLをご参照してください。

(以下、『母地球とのアセンションと現在のその他の事柄』、2014/1/26記事より翻訳と引用)
-----------------------------
●IMF専務理事、クリスティーヌ・ラガルド、公にグローバル金融リセットと回復を語る
http://www.ascensionwithearth.com/2014/01/imf-director-christine-lagarde.html

(元記事、 "Global Economic Outlook 2014 | World Economic Forum - Global Economic Outlook 2014")
----------------
●2014年度、世界経済フォーラム年次総会
http://www.weforum.org/sessions/summary/global-economic-outlook-2014

Photo

2014年のグローバル経済の展望

その年の前方に、何がグローバル経済の計画のトップになければいけないのでしょうか?

話し手:
ウォルフガング・シューブル
モンテック・シング・アールヴァイラ
マリオ・ドラギ
黒田東彦
マーティン・ウォルフ
クリスティーヌ・ラガルド
マーク・J・カーニー
ローレンス・フィンク

テーマ: 競争力

英国、米国と日本の経済がリバウンドしている間、ヨーロッパは回復の途上にあります。

回復にもかかわらず、リスクが存在しています。
そして、2014年は不安定の1年であるかもしれません。
2014年度の課題は、金融改革を完了することです。
44回目の世界経済フォーラム年次総会のテーマは、世界の再構築です。
社会、政治とビジネスのための重要性、年次総会のさらなる情報については、http://wef.ch/Davosを訪れて下さい。

2014年1月25日、スイスのダヴォス・クロスターズにて。
グローバル経済の展望は、「用心深く楽観的です」。
主要な財政的専門家達は、44回目の世界経済フォーラム年次総会の最終日に、参加者達に言いました。
しかしながら、彼等は以下のように警告しました。
その新旧のリスクはいまだ存在します、そして、来たるべき年は不安定を持たらすでしょう、と。

IMF(国際通貨基金)の専務理事、クリスティーヌ・ラガルドは以下のように言いました。
異なる地域と異なるレートで起きながら、その回復は一つの強化プロセス内にあります。

古いリスクが、準備されなかったものを持続しています。

財政的な市場改革が進行中です。
そして、それはいまだ完成されていません。

彼女は言いました。

第2のリスクは、片寄った成長です。
さらに面白いものは新しいリスクです。
それは、どのように先細りが起こるかという問題のようなものです。
いずれのスピードによって、どのように伝えられ、そして、どんな副次影響効果を持つかです。

Photo_2

欧州中央銀行(ECB)総裁のマリオ・ドラギは、昨日、総会に参加者達に以下のように伝えました。
ヨーロッパは、回復への途上にありました。
より長めのインフレが、低レベルにとどまっているのを認めました。
それは、現在2%の目標を下回ります。
そして、それは、少なくとも2年の間残るでしょう。
デフレーションのリスクが、より深刻です。

必要であれば、私達は行動する準備と意志があります。

ドラギは言いました。
近づいているECBのストレス・テストにヨーロッパの銀行について参照しながら、彼は言いました。

私達の最も重要な目的は、銀行の貸借対照表(バランス・シート)に存在するものに光を投げ掛けることです。
それは操作上効果的であり、完全に透明なやり方でなされなければなりません。

ドイツ連邦大蔵大臣のウォルフガング・シューブルはユーロ圏内について上向きでした。
そして、彼は保釈を受けさせなければならなかった国々の予想以上のパフォーマンスを指摘しました。

私達は、ユーロ内で信頼を回復しました。
ユーロは、信頼でき、そして重要な通貨のままでしょう。
そして、誰もそれを変えないでしょう。

シューブルも、また、金融改革でなされる進展を指摘していました。
関連したヨーロッパの幾つもの銀行のために財政的な監督を引き受けるための、ECBの基礎を築くことを含みながらです。
彼は付け加えました、

私達がユーロ圏内を安定させることができるという信頼を私は持っています。

イギリスと日本は、両方とも、急速な回復を経験しています。
「王室主導の」成長として特徴づけられた、イングランド銀行の総裁、マーク・J・カーニーが言うには、2%のインフレ率は、目標の上で後退しています。
彼は言いました、

1971年に始まった記録以来、私達は、雇用創出で最も大きな比率を持っています。

Photo_3

日本銀行総裁、黒田東彦は言いました。
アベノミクスの3本の矢のために、日本経済は「非常に強力なリバウンド」がありました。
その3本の矢とは、大きな財政刺激、攻撃的な金融緩和と構造改革です。
2%の金利目標は、2年で達成されなければなりません。
彼は言いました、

私達は、15年の間、デフレを持ちました。
それは否定的な思考法を生み出しました。
今や、状況が完全に変わり、そして、私は楽観的です。

グローバル経済に関して、黒田は、参加者達に言いました:

私は、用心深くありながらも楽観的です。
米国経済は成長するでしょう。
ヨーロッパは回復中で、発展中です。
新興国経済は成長して、加速するでしょう。
しかし、私達は値下がりリスクに注意する必要があります。

アメリカのブラックロックの会長兼CEOのローレンス・フィンクは言いました。

米国経済は、良くなるでしょう。
銀行業務は良い形態にあり、そして、銀行業務はヨーロッパでのそれらのようにデリバレージングを経験しないでしょう。

しかし、彼は以下のように警告しました。
私達は大きな不安定性の一つの世界にいることを。
加えて言うに、

これは、私達が、悪い場所で終結する事を意味していません。
しかし、多くの混乱があるでしょう。

数人の専門家達は、構造改革をやり通す重要性を強調しました。
ラガルドは言いました。

金融セクターの改革と調整環境は、大きなリセットを経ています。
それらの構造改革は、世界の隅々に至るまで必要です。

これは、カーニーによっても繰り返されました。
国際的な課題を参照しながらです。
彼は言いました。

2014年度の課題は、金融改革の仕事を完了することです。
私達は、バーゼルIIIと共に多くの前進を成し遂げました。
そして、2015年は実行と反復です。

----------------

(以下、原文)
-----------------------------
●IMF Director, Christine Lagarde, Publicly Talks About Global Financial Reset and Recovery

(From "Global Economic Outlook 2014 | World Economic Forum - Global Economic Outlook 2014")
--------------
●World Economic Forum Annual Meeting 2014

Global Economic Outlook 2014

What should be at the top of the agenda for the global economy in the year ahead?

Speakers: Wolfgang Schäuble, Montek Singh Ahluwalia, Mario Draghi, Haruhiko Kuroda, Martin Wolf, Christine Lagarde, Mark J. Carney, Laurence Fink

Themes: Competitiveness

Europe is on the road to recovery while economies in the UK, US and Japan are rebounding
Despite the recovery, risks are present and 2014 may be a year of volatility
The agenda for 2014 is to complete financial reform
The theme of the 44th World Economic Forum Annual Meeting is, The Reshaping of the World: Consequences for Society, Politics and Business
For more information about the Annual Meeting, visit http://wef.ch/Davos

Davos-Klosters, Switzerland, 25 January 2014 - The outlook for the global economy is “cautiously optimistic”, leading financial experts told participants on the last day of the 44th World Economic Forum Annual Meeting. They warned, however, that old and new risks are still present and the coming year will bring volatility.

Christine Lagarde, Managing Director, International Monetary Fund, said the recovery is in a consolidation process, taking place at different rates and in different areas. Old risks persist that have not been fixed. “Financial market reforms are under way and are not yet completed,” she said. “A second risk is unbalanced growth. More interesting are the new risks, such as the issue of how tapering takes place, at which speed, how it is communicated and what spillover effects it has.”

Mario Draghi, President of the European Central Bank (ECB), who told Meeting participants yesterday that Europe was on the road to recovery, acknowledged that the longer inflation stays at a low level - it is currently below the 2% target and will remain there for at least two years - the more serious the risk of deflation. “We are ready and willing to act if needed,” Draghi said. Referring to the upcoming ECB’s stress test for European banks, he said: “Our most important objective is to shed light on what is in the banks’ balance sheets, which should be done in an operationally effective and completely transparent fashion.”

Wolfgang Schäuble, Federal Minister of Finance of Germany, was upbeat about the Eurozone and pointed to the better-than-expected performance of the countries that had to be bailed out. “We have regained confidence in the euro. The euro will remain a reliable and important currency and no one wants to change that.” Schäuble also pointed to progress made in financial reform, including laying the groundwork for the ECB to assume financial supervision for relevant European banks. “I have confidence that we can stabilize the Eurozone,” he added.

The United Kingdom and Japan are both experiencing a rapid recovery. In what Mark J. Carney, Governor of the Bank of England, characterized as “household-led” growth, the 2% inflation rate is back on target. “We have the greatest rate of job creation since records began in 1971,” he said.

Haruhiko Kuroda, Governor of the Bank of Japan, said that the Japanese economy has “rebounded very strongly” because of Abenomics’ three arrows - a massive fiscal stimulus, aggressive monetary easing and structural reforms. The 2% interest rate target should be achieved in two years. “We had deflation for 15 years, which created a negative mindset. Now the situation has completely changed and I’m optimistic,” he said.

In terms of the global economy, Kuroda told participants: “I am cautiously optimistic. The US economy will grow, Europe is recovering and growing; emerging economies will grow and accelerate. But we need to be mindful of downside risks.”

Laurence Fink, Chairman and Chief Executive Officer, BlackRock, USA, said: “The US economy is going to be fine. Banking is in good shape and is not experiencing deleveraging like those in Europe.” However, he warned that we will be in a world of great volatility. He added: “This doesn’t mean we will end up in a bad place. But there will be a lot of disruptions.”

Several experts emphasized the importance to persist with structural reform. “Financial sector reform and the regulatory environment are undergoing a major reset. Those structural reforms are necessary in all corners of the world,” Lagarde said. This was echoed by Carney, referring to the international agenda. “The agenda for 2014 is to complete the job of financial reform. We’ve made a lot of progress with Basel III. And 2015 will be about implementation and iteration,” he said.
--------------

Posted by enerchi at 1/26/2014 05:23:00 PM

-----------------------------
(翻訳と引用終わり)

 

                                        坂本  誠

八百五十三: 麻について_No.2

こんにちわ。
私は麻についてのニュースを見かける機会がありました。
以下にご紹介させて下さい。

(以下、ブログ『ほんとうがいちばん』様、2014/1/22記事より引用)
------------------------------
●1/20:オバマ大統領「マリファナにアルコール以上の危険ない、公正な法に重点を置くべき」CNN報道
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_108.html

(元記事、『CNN.co.jp』、2014/1/20記事)
-------------
●「マリフアナにアルコール以上の危険ない」 オバマ大統領
http://www.cnn.co.jp/usa/35042744.html

139034573931916860227_obamabriefing

ワシントン(CNN)
オバマ米大統領は19日に発行された米誌ニューヨーカーのインタビュー記事で、米国で解禁の動きが広がっているマリフアナについて、アルコール以上の危険はないとの見方を示した。

オバマ大統領はインタビューの中で、「何度も紹介されている通り、私も子どもだった頃に大麻を吸ったことがある。悪い習慣だという点では若い時から大人になるまで長年吸っていたたばこと大差ない。アルコールよりも危険が大きいとは思わない」と語った。

さらに、「個々の消費者に与える影響という点では」アルコールより危険は小さいとも指摘。
ただ、「勧めようとは思わないし、自分の娘たちには悪い考えであり時間の無駄で、あまり健康的ではないと言っている」と釘を刺した。

米国ではコロラドとワシントンの2州が嗜好(しこう)用マリフアナの解禁に踏み切ったほか、18州とコロンビア特別区が主に医療用マリフアナの使用を合法化している。
一方、米連邦法では依然として乱用性の高い薬物に指定され、医療目的の使用も認めていない。
ホワイトハウスによると、オバマ大統領はその現状の変更は支持していないという。

大統領はニューヨーカー誌のインタビューで「若者や使用者を長期間刑務所に閉じ込めておくべきではない」と述べ、使用者に対する公正な扱いを定めた法に重点を置くべきとの考えを示した。
-------------

------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『二千九百四十一: 麻について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/02/post-a009.html

(上記過去記事より抜粋して再掲載)
-----------------
「麻について真面目に考える機会がありました。」
「また、医学や人体に及ぼす影響なども考慮した科学的なエッセイです。」
「①の文献を見ますと、実は食用となり、油も取れ、麻薬成分をほとんど含まず、食物繊維も取れ、医療目的としても価値がある、とありました。」
「だから、まず、大麻の中のテトラヒドロカンナビノールの成分の量がはっきりとわかったものを、人が実験的に調べる必要があるのではないでしょうか?」
「つまり、これだと、「低用量の正確な分量は何か?」・「中用量の正確な分量は何か?」がわかりません。」
「上の文章の「大麻の不正取引及び不正使用を防ぐ」とありますが、まず②の点が、詳しく医学的に検証されないといけないでしょう。」
-----------------

 

                                        坂本  誠

2014年1月27日 (月)

八百五十二: ピラミッドについて_No.16

八百四十九:ピラミッドについて_No.15』の続きです。

以前のハクサイを用いた実験は、ほとんど、ピラミッドに入れた方のハクサイが乾燥状態なので、あまり、読者の方が、その状態を見ても、面白いものを感じないかと思われます。
そこで、以前のハクサイを用いた実験は、サブ実験として、新たな実験を始めることにしました。
=================
まず、金属製のフレームを使ったピラミッドを作ってみました。

P1270144


右の写真をご覧ください。
100円ショップで、売られている「魚ぐし」の3本セットを3つ買いました。
これで、8本の金属の棒が作られます。
長さは29cmです。
そして、ピラミッドの各頂点を、100円ぐらいで売られていた粘土を使って、固定してみました。

そして、今度は、ミニトマトを使う試食実験です。
まず、金属ピラミッドと竹ひごピラミッドと何もしていない状態のミニトマトを各々5個のグループに分けました。
金属ピラミッドの下に、5個のミニトマトを置きました。
そして、竹ひごピラミッドの下に、5個のミニトマトを置きました。

P1270146


そして、何もしない状態の5個のミニトマトがあります。

そして、それぞれのトマトに①、②、③、④、⑤と書いた付箋をセロハンテープでくっつけました。
そして、明日(2014/1/28)に、「実験1日目」ということで、金属ピラミッドの下に置いたミニトマトの①を試食してみます。
同様に、竹ひごピラミッドの下に置いたミニトマトの①を試食してみます。
同様に、何もしない状態のミニトマトの①を試食してみます。

これを実験の5日目まで、やってみようという実験です。
今回は、試食の実験なので、いきなり、「一つのグループに7個とか10個を置く」というものはしません。
食べるのですから、最初は、浅い感じで、5日目までの5個としました。

そして、『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』に書いていたように、脱水の状態とか『味のマイルド化』とか『食物の鮮度』を観察してみたいと思います。
その他の見た目の状態も書きたいと思います。

もちろん、試食ですから、各々の個人の味覚にも違いがあることをご理解して下さい。

それと、『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』で、ご紹介した参考HP『ピラミッドパワー』では、「煙草などの味のマイルド化」という文章がありました。
私は、この項目を実験することが出来ません。
なぜならば、私はタバコを吸わないからです。
普通の方も、「食べ物の味のマイルド化」ならば、想像がつくかと思います。
例えば、ミカンにしても、様々なミカンがあって、おいしいミカンと味の落ちたミカンもあるからです。
しかし、「煙草などの味のマイルド化」という煙の味の鮮度感というのものは、私も想像できません。
実際に、私はタバコを吸わないので、これだけは実験しないでしょう。

ですので、明日以降に、この各ミニトマトの状態や味覚の実験報告をさせて頂きます。

あと、ミニトマトを買った際に、消費期限や賞味期限が記載されていませんでした。
実験に使うのですから、消費期限や賞味期限を知りたかったところですが、それが記載されていなかったので、「これで良いのかな」と思いつつも買いました。
買って、実際に、実験しないといけないので。
=================
あと、前回から続いているハクサイのピラミッドですが、このブログの読者の方も、ずっと、ハクサイの乾燥状態を見ても、特別に、これ以上の変化を期待しても、あまり意味が無いかと思われますが、私の方は続けていきます。
しかし、現在では、ハクサイの方はサブ実験とさせてください。

とりあえず、写真だけは掲載します。
実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、12日めです。
今日(2014/1/27)の写真です。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1270148

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1270149

 

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百四十九:ピラミッドについて_No.15』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no15-2778.html

『八百四十五:ピラミッドについて_No.14』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no14-3316.html
Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
http://www.youtube.com/watch?v=aahMpvRHG9Q
Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
http://www.youtube.com/watch?v=TDhhlHKFL5Q

Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
YouTube: Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication

 

『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

P1240147

 

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw

Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
YouTube: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos

 

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

P1140145

 

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Atlantica1

Pyramidsilva1

 

                                        坂本  誠

八百五十一: UFOについて_No.72

八百四十八:UFOについて_No.71』の続きです。

私は、以下のUFOに関する記事を見かける機会がありました。
ご紹介させて下さい。

(以下、『日本や世界や宇宙の動向』様、2014/1/26記事より引用)
------------------------------
●ミステリーサークルのようなUFOがブラジル上空で目撃!
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51916101.html

不思議な映像が投稿されました。
ブラジル上空でこれまでに見たことがないUFOの動作が目撃されました。
以下のビデオで紹介されている通り、変な光の玉を兎の糞のように生み落していってます。
一体、何をやっていたのでしょうか?
UFOは地球製なのでしょうか?
それともエイリアンのもの?
光の玉はその後、どこへ落ちたのでしょうか?
まるで、ミステリーサークルの模様を再現しているかのような動作をしています。

http://beforeitsnews.com/strange/2014/01/ufo-over-brazil-dropping-spheres-video-2454178.html
(ビデオ)
1月25日付け:
ブラジルであちこちに移動した後、光の玉を落とし続けているUFOが目撃されました。
その後、光の玉は辺りをさまよっていました。
この飛行物体は何をしようとしているのでしょうか?
なぜ光の玉を落としていったのでしょうか?

UFO Over Brazil Dropping spheres- OVNI en Brazil soltando esferas Edit 24/01/2014
http://www.youtube.com/watch?v=6AW7sPWuApI

UFO Over Brazil Dropping spheres- OVNI en Brazil soltando esferas Edit 24/01/2014
YouTube: UFO Over Brazil Dropping spheres- OVNI en Brazil soltando esferas Edit 24/01/2014

 

↑ UFOがいくつもの丸い光の玉を落としているの分かります。

000cropufo1_2

( 左:ミステリーサークル 右:ブラジル上空で目撃されたUFO)

Ufospheres1

------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
(■■■以下、ディスクロージャー編■■■)

『三百八十:お知らせ_No.159』
●【重要情報】 オバマ大統領が宇宙人の存在を公言
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no159-dac0.html
http://japan-mesameyo.seesaa.net/article/376316659.html
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/b922189ac4fa209cdc7fdf1a8150f4a5
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_13.html
http://solesoleil.exblog.jp/20794006/
http://nineinchnews.com/obama-admits-aliens-secretly-running-government/

138067045134530850227_greyobamathum

 

『七百四十四:地球の内部について』
●エドワード・スノーデン氏かく語りき : 「地球の地下マントルには現生人類よりさらに知的な生命が存在している」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/post-fa66.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/368787005.html
●地球の地下に、さらに知的な現生人類(ホモ・サピエンス)が存在することを記した文書をスノーデンが明らかに
Snowden Reveals Documents: 'More Intelligent Homo Sapiens Exist Underground'
Phantoms and Monsters 203.07.10
http://www.phantomsandmonsters.com/2013/07/snowden-reveals-documents-more.html

Snowdentop31

 

『八百二十三:ディスクロージャーについて_No.47』
●Iran Claims Snowden Says US Govt. Working With Extraterrestrials FOX News 1-14-14
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no47-7b10.html
http://www.youtube.com/watch?v=BUysmEbQRFg

Iran Claims Snowden Says US Govt. Working With Extraterrestrials FOX News 1-14-14
YouTube: Iran Claims Snowden Says US Govt. Working With Extraterrestrials FOX News 1-14-14

 

『八百二十二:News_No.449』
●地球の軌道にはUFOが存在する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no449-8223.html
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_17/127414268/

『七百八十六:ディスクロージャーについて_No.46』
●元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no46-ffce.html
http://www.youtube.com/watch?v=dpWPRd56D-0

(上記ビデオより抜粋)
---------------
「それは私達が様々な種類の生命で一杯の宇宙に住んでいるという事です。」
「それは存在し、私達の運命を支配する同じ既得権益により秘密にされているのです。」
「外交問題評議会、ビルダーバーグのメンバー、三極委員会、国際銀行カルテル、石油カルテル、様々な諜報組織のメンバーおよび軍事政権の選ばれたメンバー達です。」
「彼等は共にアメリカのみならず、欧米世界の多くの影の政府となっているのです。」
「ゲームの目的は世界政府であり、秘密結社のメンバーが含まれていて、」
「誰からも選ばれていない人物であり、誰に対しても責任を持たない人物なのです。」
「そしてロックフェラー氏によると、計画は上手く進んでいるのです。」
「平和への唯一の希望は和解を交渉する事です。」
---------------

『七百七十五:ディスクロージャーについて_No.45』
●PAUL HELLYERカナダ元国防相がET/UFOを証言~「ETは人類を手助けしたい」(抄訳)
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_17.html
●632 カナダ前国防大臣ヘルヤー氏の証言「エイリアンはそこにいる!」Hiroshi Hayashi
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no45-6761.html
http://www.youtube.com/watch?v=lHaZeiwy5RY

632 カナダ前国防大臣ヘルヤー氏の証言「エイリアンはそこにいる!」Hiroshi Hayashi
YouTube: 632 カナダ前国防大臣ヘルヤー氏の証言「エイリアンはそこにいる!」Hiroshi Hayashi

(上記ビデオより抜粋)
---------------
「何千年もETは地球を訪れている。」
「面白いのは冷戦時代の1961年に50機のUFOがロシアからヨーロッパに飛んでいった。」
「その後3年間調査した結果4種のETがいたことが判明。」
「彼らは人間が地球に害を与えないか心配している。」
「森や湖、海など、彼らは私たちに注意をしている。」
「軍事費への多額投資や地球の大気、水質汚染、原子爆弾で宇宙に影響をあたえることを心配している。」
---------------

『三千百八十二:ディスクロージャーについて_No.7』
●匿名の目撃者は、エリア51とエイリアンとアイゼンハワーについてにギョッとさせる証言を行います。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no7-07e4.html
http://huff.to/16A4lyQ

Oanonymousdolan5701

(上記記事より)
-------------
「そして、その中で、彼等は異なったソーサー・クラフトを持っていました。」
「しかし、明らかに、あらゆるエイリアンは、一組を除いて死にました。」
「私達がここに持っているものは、私達がグレイ・エイリアンと面談しているものです。」
-------------

●余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編
http://www.youtube.com/watch?v=Q85KeeOtbVk

『七百七十四:UFO・ディスクロージャー・シリーズの目次』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo-4c4a.html

===================
(■■■以下、エイリアン編■■■)

『六百七十八:レプティリアンについて_No.6』
●久しぶりに。。。ティラ・テキーラさんからの情報です。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no6-e6b1.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51910289.html
http://beforeitsnews.com/strange/2013/12/tila-tequila-paul-walker-was-murdered-and-i-battled-reptilians-2453256.html
Tila Talks Ep. 9: Parallel Worlds, Nazis, Zionists, the Matrix & Illuminati
http://www.youtube.com/watch?v=TD5I2BEpakE

Image1

●ティラ・テキーラさん
-----------------
「私1人と3体のレプティリアンとの戦いは壮絶でした。」
「最終的に私は3体のレプティリアンを倒しました。」
-----------------

『三百八十四: レプティリアンについて_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-9017.html
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_30.html
http://quasimoto.exblog.jp/21155570/
100% REAL - EVIDENCIA REPTILIANA - ERROR HOLOGRÁFICO ANTE LAS CAMARAS
http://www.youtube.com/watch?v=71OFuD539ms

『二百十六:レプティリアンについて』
●REPTILIAN NEWBORN
(レプティリアンの赤ちゃんのビデオ)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/post-fbdf.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/02/blog-post_370.html
https://www.youtube.com/watch?v=gQPlxUb-p2o

REPTILIAN NEWBORN
YouTube: REPTILIAN NEWBORN

 

『三百九十二:グレイについて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/post-5ef5.html
Breaking News: Leaked footage of Alien (Skinny Bob) from Zeta Reticula. UFO crash survivor?
http://www.youtube.com/watch?v=8I7eBt5IsD8
エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像
http://www.youtube.com/watch?v=cZQB81NPvqI

エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像
YouTube: エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像

 

===================
(■■■以下、UFO編■■■)

『八百四十八:UFOについて_No.71』
●UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no71-ce57.html
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61305
那覇上空に謎の光
http://www.youtube.com/watch?v=ix5ZWMGqmp8

那覇上空に謎の光
YouTube: 那覇上空に謎の光

 

『八百四十:UFOについて_No.70』
●(続)明かされていない南極でのUFO戦争(3)/この情報の出処は米国下院議会の公文書保管所だそうだ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no70-a5a9.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_99.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/01/ufo.html
明かされていない南極でのUFO戦争 パート3
http://www.youtube.com/watch?v=i3Q6oLWPhls

139021110542229210226_a1

『八百三十:UFOについて_No.69』
●明かされていない南極でのUFO戦争/それは南極に地球の空洞のアガルタに通じる入り口があるからだ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no69-7a01.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_93.html
明かされていない南極でのUFO戦争 パート1
http://www.youtube.com/watch?v=hSn5HKLzNQo
明かされていない南極でのUFO戦争 パート2
http://www.youtube.com/watch?v=F42O9uhmcK4

『八百九:UFOについて_No.68』
●な、何んですかね、このUFO映像は?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no68-e724.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51914206.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/01/german-ufo-finally-lands-at-german-airport-2870968.html
https://www.google.ca/search?q=german+ufo&rlz=1C1CHFX_enCA510CA510&espv=210&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=FVrQUtqEHoLKsQT76YDADA&ved=0CAkQ_AUoAQ&biw=910&bih=404
●REAL UFO LANDING AT AIRPORT - GERMANY - COLOGNE BONN
http://www.youtube.com/watch?v=w77U8DESAKI

REAL UFO LANDING AT AIRPORT - GERMANY - COLOGNE BONN
YouTube: REAL UFO LANDING AT AIRPORT - GERMANY - COLOGNE BONN

 

『七百四十五:UFOについて_No.61』
●イラク戦争とエリアンの兵器との関係??
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/ufo_no61-1d87.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51912205.html
http://syncrenicity.com/2013/12/25/sync-quote-wmds-sought-get-wanted/
Comet Ison 11/25/2013 UFOS SILENTLY ZAPP US MILITARY BASE FOR HOURS
http://www.youtube.com/watch?v=_EXpC15iNuo

『三千百八十三: UFOについて_No.47』
●24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/ufo_no47-1657.html
http://www.youtube.com/watch?v=un20qeSUUIo

24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011
YouTube: 24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011

 

(※筆者注:残りの過去記事、関連記事、及び、参考文献は、『八百五:UFOとエイリアン関係の目次_No.2』をご覧ください。)

 

                                        坂本  誠

八百五十: 電磁波について_No.9

七百七十一:電磁波について_No.8』の続きです。

私は電磁波について、以下のビデオを見かける機会がありました。
まず、YouTubeの概要を引用させて下さい。

(以下は、YouTube概要より)
------------
元英諜報部員が語る電磁波兵器
http://www.youtube.com/watch?v=hpfblQ...
電磁波兵器の電磁波の強さと家庭用Wifi、コードレス電話の強さはそう変わらないかむしろ兵器用のほうが弱い

別のビデオで言っていましたが、携帯を2分使用すると子どもの脳は2時間乱れるそうです(集中力低下、問題行動など)。
------------

ここからは、ビデオの概要を書きます。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

===================
「WiFiは子供たちに危険」 バリー・トラウアー
http://www.youtube.com/watch?v=lNKFEn_WXCs

「WiFiは子供たちに危険」 バリー・トラウアー
YouTube: 「WiFiは子供たちに危険」 バリー・トラウアー

公開日: 2012/12/22

なにしろ、室内の(電磁波の)放射線を見て、子供にとって安全かが確かめられていなければいけないのです。
でも、危険である事は、見なくてもわかります。
なぜかと言いますと、大人用、子供用がある医薬品とは違って、マイクロ波の放射線には、子供用の安全基準が設定されていないからです。
一つも無い。
科学アドバイザーとして、世界中の文書を読んだり翻訳したりしていますが、子供用のマイクロ波放射線安全基準を作るだけの勇気がある科学者に、世界中で、今まで、まったく一度もお目にかかったことがありません。
基準は一つも存在していません。

子供の免疫系統は、大人と違い、まだ発達中です。
骨が柔らかく、マイクロ波が簡単に貫通してしまいます。
骨の中では生物幹細胞を作っていて、そこから免疫系統、そして体のすべての部分が作られます。

子供の頭骸骨は薄いです。
無数の危険性があります。
そして子供は小さく、波長に近いので大人より多くの放射線を吸収します。

(聞き取れず)

マイクロ波の子供用安全基準は一つも存在していません。
皆無です。
===================
私は、上記ビデオの概要を書かせて頂きました。

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『七百七十一:電磁波について_No.8』
●Wi Fi、無線LAN副作用の危険性
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no8-ec71.html
http://www.youtube.com/watch?v=hy7LE9w1_-E

Wi Fi、無線LAN副作用の危険性
YouTube: Wi Fi、無線LAN副作用の危険性

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------
「WiFiインターネットは電磁波放射線を使用する事によって作用しています。」
「昨年、携帯電話の使用が癌リスクを増加させるという研究が発見されました。」
「携帯電話や携帯電話塔に近づけば近づくほどに、非常に同様の周波数が人々を病気にしている事が発見されているのです。」
----------

『五百二十二:電磁波について_No.7』
●次世代電力計に商機 「スマートメーター」入札開始 東電、2700万台導入へ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no7-2afa.html
http://www.asahi.com/articles/TKY201311070613.html

(上記記事より)
----------
節電などに活用できる次世代電力計「スマートメーター」の導入が本格化する。
東京電力は7日、114万台分の入札を始め、これから7年間で管内に全2700万台を導入する。
利用者は家庭の電気使用量を細かくチェックでき、電力会社もピーク時の電力使用を抑えやすくなる。
電機メーカーには商機が(、、、以下、省略)
----------
(引用終わり)

『五百三:電磁波について_No.6』
●核兵器よりも恐ろしい兵器・・・EMP
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no6-d33c.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51905842.html
http://beforeitsnews.com/survival/2013/11/an-emp-attack-the-weapon-that-could-end-life-as-we-know-it-2496976.html

『四百六十八:電磁波について_No.5』
●リンゼィ・ウィリアムズ氏が伝えるアメリカの危機
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51904596.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/10/lindsey-williams-3-things-will-happen-before-the-financial-collapse-takes-place-video-2804068.html
Lindsey Williams - 10-22-13 -- What is coming down for America -- get ready now!!!
http://www.youtube.com/watch?v=vuhzDr-RSf4

●リンゼィ・ウィリアムズ氏
----------
「全米に設置された電力システムのスマートメーターについて皆さんは理解していますか。」
「スマートメーターも、NWOと新通貨の下で米国民を完全に支配するために使われる道具なのです。」
「この周波数は脳に影響を与えます。」
----------

『四百六十五:電磁波について_No.4』
●東電、次世代電力計の普及加速 20年に全世帯 3年前倒し
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no4-6c48.html
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2600A_X21C13A0MM8000/
(上記記事より)
-------------------------------
東京電力は次世代電力計(スマートメーター)の導入を加速する。
全世帯への設置計画を3年前倒しして2020年に完了させ、他の電力各社より早く柔軟な料金プランを提供可能にする。
-------------------------------

百三十八: 『人口削減計画』等について_No.3
●NASAの未来計画文書①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no3-de9f.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11561109250.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://www.youtube.com/watch?v=z31ooPjx1T0

デボラさん
----------
戦争状態の中ではどの様に周波数が使用される事になるかについても彼等は話しています。
例えば、世界中にスマートメーターが配備されようとしています。
そこにはガスと水道メーターも含まれます。
ですが彼等は低周波使用について話をしています。マイクロ波です。
敵を標的とする周波数の使用について話しています。
私達が敵なのです。
そして人口の100%がこの周波数に影響を受けると彼等は言っているのです。
、、、そして彼等が行っている事というのはこれらの周波数を使って私達の免疫システムを動かない様にしているのです。
----------

(以下、『ほんとうがいちばん』様、2013/7/1記事より引用)
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html

137264802307713214539_smartmetermil

(上記記事より)
----------
各家庭に取り付けてある電気会社のスマートミーター(電力計測機)にも、電子レンジみたいなマイクロウエーブ波が放出される仕組みになっており、私達の健康を破壊できるようになっています。
これも、このNASAの人口削減計画の一部なのです。
一見、ただの電気会社の電力計測機のようにみえますが、常にマイクロウエーブ波が放出されおり、あなたを電子レンジで料理しているようなものです。
スマートミーターの見分け方は、電力計測機にヘルツ(Hz)と書かれていれば、間違いなくスマートミーターです。
つまり、その何とかヘルツのマイクロウエーブ波が放出されいる、ということなのです。
それだけではなく、このスマートミーターで、どれぐらいの電力を使うことができるかを制限することもできます。
このスマートミーターから放出されるマイクロウエーブ波で、いろいろな体の症状が出てきます。
耳鳴り、心臓の異常な鼓動、皮膚の発疹、不眠症、てんかんなどで、最終的には体の免疫力を落とし病気にさせる事を目的としています。
----------

『四百三十五:電磁波について_No.3』
●携帯電話のユーザーに警告!非常に深刻な健康被害が。。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no3-2bce.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51903943.html
http://beforeitsnews.com/health/2013/10/lawsuit-cell-phones-cause-brain-cancer-next-casualty-catastrophe-2509148.html
The Truthseeker: 'Casualty catastrophe' - Cell phones & child brains (E26)
http://www.youtube.com/watch?v=6ld8pCSjNcAs

The Truthseeker: 'Casualty catastrophe' - Cell phones & child brains (E26)
YouTube: The Truthseeker: 'Casualty catastrophe' - Cell phones & child brains (E26)

(上記記事より)
----------
例えば、シャツの胸のポケットや下着の中に携帯電話をしまっていた女性は乳がんを患いました。
携帯電話ユーザーの証言では、
・私は携帯電話を左耳にあてて通話をしていました。そして腫瘍が左目の横(こめかみ)にできました。
・私は携帯電話を右耳にあてて通話をしていました。そして右側の脳に腫瘍ができました。
----------

『四百二十六:私の見かけたビデオについて_No.38』
●政府文書により人々をラジオ波で攻撃する計画が明らかに
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no38-8457.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11595522717.html
http://www.youtube.com/watch?v=pj3VbypwFqY

政府文書により人々をラジオ波で攻撃する計画が明らかに
YouTube: 政府文書により人々をラジオ波で攻撃する計画が明らかに

 

『四百二十四:お知らせ_No.161』
●アメリカの人々の87%の体内には既にナノ・デバイスが??
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no161-79d2.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51903156.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2013/10/if-this-is-true-we-are-in-deep-trouble-2792796.html
http://billhweld.blogspot.com/2013/10/classified-docs-on-nano-domestic-quell.html
http://www.scribd.com/doc/175484321/Top-Secret-DARPA-Black-Project-Nano-Domestic-Quell
http://www.youtube.com/watch?v=0Ho2InyMnCU

(上記記事より)
----------
体内に侵入したナノ・デバイスは、当局が送信する特定周波数の無線シグナルを受信することができます。
アメリカ各地に携帯電話基地局、ラジオ無線塔、そして、米軍が占有する無線塔の設置が完了したことで、アメリカ全域に特定周波数を送受信することが可能になりました。
----------

『四百:電磁波について_No.2』
●NASAの未来計画文書③
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-a04a.html
http://www.youtube.com/watch?v=2Ww0U-TMGnE

NASAの未来計画文書③
YouTube: NASAの未来計画文書③

(上記ビデオより抜粋して引用)
----------
「ワイヤレスに関する周波数の兵器化について話しています。」
「そして特にアメリカや他の国々でも広大に展開されている携帯電話タワーについてです。、、、そしてそれは携帯電話タワーなのです。」
「そして彼等は学校のキャンパスに置くように学校にお金を支払っていますね。」
「現在、新しく発見された癌の集団がサンディエゴ州立大学にあって、かなりの数の学生と教職員が脳腫瘍を持っているんです。」
「ですから私達はこの文書によって認められた破壊の周波数の中にいるのです。」
「証拠があり、軍がいて、これを認める機関があるんです。」
「、、、こう書いてあります。」
「『タワーは周波数を放射するのに使用される。』」
「これが彼等が私達に伝えている事で、98ページには、『典型的なシナリオ、10人と1000万ドルによって、アメリカを破壊しろ。』2成分生物学的製剤(輸入されたビタミン剤、服等、食料供給・・・を通して)毒が入れられます。ワクチンとウィルスによるテロ攻撃、私達の線路が攻撃される事について話しています。」
----------

『三千百三十二: 電磁波について』
●家庭に潜む電磁波の危険性(字幕)
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/04/post-8ccd.html
http://solesoleil.exblog.jp/19871582/
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&v=zfwtokQcZWc&hl=ja

家庭に潜む電磁波の危険性(字幕)
YouTube: 家庭に潜む電磁波の危険性(字幕)

 

『三十九:News_No.229』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no229-55e1.html
(以下、『ROCKET NEWS24』、2013/5/28記事より引用)
---------------
●無線LANの電波はホントに無害? ルーターのそばでは植物が育たないという実験結果が注目される
http://rocketnews24.com/2013/05/28/333762/

みなさんの家のインターネット環境はどのようなものだろうか?
無線LANルーターは、パソコンやスマートフォンユーザーにとって欠かすことができないものである。
無線LANの電波は人体には有害だとは言われていない。
だが、最近、無線LANルーターのある環境下で行われた実験が注目を集めている。
実験では、無線LANルーターを置いている部屋と置いていない部屋とで植物の発芽状況を観察、、、、、、
    :
   (以下、省略)
    :
---------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

2014年1月26日 (日)

八百四十九: ピラミッドについて_No.15

八百四十五:ピラミッドについて_No.14』の続きです。

P1260146

 

今日のピラミッド実験の報告をさせて下さい。
実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、11日めです。
今日(2014/1/26)の写真です。
もう、大まかな雰囲気は変わりません。
ピラミッドに入れていない方のハクサイは黄色くなって、ちじみ方が早いです。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1260147

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1260148

=================
どちらの実験対象からも、異臭は全くしません。
これは、実験をしている今が冬だからかもしれません。
=================
それと以下の文献から引用します。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

-----------------
ピラミッドと科学
http://pyramidforce.com/about/p04.php

かつて、アントワーヌ・ボビは、フランスに戻った後、この不思議な現象を再現しようと、『グレート・ピラミッド』と同じ比率の木製模型を作り、『グレート・ピラミッド』同様に底辺の向きを正確に東西南北に合わせ、『王室』の位置と同じ、中央部の底面から三分の一の高さのところにネコの死骸を置きました。
すると、ボビの予想通り、数日のウチにネコの死骸はミイラ化したのです。

ボビはさらに、肉片、卵など腐敗しやすい有機物を試料として実験を繰り返し、全て脱水されたのです。
この結果は、『ピラミッドの形』と、『ピラミッドの向き』と、『底面からの高さ』で変わることも確認しました。

これらの実験からボビは、

  「ピラミッドには急速な脱水を引き起こし、腐敗を止める未知のパワーが存在する」

と結論して、研究報告書をまとめました。
-----------------
(引用終わり)

上記の引用から考えるに、ピラミッドの場合は、感想をさせて腐敗を防ぐと考えられます。
確かに、私の実験の方でも、ピラミッドに入れたハクサイは乾燥しています。

電気冷蔵庫の方は、電気で食糧を冷やして保存します。
しかし、ピラミッドの場合だと、食糧を乾燥させて、保存させられるのではないかという想定が出来ます。
私達の身近にある乾燥した食糧とは、色々とありますが、例えば、「干しきり大根」とか「乾燥昆布」とか「カップラーメン」とか「カップラーメンの中の乾燥させた野菜」と言えるでしょうか。

「干しきり大根」だと、乾燥した大根の切れ端を、味噌汁に使用したりします。
味噌汁に入れたら、「干しきり大根」は水分を吸って、大きくなって、私達はそれを食べます。
「乾燥昆布」とか「カップラーメン」とか「カップラーメンの中の乾燥させた野菜」もそうでしょう。

ですから、このピラミッド実験では電気冷蔵庫との対照実験は出来ません。
食糧を乾燥させて、保存させるのだから、全く仕組みが違うのです。
似たような仕組みを実験するわけでは無いからです。

なので、考えられるとしたら、乾燥のさせ方です。
考えられるとしたら、「金属製のフレームの大きめのピラミッドを作り、その内部に食糧を入れて、乾燥させて、その乾燥の具合や味覚を試してみる」という方向になると想定できます。
そして、上から考えて、「どれぐらいで、ピラミッドから取り出せば良いのか?」という方向の実験となると思われます。

ですから、「電気冷蔵庫」と言うよりも、「食糧乾燥機」のような感覚で、今後の実験の方向を考えなければいけないかと思われます。
「冷やして、ものを保存する」のではなく、「乾燥させて、ものを保存する」という方向というのも意外でした。
=================
また、普通、電気冷蔵庫でも長期間、中身に食糧を保存させていたら腐ります。
それと同じように、ピラミッドに入れた食糧が乾燥しても、ある日数が経過したら、そこで乾燥をストップさせて、店に売っている「干しきり大根」のように、透明パックに入れた方が良いのか、という課題も出て来ると思います。
=================
いずれにしても、私の実験結果を待つまでも無く、もちろん、このブログの読者の方は、ご自分で実験する事が出来ます。
=================
また、以下の文献から引用します。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

-----------------
ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

(前略)
ピラミッド・パワーの代表的な効果は、(、、、中略、、、)(4) 食品、飲料、煙草などの味のマイルド化

(、、、中略、、、)

食物の鮮度 ・植物へのエネルギー補給(、、、以下、省略)
-----------------
(引用終わり)

上記の事も、自分自身で実験した方法が良いと思われます。

一応、余談ですが、私の聞いたところでは、ピラミッド・パワーの一番強い部分は、ピラミッドの頂点の真下だそうです。
ですから、刃物などの切れ味の再生実験の場合でも、お手製のピラミッド直下に置く事が一番ベストの実験方法かと思われます。
あと、追加です。
この実験を始めてから、電気カミソリの刃をピラミッドの下に置くペースを一週間に一回程度と、ペースを早くしてみました。
「なんとなく、そちらの方がワクワクする」というのが理由です。

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百四十五:ピラミッドについて_No.14』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no14-3316.html

『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

P1240148

 

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
YouTube: Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)

 

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドパワー
http://pyramidforce.com/about/index.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw

Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
YouTube: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos

 

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

P1140145

 

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Atlantica1

Acores031

 

                                        坂本  誠

八百四十八: UFOについて_No.71

八百四十:UFOについて_No.70』の続きです。

最近では、マスメディアのニュースでも、UFOが取り上げられるようになったようです。
以下の記事をご紹介させて下さい。

(以下、『沖縄タイムス』、2014/1/25記事より引用)
------------------------------
●UFO? 那覇の夜空に謎の光 目撃者複数
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=61305

23日午後9時ごろ、那覇市上空で約10個のオレンジ色の光が漂っていたという、複数の目撃情報が本紙に寄せられた。
専門家は「天文現象とは考えられない」と話している。
目撃者によると、那覇市通堂町の那覇港上空付近に複数の光が現れ、上下左右に移動を繰り返し、約15分後、全て消えたという。

石垣島天文台の宮地竹史所長は、動画で確認し「隕石(いんせき)が大気中に入り燃えながら落ちるときは地上から光が見えることがあるが、その場合は、ものすごい速さで飛ぶ。今回のように長時間ほぼ同じ場所に光がとどまるのは、天文現象ではないと思う」と話した。

浦添市西原から目撃した新垣覚さん(45)は「とても明るい光で、びっくりした。曲線を描きながら動いていたので、飛行機ではないと思う」。
那覇市識名から目撃した竹尾慎太郎君(12)は「10個ぐらいの光が動いて、集まったり消えたりしていた」と話した。

航空自衛隊によると、謎の光についての報告や目撃情報はない。
同日は午後7時20分までにすべての訓練を終え「その時間に自衛隊機は飛んでいない」という。
(画像は一部加工しています)

那覇上空に謎の光
http://www.youtube.com/watch?v=ix5ZWMGqmp8

那覇上空に謎の光
YouTube: 那覇上空に謎の光

公開日: 2014/01/24

------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
==========================
(■■■以下、ディスクロージャー編■■■)

『三百八十:お知らせ_No.159』
●【重要情報】 オバマ大統領が宇宙人の存在を公言
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no159-dac0.html
http://japan-mesameyo.seesaa.net/article/376316659.html
http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/b922189ac4fa209cdc7fdf1a8150f4a5
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_13.html
http://solesoleil.exblog.jp/20794006/
http://nineinchnews.com/obama-admits-aliens-secretly-running-government/

138067045134530850227_greyobamathum

 

『七百四十四:地球の内部について』
●エドワード・スノーデン氏かく語りき : 「地球の地下マントルには現生人類よりさらに知的な生命が存在している」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/post-fa66.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/368787005.html
●地球の地下に、さらに知的な現生人類(ホモ・サピエンス)が存在することを記した文書をスノーデンが明らかに
Snowden Reveals Documents: 'More Intelligent Homo Sapiens Exist Underground'
Phantoms and Monsters 203.07.10
http://www.phantomsandmonsters.com/2013/07/snowden-reveals-documents-more.html

Essa71

 

『八百二十三:ディスクロージャーについて_No.47』
●Iran Claims Snowden Says US Govt. Working With Extraterrestrials FOX News 1-14-14
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no47-7b10.html
http://www.youtube.com/watch?v=BUysmEbQRFg

Iran Claims Snowden Says US Govt. Working With Extraterrestrials FOX News 1-14-14
YouTube: Iran Claims Snowden Says US Govt. Working With Extraterrestrials FOX News 1-14-14

 

『八百二十二:News_No.449』
●地球の軌道にはUFOが存在する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/news_no449-8223.html
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_17/127414268/

『七百八十六:ディスクロージャーについて_No.46』
●元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no46-ffce.html
http://www.youtube.com/watch?v=dpWPRd56D-0

元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示
YouTube: 元カナダ防衛大臣によるUFOエイリアン情報開示

(上記ビデオより抜粋)
---------------
「それは私達が様々な種類の生命で一杯の宇宙に住んでいるという事です。」
「それは存在し、私達の運命を支配する同じ既得権益により秘密にされているのです。」
「外交問題評議会、ビルダーバーグのメンバー、三極委員会、国際銀行カルテル、石油カルテル、様々な諜報組織のメンバーおよび軍事政権の選ばれたメンバー達です。」
「彼等は共にアメリカのみならず、欧米世界の多くの影の政府となっているのです。」
「ゲームの目的は世界政府であり、秘密結社のメンバーが含まれていて、」
「誰からも選ばれていない人物であり、誰に対しても責任を持たない人物なのです。」
「そしてロックフェラー氏によると、計画は上手く進んでいるのです。」
「平和への唯一の希望は和解を交渉する事です。」
---------------

『七百七十五:ディスクロージャーについて_No.45』
●PAUL HELLYERカナダ元国防相がET/UFOを証言~「ETは人類を手助けしたい」(抄訳)
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_17.html
●632 カナダ前国防大臣ヘルヤー氏の証言「エイリアンはそこにいる!」Hiroshi Hayashi
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no45-6761.html
http://www.youtube.com/watch?v=lHaZeiwy5RY

(上記ビデオより抜粋)
---------------
「何千年もETは地球を訪れている。」
「面白いのは冷戦時代の1961年に50機のUFOがロシアからヨーロッパに飛んでいった。」
「その後3年間調査した結果4種のETがいたことが判明。」
「彼らは人間が地球に害を与えないか心配している。」
「森や湖、海など、彼らは私たちに注意をしている。」
「軍事費への多額投資や地球の大気、水質汚染、原子爆弾で宇宙に影響をあたえることを心配している。」
---------------

『三千百八十二:ディスクロージャーについて_No.7』
●匿名の目撃者は、エリア51とエイリアンとアイゼンハワーについてにギョッとさせる証言を行います。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no7-07e4.html
http://huff.to/16A4lyQ

Oanonymousdolan5701

(上記記事より)
-------------
「そして、その中で、彼等は異なったソーサー・クラフトを持っていました。」
「しかし、明らかに、あらゆるエイリアンは、一組を除いて死にました。」
「私達がここに持っているものは、私達がグレイ・エイリアンと面談しているものです。」
-------------

●余命わずかの元CIA職員が語るエリア51と宇宙人 前編
http://www.youtube.com/watch?v=Q85KeeOtbVk

『七百七十四:UFO・ディスクロージャー・シリーズの目次』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo-4c4a.html

===================
(■■■以下、エイリアン編■■■)

『六百七十八:レプティリアンについて_No.6』
●久しぶりに。。。ティラ・テキーラさんからの情報です。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no6-e6b1.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51910289.html
http://beforeitsnews.com/strange/2013/12/tila-tequila-paul-walker-was-murdered-and-i-battled-reptilians-2453256.html
Tila Talks Ep. 9: Parallel Worlds, Nazis, Zionists, the Matrix & Illuminati
http://www.youtube.com/watch?v=TD5I2BEpakE

Tila Talks Ep. 9: Parallel Worlds, Nazis, Zionists, the Matrix & Illuminati
YouTube: Tila Talks Ep. 9: Parallel Worlds, Nazis, Zionists, the Matrix & Illuminati

●ティラ・テキーラさん
-----------------
「私1人と3体のレプティリアンとの戦いは壮絶でした。」
「最終的に私は3体のレプティリアンを倒しました。」
-----------------

『三百八十四: レプティリアンについて_No.2』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-9017.html
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_30.html
http://quasimoto.exblog.jp/21155570/
100% REAL - EVIDENCIA REPTILIANA - ERROR HOLOGRÁFICO ANTE LAS CAMARAS
http://www.youtube.com/watch?v=71OFuD539ms

100% REAL - EVIDENCIA REPTILIANA - ERROR HOLOGRÁFICO ANTE LAS CAMARAS
YouTube: 100% REAL - EVIDENCIA REPTILIANA - ERROR HOLOGRÁFICO ANTE LAS CAMARAS

 

『二百十六:レプティリアンについて』
●REPTILIAN NEWBORN
(レプティリアンの赤ちゃんのビデオ)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/post-fbdf.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/02/blog-post_370.html
https://www.youtube.com/watch?v=gQPlxUb-p2o

『三百九十二:グレイについて』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/post-5ef5.html
Breaking News: Leaked footage of Alien (Skinny Bob) from Zeta Reticula. UFO crash survivor?
http://www.youtube.com/watch?v=8I7eBt5IsD8
エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像
http://www.youtube.com/watch?v=cZQB81NPvqI

エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像
YouTube: エリア51に幽閉されたETとのコンタクトの記録映像

 

===================
(■■■以下、UFO編■■■)

『八百四十:UFOについて_No.70』
●(続)明かされていない南極でのUFO戦争(3)/この情報の出処は米国下院議会の公文書保管所だそうだ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no70-a5a9.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_99.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2014/01/ufo.html
明かされていない南極でのUFO戦争 パート3
http://www.youtube.com/watch?v=i3Q6oLWPhls

明かされていない南極でのUFO戦争 パート3
YouTube: 明かされていない南極でのUFO戦争 パート3

『八百三十:UFOについて_No.69』
●明かされていない南極でのUFO戦争/それは南極に地球の空洞のアガルタに通じる入り口があるからだ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no69-7a01.html
http://mizu888.at.webry.info/201401/article_93.html
明かされていない南極でのUFO戦争 パート1
http://www.youtube.com/watch?v=hSn5HKLzNQo
明かされていない南極でのUFO戦争 パート2
http://www.youtube.com/watch?v=F42O9uhmcK4

『八百九:UFOについて_No.68』
●な、何んですかね、このUFO映像は?
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/ufo_no68-e724.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51914206.html
http://beforeitsnews.com/alternative/2014/01/german-ufo-finally-lands-at-german-airport-2870968.html
https://www.google.ca/search?q=german+ufo&rlz=1C1CHFX_enCA510CA510&espv=210&es_sm=122&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ei=FVrQUtqEHoLKsQT76YDADA&ved=0CAkQ_AUoAQ&biw=910&bih=404
●REAL UFO LANDING AT AIRPORT - GERMANY - COLOGNE BONN
http://www.youtube.com/watch?v=w77U8DESAKI

『七百四十五:UFOについて_No.61』
●イラク戦争とエリアンの兵器との関係??
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/ufo_no61-1d87.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51912205.html
http://syncrenicity.com/2013/12/25/sync-quote-wmds-sought-get-wanted/
Comet Ison 11/25/2013 UFOS SILENTLY ZAPP US MILITARY BASE FOR HOURS
http://www.youtube.com/watch?v=_EXpC15iNuo

Comet Ison 11 25 2013 UFOS SILENTLY ZAPP US MILITARY BASE FOR HOURS
YouTube: Comet Ison 11 25 2013 UFOS SILENTLY ZAPP US MILITARY BASE FOR HOURS

 

『三千百八十三: UFOについて_No.47』
●24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/ufo_no47-1657.html
http://www.youtube.com/watch?v=un20qeSUUIo

24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011
YouTube: 24/7 News UFO Sighting Area 51 Exposed Finally 2011

 

(※筆者注:残りの過去記事、関連記事、及び、参考文献は、『八百五:UFOとエイリアン関係の目次_No.2』をご覧ください。)

 

                                        坂本  誠

八百四十七: News_No.454

こんにちわ。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させて下さい。
私の気になりました部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/23記事より引用)
------------------------------
●ロシア、日米欧数百社にサイバー攻撃か 米調査会社報告
http://www.asahi.com/articles/ASG1Q636JG1QUHBI037.html

ロシア政府が米欧やアジアの数百社に対し、知的財産である情報を盗む狙いで、サイバー攻撃をしかけていた可能性が浮上した。
ロイター通信などが、米国のセキュリティー調査会社「クラウドストライク」がまとめたサイバー攻撃に関する報告書の結果として報じた。
対象にはエネルギー産業や情報産業などが含まれているという。
同社は朝日新聞の取材に対し、日本の企業が数十社含まれていることを明らかにした。
攻撃対象になったことがわかった企業には知らせるようにしているという。

企業を狙ったロシアのサイバー攻撃が明らかになったのは初めて。

ハッカー集団は少なくとも2012年8月から活動を活発化させた。
実際に知的財産を盗まれた企業もある。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/26記事より引用)
------------------------------
●NHK籾井新会長「従軍慰安婦、どこの国にもあった」
http://www.asahi.com/articles/ASG1T5J3XG1TUCVL005.html?iref=com_rnavi_arank

NHK新会長の籾井(もみい)勝人(かつと)氏は25日の就任会見で、従軍慰安婦について「戦争をしているどこの国にもあった」と述べた上で、日本に補償を求める韓国を疑問視した。
従軍慰安婦問題を取り上げた過去のNHK番組に関連し、この問題に関する見解を問われ答えた。
尖閣諸島・竹島など領土問題については、国際放送で「明確に日本の立場を主張するのは当然。政府が右ということを左というわけにはいかない」と話した。

放送法はNHKを含めた放送事業者に「政治的公平性」を義務づけている。
NHKの会長がこのような発言をするのは極めて異例。

籾井氏は従軍慰安婦問題について「今のモラルでは悪いんですよ」としつつ、「戦争をしているどこの国にもあった」としてフランス、ドイツの名を挙げた。
「なぜオランダにまだ飾り窓があるんですか」とも述べた。
飾り窓はオランダなどにある売春街を指す。

さらに「会長の職はさておき」とした上で、韓国についても「日本だけが強制連行したみたいなことを言っているから話がややこしい。お金をよこせ、補償しろと言っている。しかしすべて日韓条約で解決している。なぜ蒸し返されるんですか。おかしいでしょう」と述べた。
その後、記者から会長会見の場であることを指摘されると、発言を「全部取り消します」と話した。

籾井氏は三井物産副社長などを経て、資本関係のある日本ユニシスで社長を務めた。
昨年12月の会見では自らについて「語彙(ごい)が不足している」と話して(、、、以下、省略)

●NHK籾井会長会見の主なやりとり
http://www.asahi.com/articles/ASG1T5TK2G1TUCLV007.html

●冒頭発言―NHK籾井新会長の会見詳報①
http://www.asahi.com/articles/ASG1T7VLWG1TUCVL019.html

●領土問題、主張は当然―NHK籾井新会長の会見詳報②
http://www.asahi.com/articles/ASG1T7VQ1G1TUCVL01B.html

●慰安婦、戦地に付きもの―NHK籾井新会長の会見詳報③
http://www.asahi.com/articles/ASG1T7VRGG1TUCVL01C.html

------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』から、上記記事と関連しているかと思われる過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『三千二百八十九:情報の隠蔽について』
●米国防総省はNHK内で情報検閲を行なっている
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-fde5.html
http://mizu888.at.webry.info/201302/article_6.html
http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/01/nhk-4a23.html

(上記記事より抜粋して引用)
---------------
「実は(当時2010年の)2年ぐらい前から、NHKの敷地内にペンタゴン(米国防総省)専属の秘密部署が作られ、そこで『検閲』が行なわれるようになっているんだ」

彼が言うには、検閲には二通りあり、一つは反米につながるようなニュースをクローズする(隠す)こと。
そしてもう一つは、反米的な政治家や著名人のイメージダウンを図るような情報を積極的に「報道」することだという。

NHKは日本人にとってもっとも重要な報道機関であり、そのために視聴者が受信料を払って運営する公共放送である。
そのNHKを、アメリカの国防総省(ペンタゴン)の情報担当者が「検閲」して、世論操作を行なっているのだ。

彼は1951年に、「日本全土に総合通信網を民間資本で作る」と発表したが、その翌年の1952年に、讀賣新聞のオーナー正力松太郎がテレビ放送免許を取得し、NHKに続いて日本初の民放テレビ局を開局した。
それが現在の日本テレビである。

ここで注目すべきことは、当時、正力はA 級戦犯として巣鴨プリズンに収監されていたのだが、なぜか彼は戦犯解除の身になり、しかも民放テレビ局開設のための資金を持っていたが、その資金をどこで調達したのかについて、長い間、謎とされていた。

そしてその謎を解明したのが、早稲田大学の有馬哲夫教授であった。
彼は2006年にアメリカ公文書館(ナショナル・アーカイヴス)において、ある秘密文書を見つけた。
その文書には、「正力松太郎は、アメリカに都合よく、日本人を洗脳するテレビ放送網を立ち上げるように依頼を受け、それを快諾したので戦犯を解除された」と記されてあったのだ。

ちなみにその時、CIAが正力につけたコードネームは「ポダム」だったという。
そしてその計画の一環として読売新聞のオーナーの正力に対し、米国防総省が1000万ドルの借款を与え、それが日本テレビの資本金になったことも記されていた。
---------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

八百四十六: 遺伝子組換え食品について_No.33

八百二十七:遺伝子組換え食品について_No.32』の続きです。

遺伝子組み換え食品は、英語で、genetically modified organismと言います。
ですので、遺伝子組み換え食品(今後以下、GMOと略します)に関するビデオです。
私は以下のビデオを見かける機会がありました。

前回も、GMOの疑問性を報道した中国のメディアをご紹介しました。
このビデオもそうです。
また、前回、ご紹介したビデオのように、日本語吹き替えされています。
しかし、このビデオは英語の字幕には翻訳されていませんでした。

このニュースによると、GM米の試食による人体実験が中国で行われたそうです。
また、このニュース中で、アメリカ・アラスカ大学の植物病理学者の「黄潔華」教授は以下のように伝えています。
----------------

すでにGM米を、中国は作り出しています。
聞いた話ではすでにGM米の多くが外部に流出しているそうです。
農家もすでに栽培し始めています。
GM米である場合、中国の米の可能性が大きいです。

----------------

================
中国で遺伝子組み換え米の人体実験
https://www.youtube.com/watch?v=2041joncxd4

中国で遺伝子組み換え米の人体実験
YouTube: 中国で遺伝子組み換え米の人体実験

公開日: 2012/09/07
================

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事と関連記事、及び、参考文献)
---------------------
『百三十八: 『人口削減計画』等について_No.3』
●NASAの未来計画文書①
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no3-de9f.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11561109250.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_2.html
http://reptilianisreal.blogspot.jp/2013/06/nasa.html
http://solesoleil.exblog.jp/20441188/
http://www.youtube.com/watch?v=z31ooPjx1T0

『百十三: 私の見かけたビデオについて_No.18』
●世界的駆除のためのエリート達の計画4
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no18-467d.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11386212175.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-621.html
http://www.youtube.com/watch?v=R936aVAGO30

『八百二十七:遺伝子組換え食品について_No.32』
●遺伝子組み換え食品 国を滅ぼす
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no32-2092.html
https://www.youtube.com/watch?v=MiNSd7CuPDU

遺伝子組み換え食品 国を滅ぼす
YouTube: 遺伝子組み換え食品 国を滅ぼす

 

『八百十三:遺伝子組換え食品について_No.31』
●アルゼンチン裁判所 モンサントの工場建設を差し止め 農薬の健康影響を恐れる環境活動家が訴え
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no31-143d.html
http://www.juno.dti.ne.jp/tkitaba/gmo/news/14011201.html
Construction of Monsanto plant in north Argentina halted on environmental grounds,Merco Press,14.1.10
http://en.mercopress.com/2014/01/10/construction-of-monsanto-plant-in-north-argentina-halted-on-environmental-grounds?utm_source=feed&utm_medium=rss&utm_content=main&utm_campaign=rss

Monsanto1

 

『八百一:遺伝子組換え食品について_No.30』
●遺伝子組換りんご近日公開
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no30-57ff.html
http://www.youtube.com/watch?v=gkpfXtPP4_Y

『七百六十六:遺伝子組換え食品について_No.29』
●遺伝子組換え毒性研究に対するモンサントの攻防
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no29-c65f.html
https://www.youtube.com/watch?v=acmIU2s8EFY

『七百四十九:遺伝子組換え食品について_No.28』
●モンサントと農民自殺
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no28-2c28.html
http://www.youtube.com/watch?v=246VHBgsXHo

『六百九十四:遺伝子組換え食品について_No.27』
●遺伝子組み換え食品よりも有害な食品とは。。。突然変異育種
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no27-643f.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51910968.html
http://naturalsociety.com/mutant-vegetables-dangerous-gmos/

『六百二十:遺伝子組換え食品について_No.26』
●ショック!一部の人間が獣であるという証拠
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no26-f6b8.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51908876.html
http://holycitybiblecode.forumotion.co.nz/t179-mixing-animal-and-human-dna
http://beforeitsnews.com/strange/2013/11/goat-gives-birth-to-humanoid-creature-video-2453038.html
Goat Gives Birth To Human Like Strange Creature Baby
http://www.youtube.com/watch?v=XfljukAuwdU
Goat With Human Face And 8 Legs
http://www.youtube.com/watch?v=MAd17u5_Gzg

『六百十四:遺伝子組換え食品について_No.25』
●ハワイはバイオテクノロジー企業を禁止に!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no25-b217.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11711711373.html
http://www.youtube.com/watch?v=mGEFWdH9eIs

『五百八十七:遺伝子組換え食品について_No.24』
●米主要メディアのFOXニュースがモンサントを徹底的に批判!
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no24-aa70.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51907630.html
http://beforeitsnews.com/health/2013/11/fox-news-kills-monsantos-gmos-2511922.html
HEALTH Fox News Asks Can Genetically Modified Foods Be Bad For Our Health
http://www.youtube.com/watch?v=myz5RRt6cs0

HEALTH Fox News Asks Can Genetically Modified Foods Be Bad For Our Health
YouTube: HEALTH Fox News Asks Can Genetically Modified Foods Be Bad For Our Health

 

『五百八十二:遺伝子組換え食品について_No.23』
●モンサントの失敗したGMOトウモコロシは、ビル・ゲイツの援助で、アフリカ諸国に押しつけられます
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no23-c9f7.html
http://www.infowars.com/failed-monsanto-gmo-corn-pushed-on-african-countries-with-help-of-bill-gates/

『四百九十七:遺伝子組換え食品について_No.22』
●ショック: FOXニュースのGMO食品についての爆弾レポート
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no22-677a.html
http://www.infowars.com/shock-fox-news-airs-bombshell-report-on-gmo-food/

『三千三百二十一:News_No.216』
●モンサント社はブラックウォーターを使って反GMO活動家等を監視!
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no216-11f7.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51884564.html
http://www.naturalnews.com/040492_GMO_activists_Monsanto_blackwater.html#ixzz2URryv5CA
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%83%BCUSA

『四百五:遺伝子組換え食品について_No.21』
●モンサント社の幹部が世界食糧賞を受賞することに反対する嘆願書
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no21-6629.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51902525.html
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-e074.html
http://www.dailypaul.com/301700/monsantos-winning-the-world-food-prize-sign-our-petition

『三百九十八:遺伝子組換え食品について_No.20』
●2013月10月2日-16日 種子と食糧の自由へのアクション #モンサント #TPP #遺伝子組換 ヴァンダナ シヴァ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no20-b5f3.html
http://mizu888.at.webry.info/201310/article_52.html
http://www.youtube.com/watch?v=4AymFbs33wY

『三百六十八: 遺伝子組換え食品について_No.19』
●モンサント保護法の破棄が米国上院で可決―米国を含め、全世界で反発が強まる遺伝子組み換え
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no19-9326.html
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-951.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11624238443.html
http://mizu888.at.webry.info/201309/article_135.html

『三百二十三: 遺伝子組み換え食品について_No.18』
●インドの綿花生産者自殺とモンサント
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/_no18-7fc3.html
http://www.youtube.com/watch?v=sVeey_CUFW0

『百八十: 『人口削減計画』等について_No.9』
●モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む #特許 #ACTA
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no9-1633.html
http://www.youtube.com/watch?v=c-MUy0WvGCM

モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む?#特許 #ACTA
YouTube: モンサント遺伝子組み換え #TPP で農業を自殺に追い込む?#特許 #ACTA

 

『百七十二: TPPについて_No.3』
●TPPについて - 日本の皆さんへのメッセージ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/tpp_no3-38fe.html
http://www.youtube.com/watch?v=6-uZx2HFn5U

『百五十三:『人口削減計画』等について_No.6』
●【日本も危ない】チリの遺伝子組み換え食品反対運動【TPP】
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no6-c62c.html
http://www.youtube.com/watch?v=nuj47k2I-ww

【日本も危ない】チリの遺伝子組み換え食品反対運動【TPP】
YouTube: 【日本も危ない】チリの遺伝子組み換え食品反対運動【TPP】

 

『百三十五: 『人口削減計画』等について_No.2』
●【衝撃】恐怖の遺伝子組み換え作物【驚異の毒性】
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-475d.html
http://www.youtube.com/watch?v=U6f5neFmPDY

『百二十八: 遺伝子組み換え食品について_No.17』
●ラウンドアップ遺伝子組換え癌腫瘍実験での発見を専門家が討論
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no17-54c4.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_1.html
http://www.youtube.com/watch?v=4XPP6iy13as

ラウンドアップ遺伝子組換え癌腫瘍実験での発見を専門家が討論
YouTube: ラウンドアップ遺伝子組換え癌腫瘍実験での発見を専門家が討論

 

『百十六: 遺伝子組み換え食品について_No.16』
●研究では遺伝子組換え食品が癌腫瘍の原因である事が明らかになる
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no16-7a84.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11363259421.html
http://mizu888.at.webry.info/201307/article_1.html
http://www.youtube.com/watch?v=g_eNUK9GYbg

『百十一: 遺伝子組み換え食品について_No.15』
●ジェフリー・スミス GMO、2012年1月更新情報
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no15-c74e.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11164690246.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-392.html
http://www.youtube.com/watch?v=N54INuG6iUU

『八十三: TPPについて_No.2』
●TPP交渉参加を前に農業団体などが全国各地で一斉にTPP反対訴える
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/tpp_no2-5ea2.html
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00248094.html

『六十八: 遺伝子組み換え食品について_No.14』
●インドでの遺伝子組換えによる荒廃
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no14-f6d8.html
http://www.youtube.com/watch?v=MVwzOQGVz28

『六十二: News_No.235』
●“モンサント保護計画”: ヨーロッパでのモンサントGMOごまかし作戦
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no235-9651.html
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/gmo-bdda.html

『五十: News_No.233』
●遺伝子組み換え原料を使った日本の商品
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no233-11a0.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51886419.html
http://hadou21.com/

『三十三: 日本の海外農業政策について_No.2』
●TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-208c.html
http://www.huffingtonpost.jp/maiko-morishita/ticad-v_b_3373974.html

『二十六: 日本の海外農業政策について』
●TICAD V:モザンビークの人々から安倍首相に手渡された驚くべき公開書簡
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/post-9e9e.html
http://www.huffingtonpost.jp/maiko-morishita/ticad-v_b_3373974.html

『十八:遺伝子組み換え食品について_No.13』
●モンサント反対は 地球と人類の多様性の自由への呼びかけ #TPP #MAM ヴァンダナ シヴァ
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no13-8e5f.html
http://solesoleil.exblog.jp/20312561
http://www.youtube.com/watch?v=2seOg54PerI

モンサント反対は 地球と人類の多様性の自由への呼びかけ #TPP #MAM ヴァンダナ シヴァ
YouTube: モンサント反対は 地球と人類の多様性の自由への呼びかけ #TPP #MAM ヴァンダナ シヴァ

 

『八:遺伝子組換え食品について_No.12』
●未認可の遺伝子組み換え小麦、米で見つかる、●米国で未承認の遺伝子組み換え小麦、、、、
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no12-ed97.html
http://www.nikkei.com/article/DGXNASGM31016_R30C13A5EB2000/
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE94U01J20130531

『三:遺伝子組換え食品について_No.11』
●モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊 船瀬俊介
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no11-3399.html
http://solesoleil.exblog.jp/20285889
http://www.youtube.com/watch?v=wuxgAInALD0

モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊  船瀬俊介
YouTube: モンスター食品」が世界を食いつくす! イースト・プレス刊  船瀬俊介

 

『三千三百二十九:遺伝子組み換え食品について_No.10』
●はあ~っ、モンサント社製の胡瓜を食べたら。。。股間の毛がみな抜けました。
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no10-8a98.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51884839.html
http://intellihub.com/2013/05/28/monsanto-cucumbers-cause-genital-baldness-immediately-banned-in-nova-scotia/

『三千三百二十四:News_No.217』
●TPP参加しても食の安全性は下がらない? その理由〈AERA〉
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/news_no217-3ff6.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130528-00000002-sasahi-soci

『三千三百二十二: TPPについて』
●テキサスでのTPP反対集会
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/tpp-3f78.html
http://www.youtube.com/watch?v=Lcci9YAeMNc

テキサスでのTPP反対集会
YouTube: テキサスでのTPP反対集会

 

『三千三百十八: 遺伝子組み換え食品について_No.9』
●モンサントに反対する行進~世界的草の根運動
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no9-4f17.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11538612582.html
http://solesoleil.exblog.jp/20285889
http://www.youtube.com/watch?v=5KHuiVBdR8g

『三千三百二:遺伝子組み換え食品について_No.8』
●モンサント 遺伝子組換食物「ネズミに腫瘍」報告 仏政府検証へ #TPP
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no8-5aeb.html
http://www.youtube.com/watch?v=JPJ59dIInRw

『三千二百八十八:遺伝子組み換え食品について_No.7』
●食物システムの問題 11歳の少年による講演 遺伝子組換 モンサント
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no7-f597.html
http://www.youtube.com/watch?v=JPJ59dIInRw

『三千二百七十六:遺伝子組み換え食品について_No.6』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威④
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no6-f6ec.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-363.html
http://www.youtube.com/watch?v=xgvSxCZsA3k

『三千二百五十五:遺伝子組み換え食品について_No.5』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 ③
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no5-4069.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-358.html
http://www.youtube.com/watch?v=-AVom7qBQrw

『三千二百三十一:遺伝子組み換え食品について_No.4』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 ②
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no4-f62b.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-355.html
http://www.youtube.com/watch?v=m-LLpgXuG_E

『三千二百一:遺伝子組み換え食品について_No.3』
●ジェフリー M. スミス 遺伝子組換食品の脅威 ①
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no3-cce1.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11142824905.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-353.html
http://www.youtube.com/watch?v=3OOK-lKgW_4

『三千百九十四:遺伝子組み換え食品について_No.2』
●遺伝子組換食品は臓器の機能を変えてしまう
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/_no2-1dd5.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11156840192.html?via_ameba_id=manaoli&via_pocket_id=1024715
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-384.html
http://www.youtube.com/watch?v=aBXQKbGmqSU

『三千百五十四:遺伝子組み換え食品について』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/04/post-f32e.html
http://www.naoru.com/idensi-kumi.htm

『四:私の見かけたビデオについて_No.2』
●主流メディアが真実を報道しない歴史的な背景: CFR 外交問題評議会
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/_no2-dbb9.html
http://www.youtube.com/watch?v=a0jP6aWrTLw

 

                                        坂本  誠

2014年1月25日 (土)

八百四十五: ピラミッドについて_No.14

八百四十一:ピラミッドについて_No.13』の続きです。

P1250146

 

今日のピラミッド実験の報告をさせて下さい。
実験開始の日が、2014/1/15ですから、実験開始してから、今日で、10日めです。
今日(2014/1/25)の写真です。

すぐ下の写真が、ピラミッドに入れていない方のハクサイです。

P1250147

そして、こちらが、ピラミッドに入れた方のハクサイです。

P1250148

大まかな雰囲気は変わらず、ピラミッドに入れていない方のハクサイは黄色くなって、ちじみ方が早いようです。
ピラミッドに入れた方のハクサイは遅いです。
そして、ピラミッドに入れた方のハクサイは見た感じ、欲し切り大根のような感じになっています。

どちらとも、カビは生えていないようです。
これは、今が冬場だからかもしれません。
この実験で、一番、差が激しくなるのは、やはり、夏場だと思います。
------------------
また、カミソリの実験の応用で、以下のような実験も考えられます。

P1250145

 

右の写真のように、家庭の包丁も実験できると思います。
1辺12センチの竹ひごピラミッドを3個並べて、その中に包丁を入れているのですが、包丁も使用した後に、ずっと、ピラミッドに入れていたら、切れ味が長持ちするかと想定できます。
しかし、写真のような入れ方だと、ピラミッドに入っていない部分もあります。
ですから、「包丁が丸ごと1個入るだけのサイズのピラミッドを作って、その中に入れれば、刃が長持ちするかもしれない」と想定を立てて、それを実験する事も可能だと思います。

ただし、包丁ですから、料理中に何か固いものを切った時に、刃こぼれを生じる時はあると思います。
この場合は、仕方なく、砥石で刃のこぼれた部分を研がなくてはいけないと思います。
ですから、時と場合によって、使い分けないといけない実験になるかと思います。
------------------
あと、宇宙生命体、バシャールと言われる方のご紹介してくれた、ピラミッドを使用した、フリー・エネルギー装置の実験をしている人々のビデオを2つ紹介しておきます。
「Ep 1」と「Ep. 20」です。
この2つの間に、多くのビデオがあるのですが、私は全部は見ていません。

また、この「Ep. 20」以降にも、まだ、続編があるかもしれませんが、そこまでは探していません。

Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
http://www.youtube.com/watch?v=aahMpvRHG9Q

Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication
YouTube: Ep 1: Bashar - Free Energy Space-Time Antenna Replication

公開日: 2011/04/04

Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
http://www.youtube.com/watch?v=TDhhlHKFL5Q

Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)
YouTube: Ep. 20 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Flux Gate Experiment)

公開日: 2011/06/07

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『八百四十一:ピラミッドについて_No.13』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no13-62af.html

『八百三十八:ピラミッドについて_No.12』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no12-40ce.html

『八百三十七:ピラミッドについて_No.11』
●Ep. 18 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna (Going Lower...)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no11-191c.html
http://www.youtube.com/watch?v=6Juhnn35C0o

『八百三十四:ピラミッドについて_No.10』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no10-00d6.html
●Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
●Ep. 4 - Bashar Free Energy Space-Time Antenna & Radiant Energy
http://www.youtube.com/watch?v=zWPF5hOwngQ

ピラミッドと特許|ピラミッド総合情報サイト
http://pyramidforce.com/about/p03.php

『二千二百十五:フリー・エネルギーについて_No.3』
Bashar - Free Energy Space-Time Antenna with Photos
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2012/06/_no3-b3d5.html
http://www.youtube.com/watch?v=PLY5gkWvXFw
 

『八百三十一:ピラミッドについて_No.9』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no9-eef5.html

     :
    (中略)
     :

『八百八:ピラミッドについて_No.3』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no3-e214.html

P1140145_2

 

『二千八百五十二:ピラミッドについて_No.2』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/_no2-1744.html

『二千八百五十:ピラミッドについて』
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/01/post-cc18.html

『七百五十七:古代文明について_No.2』
●世界各地で見つかる「失われた大陸」:大西洋のポルトガル領海沖でピラミッド状の建造物が確認される
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no2-7f17.html
http://oka-jp.seesaa.net/article/376015556.html
■アゾレス諸島の水面下でピラミッド形の構造物が発見された
Terceira: Subaquatic pyramidal shaped structure found - Azores
Portuguese American Journal 2013.09.19
http://portuguese-american-journal.com/terceira-subaquatic-pyramidal-shaped-structure-found-azores/

Atlantica1

Acores031

 

                                        坂本  誠

八百四十四: 秘密保護法案について_No.51

八百十七:秘密保護法案について_No.50』の続きです。

去年の暮れに、成立した日本の秘密保護法についての幾つかのニュースをご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて下さい。

(以下、『しんぶん赤旗』、2014/1/25記事より引用)
------------------------------
●秘密保護法撤廃へ共同 山梨 アピール賛同390人 菅原文太氏らよびかけ
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2014-01-24/2014012404_03_1.html

山梨革新懇(関本立美代表世話人)は23日、同県内で取り組んできた「秘密保護法撤廃・共同アピール」の賛同者が390人になったことを発表しました。

同革新懇が事務局となり、俳優の菅原文太氏、歴史家の色川大吉氏、県弁護士会長の東條正人氏、元日弁連副会長の堀内茂夫氏ら43氏が昨年末から呼びかけてきたもの。
県内に在住する菅原氏は、取り組みに対し「この法案の中味に疑いを持ち、異議ある者たちすべてが同士だ」とするメッセージを寄せています。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/25記事より引用)
------------------------------
●「特定秘密保護法、廃止を」名古屋・栄で集会やデモ
http://www.asahi.com/articles/ASG1S4JD9G1SOIPE00V.html?iref=comtop_list_nat_n02

特定秘密保護法の廃止を求める市民団体「秘密保全法に反対する愛知の会」が主催する集会とデモ行進が24日、名古屋・栄であった。
約3千人(主催者発表)の参加者が「反対の声を上げ続ける」と訴えた。

この日は、愛知と東京の市民団体が呼びかけ、北海道や三重、大阪、宮崎など少なくとも17都道府県で一斉に集会があったという。
国会議事堂の周りでは、主催者発表で約3千人が手をつなぎ、「人間の鎖」で囲んだ。

家族と参加したアルバイトの女性(40)は「国が決めても、市民が反対していることをしっかりと示す必要がある」。
近寄りがたいイメージがあった」という名古屋市熱田区の栄養士の女性(23)は今回初めて参加した。
沿道でデモを見ていた名古屋市名東区の大学4年生、上野貴大さん(21)は「これだけ国民が反対している中で、どんどん先に進んでいるのは変だなと思う」と話し(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/25記事より引用)
------------------------------
●「国会は秘密保護法廃止を」 大阪・京都でも抗議活動
http://www.asahi.com/articles/ASG1S3VD1G1SPTIL00G.html?iref=comtop_list_nat_n01

国会が開会した24日、特定秘密保護法の廃止を求めて、西日本の各地でも市民らが声を上げた。

大阪市では正午から、大阪弁護士会が主催するデモ行進があり、約400人が市役所(同市北区)の周辺を練り歩きながら「国会は秘密保護法を廃止せよ」などと訴えた。
団体職員の沖野純子さん(61)=大阪府枚方市=は「国会の議論を通し、秘密法の危険性を減らしてほしい」と話していた。

午後7時からは、大阪府などの9団体が呼びかけた「なくせ! 秘密保護法! 通常国会開会日パレード」があり、約450人が大阪市内の繁華街を行進。

看護師の田中広和さん(32)=大阪市城東区=は「原発事故などの情報が隠されないか心配だ。関心を持ち続け、法を悪用させないようにしたい」と力を込めた。

京都市では、約30人の市民らがJR京都駅前などで「昼休みデモ」を実施。
デモを呼びかけた「なくせ秘密保護法 下京連絡会」代表の寺野哲也さん(42)は「法をまだ廃止することができる。熱を冷めさせてはいけない」と訴え、広島市の原爆ドーム前でも、市民団体「秘密法廃止! 広島ネットワーク」が抗議集会を開き、その後に約500人がデモ行進し(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
--------------------------------------------------
『六百九十三: 日本の秘密保護法案など_No.3』
●秘密保護法とNWOの日米欧三極委員会とのつながり
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no3-8e24.html
http://mizu888.at.webry.info/201312/article_66.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2539.html

(上記記事より抜粋して引用)
------------------------------
自民党という政党は、そもそもが、ニューワールドオーダー推進のためにCIAの手を借りて育成されてきた政党。
安倍政権は、与えられたミッションを忠実に実行しているのです。
「日本政府の内部にCIAに飼われている連中がいる」
・日米欧三極委員会(日本での正式名称は「三極委員会」)
・外交問題評議会(CFR)
・王立国際問題研究所(RIIA:所在地の名をとってチャタム・ハウス「Chatham House」とも呼ばれる)
・三百人委員会(Committee of 300)
・ビルダーバーグ会議

CSISの位置付けは、CFRの手足の一つで、「日本担当」の実働部隊、ジャパンハンドラ―です。
------------------------------
(引用終わり)

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
http://www.youtube.com/watch?v=LdzaQPDIUzA

安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back
YouTube: 安倍晋三、CSISでの政策スピーチ(字幕つき) I am back

 

『七百十八:「666」の数字について』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/666-1779.html

2013121511

(上記ロゴの翻訳)
-----------
三極委員会(新世界秩序、【NWO】のシオニストの実体)666のロゴを含んでいます。
666を成しながら、そのロゴから切り離された、各々の矢は、一つの6をなしています。
米国を基礎として、デイビッド・ロックフェラーが、この組織をつくりました。
NWOにアメリカを柔弱にさせるためにです。
委員会のメンバー達は、上院議員、下院議員、クリントン大統領と彼の閣僚の多くのメンバー達を含んでいます。
その他の大統領達も、また、そのメンバーでもありました。
-----------

『五百十三:News_No.371』
●【公然の秘密】自民党がCIAにコントロールされてきたことは米国務省の外交資料に明記されている
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no371-b0bc.html
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-1987.html
http://mizu888.at.webry.info/201311/article_19.html
(上記記事より)
---------------
米CIAが自民党に秘密資金を提供していたことを認めた
安倍晋三と自民党はCFR→CSISの書いた計画に沿って日本の売国政策を進めている
自民党がCIAにコントロールされてきたことは、すでに日本中の多くの人たちが知っている「公然の秘密」ですが、それが米国務省の外交資料に明記されたことは、自民党の正体を明白にする上で重要なことです。
自民党という政党は、政党とはいうものの、ワシントンのグローバル・エリートたちによって遠隔操作されている完全なロボット政党です。
---------------

1297513491312161229801

 

『五百十二:News_No.370』
●化学物質や電気ショック法で人間の行動を操作し制御する「CIAの洗脳実験」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/news_no370-3496.html
http://mizu888.at.webry.info/201311/article_18.html
CIAの洗脳実験
http://www.youtube.com/watch?v=5B326c_agAM

Cia_photo

 

『八百十七:秘密保護法案について_No.50』
●特定秘密保護法:身辺調査10万人対象 政府、答弁で明かさず
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no50-94b9.html
http://mainichi.jp/shimen/news/20140105ddm001010106000c.html

(上記記事より抜粋して引用)
-------------------
「しかし、福島瑞穂参院議員(社民)が内閣情報調査室に請求し入手した二つの文書には、対象者数が記載されていた。」
「このうち、昨年7月5日付文書には「都道府県警察職員約25万7000人のうち、適性評価の対象として想定される職員は約2万9000人」と記載され、その肩書を警察本部長、警備部職員、各警察署の署長、副署長、警備課員と例示していた。」
「また、昨年9月20日付文書には「(防衛省との)契約業者における(秘密の)取扱者は約3200人」とあり、関係者によると、防衛装備品メーカーなど約30社の社員(民間人)が対象になるという。」
-------------------

『七百八十:秘密保護法案について_No.49』
●特定秘密保護法:身辺調査10万人対象 政府、答弁で明かさず
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no49-34e7.html
http://mainichi.jp/shimen/news/20140105ddm001010106000c.html

『七百六十七:秘密保護法案について_No.48』
●共産:秘密保護法廃止へ法案準備
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2014/01/_no48-c365.html
http://mainichi.jp/select/news/20140105k0000m010022000c.html

『六百八十九:秘密保護法案について_No.47』
●NHKに今、何が? 異常な秘密保護法報道 まるで政府報道官
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no47-7ee5.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-16/2013121601_01_1.html

2013121601_01_11

 

『六百七十二:秘密保護法案について_No.45』
●秘密保護法撤廃へ 各地で行動
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no45-7e5f.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-12-10/2013121001_01_1.html

Photo

 

『六百五十五:秘密保護法案について_No.42』
●日本は、68年を経て、ファシズムに後退しました
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no42-ba72.html
http://www.infowars.com/japan-has-fallen-back-into-fascism-after-68-years/

『四百七十六:秘密保護法案について_No.2』
(『しんぶん赤旗』より)
●(写真)核持ち込み密約「討論記録」(左)と朝鮮半島への自由出撃密約文書
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no2-fe7a.html
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-27/2013102701_01_1.html

2013102701_01_11

 

『十三:News_No.225』
●元自衛官が「内部文書」元に証言、「私は自衛隊で毒ガスサリンの製造に関わっていた」(1/5)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/06/news_no225-c6fc.html
http://mizu888.at.webry.info/201306/article_10.html
http://www.asyura2.com/13/warb11/msg/224.html
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130531-00010002-kinyobi-soci
(写真は、「ほんとうがいちばん」様より引用)
---------------------------------
週刊金曜日 5月31日(金)19時19分配信

Photo_2


世界を揺るがした地下鉄サリン事件より数十年も前から、陸上自衛隊がサリンの製造をしていたことが複数の資料と証言で明らかになった。
サリンだけではない。
VX、タブンといった猛毒の殺人ガスも……。
---------------------------------
(引用終わり)

(※筆者注:残りの過去記事、関連記事、及び、参考文献は、『六百六十九:「秘密保護法案について」の過去記事、関連記事、参考文献の「目次」_No.3』をご覧ください。)

 

                                        坂本  誠

八百四十三: ワクチンについて_No.7

七百三:ワクチンについて_No.6』の続きです。

私は、ワクチンについて、以下の新聞記事を見かける機会がありました。
以下にご紹介させて下さい。
私の気になった部分には、アンダーラインを引かせて頂きました。

(以下、『Gigajine』、2014/1/24記事より引用)
------------------------------
●無料で配布される予定のエイズワクチン「Immunity」がいよいよ臨床試験に突入
http://gigazine.net/news/20140124-immunity-project/

データ解析技術を用いてAIDS(エイズ)ワクチンを開発するプロジェクト「Immunity」が、いよいよ臨床試験段階に到達し、

(、、、中略、、、)

世界には3500万人以上のHIV感染者がいて、その70%がアフリカのサハラ砂漠以南で暮らしています。
毎日6300人が新たにHIVに感染し、毎日4000人以上の人がエイズで亡くなっています。

Immunityは、冷凍保存が必要ないため簡単にアフリカへ輸送できます。
また、恒常的な治療を必要としないワクチンであるHIV治療のために日々の生活を犠牲にする必要はありません。

Immunityプロジェクトは、HIVワクチンを完成させ、これを世界中のHIV感染者に無料で配布する予定です。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、旧ブログ『悲喜憐偉』と新ブログ『光と輝き』からの過去記事と関連記事、及び、参考文献)
---------------------
『七百三:ワクチンについて_No.6』
●ビル&メリンダ・ゲイツ財団のワクチン接種後に麻痺したアフリカの子供達
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/_no6-0f13.html
http://www.youtube.com/watch?v=UnGimRJdGRM

(上記ビデオより抜粋して引用)
------------------
「そして最近アフリカの小さな村で、小さな村があって、そこで50人の子供達が麻痺したのです。」
「この時間内の時点で、実質的にどのメディアもこの重要な話を拾い上げてはいません。」
------------------

『五百三十三:ワクチンについて_No.5』
●中東の2000万人の子どもにポリオの予防接種計画、国連
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no5-d473.html
http://www.afpbb.com/articles/-/3002994

『二百八十三: ワクチンについて_No.2』
●「子宮頸がんワクチン」重い副反応も… 接種の是非を専門家に聞く
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/_no2-6173.html
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130805-00000505-san-soci
------------------
産経新聞 8月5日(月)9時0分配信
保護者によると、接種直後から熱や吐き気、痛み、しびれが表れ、片手、両足など全身に移動する痛みで通学できなくなった。
今年10月で症状が出てからまる2年になるのに、一歩も歩けない状態だ
------------------

(以下、『YAHOO! JAPAN ニュース』、2013/10/28記事より引用)
----------------------------------
●<子宮頸がんワクチン>重篤な副作用報告143件
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131028-00000100-mai-soci

毎日新聞 10月28日(月)21時19分配信

厚労省が作製したチラシ。
効果やリスクについて簡単に説明している

接種後に体の痛みを訴える中高生が相次ぎ接種勧奨を一時中止した子宮頸(けい)がんワクチンについて、厚生労働省は28日、定期接種になった4月から7月末までに重篤な副作用報告が医療機関と製薬会社から計143件あったと公表した。
うち体の痛みを訴える副作用報告は37件(、、、以下、省略)
----------------------------------
(引用終わり)

『五百十六:ワクチンについて_No.4』
●ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no4-ec01.html
http://www.youtube.com/watch?v=b4vE8AdSPGc

ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」
YouTube: ビル・ゲイツ 「ワクチンで人口削減が可能」

 

『四百十二:ワクチンについて_No.3』
●NWO製薬業界ワクチンの恐怖
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/10/_no3-b5f5.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-date-201304.html
http://www.youtube.com/watch?v=H4AQvFKZ1tk

NWO製薬業界ワクチンの恐怖
YouTube: NWO製薬業界ワクチンの恐怖

------------------
■ウェイクフィールド博士:
その13のワクチン、全てから遺伝子組換DNAで100%汚染されているのを見つけたのです。」
人間の遺伝子にとにかく統合できるのです。
癌細胞になったり他のものになったり・・・

●マイク・アダムス:
「まだ主流メディアやワクチン業界では人々を騙しています。」
「一人の呼ばれた女性が言っていたのですが『これが真実な訳がありません。もし本当なら議会で公聴会があり、調査もありメディアが話します。ですから
「これは彼女の論理ですが、『これが真実な訳がないのです。私達にはこれについて聞いた事がありませんから。
------------------

『三百十八:News_No.321』
●接種後、171人が学校生活に支障 子宮頸がんワクチン
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/09/news_no321-d62b.html
http://www.asahi.com/national/update/0907/TKY201309060532.html?ref=com_top6_1st

『百五十六: 『人口削減計画』等について_No.7』
●ワクチンの衝撃的真実~水銀・MSG・ホルムアルデヒド・アルミニウム
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no7-ca6c.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11407794531.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-638.html
http://www.youtube.com/watch?v=22RFPoISQ0k

ワクチンの衝撃的真実~水銀・MSG・ホルムアルデヒド・アルミニウム
YouTube: ワクチンの衝撃的真実~水銀・MSG・ホルムアルデヒド・アルミニウム

『百七十六:『人口削減計画』等について_No.8』
●ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/_no8-dc21.html
http://www.youtube.com/watch?v=1W-_WT7k-IA

ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv
YouTube: ワクチンとフッ素による大衆管理.wmv

元脳神経外科医、ラッセル・ブレイロック博士
------------------
「99%の人がワクチンに水銀が入っていることなど知りません。」
------------------

『三千三百三十: ワクチンについて』
●ワクチンについての衝撃的な証言
http://hikirini.blog.bbiq.jp/blog/2013/05/post-c2fc.html
http://ameblo.jp/hidy0701/entry-11481417244.html
http://jessica71.blog.fc2.com/blog-entry-683.html
http://www.youtube.com/watch?v=_poi0Mz84YY

ワクチンについての衝撃的な証言
YouTube: ワクチンについての衝撃的な証言

------------------
「彼が予防接種を受ける度に、彼は熱を出し、段々悪くなっていきました。」
「私が自分の居住区にいた時に、赤ん坊が乳幼児突然死症候群で死ぬのを見ました。」
「ワクチン接種の一時間後にです。」
「その内の1/3は最初の24時間以内に亡くなっているのです。」
------------------

『百九十四:News_No.276』
●米 1955年から1963年にかけて、ポリオ・ワクチン注射を受けた人たちは。。。
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/07/news_no276-2437.html
http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51891703.html
http://www.thedailysheeple.com/tragic-mistake-or-deliberate-plan-30-million-people-injected-with-mandatory-vaccination-containing-live-sv40-cancer-virus_072013
------------------
3000万人のアメリカ人が癌ウイルスの混入したポリオ・ワクチン注射を受けていました。
------------------

『五百八十二:遺伝子組換え食品について_No.23』
●モンサントの失敗したGMOトウモコロシは、ビル・ゲイツの援助で、アフリカ諸国に押しつけられます
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no23-c9f7.html
http://www.infowars.com/failed-monsanto-gmo-corn-pushed-on-african-countries-with-help-of-bill-gates/

 

                                        坂本  誠

八百四十二: News_No.453

おはようございます。
私の気になりました幾つかのニュースをご紹介させて下さい。

(以下、『ロシアの声』、2014/1/24記事より引用)
------------------------------
●中国 安倍首相をヒトラー総統にたとえる
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_24/127759180/

中国各メディアは本日、安倍晋三首相の中国発言に反応する形で、安倍首相をヒトラー総統にたとえる報道を行った。
AFP通信が伝えた。
ダボスサミットで安倍首相は、現在の日中関係について、第一次大戦前夜のドイツと英国の関係を想起させるものだと発言し(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『朝日新聞デジタル』、2014/1/24記事より引用)
------------------------------
●遺伝子組み替え実験器具を不適切処理 塩野義に厳重注意
http://www.asahi.com/articles/ASG1S5TCGG1SULBJ00L.html?iref=comtop_list_nat_n02

文部科学省は24日、遺伝子組み換えウイルスが混入した可能性のある実験器具や廃液を適切に処理せずに廃棄したとして、塩野義製薬(本社・大阪市)に文書で厳重注意した。
環境への影響はないというが、再発防止策の徹底を求めた。

同社の医薬研究センター(大阪府豊中市)で2007年7月~13年10月、遺伝子組み換えウイルスに作らせたたんぱく質を原料とする試薬を計29回の実験で使用し、廃液や実験器具を死滅処理せずに廃棄していた。(、、、以下、省略)
------------------------------
(引用終わり)

(以下、『ロシアの声』、2014/1/22記事より引用)
------------------------------
●Google Moon、おかしな物体を発見(ビデオ)
http://japanese.ruvr.ru/2014_01_22/tsuki-okashii-mono-bideo/

Googleが提供する月面地図、Google Moonに映る奇妙な物体が物議をかもしている。
この物体の正体をめぐって宇宙船か、はたまた秘密の人工月面基地か様々な憶測がとんでいる。

不思議な物体は三角形でひとつの面に7つの点が見える。
これはニックネームWowForReeelという超常現象の研究家によって「これは変わったクレーターか? それとも何か別のものか?」というタイトルでYouTube上に掲載された。
一方でより懐疑的な姿勢を示す専門家らは、これはカメラがデジタル拡大した際に起きた光のトリックに他ならないとの見方を示している。

この物体は、22042'38.46N 、 142034'44.52Eの位置で見ることができる。
そのサイズは160メートル×130メートルと思われる。

science.mirtesen.ru

Alien base on Moon?
http://www.youtube.com/watch?v=4EBzotgriEI

Alien base on Moon?
YouTube: Alien base on Moon?

------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム