« 六百八十五: News_No.423 | メイン | 六百八十七: UFOについて_No.51 »

2013年12月16日 (月)

六百八十六: 私の見かけたビデオ_No.51

五百三十五:私の見かけたビデオについて_No.50』の続きです。
私は、以下のビデオを見かける機会がありました。
以下に、ビデオの概要を書かせて下さい。
また、アンダーラインを引いている部分は、ビデオ中に、大文字で記載されていた部分です。

=============
中国防空識別圏騒ぎについて
http://www.youtube.com/watch?v=WGkFh8Vm_3g

中国防空識別圏騒ぎについて
YouTube: 中国防空識別圏騒ぎについて

公開日: 2013/12/04

みんなが僕の中国への判断を聞いてくるんだ。
明らかに、メディアがまた恐怖戦術をやらかしてきたんだ。
毎回、彼等はそうするんだけど、中国が頼んで・・・頼んでないか・・・
日本の尖閣諸島上で中国が考える防空識別圏の方法で、アメリカに身元を明らかにするようし要求してきたんだ。

1960年代に天然ガスが発見されるまでは、中国は尖閣諸島を中国領であると地図には含めてはいなかったんだ。
何百年前もいつでもそこは日本の領土だったんですが、ですがまぁ、ともかく、そこが誰の領土とか、それがとうとかいうんじゃなくて、これが本当はどういう事なのかというと、
それはお金です。

中国はアメリカの飛行機を打ち落とす気はありません。
そんな事は起きません。
そんな事は全く馬鹿げています。

アメリカが自分の身元を証明するには高慢過ぎだし、そうしたら日本を怒らせ、アメリカを怒らせるし、それにそこは中国の空域じゃないからね。
ただ、戸口へ戻って、ちからと恐怖を通して認知を得ようとして、そこは俺達のものだって言っているような事なんですよ。

そうではありません。
これが何であるかっていうと、お金なんですよ。

何故なら、アメリカと中国がわめき合う事によって、アメリカが更に軍備を強化する事を許し、韓国と日本に無用なハードウェアやソフトウェアを売る事が出来るんです。
それから中国には、自分達のハードウェアや自分達のおもちゃに支出させる事を正当化させるんです。

そして彼等はこれを毎年やっているんです。

僕のロシア・トゥデイのビデオを見直してもらったら、何故なら、彼等は毎年この事について僕に聞いてくるからね。
昨年も大体11月か12月とかでしたね。
それらの島々で何が起きているんでしょうか?って聞いてきていました。

それで僕は毎回同じ話をしているんです。
武器販売を正当化させる為に武力の誇示をするんです。
それを彼等はまたやっているんです。
そして彼等はいつでもこの頃にやるんです。
何故なら、第4四半期だったり、最終四半期だったりするからで、自分達の株価を釣り上げる為にね。
そうすれば、年内迄に彼等は余分に貯蓄でき、投影を見る事ができて、来年沢山の投資家達を得る事が出来るんだ。
それが全てです。

彼等は戦い合ったりしないし、尖閣諸島は領のまま残るでしょうし、そういう風になるだろうし、彼等は毎年やるように、沢山の虚言を話して、沢山の戦争兵器を売って、多くの金持ち達を更に金持ちにさせるんです。
それだけの事です。
恐怖戦略に陥るのはやめましょう。

(主流)マスメディアを消す必要があるね。
=============
私は、上記ビデオの概要を書かせて頂きました。

(以下、新ブログ『光と輝き』からの過去記事、関連記事、及び、参考文献)
-------------------------------------
『六百二十八:戦争やその他の事』
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/12/post-e85e.html
「二人だけが知っている超アンダーグラウンドのしくみ」 (ベンジャミン・フルフォード&飛鳥昭雄:ヒカルランド)(第1刷:2011年8月31日)から
------------------------------
●地震と民主党代表選挙

▲飛鳥:
「だって、アメリカって、戦争がなかったら、あの国、滅びちゃうんだもの。」
「戦争はアメリカにとって公共事業だものね。」
「だから、アメリカにとったら、金正白は最大の仲間なんだよ。」
「暴れてくれればくれるほど、アメリカの兵器は売れる。」
「台湾で売れる、韓国で売れる、日本で売れる。」
「もう金正白様々。(、、、以下、省略)」
------------------------------
(引用終わり)

『四百八十六:私の見かけたビデオについて_No.47』
●スライヴ (THRIVE Japanese)
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/11/_no47-6032.html
http://www.youtube.com/watch?v=yp0ZhgEYoBI

スライヴ (THRIVE Japanese)
YouTube: スライヴ (THRIVE Japanese)

(上記ビデオ概要より)
------------------
9.11テロや、その他の偽旗作戦と呼ばれる社会問題の出来事も、彼等自身が起こします。
そして、大衆を不安にさせたり、問題を与えます。
偽旗作戦も色々ありますが、ベトナム戦争も偽旗作戦が使用されたことが語られています。
アメリカがベトナム戦争に軍事介入するきっかけになった、トンキン湾での、アメリカ軍の軍船が攻撃された事ですが、この事実は存在せず、偽りでありました。
------------------

『二百五十二:FRBについて_No.4』
●ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
http://hikari-to-kagayaki.blog.bbiq.jp/blog/2013/08/frb_no4-87f6.html
http://www.youtube.com/watch?v=EpwW1KdKlOs

ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する
YouTube: ファラカ-ン 銀行家の悪徳を告発する

●ルイス・ファラカ-ン
------------------------------
「しかし黒幕がドアの後ろに隠れていて、その人々は、負債を増やす唯一の方法は、アメリカを1914年に始まった戦争に何らかの形で関わらせることだと知っていました。」
「それでルシタニアという船の火事の裏工作を行い、アメリカはドイツに宣戦布告しました。」
「1917年にアメリカの兵隊はヨーロッパへ戦争に行きました。」
------------------------------
(引用終わり)

 

                                        坂本  誠

Powered by Six Apart
フォトアルバム